enteric fever

出典: meddic

腸チフス腸熱

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/03/28 14:23:22」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • A new surveillance indicator identifying optimal timeliness and accuracy: application to the Korean National Notifiable Disease Surveillance System for 2001-2007.
  • Yoo HS, Cho SI, Lee JK, Park HK, Lee EG, Kwon JW.SourceCenter for Disease Prevention, Korea Centers for Disease Control and Prevention, Osong, Republic of Korea.
  • Epidemiology and infection.Epidemiol Infect.2013 Dec;141(12):2634-43. doi: 10.1017/S0950268812002956. Epub 2013 Feb 22.
  • SUMMARY Although immediate notification of a case is crucial for epidemic control, clinicians may delay notification due to uncertainties in diagnosis, reflecting a trade-off between timeliness and the accuracy of surveillance. We assessed this trade-off for four epidemic-prone diseases that require
  • PMID 23433204
  • The management of antimicrobial-resistant enteric fever.
  • Parry CM, Basnyat B, Crump JA.SourceOxford University Clinical Research Unit- Patan Academy of Health Sciences, Kathmandu, Nepal.
  • Expert review of anti-infective therapy.Expert Rev Anti Infect Ther.2013 Dec;11(12):1259-61. doi: 10.1586/14787210.2013.858019.
  • PMID 24215240
  • Typhoid Vaccination for International Travelers From Greece Visiting Developing Countries.
  • Smeti P, Pavli A, Katerelos P, Maltezou HC.SourceTravel Medicine Office; Department for Interventions in Health Care Facilities, Hellenic Center for Disease Control and Prevention, Athens, Greece.
  • Journal of travel medicine.J Travel Med.2013 Nov 19. doi: 10.1111/jtm.12076. [Epub ahead of print]
  • BACKGROUND: Typhoid fever is one of the most common diagnoses in returned international travelers. Our aim was to study the typhoid vaccine prescription practices for travelers from Greece visiting developing countries.METHODS: A prospective questionnaire-based study was conducted during 2009-2012 i
  • PMID 24251544

和文文献

  • 「感染症法」改正後に市中病院で経験した腸チフスの男児例
  • 症例報告 原因不明の発熱で発症した腹部大動脈瘤術後人工血管-腸管瘻の1例
  • 園田 寛道,清水 智治,谷 徹
  • 日本外科感染症学会雑誌 8(3), 269-272, 2011-06
  • NAID 40018925981

関連リンク

fever /fe·ver/ (fe´ver) 1. pyrexia; elevation of body temperature above the normal (37 C). 2. any disease characterized by elevation of body temperature. blackwater fever a dangerous complication of falciparum malaria, with passage of ...
enteric fever n. See typhoid fever. ty•phoid (ˈtaɪ fɔɪd) n. 1. Also called ty′phoid fe′ver. an acute infectious disease characterized by high fever and intestinal inflammation, spread by food or water contaminated with the bacillus Salmonella ...

関連画像

Enteric fever692494_634266285560351632.jpgEnteric fever to constipation: Enteric or typhoid feverEnteric Fever in India: And in Other Enteric Fever pathogenesis


★リンクテーブル★
リンク元腸チフス」「typhoid」「腸熱」「腸炎熱
関連記事enter」「fever」「fevered」「enteric

腸チフス」

  [★]

typhoid fever
typhus abdominalis
チフス症
細菌サルモネラ属enteric feverSalmonella typhi
IRE. 652,660
SMB. 163,173,601
IMD 1096
 -~下痢の原因 .552
HIM 123t,128,814,814t,957


特徴

  • 三類感染症
  • 発熱、腹痛を特徴とする全身疾患。
  • 発疹チフス typhusに症状が似ていることからtyphoid feverと命名されたが、のちに別の疾患であることが分かり、enteric feverが提唱された。現在typhoid feverも使用されている。

病原体

疫学

  • 衛生水準の低い発展途上国に多い。

リスク

  • 酸分泌抑制薬の服用、免疫抑制患者、初感染感染者?、予防接種なし

潜伏期間

  • 1-2週。 
  • 平均10-14日。3-21日までばらつく。(HIM.957)

感染経路

  • 糞口感染

経過

  • 経口摂取された菌は小腸粘膜に侵入し、潜伏期を経たのち腸管粘膜下リンパや腸間膜リンパ節で増殖。リンパ管より血液中に侵入すると菌血症により悪寒高熱をきたす。高熱、白血球減少、脾腫、バラ疹などが特徴の症状が出現する。発症後1週間頃に血中に菌を検出、2週目以降に骨髄、脾臓、胆嚢、腸管リンパ組織、腎臓などに小膿瘍や肉芽腫を作り、菌は胆汁、糞便、尿、バラ疹部位に出現しする。後期には小腸のパイエル板の壊死が進み腸管出血・穿孔が発生しうる。(SMB.173)

症状

  • 発熱(稽留熱)(38.8-40.5℃)(未治療で4週間持続) (HIM.957)(SMB.173)
  • 初診時における症状:頭痛(80%)、寒気(35-45%)、咳(30%)、発汗(20-25%)、筋肉痛(20%)、全身倦怠感(10%)、関節痛(2-4%)。 (HIM.958)
  • 消化器症状食欲不振(55%)、腹痛(30-40%)、悪心(18-24%)、嘔吐(18%)、下痢(22-28%)、便秘(13-16%)。 (HIM.958)
  • 腸管出血(10-20%)、腸管穿孔(1-3%)は発症から3-4週目に起こる → サルモネラが回盲部のパイエル板に侵入し、過形成、潰瘍、壊死をきたすため。
  • 神経症状:2-40%の患者でみられる。髄膜炎、ギランバレー症候群、神経炎、神経精神症状(muttering delirium, coma vigil)

身体所見

  • 初期でみられる身体所見:バラ疹 rose spots、肝脾腫(3-6%)、鼻出血、比較的徐脈(relative bradycardia at the peak of high fever) (HIM.958)
  • 舌苔(51-56%)、脾腫(5-6%)、腹部圧痛(4-5%) (HIM.958)
  • バラ疹は30%までの患者で発症後1週間後にはあきらかとなり、その後2-5日で痕跡を残さずに治癒 (HIM.958)

合併症

  • 抗生物質の投与が遅れた場合に出現しやすくなる稀な合併症:播種性血管内凝固、血球貪食症候群、膵炎、肝膿瘍、脾膿瘍、肉芽腫、新内mくえん、心外膜炎、心筋炎、orchitis、肝炎、腎盂腎炎、糸球体腎炎、溶血性尿毒症、重症肺炎、関節炎、骨髄炎、parotitis (HIM.958)

検査

  • 血液培養
  • 血液検査:15-25%の症例で白血球減少症好中球減少症がみられる。白血球減少症は発症後10日後の患児や腸管穿孔もしくは再感染例に伴うことが普通である。(HIM.958)

診断

  • 初診で発熱を訴えるのは75%、腹痛は30-40%である。診断には発熱の他に発展途上国への旅行歴が、腸チフスを疑うポイントとなる。(HIM.957)

治療

感染症専門テキスト 第I部 p.562
  • シプロフロキサシン 300mg x 2回/日 10-14day
  • レボフロキサシン 500mg 1回/日 10-14day
  • セフトリアキソン 1-2g 1回/日 10-14day


参考

  • 感染症法に基づく医師及び獣医師の届出について 腸チフス
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou11/01-03-04.html


-typhoid fever


typhoid」

  [★]

  • adj.
enteric fevertyphityphoid fevertyphus

WordNet   license wordnet

「serious infection marked by intestinal inflammation and ulceration; caused by Salmonella typhosa ingested with food or water」
typhoid fever, enteric fever

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「腸チフス / 腸チフスの」


腸熱」

  [★]

enteric fever
腸チフス腸炎熱パラチフス


腸炎熱」

  [★]

enteric fever
腸チフス腸熱


enter」

  [★]

  • v.

WordNet   license wordnet

「come on stage」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「…‘に'『入る』,入り込む / 〈弾丸などが〉…‘を'突き通す,‘に'入り込む(penetrate) / …‘の'『一員となる』,‘に'入る;…‘に'参加する / (…に)〈人〉‘を'入学させる;(競争などに)〈人・動物など〉‘を'参加させる《+『名』+『in』(『for』)+『名』》 / (…に)…‘を'記入する,登録する《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》 / 〈新しい生活・局面など〉‘に'入る / 〈異議など〉‘を'正式に申し出る / 『入る』 / 登場する」

WordNet   license wordnet

「to come or go into; "the boat entered an area of shallow marshes"」
come in, get into, get in, go into, go in, move into

WordNet   license wordnet

「become a participant; be involved in; "enter a race"; "enter an agreement"; "enter a drug treatment program"; "enter negotiations"」
participate


fever」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a rise in the temperature of the body; frequently a symptom of infection」
febrility, febricity, pyrexia, feverishness

WordNet   license wordnet

「intense nervous anticipation; "in a fever of resentment"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈U〉《しばしばa fever》(身体の異常な)『熱』,発熱 / 〈U〉『熱病』 / 〈U〉〈C〉(…に対する)『興奮』,熱狂《+『for』+『名』》」


fevered」

  [★]

WordNet   license wordnet

「highly excited; "a fevered imagination"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》熱のある,熱病にかかった / 熱にうかされたような,興奮した / (憎しみなどが)異常に強い」


enteric」

  [★]

  • adj.
  • 腸の。腸溶性の
enteral

WordNet   license wordnet

「of or relating to the enteron」
enteral




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡