dysphasia

出典: meddic

  • n.
  • loss of or deficiency in the power to use or understand language as a result of injury to or disease of the brain(⇔dysarthria)


aphasia


WordNet   license wordnet

「an impairment of language (especially speech production) that is usually due to brain damage」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/08/05 07:52:23」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/09/22 01:15:30」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • The Main Concept Analysis: Validation and sensitivity in differentiating discourse produced by unimpaired English speakers from individuals with aphasia and dementia of Alzheimer type.
  • Kong AP1, Whiteside J1, Bargmann P2.
  • Logopedics, phoniatrics, vocology.Logoped Phoniatr Vocol.2016 Oct;41(3):129-41. doi: 10.3109/14015439.2015.1041551. Epub 2015 Jun 10.
  • PURPOSE: Discourse from speakers with dementia and aphasia is associated with comparable but not identical deficits, necessitating appropriate methods to differentiate them. The current study aims to validate the Main Concept Analysis (MCA) to be used for eliciting and quantifying discourse among na
  • PMID 26059177
  • 'I do the best I can': an in-depth exploration of the aphasia management pathway in the acute hospital setting.
  • Foster AM1, Worrall LE1, Rose ML2, O'Halloran R2.
  • Disability and rehabilitation.Disabil Rehabil.2016 Sep;38(18):1765-79. doi: 10.3109/09638288.2015.1107766. Epub 2015 Dec 17.
  • PURPOSE: While research has begun to explore the management of aphasia across the continuum of care, to date there is little in-depth, context specific knowledge relating to the speech pathology aphasia management pathway. This research aimed to provide an in-depth understanding of the current aphas
  • PMID 26680266
  • Atomoxetine administration combined with intensive speech therapy for post-stroke aphasia: evaluation by a novel SPECT method.
  • Yamada N1, Kakuda W1, Yamamoto K1, Momosaki R1, Abo M1.
  • The International journal of neuroscience.Int J Neurosci.2016 Sep;126(9):829-38. doi: 10.3109/00207454.2015.1074226. Epub 2015 Aug 13.
  • OBJECTIVES: We clarified the safety, feasibility, and efficacy of atomoxetine administration combined with intensive speech therapy (ST) for patients with post-stroke aphasia. In addition, we investigated the effect of atomoxetine treatment on neural activity of surrounding lesioned brain areas.MATE
  • PMID 26335615
  • The Hong Kong version of the Oxford Cognitive Screen (HK-OCS): validation study for Cantonese-speaking chronic stroke survivors.
  • Kong AP1, Lam PH2, Ho DW3, Lau JK4, Humphreys GW5, Riddoch J5, Weekes B2.
  • Neuropsychology, development, and cognition. Section B, Aging, neuropsychology and cognition.Neuropsychol Dev Cogn B Aging Neuropsychol Cogn.2016 Sep;23(5):530-48. doi: 10.1080/13825585.2015.1127321. Epub 2015 Dec 24.
  • This study reports the validation of the Hong Kong version of Oxford Cognitive Screen (HK-OCS). Seventy Cantonese-speaking healthy individuals participated to establish normative data and 46 chronic stroke survivors were assessed using the HK-OCS, Albert's Test of Visual Neglect, short test of gestu
  • PMID 26702642

和文文献

  • 口腔からみた摂食嚥下チームワークに必要なこと (第51回日本リハビリテーション医学会学術集会) -- (パネルディスカッション 摂食嚥下チームワーク)
  • The Japanese journal of rehabilitation medicine 52(7), 411-413, 2015-07
  • NAID 40020544165
  • A Case of Tetanus Seen on Fiberscopic Examination that Led to Respiratory Arrest
  • Clinical Outcome of Palliative Radiotherapy in Patients with Head and Neck Cancer
  • 摂食嚥下チームワーク
  • The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 52(7), 408-420, 2015
  • NAID 130005094255

関連リンク

Dysphagia is a multidisciplinary journal devoted to swallowing and its disorders. The journal's purpose is to provide an international source of information to physicians and other health professionals interested in this emerging ... ... ...
dysphasiaの意味は?goo辞書は無料で使える日本最大級の辞書サービスです。国語辞典、英和辞典、和英辞典、類語辞典、中国語辞典、百科事典などを提供しています。 ... gooのお知らせ gooヘルスケア「おもいやり食堂」 「さばの唐 ...
Dysphasia (pronounced /dɪsˈfeɪziə/) is a language disorder in which there is an impairment of speech and of comprehension of speech. It is caused by brain damage, usually in the left side of the brain which is responsible for language ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みdeficiency
リンク元100Cases 13」「失語症」「aphasic」「dysarthria」「alogia

deficiency」

  [★]

  • n.
  • 不足、欠乏、欠失、欠如、欠損、不十分。栄養不足、栄養素欠乏、欠乏症。(遺伝子)(染色体内の)遺伝子欠失
  • 欠けているもの、不足している物。不足分。不完全なもの、欠点のあるもの
absence, agenesis, dearth, defect, defective, deficient, deficit, delete, deletion, deletional, depletion, deprivation, deprive, lack, miss, missing, morphological defect, paucity, scarce, scarcity, starve

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈U〉〈C〉(…の)(量・額などの)不足,欠乏《+『of』(『in』)+『名』》 / 〈C〉不足分,不足量,不足額 / 〈C〉(精神・肉体などの)欠陥」


100Cases 13」

  [★]

☆case13 手の筋力の低下
glossary
brisk adj. (人・態度が)活発な、元気のよい、きびきびした。ぶっきらぼうな、素っ気ない。(商売が)活況の(⇔dull)。小気味のよい、(大気など)爽快な、気持ちのよい。(味などが)ピリッとする。鋭い。(飲料が)盛んに泡立つ
dysarthria n. difficulty in articulating words due to disease of the central nervous system 構音障害
dysphasia n. loss of or deficiency in the power to use or understand language as a result of injury to or disease of the brain 失語症言語障害
multidisciplinary adj. 集学的
gastrostomy 胃瘻造設術
feeding gastrostomy n. Surgery A procedure in which an opening is created in the anterior wall of the stomach to allow suction decompression and improved respiratory function by eliminating the need for a nasogastric feeding tube
症例
67歳、男性 元大学講師(retired university lecturer)
主訴左手筋力低下と筋萎縮
現病歴左手を使った労作後に左手筋力が低下する(例えば、ドライバーを使った後など)。前腕の筋に疝痛をみとめる。発話はわずかに流暢であり(slight slurred)、水を飲んだあとで窒息しだす。服用薬はシンバスタチンアスピリンアテノロール喫煙はしない。飲酒は週にワインのボトルを1本あける。
既往歴高血圧が15年間続いている。3年前に心筋梗塞
家族歴:妻と暮らしている。大きくなった2人の子供がいる。
診察 examination
 血圧:146/88 mmHg心血管系呼吸器系腹部に異常を認めない。上肢萎縮を認める。特に左手に著しい萎縮を認める。両側上腕の筋にいくらか線維性筋攣縮を認める。筋力は左で全般的に低下(globaly reduced)、右手でわずかに低下。筋緊張正常上腕二頭筋反射上腕三頭筋反射両側ともに活発に認められる(brisk)。感覚喪失(sensory loss)は認めない。わずかに構音障害を認める
キーワード着目するポイント
 筋萎縮、線維性筋攣縮、感覚喪失なし
解説
(第1パラグラフ) 疫学
・この男は運動ニューロン疾患
・この疾患原因不明疾患で、脊髄脳神経核運動皮質に影響を及ぼす。
・この病気普通50-70歳で出現する。
(第2パラグラフ) 症状
筋力低下と筋萎縮一側の手か腕にあらわれるのが一般的 ← 両側性でないということか。
筋力低下は運動後に最も顕著に表れる
前腕疝痛疾患初期一般的である。
患者下肢筋力低下あるいは構音障害言語障害を訴えてやってくることがある。
・この病態特徴的な生理的徴候は線維性攣縮(筋束不規則で早い収縮。下位運動ニューロン障害示唆) → 下肢運動ニューロン損傷による筋肉脱神経原因
反射著明 → 皮質運動ニューロン喪失による。
・感覚喪失はない
(第3パラグラフ) 鑑別
進行例では診断容易だが、初期ではmore problematic
疲労悪化する四肢筋力低下は「重症筋無力症」と混乱する。
老人における失語症構音障害原因は、「脳血管障害による偽性球麻痺」であることがより一般的
上肢に感覚障害を伴わない筋萎縮線維束攣縮を呈する他の疾患として「頚髄症」がある。
・「外傷」や「心尖部肺癌(パンコースト腫瘍)」による腕神経叢損傷で腕に症状があらわれるかもしれない。
・末梢運動神経優位のニューロパチー対側性筋力低下と反射の低下というパターンを起こす。 ← ?
(第4パラグラフ) 症状経過
運動ニューロン疾患進行性不治病態
・足の痙性麻痺発現する傾向がある
球麻痺失語症構音障害を起こす
肛門括約筋普通影響を受けない
知能一般的影響を受けない
(第5パラグラフ) 治療管理
・この病態に対して治癒的治療法はない
発症から平均生存期間は2-4年
医師診断予後について患者家族に説明しなければならない。
集学的チームサポート提供しなければいけない。
病気進行して発話が悪くなったとき、コンピュータの使用で会話は補助されうる。
feeding gastrostomy十分カロリー摂取可能するために必要かもしれない。
非侵襲的呼吸器呼吸不全補助するために使われうる
普通気管支肺炎死亡する
運動ニューロン疾患とは?
運動ニューロン疾患 motor neuron disease MND
参考文献
HIM = Harrison's Principles of Internal Medicine 17th Edition
CASES = 100 Cases in Clinical Medicine Second edition
IMD = 内科診断学第2版


失語症」

  [★]

aphasia
失語
感覚性失語症(ウェルニッケ失語症)、運動性失語症(ブローカ失語症)
dysphasia



流暢性と失語 (BET.250)

  非流暢性失語 流暢性失語
発語の量 少ない 正常または多い
発語に対する努力 努力を要する 正常
韻律 傷害されている 正常
句の長さ 短い 長い
統語障害 単語の羅列が多い(失文法) 言葉としてはつながっているがよく分からない(錯文法)
錯語 まれ 多い
言語促迫 減少 増加
障害部位 ブローカ野 ウェルニッケ野



aphasic」

  [★]

  • adj.
  • 失語症の
aphasiadysphasia

WordNet   license wordnet

「unable to speak because of a brain lesion」

WordNet   license wordnet

「someone affected by aphasia or inability to use or understand language」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「失語症患者 / 失語症の,失語症にかかっている」

WordNet   license wordnet

「related to or affected by aphasia; "aphasic speech"」


dysarthria」

  [★]

  • n
  • difficulty in articulating words due to disease of the central nervous system (⇔dysphasia)
構音障害

WordNet   license wordnet

「impaired articulatory ability resulting from defects in the peripheral motor nerves or in the speech musculature」


alogia」

  [★]

アロギーアロジア

acquired aphasiaaphasiadysphasiaglobal aphasiaprogressive aphasiasemantic aphasia




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡