famotidine

出典: meddic

ファモチジン

WordNet   license wordnet

「a histamine blocker (trade name Pepcid) used to treat peptic ulcers and gastritis and esophageal reflux」
Pepcid

英文文献

  • Suppression of osteogenic differentiation in mesenchymal stem cells from patients with ossification of the posterior longitudinal ligament by a histamine-2-receptor antagonist.
  • Liu X1, Kumagai G2, Wada K1, Tanaka T1, Fujita T1, Sasaki A1, Furukawa KI3, Ishibashi Y1.
  • European journal of pharmacology.Eur J Pharmacol.2017 Sep 5;810:156-162. doi: 10.1016/j.ejphar.2017.07.013. Epub 2017 Jul 8.
  • PMID 28690192
  • A screen of pharmaceutical drugs for their ability to cause short-term morbidity and mortality in the common bed bug, Cimex lectularius L.
  • Sheele JM1, Ridge GE2, Du W3, Mallipeddi N3, Vallabhaneni M4.
  • Parasitology research.Parasitol Res.2017 Aug 3. doi: 10.1007/s00436-017-5565-0. [Epub ahead of print]
  • PMID 28776226
  • Acute hypersensitivity reaction to Crotalidae polyvalent immune Fab (CroFab) as initial presentation of galactose-α-1,3-galactose (α-gal) allergy.
  • Rizer J1, Brill K1, Charlton N1, King J1.
  • Clinical toxicology (Philadelphia, Pa.).Clin Toxicol (Phila).2017 Aug;55(7):668-669. doi: 10.1080/15563650.2017.1313981. Epub 2017 Apr 26.
  • PMID 28443380

和文文献

  • Quality Evaluation of Famotidine and Cimetidine for Proper Use of Over-the-counter Medications
  • Ion-exchange complex of famotidine: sustained release and taste masking approach of stable liquid dosage form
  • スイッチOTCの市販後調査方法の開発 その2

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元H2受容体拮抗薬」「ファモチジン

H2受容体拮抗薬」

  [★]

H2 blocker H2-blockers
H2受容体ブロッカー H2 receptor blockerH2受容体拮抗薬 H2 receptor antagonist H2RA、ヒスタミンH2受容体遮断薬 ヒスタミンH2受容体拮抗薬 histamine H2-receptor antagonists histamine H2 receptor antagonist histamine H2 antagonistH2拮抗薬 H2 antagonist H2-antagonist、H2遮断薬H2ブロッカー
抗ヒスタミン薬
[show details]
GOO.chapter36 p.971
十二指腸潰瘍の治癒率を向上する (⇔プロトンポンプ阻害薬)

H2受容体拮抗薬

構造

  • イミダゾール環をもち、ヒスタミンに似る

作用機序

  • H1受容体にはほとんど作用しない
  • H2受容体に可逆的、競合的に結合してヒスタミンを阻害する。
  • 胃粘膜の局所の肥満細胞、ECL細胞
  • histamine→H2R→Csα→AC→cAMP↑→PKA→H+,K+-ATPase
  • histamine→H2R→[Ca2+]i↑→H+,K+-ATPase   ←補助的pathway
  • H2RとMRとGRは相互作用しており、胃酸を分泌する。

注意

  • 副作用5%↓
  • 薬剤耐性
  • リバウンド
  • 中止すると再発率が高い。そのため半年かけて漸減させゆっくり離脱
胃粘膜が減弱している
  • 薬物相互作用

副作用

  • 副作用5%↓
  • 汎血球減少症、無顆粒球症
  • 肝障害、抗アンドロゲン作用(女性化乳房、乳汁分泌)
  • 中止すると再発率が高い。そのため半年かけて漸減させゆっくり離脱
胃粘膜が減弱しているから

相互作用



ファモチジン」

  [★]

famotidine
ガスイサンガスセプトガスターガスドックガスペラジンガスポートガスメットガスリックガモファークリマーゲンストマルコンチオスターファモガストファモスタジンブロスターモミアロンPepcid
ヒスタミン受容体消化性潰瘍用剤


  • 攻撃因子抑制剤
  • H2ブロッカー = ヒスタミンH2受容体選択的阻害薬
  • 持続時間が長い(1日2,3回でよい)
  • 般試薬で10mg錠、臨床薬では20mg錠

副作用

  • 無顆粒症、心室細動、不全収縮、間質性肺炎、腎炎





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡