donepezil

出典: meddic

ドネペジル

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/10 12:14:50」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Conformational analysis and parallel QM/MM X-ray refinement of protein bound anti-Alzheimer drug donepezil.
  • Fu Z, Li X, Miao Y, Merz KM Jr.SourceDepartment of Chemistry and the Quantum Theory Project, 2328 New Physics Building, P.O. Box 118435, University of Florida, Gainesville, Florida, 32611-8435.
  • Journal of chemical theory and computation.J Chem Theory Comput.2013 Dec 3;9(3):1686-1693. Epub 2013 Feb 18.
  • The recognition and association of donepezil with acetylcholinesterase (AChE) has been extensively studied in the past several decades because of the former's use as a palliative treatment for mild Alzheimer disease. Herein we examine the conformational properties of donepezil and we re-examine the
  • PMID 23526889
  • Working memory deficits and related disinhibition of the cAMP/PKA/CREB are alleviated by prefrontal α4β2*-nAChRs stimulation in aged mice.
  • Vandesquille M, Baudonnat M, Decorte L, Louis C, Lestage P, Béracochéa D.SourceCNRS, Univ. Bordeaux, INCIA UMR 5287, Bordeaux, France; Institut de Recherches SERVIER (IDRS), Croissy-sur-Seine, France.
  • Neurobiology of aging.Neurobiol Aging.2013 Jun;34(6):1599-609. doi: 10.1016/j.neurobiolaging.2012.10.006. Epub 2013 Jan 23.
  • The present study investigates in aged mice the working memory (WM) enhancing potential of the selective α4β2* nicotinic receptor agonist S 38232 as compared with the cholinesterase inhibitor donepezil, and their effect on cAMP response element binding protein (CREB) phosphorylation (pCREB) as a m
  • PMID 23352115

和文文献

  • 日中の幻視が「前の人」から「横の影」へとdonepezilにより変遷したレビー小体型認知症の1症例
  • 井上 弘寿,加藤 敏
  • 精神医学 54(10), 1023-1032, 2012-10-00
  • NAID 40019469535
  • ドネペジルとメマンチンの併用効果 : 脳血流変化と臨床効果に関して (特集 新しいアルツハイマー型認知症治療薬の使用経験) -- (メマンチンの使用経験)
  • 金谷 潔史,阿部 晋衛,酒井 稔 他
  • 老年精神医学雑誌 23(9), 1083-1086, 2012-09-00
  • NAID 40019439098
  • 身体愁訴を主訴として受診し,その改善にドネペジル塩酸塩が有効であった高齢者の一例 (特集 新しいアルツハイマー型認知症治療薬の使用経験) -- (ドネペジルの使用経験)
  • 稲村 圭亮,品川 俊一郎
  • 老年精神医学雑誌 23(9), 1051-1054, 2012-09-00
  • NAID 40019438997

関連リンク

ドネペジル (donepezil) は、アルツハイマー型認知症(痴呆)進行抑制剤の一種。 エーザイの杉本八郎らにより開発された。 ドネペジル塩酸塩は、アリセプトという商品名 でエーザイから発売され、海外市場ではファイザー製薬との提携により、同名(Aricept) で ...

関連画像

DonepezilDonepezil skeletal.svgDonepezil and its Use in Alzheimer’s = Dehydrodeoxy Donepezil (Donepezil  donepezil hydrochloride - Google PatentsDescription Donepezil 1EVE.png


★リンクテーブル★
リンク元コリンエステラーゼ阻害薬」「ドネペジル」「Aricept
拡張検索donepezil hydrochloride

コリンエステラーゼ阻害薬」

  [★]

cholinesterase inhibitor cholinesterase inhibitors
抗コリンエステラーゼ薬 anticholinesterase
アセチルコリンアセチルコリン受容体副交感神経

コリンエステラーゼ阻害薬=

アルツハイマー病の治療薬

作用機序

  • 図:GOO.203

活性部位に結合

エドロフォニウムは四級アミンなので腎臓より速やかに排泄され、持続時間が短い。

酵素ををカルバモイル化

酵素をリン酸化

  • 有機リン化合物系

薬理作用

動態

適応

臨床応用

種類 疾患への適応
ムスカリン作動薬 緑内障、手術後の腸管麻痺、尿閉
コリンエステラーゼ阻害薬 緑内障、手術後の腸管麻痺、尿閉重症筋無力症の診断・治療、アルツハイマー病
ムスカリン受容体遮断薬 鎮痙薬(消化管、胆管、尿路など)、胃・十二指腸潰瘍、散瞳薬、パーキンソン病、麻酔前投与

注意

禁忌

副作用

ドネペジル」

  [★]

donepezil
塩酸ドネペジル
アリセプト Aricept
アルツハイマー病その他の中枢神経系用薬


脳への移行が多い
末梢性副作用が服無い。(ドネペシルは偽性コリンエステラーゼの阻害が少ない)
肝毒性が少ない


心臓刺激
伝導障害、既往歴
末梢のアセチルコリンエステラーゼの阻害作用による副作用



Aricept」

  [★] アリセプト

donepezildonepezil hydrochloride


donepezil hydrochloride」

  [★]

Ariceptdonepezil




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3