domperidone

出典: meddic

ドンペリドン

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/30 15:09:25」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/10/14 16:25:08」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/01/10 04:04:30」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/01/10 02:21:38」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Cardiovascular safety profile and clinical experience with high-dose domperidone therapy for nausea and vomiting.
  • Ortiz A1, Cooper CJ, Alvarez A, Gomez Y, Sarosiek I, McCallum RW.
  • The American journal of the medical sciences.Am J Med Sci.2015 May;349(5):421-4. doi: 10.1097/MAJ.0000000000000439.
  • INTRODUCTION: Domperidone is a dopamine receptor antagonist with peripheral prokinetic and central antiemetic properties. Prolongation of the QTc interval with chronic use of oral domperidone in standard doses has been reported in the literature. Our goal was to investigate cardiac toxicity in patie
  • PMID 25828198
  • The use of domperidone increases the completion rate of small bowel capsule endoscopy: does this come at the expense of diagnostic yield?
  • Koulaouzidis A1, Dimitriadis S, Douglas S, Plevris JN.
  • Journal of clinical gastroenterology.J Clin Gastroenterol.2015 May-Jun;49(5):395-400. doi: 10.1097/MCG.0000000000000147.
  • BACKGROUND: The completion rate (CR) of small bowel capsule endoscopy (SBCE) has been reported at 81.3% to 84.8%. Prokinetic agents are used to increase CR and (theoretically) diagnostic yield (DY). Domperidone has not been widely used in SBCE; unlike metoclopramide, it lacks extrapyramidal adverse
  • PMID 24859717
  • Response to "use of domperidone to increase breast milk supply: further consideration of the benefit-risk ratio is required".
  • Paul C, Zénut M, Dorut A, Coudoré MA, Vein J, Cardot JM, Balayssac D.
  • Journal of human lactation : official journal of International Lactation Consultant Association.J Hum Lact.2015 May;31(2):316-7. doi: 10.1177/0890334415570973.
  • PMID 25869191

和文文献

  • 高齢者施設で多発した嘔吐下痢症に対する黄芩湯の使用経験
  • 犬塚 央,野上 達也,木村 豪雄,田原 英一,三潴 忠道
  • 日本東洋医学雑誌 62(1), 53-56, 2011
  • 冬季の嘔吐下痢症はノロウイルス感染が原因となる場合が多く,嘔吐,下痢,発熱,腹痛を主症状とする。通常1?3日で治癒するが,高齢者では死亡するケースも報告されている。今回,2005年12月1日から2006年1月31日の2カ月間,福岡県の1老人ホームで多発した嘔吐下痢症に際し,黄芩湯を投与した20例の検討を行った。症状消失までの漢方方剤の投与回数は1?12回で,3回以内が15例と75%を …
  • NAID 130000880555
  • Sensitive Quantification of Bulleyaconitine A in Human Serum by Liquid Chromatography-Tandem Mass Spectrometry
  • XIONG Xin,ZHAI Suodi,YAO Zhongqiang
  • Bioscience, biotechnology, and biochemistry 73(7), 1572-1577, 2009-07-23
  • Domperidone was used as internal standard (I.S.). …
  • NAID 10027543578

関連リンク

※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。 「有効成分」 ドンペリドン(Domperidone) 「同一成分含有商品」 ドンペロン10(モティリウムジェネリック) (10錠) 350 円 Domperon (Domperidone) - 10mg (10 ...
Breastfeeding Articles, Advice and Encouragement for Mothers who desire to have happier healthier babies. ... Domperidone Where do I obtain Domperidone? Introduction: Domperidone (Motilium ) is a drug that has, as a side effect ...

関連画像

Domperidone1,000 Tablets Domperidone 10mgDomperidoneDomperidoneDomperidone & Simethicone TabletsJohnson And Johnson Domperidone http://www


★リンクテーブル★
リンク元ドパミン」「ドンペリドン」「ベンズアミド

ドパミン」

  [★]

dopamine DA DOA 3,4-dihydroxyphenethylamine
ドーパミン
塩酸ドパミン, dopamine hydrochloride, ドパミン塩酸塩
イノバンイブタントカコージンDカコージンカタボンガバンスクリトパンツルドパミドパラルミンドミニントロンジンプレドパマートバーンヤエリスタ
ドパミン受容体カテコラミン強心剤


概念

生合成

視床下部-下垂体系

  • 視床下部弓状核や脳室周辺の隆起漏斗系ドパミンニューロンで産生される。
  • 下垂体のD2受容体を介してホルモン分泌の調節を受けている。 → e.g. プロラクチン放出抑制ホルモン(PIF)

ドパミン受容体

低用量での血管拡張はこの受容体を介して起こる (GOO.249)
中枢神経系に存在

神経伝達物質の薬理 (GOO.324)

神経伝達物質 トランスポーター阻害薬 受容体のサブタイプ 選択的作動薬 選択的阻害薬 受容体と共役する分子
ドパミン cocaine
mazindol
nomifensine
D1     Gs
D2 bromocriptine sulpiride
domperidone
Gi
D3 7-OH-DPAT  
D4    
D5     Gs

薬理学

  • 低濃度
D1受容体に作用して血管拡張→腎血流量↑→GFP↑→Na排出↑→利尿
  • やや高濃度
β1受容体に作用→心拍出量↑・心収縮力↑(頻脈はない)・収縮期圧↑・拡張期圧不変
アドレナリン低用量投与と同じ?
  • 高濃度
α1受容体に作用→血管平滑筋収縮(→収縮期圧↑、拡張期圧↑???)
アドレナリン高用量投与と同じ?

ran]]

(PT.218)

  • 中脳に細胞体を持つものが多く、黒質から線条体に至る黒質線条体系と黒質や腹側被蓋野から報酬系の神経核、辺縁系、前頭葉に至る中脳皮質系がある。視床下部やその周辺にもドーパミン作動性線維の細胞体とその終末があり、隆起漏斗系、隆起下垂体系、不確帯視床下部系、脳室周囲系を形成する。黒質線条体系の変性はパーキンソン病をもたらす。ドーパミン誘導体には幻覚剤となるものがある。ドーパミンの分泌増大や脳のD2受容体の増加は精神分裂病(統合失調症)の発病に関与している可能性がある。モルヒネはドーパミンの分泌を促進する。コカインは輸送体によるドーパミンの取り込みを阻害し作用の持続時間を延長する。一部の覚醒剤中毒はドーパミン輸送体の抑制による。

ホルモンの調節

  • プロラクチンは視床下部でドパミンの産生を促進 ← プロラクチン抑制因子として作用
  • ドパミンは視床下部でGnRHの分泌を抑制 → 卵巣機能の抑制
  • ドパミンは下垂体前葉?でD受容体に作用してプロラクチンを抑制 ← 抗精神病薬(D2受容体をブロックする)を使うと高プロラクチン血症となる。

循環不全治療薬として

イノバン
  • 下記のような急性循環不全(心原性ショック、出血性ショック)
  • (1) 無尿、乏尿や利尿剤で利尿が得られない状態   ←  低濃度で用いれば、腎血流を増加させ尿量の増加が期待できる → ドパミン#薬理学
  • (2) 脈拍数の増加した状態  ←  高濃度でなければ、頻脈を起こさず心拍出量を増やす。 → ドパミン#薬理学
  • (3) 他の強心・昇圧剤により副作用が認められたり、好ましい反応が得られない状態



ドンペリドン」

  [★]

domperidone
アースレナンジャックマールドンペリンナウゼリンナシロビンノーゼアハドドリンフォリメジンペリゼリンペロリックミオナゼリンモンロビア
ドーパミン受容体その他の消化器官用薬


  • ベンズアミド系

構造

薬理作用

  • 抗ドパミン作用


ベンズアミド」

  [★]

benzamide

構造

  • ベンズアミド骨格を有する

作用

ベンズアミド系代表薬物





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡