donepezil

出典: meddic

ドネペジル

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/10 12:14:50」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Conformational analysis and parallel QM/MM X-ray refinement of protein bound anti-Alzheimer drug donepezil.
  • Fu Z, Li X, Miao Y, Merz KM Jr.SourceDepartment of Chemistry and the Quantum Theory Project, 2328 New Physics Building, P.O. Box 118435, University of Florida, Gainesville, Florida, 32611-8435.
  • Journal of chemical theory and computation.J Chem Theory Comput.2013 Dec 3;9(3):1686-1693. Epub 2013 Feb 18.
  • The recognition and association of donepezil with acetylcholinesterase (AChE) has been extensively studied in the past several decades because of the former's use as a palliative treatment for mild Alzheimer disease. Herein we examine the conformational properties of donepezil and we re-examine the
  • PMID 23526889
  • Working memory deficits and related disinhibition of the cAMP/PKA/CREB are alleviated by prefrontal α4β2*-nAChRs stimulation in aged mice.
  • Vandesquille M, Baudonnat M, Decorte L, Louis C, Lestage P, Béracochéa D.SourceCNRS, Univ. Bordeaux, INCIA UMR 5287, Bordeaux, France; Institut de Recherches SERVIER (IDRS), Croissy-sur-Seine, France.
  • Neurobiology of aging.Neurobiol Aging.2013 Jun;34(6):1599-609. doi: 10.1016/j.neurobiolaging.2012.10.006. Epub 2013 Jan 23.
  • The present study investigates in aged mice the working memory (WM) enhancing potential of the selective α4β2* nicotinic receptor agonist S 38232 as compared with the cholinesterase inhibitor donepezil, and their effect on cAMP response element binding protein (CREB) phosphorylation (pCREB) as a m
  • PMID 23352115

和文文献

  • 日中の幻視が「前の人」から「横の影」へとdonepezilにより変遷したレビー小体型認知症の1症例
  • 井上 弘寿,加藤 敏
  • 精神医学 54(10), 1023-1032, 2012-10-00
  • NAID 40019469535
  • ドネペジルとメマンチンの併用効果 : 脳血流変化と臨床効果に関して (特集 新しいアルツハイマー型認知症治療薬の使用経験) -- (メマンチンの使用経験)
  • 金谷 潔史,阿部 晋衛,酒井 稔 他
  • 老年精神医学雑誌 23(9), 1083-1086, 2012-09-00
  • NAID 40019439098
  • 身体愁訴を主訴として受診し,その改善にドネペジル塩酸塩が有効であった高齢者の一例 (特集 新しいアルツハイマー型認知症治療薬の使用経験) -- (ドネペジルの使用経験)
  • 稲村 圭亮,品川 俊一郎
  • 老年精神医学雑誌 23(9), 1051-1054, 2012-09-00
  • NAID 40019438997

関連リンク

ドネペジル (donepezil) は、アルツハイマー型認知症(痴呆)進行抑制剤の一種。 エーザイの杉本八郎らにより開発された。 ドネペジル塩酸塩は、アリセプトという商品名 でエーザイから発売され、海外市場ではファイザー製薬との提携により、同名(Aricept) で ...

関連画像

DonepezilDonepezil skeletal.svgDonepezil and its Use in Alzheimer’s = Dehydrodeoxy Donepezil (Donepezil  donepezil hydrochloride - Google PatentsDescription Donepezil 1EVE.png


★リンクテーブル★
リンク元コリンエステラーゼ阻害薬」「ドネペジル」「Aricept
拡張検索donepezil hydrochloride

コリンエステラーゼ阻害薬」

  [★]

cholinesterase inhibitor cholinesterase inhibitors
抗コリンエステラーゼ薬 anticholinesterase
アセチルコリンアセチルコリン受容体副交感神経

コリンエステラーゼ阻害薬=

アルツハイマー病の治療薬

作用機序

  • 図:GOO.203

活性部位に結合

エドロフォニウムは四級アミンなので腎臓より速やかに排泄され、持続時間が短い。

酵素ををカルバモイル化

酵素をリン酸化

  • 有機リン化合物系

薬理作用

動態

適応

臨床応用

種類 疾患への適応
ムスカリン作動薬 緑内障、手術後の腸管麻痺、尿閉
コリンエステラーゼ阻害薬 緑内障、手術後の腸管麻痺、尿閉重症筋無力症の診断・治療、アルツハイマー病
ムスカリン受容体遮断薬 鎮痙薬(消化管、胆管、尿路など)、胃・十二指腸潰瘍、散瞳薬、パーキンソン病、麻酔前投与

注意

禁忌

副作用

ドネペジル」

  [★]

donepezil
塩酸ドネペジル
アリセプト Aricept
アルツハイマー病その他の中枢神経系用薬


脳への移行が多い
末梢性副作用が服無い。(ドネペシルは偽性コリンエステラーゼの阻害が少ない)
肝毒性が少ない


心臓刺激
伝導障害、既往歴
末梢のアセチルコリンエステラーゼの阻害作用による副作用



Aricept」

  [★] アリセプト

donepezildonepezil hydrochloride


donepezil hydrochloride」

  [★]

Ariceptdonepezil




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1交叉感作性+薬剤20
2ダーゼン+添付文書14
3坊功婁カテーテルキット14
4篩状 面皰状 低乳頭 類臓器型13
5アイソボログラム13
6嘔吐 噴水12
7小刻み歩行+原因11
8股関節外転装具+装着方法10
9Frequency of Manual Blowdown mail8
10メタロプロテイナーゼ8
11グレー症候群+小児8
12下壁梗塞8
13エストロゲン インスリン グリコーゲン7
14鶏卵大+大きさ7
15セリンプロテイナーゼ6
16プロステーシス+整形外科6
17体幹ギプス固定 画像6
18+白衣を着る理由 看護師 原著6
19brom+tech+心臓6
20自律性増殖5

昨日の人気記事
 タイトル表示
1+30 copper sulphate .gr mail4
2Prawns and Crabs mail4
3しんきんしたい3
4コードウェルルック3
5断綴性言語2
6トリロスタン2
7小児++血液量++体重あたり量2
8デスドメイン2
9ペ二シラミン++空腹2
10狭窄音とは2
11Pubic+hair+成長2
12Soya Lecithin Animal Feed mail2
13Tibia+-+Free+Massively+Multiplayer+Online+Role-Playing+Game+-+MMORPG2
14Fischer mail2
15赤血球吸着試験2
16脛骨神経損傷2