drug

出典: meddic

drugs


WordNet   license wordnet

「use recreational drugs」
do drugs

WordNet   license wordnet

「administer a drug to; "They drugged the kidnapped tourist"」
dose

WordNet   license wordnet

「a substance that is used as a medicine or narcotic」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『薬』,薬品,薬剤 / 『麻薬』,麻酔剤 / 〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える / 〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/08 14:22:21」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/02/23 15:33:02」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/04/14 04:15:44」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/06/23 01:31:47」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/11/01 23:25:15」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Nano-Hydroxyapatite/Chitosan/Konjac Glucomannan Scaffolds Loaded with Cationic Liposomal Vancomycin: Preparation, In Vitro Release and Activity against Staphylococcus aureus Biofilms.
  • Ma T, Shang BC, Tang H, Zhou TH, Xu GL, Li HL, Chen QH, Xu YQ.SourceKunming General Hospital of Chengdu Military Region, 212 Daguanlu Road, Kunming 650032, Yunnan, P. R. China; Third Military Medical University, Chongqing 400037, P. R. China.
  • Journal of biomaterials science. Polymer edition.J Biomater Sci Polym Ed.2012;22(12):1669-1681.
  • The objective of this study was to design a novel artificial bone scaffold for the therapy and prevention of refractory bacterial infections. Porous nano-hydroxyapatite/chitosan/konjac glucomannan (n-HA/CS/KGM) scaffolds were loaded with cationic liposomal vancomycin (CLV) to form a novel complex dr
  • PMID 21605505
  • Active Targeting Behaviors of Biotinylated Pluronic/Poly(Lactic Acid) Nanoparticles In Vitro through Three-Step Biotin-Avidin Interaction.
  • Xiong XY, Gong YC, Li ZL, Li YP, Guo L.SourceSchool of Life Science, Jiangxi Science & Technology Normal University, Nanchang 330013, P. R. China. xyxiong@gmail.com.
  • Journal of biomaterials science. Polymer edition.J Biomater Sci Polym Ed.2012;22(12):1607-1619. Epub 2010 Aug 6.
  • In order to prepare targeted drug carriers, previously a biotin group has been attached by our group to the end of Pluronic F87/poly(lactic acid) and Pluronic P85/poly(lactic acid) block co-polymers to obtain B-F87-PLA and B-P85-PLA, respectively. In this paper, the active targeting properties of B-
  • PMID 20699057
  • Indentation Creep Reservoirs for Drug-Eluting Poly(L-Lactic Acid) Scaffolds.
  • Pandey A, Aswath P.SourceMaterials Science and Engineering Department, 500 West First Street, Room 325, The University of Texas at Arlington, Arlington, TX 76019, USA.
  • Journal of biomaterials science. Polymer edition.J Biomater Sci Polym Ed.2012;22(12):1591-1606. Epub 2010 Jul 26.
  • The indentation creep behavior of poly(L-lactic acid) (PLLA) thin and thick films was examined. The creep rate was found to be strongly dependent on applied stress, as well as on the thickness of the PLLA film with creep rates being much larger in thin films compared to thick ones at lower stresses,
  • PMID 20663280

和文文献

  • 玄米発酵食品による油症原因物質の体外排泄促進
  • 長山 淳哉,戸髙 尊,平川 博仙,梶原 淳睦,飯田 隆雄,柴田 智子,辻 博,岩崎 輝明,Nagayama Junya,Todaka. Takashi,Hirakawa Hironori,Kajiwara Jumboku,Iida Takao,Shibata Satoko,Tsuji Hiroshi Iwasaki Teruaki,ナガヤマ ジュンヤ,トダカ タカシ,ヒラカワ ヒロノリ,カジワラ ジュンボク,イイダ タカオ,シバタ サトコ,ツジ ヒロシ,イワサキ テルアキ
  • 福岡医学雑誌 102, 123-129, 2011-04-25
  • Forty two years have passed since the outbreak of Kanemi rice oil poisoning, namely, Yusho in the western Japan. However, even now the Yusho patients have been still suffering from several objective a …
  • NAID 120003075303
  • 胎児性油症関連物質の時系列的濃度変化 : ダイオキシン様PCBsとPCBs
  • 長山 淳哉,戸髙 尊,平川 博仙,堀 就英,梶原 淳睦,吉村 健清,Nagayama Junya,Todaka Takashi,Hirakawa Hironori,Hori Tsuguhide,Kajiwara Jumboku,Yoshimura Takesumi,ナガヤマ ジュンヤ,トダカ タカシ,ヒラカワ ヒロノリ,ホリ ツグヒデ,カジワラ ジュンボク,ヨシムラ タケスミ
  • 福岡医学雑誌 102, 116-122, 2011-04-25
  • … Therefore, we considered due to heavy exposure to PCDFs some drug metabolizing enzymes such as aryl hydrocarbon hydroxylase were induced and excretion of the related agents to fetal Yusho were enhanced from the bodies of Yusho group. …
  • NAID 120003075302
  • 胎児性油症原因物質の時系列的濃度変化 : PCDDs とPCDFs
  • 長山 淳哉,戸髙 尊,平川博仙,堀 就英,梶原 淳睦,吉村 健清,Nagayama Junya,Todaka Takashi,Hirakawa Hironori,Hori Tsuguhide,Kajiwara Jumboku,Yoshimura Takesumi,ナガヤマ ジュンヤ,トダカ タカシ,ヒラカワ ヒロノリ,ホリ ツグヒデ,カジワラ ジュンボク,ヨシムラ タケスミ
  • 福岡医学雑誌 102, 109-115, 2011-04-25
  • … Therefore, we considered due to high exposure to PCDFs some drug metabolizing enzymes such as aryl hydrocarbon hydroxylase were induced and the excretion of PCDFs and PCDDs were enhanced from the bodies of Yusho group. …
  • NAID 120003075301

関連リンク

『DRUG』(ドラッグ)は、青少年育成国民会議配給の映画。 ドラッグの恐ろしさを描い た映画であることから、全国の中学校、高等学校で鑑賞されている。 [編集] あらすじ. 都内の名門女子高校に通う沙耶香は、いじめと過食症に悩んでいた。 ...
調剤薬局。理念・沿革、業務紹介、店舗案内。

関連画像

Drug Arrest Phoenix call for a universal drug plan for CanadaDrug Detection Specialists in the Capedrug capsules-clipart.com-36603471Drug users continue to be the main focus drug warriors often contend that drug use Years After: Portugal’s Drug AEON FORMULATIONS


★リンクテーブル★
リンク元100Cases 76」「100Cases 14」「100Cases 34」「drag」「agent
拡張検索multi-drug resistance」「anti-HIV drug

100Cases 76」

  [★]

☆case76 頭痛
glossary
傾眠 drowsiness 正常病的の区別なく眠り込む場合に用いられる
意識不鮮明 confusion 周囲に対する認識や理解は低下し、思考清明さや記憶正確さが失われる
錯乱 confusion 夢幻様状態より見当識障害思考滅裂が見られる状態(PSY.40)
MA = Master of Arts 文学修士
 The Master of Arts (BrE: MA, UsE: M.A.) is awarded in Arts, Humanities, Theology and Social Sciences (Wikipedia)
graduate student 大学院生
rousable adj. 覚醒できる、目を覚ますことができる
rouse vt. ~の目を覚まさせる、呼び起こす。喚起する、鼓舞する、奮起させる。(感情を)起こさせる、かき立てる
lateralize vt. (生理)(大脳が)(左右半球に心的機能差がある、左右差がある。(器官機能活動などが)大脳の(左右いずれかの)片側優位下にある。(医学)(障害などが)大脳の片半球にあると診断される
乳頭浮腫 papilledema 原因を問わず視神経乳頭腫脹している状態
うっ血乳頭 choked disc 脳圧亢進による乳頭浮腫
症例
24歳、男性 精神学の修士過程を専攻している大学院生
主訴:激しい頭痛
現病歴頭部全体に痛みがある。2回嘔吐傾眠錯乱が認められるようになった。明るい光を嫌う()he finds bright lights uncomfortable
既往歴病気既往はない。アレルギーはない。タバコ1日10本。アルコール24 unit/week(缶ビール(350ml)13.7本/週)。薬は服用してない。
家族歴:彼女と同居。3歳と4歳の子供がいる。
診察 examination
 見た感じ紅潮しており、調子が悪そう。体温:39.2℃。項部硬直あり(he has stiffness on passice flexion of his neck)。皮疹なし。副鼻腔圧痛なし。鼓膜所見は正常脈拍:120/分。血圧:98/74 mmHg心血管系胸部腹部に異常所見なし(normal)。意識レベル低下。命令に応じて覚醒する(JCS10?)。局所神経症状認めない。眼底所見正常
検査 investigation
 血液検査
  白血球上昇血清Na:低下。血清尿素:上昇血清クレアチニン上昇血液培養検査
 画像検査
  胸部X線:異常所見なし。頭部CT正常
 心電図洞性頻脈
 腰椎穿刺
  髄液所見:混濁白血球:増多。蛋白:増多。糖:低下(普通の人の血糖100mg/dLと考える。→ 1g/L → 1/180 mol/L → 5.56 mmol/L。グラム染色結果待ち
■Q
 診断鑑別診断管理
■A
 細菌性髄膜炎髄膜炎クモ膜下出血、経験的抗菌薬投与
解説
(第1パラグラフ)細菌性髄膜炎
・(症状)突然発症。激しい頭痛嘔吐錯乱羞明項部硬直
・低血圧白血球増多、腎機能低下 → ウイルス性よりむしろ細菌性感染示唆する。 ← 重症敗血症敗血症ショックかな?(私見)
・(髄膜炎菌の種類)
テーブル挿入 髄膜炎
・(疫学)HIM. 2621 (多分、全患者中(←私見))
 Streptococcus pneumoniae ~50%
 Neisseria meningitidis ~25%、
 group B streptococci ~15%
 Listeria monocytogenes ~10%
 Haemophilus influenzae type B <10%
Neisseria meningitidis全身性脈管皮疹(点状出血紫斑)が特徴的(generalized vasculitic rash)
(第2パラグラフ)鑑別診断
・激しい頭痛
 ・the most severe headaches are experienced in meningitis, subarachnoid hemorrhage and classic migraine.
  ・meningitis単回発作(single episode)。症状は時間単位で出現
  ・subarachnoid hemorrhage単回発作(single episode)。突然発症(突発完成?)。硝子体出血を認めることがある。
  ・classic migraine:繰り返す(数回/年~1回/週。平均月2回。発作は4-72時間継続)
髄膜刺激急性発熱をきたした多くの病態でみられる(acute febrile conditions)。特に子供。 ← そうなの?
頚部硬直頚部脊椎の局所感染症でも起こる。 ← パーキンソン病などによる筋トーヌスの異常亢進も除外しよう
・他の髄膜炎:脳脊髄液所見で鑑別する
(第3パラグラフ)経験的治療
・(細菌性)髄膜炎が疑われたら、確定診断する前に適切抗菌薬投与(empirical treatment)。 → 数時間の経過死亡することがある。
・ペニシリンアレルギーがなければ、ceftriaxoneかceftaximeの静脈内投与一般的治療法
(第4パラグラフ)腰椎穿刺
乳頭浮腫がない、あるいは占拠性病変示唆する片側性の神経徴候(lateralized neurological signs)がある患者では(CT結果を待たずに)腰椎穿刺をすぐにやるべき(CASES) ← どういう事?
局在性の神経徴候(localized neurological sign)がある場合はまずCTを撮るべき(CASES)。 → the dangers of coning ← 鉤ヘルニアの事?
(第5パラグラフ)細菌性髄膜炎管理
診断CSF検査(グラム染色、髄液培養(確定診断感受性試験)
管理
 ・意識が低下しているのでそれなりの看護(must be nursed)。アヘン剤による鎮痛生理食塩水による低ナトリウム血症の補正。低血圧補正するためにinotrope(a drug with positive inotropic effects, e.g. dobutamine, digitalis, milrinone )も必要かもしれない。(100CASES)
 ・感受性のある抗菌薬投与(大量静注、髄液移行性の高いもの)、髄液所見の正常化・CRP 陰転後、1週間抗菌薬投与して治療終了対症療法として脳圧亢進には高張脳圧降下薬(マンニトールなど)を投与。(IMD.1042)
(第6パラグラフ)家族構成を考えた治療
・(意訳)誰が3-4歳の世話をしていたのか分からないけど、子供検査すべき。髄膜炎菌か原因菌が不明だったら、リファンピシンによる予防的治療髄膜炎球菌に対する予防接種をすべき。 ← 日本ではどうなんでしょうか。
□350ml アルコール5%
350x0.05/10=1.75 unit
莢膜を有し、髄膜炎を起こす細菌 → 莢膜を有することで血液中補体などを介した貪食を免れ、血行性クモ膜下腔まで到達しうる。
Streptococcus pneumoniae
Haemophilus influenzae type b
Neisseria meningitidis
敗血症
定義
 感染症による全身性炎症反応症候群(SIRS)をセプシス(sepsis, 広義の敗血症?)とする
 感染症の病原体は、一般細菌(グラム陽性菌・陰性菌)、真菌寄生虫ウイルスなど
 皮膚粘膜の傷とか、種々の臓器にある感染巣から、細菌リンパ流から血中に入り、全身播種されて、新たに転移性感染巣をつくり、重篤全身症状を引き起こす。
全身性炎症反応症候群の診断基準
 下記項目のうち2項目以上が当てはまる
  1. 体温>38℃ or 体温<36℃
  2. 心拍数>90bpm
  3. 呼吸数>20回/min or PaCO2<32mmHg
  4. (白血球数>12,000/ul or 白血球数<4,000/ul) or ( 幼若好中球>10% ) ← ここでいう幼若好中球とは桿状好中球のことである。
敗血症の周辺疾患概念
 1. 全身性炎症反応症候群 systemic inflammatory response syndrome SIRS
  発熱白血球増加などの全身炎症徴候によって特徴づけられる病態(SIRS診断基準に合致する病態)
 2. 敗血症 sepsis
  SIRS感染結果である場合
 3. 重症敗血症 severe sepsis
  主要臓器障害を伴う敗血症
 4. 敗血症ショック septic shock
  輸液投与不応性の低血圧を伴う重症敗血症
 5. 多臓器機能障害症候群 multiorgan dysfunction syndrome MODS
  2つ以上の主要臓器機能異常
 6. 多臓器不全 multiorgan failure MOF
  2つ以上の主要臓器の不全状態
参考文献
HIM = Harrison's Principles of Internal Medicine 17th Edition
PSY = 標準精神医学 第3版
CASES = 100 Cases in Clinical Medicine Second edition
IMD = 内科診断学第2版


100Cases 14」

  [★]

☆case14 複視
glossary
diplopia n. 複視
筋力低下筋無力筋脱力 muscle weakness, muscular weakness
sunken
vt. sinkのpp.
adj.
沈没した、沈んだ、水中の
沈下した、一段低いところにある
落ち込んだ、くぼんだ
3,4-ジアミノピリジン 3,4-diaminopyridine 3,4-DAP K+チャネル阻害薬;ランバートイートン筋無力治療
症例
43-year-old woman
cheif complaint: diplopia
present history: diplopia and holding her head up ; more marked in the evenings, for the last 3 months. difficulty of chewing. voice has become quieter. weight loss (3kg / 6months). non-smoker. drinks about 15 units/week. no regular medication.
past history: no significant previous medical illnesses.
family history: lives with her husband and three children.
診察 examination
looks well.
organ systems: normal; cardiovascular, respiratory, and abdominal systems.
muscle power; grossly normal. decrease after testing a movement repetitively.
motor function: normal; tone, coordination, reflexes and sensation.
bilateral ptosis. exacerbated by prolonged upward gaze
eye: normal; pupillary reflexes, eye movements, and funduscopy
■答え
diagnosis: myathenia gravis
differential diagnoses:
CASES
上位and/or下位運動ニューロン motor neurone disease 運動ニューロン疾患線維束性攣縮進行例では筋力低下
muscular dystrophy 筋ジストロフィー:ある種の筋肉選択的筋力低下する。家族歴がある。
dystrophia myotonica 強直性筋ジストロフィー咬筋側頭筋胸鎖乳突筋筋萎縮四肢遠位端の筋萎縮顔貌特徴的(前頭部脱毛、無表情、窪んだ頬)。家族歴ある。筋電図診断有用(急降下爆撃音)。
polymyositis 多発筋炎普通皮疹関節痛出現CK上昇筋生検診断有用
myopathy ミオパチー:甲状腺中毒性ミオパチー甲状腺機能低下症によるミオパチークッシング症候群によるミオパチーアルコール性のミオパチー
神経筋接合部non-metastatic associations of malignancy (paraneoplastic syndrome(傍腫瘍性症候群 = 腫瘍随伴症候群)のこと):胸腺腫症例の10%に重症筋無力症がみられる。ランバートイートン筋無力症候群小細胞癌関連がある。
HIM.2674
Treatment with penicillamine (used for scleroderma or rheumatoid arthritis) may result in true autoimmune MG, but the weakness is usually mild, and recovery occurs within weeks or months after discontinuing its use.
 重症筋無力症の誘発ペニシラミン(強皮症関節リウマチ治療に用いられる)。
  mildだし、薬剤中断改善する。
Aminoglycoside antibiotics or procainamide can cause exacerbation of weakness in myasthenic patients; very large doses can cause neuromuscular weakness in normal individuals.
 重症筋無力症の悪化:アミドグリコシド系抗菌薬、プロカインアミド
  MG患者筋脱力悪化する。
参考文献
HIM = Harrison's Principles of Internal Medicine 17th Edition
CASES = 100 Cases in Clinical Medicine Second edition
IMD = 内科診断学第2版

100Cases 34」

  [★]

☆case34 てんかん発作
症例
23歳 アフリカ-カリブ系 女性 銀行の店員
主訴てんかん発作
現病歴強直間代発作を2回起こしたところを母親が目撃していた。娘の行動次第におかしくなり、また娘は自分のことを話している声が聞こえていた(幻聴)。最近頭痛を訴えていた。体重が減少し、脱毛があった。盗汗と主に足と手の小関節に及ぶflitting 関節痛を訴えていた。服用薬なし。タバコ1日5-10本、アルコール10 unit/week(缶ビール(350ml)6本弱)
既往歴:特記なし(medical or psychiatric history)
家族歴
生活歴
・身体診断
意識:眠そうだが痛みに反応頚部硬直:なし。頭髪:薄く斑状体温38.5℃。リンパ節:たくさんの部位で触知。
心拍:104/分、整。血圧:164/102 mmHg心血管系呼吸器系腹部:異常なし。
神経所見focal anormalityなし(局所性異常)。乳頭浮腫:認めず。
検査
(血液生化学)
上昇erythrocyte sedimentation rateureacreatinine
低下:hemoglobinwhite cell countplatelet
正常mean corpuscular volumesodiumpotassiumglucose
(腰椎穿刺)
上昇leukocytesCSF protein
正常CSF glucose
(尿検査)
蛋白:+++。血尿:+++。赤血球:++。赤血球円柱:あり。
(その他)
胸部X線:異常なし。ECG洞性頻脈頭部CT正常CSFグラム染色陰性(光顕レベル細菌なし)
glossary
fall out (毛髪などが)抜ける
night sweat 盗汗寝汗
tonic-clonic generalized seizure 全般性強直間代発作
flit vi (鳥・蝶など)すいすい/ひらひら飛ぶ、飛び回る、飛翔する。(人が)軽やかに通る、行き交う。(時が)(飛ぶように)すぎる。(幻想など)去来する、よぎる、(表情が)かすめる
drowsy adj. 眠い。眠そうな。眠気を誘う。ものうい。眠ったような
stiffness n. 堅いこと、堅ぐるしさ、がんこさ
delirium tremens 振戦譫妄
hypertensive encephalopathy血圧性脳症
alopecia 脱毛
African-Caribbean アフリカ-カリブ系
fit n. (病気の)発作。引きつけ、痙攣。(感情の)激発、一時的興奮、気まぐれ
chorea n. 舞踏病
recreational drug 耽溺性があり乱用される脱法薬物
urgent adj. (物・事が)急を要する、緊急の、背拍質(pressing)。(~を)緊急に必要とする(in)。(S is ~ (with O1) for [in] O2)(人が)(O1(人)に)O2(物・事)をしつこく求める。(人に/~するように)催促する(for/to do)。(要求などが)執拗な。
てんかん発作
・新規発生したてんかん発作原因(ICU.805-806)
薬物中毒(テオフィリンなど)
薬物からの離脱(アルコールなど)
感染症(髄膜炎膿瘍など)
頭部外傷
虚血障害(虚血あるいはびまん性)
占拠性病変(腫瘍あるいは血腫)
代謝性障害(肝性脳症尿毒症性脳症敗血症低血糖、低ナトリウム血症、低カルシウム血症など)
合併症(ICU.805-806)
全身性てんかん発作場合:高血圧乳酸アシドーシス、高体温呼吸障害誤嚥肺水腫横紋筋融解自傷不可逆性神経学的障害(30分間以上てんかん発作持続した場合)
可能性の高い診断
 全身性エリテマトーデス systemic lupus erythematosus(SLE)
■鑑別診断ポイント
 自己免疫疾患多彩症状を示す。そのため、個々の症状着目して鑑別診断をあげるのではなく、症状検査値の異常を総合的に見て判断する必要がある。
解答
 (第1パラグラフ)SLE病態
精神症状:(SLEは脳で血管炎を呈することで生じる)うつ(depression)、統合失調症様の精神病痙攣(fits)、舞踏病(chorea)、脳梗塞/脊髄梗塞
脳脊髄液:白血球増多(leukopenia)、蛋白増加
血液:自己免疫性溶血貧血(Coombs'-positive hemolytic anemia)がありうる。白血球減少血小板減少症普通にみられる。
症状ループス腎炎普通に見られ、顕微鏡的血尿タンパク尿、ネフローゼ、あるいは腎不全が現れるかもしれない。
関節症状変形を伴わない関節痛(PIP関節(近位指節間関節)、MP関節(中手指節関節)、手関節)
 (第2パラグラフ)SLEの確定診断のための検査治療
 ・すぐにすべきことは降圧薬、抗痙攣薬の投与
 ・確定診断のために次の検査を行っていく(もっとも症例提示された所見で(日本の?)SLE診断基準を満たすけど)
  ・検疫血清検査:抗DNA抗体C3C4
  ・腎生検ループス腎炎程度把握
 ・治療活動性感染がないことを確認 ← 薬物療法ではステロイド免疫抑制薬を使うため
  ・ステロイド静脈内投与、あるいはシクロホスファミドなどの細胞毒性薬(cytotoxic agents)の投与
  ・重症治療抵抗性だったら血漿交換を行う。
■鑑別診断 頭痛/精神病的様態(psychiatric features)/痙攣
髄膜炎脳炎
レクリエーショナルドラッグ中毒(例えばコカイン)
・脳腫瘍
急性アルコール禁断症状振戦譫妄
・高血圧脳症
■KEYPOINT
SLEは特に若いアフリカ系-カリブ系に普通一般的
SLEでは主に神経症状と精神症状をを伴って現れることがある
・白血球低下と血小板の低下はしばしばSLE示唆する
tonic-clonic seizure 強直間代発作
 意識消失とともに全身随意筋強直痙攣が生じ(強直痙攣tonic convulsion)、次いで全身の筋の強直弛緩とが律動的に繰り返される時期(間代痙攣clonic convulsion)を経て、発作後もうろう状態を呈する一連発作
□350ml アルコール5%
350x0.05/10=1.75 unit
細胞毒性薬
 免疫抑制薬や抗腫瘍薬として用いられる。
antimetabolites
アザチオプリン azathioprine
メトトレキセート methotrexate
ミコフェノール酸 mycophenolic acid, ミコフェノール酸モフェチル mycophenolate mofetil
レフルノミド leflunomide
alkylating agents
シクロホスファミド cyclophosphamide

drag」

  [★]

  • v.
  • n.
drug

WordNet   license wordnet

「use a computer mouse to move icons on the screen and select commands from a menu; "drag this icon to the lower right hand corner of the screen"」

WordNet   license wordnet

「proceed for an extended period of time; "The speech dragged on for two hours"」
drag on, drag out

WordNet   license wordnet

「the phenomenon of resistance to motion through a fluid」
retarding force

WordNet   license wordnet

「clothing that is conventionally worn by the opposite sex (especially women''s clothing when worn by a man); "he went to the party dressed in drag"; "the waitresses looked like missionaries in drag"」

WordNet   license wordnet

「the act of dragging (pulling with force); "the drag up the hill exhausted him"」

WordNet   license wordnet

「something tedious and boring; "peeling potatoes is a drag"」

WordNet   license wordnet

「something that slows or delays progress; "taxation is a drag on the economy"; "too many laws are a drag on the use of new land"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈重い物〉‘を'『引きずる』(haul) / 《副詞[句]を判って》…‘を'引っ張ってゆく / (網などで)(…を捜して)〈川・湖など〉‘の'底をさらう《+『名』+『for』+『名』》 / …‘を'だらだらと引き延ばす《+『out』+『名,』+『out』》 / (地面に)『引きずる』《+『along』》 / 〈物が〉重そうに動く;のろのろ進む / だらだらと長引く《+『on』(『out』)》 / 〈C〉〈U〉引っ張ること,引きずること / 〈C〉物事を遅らせる原因になる人(物);(…の)足手まとい,じゃま物《+『on』(『upon』)+『名』》 / 〈C〉水の底を探る物(探り錨,引き網など) / 〈C〉引きずられる物(重いまぐわ,犬ぞりなど) / 〈U〉《a~》(航空機の)抗力 / 《a~》《俗》退屈な人(物,事)」

WordNet   license wordnet

「to lag or linger behind; "But in so many other areas we still are dragging"」
trail, get behind, hang back, drop behind, drop back

WordNet   license wordnet

「move slowly and as if with great effort」

WordNet   license wordnet

「persuade to come away from something attractive or interesting; "He dragged me away from the television set"」

WordNet   license wordnet

「pull, as against a resistance; "He dragged the big suitcase behind him"; "These worries were dragging at him"」

agent」

  [★]

  • n.
  • 代行者、代理人。代理業者
  • 政府職員、官吏
  • ある後位をする人、ある作用をするもの。動員、動力因、作用因。(文法)動作主。科学的変化を起こさせるもの、薬品、~剤。病原体
agonistagonisticattorneydelegatedrugetiologic agentfomesfomitesmediatorpathogenpathogenicpharmaceutical preparationvectorvehicle

WordNet   license wordnet

「a substance that exerts some force or effect」

WordNet   license wordnet

「a businessman who buys or sells for another in exchange for a commission」
factor, broker

WordNet   license wordnet

「any agent or representative of a federal agency or bureau」
federal agent

WordNet   license wordnet

「a representative who acts on behalf of other persons or organizations」

WordNet   license wordnet

「an active and efficient cause; capable of producing a certain effect; "their research uncovered new disease agents"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『代理人』;周旋人 / 働き(作用)を起こすもの;作用物,薬剤 / (政府機関,特にFBI,CIAなどの)部員,機関員」


multi-drug resistance」

  [★]

MDRmultidrug resistancemultidrug-resistantmultiple drug resistancemultiple drug-resistant


anti-HIV drug」

  [★]

AIDS druganti-AIDS druganti-HIV agent


"http://meddic.jp/drug" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡