出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.


  • IWGDF guidance on the prevention of foot ulcers in at-risk patients with diabetes.
  • Bus SA1, van Netten JJ2, Lavery LA3, Monteiro-Soares M4, Rasmussen A5, Jubiz Y6, Price PE7; International Working Group on the Diabetic Foot (IWGDF).
  • Diabetes/metabolism research and reviews.Diabetes Metab Res Rev.2016 Jan;32 Suppl 1:16-24. doi: 10.1002/dmrr.2696.
  • To identify a person with diabetes at risk for foot ulceration, examine the feet annually to seek evidence for signs or symptoms of peripheral neuropathy and peripheral artery disease. (GRADE strength of recommendation: strong;QUALITY OF EVIDENCE: low) In a person with diabetes who has peripheral ne
  • PMID 26334001
  • The Skin Microbiome in Atopic Dermatitis and Its Relationship to Emollients.
  • Lynde CW1, Andriessen A2, Bertucci V3, McCuaig C4, Skotnicki S5, Weinstein M3, Wiseman M6, Zip C7.
  • Journal of cutaneous medicine and surgery.J Cutan Med Surg.2016 Jan;20(1):21-8. doi: 10.1177/1203475415605498. Epub 2015 Oct 22.
  • BACKGROUND: Human-associated bacterial communities on the skin, skin microbiome, likely play a central role in development of immunity and protection from pathogens. In atopic patients, the skin bacterial diversity is smaller than in healthy subjects.OBJECTIVE: To review treatment strategies for ato
  • PMID 26492918
  • Surgical Management of Cicatricial Ectropion in Pityriasis Rubra Pilaris.
  • Haridas AS1, Sullivan TJ.
  • Ophthalmic plastic and reconstructive surgery.Ophthal Plast Reconstr Surg.2016 Jan-Feb;32(1):e12-5. doi: 10.1097/IOP.0000000000000385.
  • Pityriasis rubra pilaris is an idiopathic, papulosquamous dermatological disease. It is clinically and histologically distinct from, but may resemble, psoriasis. Pityriasis rubra pilaris can be self-limiting but may also run a protracted, relapsing course. Medical treatment may involve topical emoll
  • PMID 25794020


  • アトピー性皮膚炎患者指導についての薬剤師へのアンケート調査
  • 金子 栄,各務 竹康,松尾 裕彰 [他],直良 浩司,森田 栄伸
  • アレルギー 63(9), 1250-1257, 2014-11-01
  • 【背景・目的】アトピー性皮膚炎は慢性・反復性経過をとる疾患であるために,継続した治療が必要である.併せて患者の生活に配慮した指導が重要である.これまでの医師及び患者に対しての調査からは「外用薬の塗り方の指導」が重要であることが判明した.今回,「外用薬の塗り方の指導」について重要な役割を担う薬剤師に指導についてのアンケート調査を行った.【方法】島根県および広島県の病院および調剤薬局にアンケートを配布 …
  • NAID 110009865618
  • 進行・再発の結腸・直腸癌に対するパニツムマブ投与時の皮膚障害発現についての検討―パニツムマブ特定使用成績調査のサブ解析―
  • 山﨑 直也,坂本 繁
  • 日本皮膚科学会雑誌 124(14), 3159-3170, 2014
  • 進行・再発の結腸・直腸癌患者を対象にしたパニツムマブ特定使用成績調査で収集した3,085例を用いて皮膚障害の発現状況を検討した.発現頻度は,ざ瘡様皮膚炎が69.9%,爪囲炎が24.2%,皮膚乾燥が21.7%であった.皮膚障害が発現した症例の6.9%が皮膚障害発現のために投与を中止した.90%以上の皮膚障害に対して外用ステロイド剤等が投与され,80%前後の事象が回復又は軽快していた.皮膚障害発現に影 …
  • NAID 130005055487
  • タクロリムス軟膏(プロトピック® 軟膏 0.1%)の有効性と刺激感:― ヘパリン類似物質含有製剤(ヒルドイド® ローション 0.3%)併用の影響 ―
  • 中原 剛士,中原 真希子,北 和代,伊藤 絵里子,竹内 聡,岩坂 奈緒美,岩崎 菜保子,井手 豪俊,陣内 駿一,坂本 佳子,高原 正和,古江 増隆
  • 西日本皮膚科 76(5), 493-497, 2014
  • アトピー性皮膚炎の治療では保湿剤とタクロリムス軟膏を併用することが多い。本研究では,タクロリムス軟膏の抗炎症効果や刺激感にヘパリン類似物質含有製剤(ヒルドイド® ローション 0.3%)がどのような影響を与えるのかを検討した。17 例のアトピー性皮膚炎 (中等症 15 例,重症 2 例)患者の顔面と躯幹・ 四肢に,右はタクロリムス軟膏(プロトピック® 軟膏 0.1%)単独外用(以後,タクロ単独群と呼 …
  • NAID 130004831889







PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(医薬品などが皮膚を)軟化する,荒れ止めの / (荒れ止めクリームなどの)軟化剤」