cramp

出典: meddic

  • n.
クランプ有病性れん縮
abdominal painconvulseconvulsionconvulsivejerkmuscle crampmuscle spasmmuscle twitchingmuscular crampmyospasmseizurespasmspasticspasticity


WordNet   license wordnet

「secure with a cramp; "cramp the wood"」

WordNet   license wordnet

「affect with or as if with a cramp」

WordNet   license wordnet

「suffer from sudden painful contraction of a muscle」

WordNet   license wordnet

「a strip of metal with ends bent at right angles; used to hold masonry together」
cramp iron

WordNet   license wordnet

「a clamp for holding pieces of wood together while they are glued」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈U〉〈C〉(筋肉の)けいれん,こむらがえり / 《複数形で》急激な腹痛 / …‘に'けいれんを起こさせる」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(また『cramp iron』)かすがい / 締め具,締め金 / …'を'かすがい(締め具)で締めつける / …'を'拘束する」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/08/15 10:04:32」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Branchial osmoregulation in the euryhaline bull shark, Carcharhinus leucas: a molecular analysis of ion transporters.
  • Reilly BD, Cramp RL, Wilson JM, Campbell HA, Franklin CE.SourceSchool of Biological Sciences, The University of Queensland, Brisbane, QLD 4072, Australia.
  • The Journal of experimental biology.J Exp Biol.2011 Sep 1;214(Pt 17):2883-95.
  • Bull sharks, Carcharhinus leucas, are one of only a few species of elasmobranchs that live in both marine and freshwater environments. Osmoregulation in euryhaline elasmobranchs is achieved through the control and integration of various organs (kidney, rectal gland and liver) in response to changes
  • PMID 21832131
  • Low penetrance breast cancer susceptibility loci are associated with specific breast tumor subtypes: findings from the Breast Cancer Association Consortium.
  • Broeks A, Schmidt MK, Sherman ME, Couch FJ, Hopper JL, Dite GS, Apicella C, Smith LD, Hammet F, Southey MC, Van 't Veer LJ, de Groot R, Smit VT, Fasching PA, Beckmann MW, Jud S, Ekici AB, Hartmann A, Hein A, Schulz-Wendtland R, Burwinkel B, Marme F, Schneeweiss A, Sinn HP, Sohn C, Tchatchou S, Bojesen SE, Nordestgaard BG, Flyger H, Orsted DD, Kaur-Knudsen D, Milne RL, Perez JI, Zamora P, Rodriguez PM, Benitez J, Brauch H, Justenhoven C, Ko YD; The Genica Network, Hamann U, Fischer HP, Bruning T, Pesch B, Chang-Claude J, Wang-Gohrke S, Bremer M, Karstens JH, Hillemanns P, Dork T, Nevanlinna HA, Heikkinen T, Heikkila P, Blomqvist C, Aittomaki K, Aaltonen K, Lindblom A, Margolin S, Mannermaa A, Kosma VM, Kauppinen JM, Kataja V, Auvinen P, Eskelinen M, Soini Y, Chenevix-Trench G, Spurdle AB, Beesley J, Chen X, Holland H; kConFab; AOCS, Lambrechts D, Claes B, Vandorpe T, Neven P, Wildiers H, Flesch-Janys D, Hein R, Loning T, Kosel M, Fredericksen ZS, Wang X, Giles GG, Baglietto L, Severi G, McLean C, Haiman CA, Henderson BE, Le Marchand L, Kolonel LN, Grenaker Alnas G, Kristensen V, Borresen-Dale AL, Hunter DJ, Hankinson SE, Andrulis IL, Marie Mulligan A, O'Malley FP, Devilee P, Huijts PE, Tollenaar RA, Van Asperen CJ, Seynaeve CS, Chanock SJ, Lissowska J, Brinton L, Peplonska B, Figueroa J, Yang XR, Hooning MJ, Hollestelle A, Oldenburg RA, Jager A, Kriege M, Ozturk B, van Leenders GJ, Hall P, Czene K, Humphreys K, Liu J, Cox A, Connley D, Cramp HE, Cross SS, Balasubramanian SP, Reed MW, Dunning AM, Easton DF, Humphreys MK, Caldas C, Blows F, Driver K, Provenzano E, Lubinski J, Jakubowska A, Huzarski T, Byrski T, Cybulski C, Gorski B, Gronwald J, Brennan P, Sangrajrang S, Gaborieau V, Shen CY, Hsiung CN, Yu JC, Chen ST, Hsu GC, Hou MF, Huang CS, Anton-Culver H, Ziogas A, Pharoah PD, Garcia-Closas M.SourceThe authors wish it to be known that, in their opinion, the first four authors should be regarded as joint First Authors and together with the last two as the writing group.
  • Human molecular genetics.Hum Mol Genet.2011 Aug 15;20(16):3289-3303. Epub 2011 May 19.
  • Breast cancers demonstrate substantial biological, clinical and etiological heterogeneity. We investigated breast cancer risk associations of eight susceptibility loci identified in GWAS and two putative susceptibility loci in candidate genes in relation to specific breast tumor subtypes. Subtypes w
  • PMID 21596841
  • Obsessive-compulsive symptoms in primary focal dystonia: A controlled study.
  • Barahona-Correa B, Bugalho P, Guimaraes J, Xavier M.SourceCEDOC, Departamento de Saude Mental, Faculdade de Ciencias Medicas, Universidade Nova de Lisboa, Lisbon, Portugal; Centro Hospitalar de Lisboa Ocidental, Department of Psychiatry and Mental Health, Lisbon, Portugal. bernardocorrea@sapo.pt.
  • Movement disorders : official journal of the Movement Disorder Society.Mov Disord.2011 Aug 9. doi: 10.1002/mds.23906. [Epub ahead of print]
  • Primary focal dystonia is an idiopathic neurological disorder causing involuntary muscle contraction. Its pathophysiology probably involves the basal ganglia and cortical-basal pathways. Primary dystonia appears to be associated with significant obsessive-compulsive symptoms, but evidence remains sc
  • PMID 21830232
  • False rumours of disease outbreaks caused by infectious myonecrosis virus (IMNV) in the whiteleg shrimp in Asia.
  • Senapin S, Phiwsaiya K, Gangnonngiw W, Flegel TW.AbstractABSTRACT:
  • Journal of negative results in biomedicine.J Negat Results Biomed.2011 Aug 3;10(1):10. [Epub ahead of print]
  • ABSTRACT:BACKGROUND: Infectious myonecrosis virus (IMNV) disease outbreaks in cultivated whiteleg shrimp Penaeus (Litopenaeus) vannamei are characterized by gross signs of whitened abdominal muscles and by slow mortality reaching up to 70%. In 2006 the first disease outbreaks caused by IMNV in Asia
  • PMID 21813002

和文文献

  • 慢性腎臓病患者における長時間作用型と短時間作用型ループ利尿薬の効果と安全性の検討
  • 駒田 敬則,吉田 泉,佐久間 由紀,森 穂波,雨宮 守正,中里 優一,田部井 薫
  • 自治医科大学紀要 33, 79-90, 2011-03-01
  • 現在ループ利尿薬を服用している血清Cr値1.5mg/dl以上の外来患者を対象とし,文書にて同意を得られた34名を対象とした。投与薬剤の順番をランダム化して,アゾセミドまたはフロセミドを,1-2ヶ月毎に交互に投与した。その結果,アゾセミド60mgとフロセミド40mgを同等力価と考えて交互に投与した場合,血圧,体重,尿量,尿中Na排泄量に差はなく,血液検査データ,尿中電解質などにも差は無かった。尿蛋白 …
  • NAID 110008506955
  • 肝硬変患者における分岐鎖アミノ酸製剤の切り替えの有用性について
  • 清水 省吾,杉原 潤一,岩砂 淳平 [他]
  • 消化器内科 52(5), 554-558, 2011-05
  • NAID 40018891071
  • フォーカル・ジストニアの基礎と臨床 (特集 Musician's hand)
  • 中島 八十一,門田 宏
  • 整形・災害外科 54(4), 357-364, 2011-04
  • NAID 40018794735
  • 症例報告 上肢ジストニア患者一症例に対する上肢運動機能定量化システムを用いた鍼治療効果検討
  • 井上 博紀,谷 万喜子,鈴木 俊明 [他]
  • 関西医療大学紀要 4, 92-99, 2010
  • NAID 40017350749

関連リンク

2011年06月01日: 5月30日発売の職人モノにHaru,Crampが紹介されました。 2011 年05月31日: 6月1,2,3日、合同展に出展します。 2011年05月11日: デュアル新作 コインケースが入荷しました。 2011年04月04日: 4 月2日発売のモノマガジンに着脱 ...
Cramp クランプ(鎹).... この機械重たいんだよなー。 池之端に戻すのが憂鬱 です(苦笑 ...

関連画像

Cramp hot picture - Isabella Cramp Nighttime Foot Cramps May Yield to Rafaël Rozendaal - cramp Health & Fitness | What gives you cramp cramp by mayo clinic staff a muscle crampWhat Causes Muscle Cramps? (with pictures) Room | What is it that gives you crampThe Cramp Twins Photos And Wallpapers


★リンクテーブル★
先読み腹痛」「こむら返り
リンク元100Cases 79」「不随意運動」「jerk」「痙攣」「convulse
拡張検索crampon」「crampy pain」「abdominal cramp
関連記事cram」「cramped

腹痛」

  [★]

abdominal pain
PQRST急性腹症


コアカリ診療の基本 p.107

心窩部 食道潰瘍 胸焼け、嚥下困難
急性胃炎 悪心、嘔吐を伴う
消化性潰瘍 空腹時悪化傾向
胃癌 進行しないと痛まず
虫垂炎初期 回盲部に圧痛
急性膵炎 激烈な腹痛、背部痛、膵酵素の上昇
慢性膵炎 不定の上腹部症状で神経症的にみえる
膵臓癌 浸潤すると疼痛強し
右季肋部 胆石症 右肩に放散、発作間は痛みほとんどなし
急性胆嚢炎 発熱、圧痛著明、肝胆道系酵素上昇
急性肝炎 肝腫大、鈍痛、黄疸-肝酵素著明に上昇
肝膿瘍 激しい発熱、叩打痛は肋骨弓部付近など
肝癌 鈍痛、破裂すると激しい痛み
左右側腹部 尿管結石 肋骨脊椎角の叩打痛、血尿、超音波検査で水腎症
腎盂腎炎 急激な発熱と叩打痛、膿尿
腎梗塞 時に一過性の激しい痛み、血尿
回盲部 虫垂炎 他疾患除外の目的で、超音波検査が有用
右側結腸憩室炎 虫垂炎との鑑別困難
回腸末端炎 虫垂炎との鑑別が必要
クローン病 回盲部潰瘍をきたしやすい
大腸癌 右側結腸癌は腫癌を触知することが多い
左腸骨窩部 虚血性大腸炎 急激な腹痛と下血
S状結腸憩室炎 腹痛、圧痛、発熱
急性大腸炎 下痢、嬬動の元進
S状結腸軸捻転 便秘老人、鼓腸強い、内視鏡的修復
下腹部 子宮付属器炎 発熱、圧痛
卵巣嚢腫茎捻転 ショックに陥ることもあり、超音波検査が有用
子宮外妊娠破裂 急激に貧血が進行、ショックなど
生理痛 内膜症がある場合は強い
全体 腹膜炎 原発性、結核性、癌性など症状が微妙に異なる
潰瘍穿孔 腹壁防御、板状硬、緊急手術
腸間膜血栓症 鼓腸、腸麻痺、ショック、最も重篤


  • 小腸疾患による腹痛は食事後20分後ぐらいから始まることが多い。(QB.A-308)

乳幼小児の腹痛

SPE.481
  • 乳幼児・学童に共通して最も多い腹痛の原因は便秘。その他は急性胃腸炎、胆道拡張症


こむら返り」

  [★]

muscle cramp
強直性痙攣腓腹筋痙攣
筋痙攣痙直痙攣腹痛腓返りけいれん筋けいれん


100Cases 79」

  [★]

☆case79 混乱
79歳 女性
主訴:混乱
現病歴:5年前より高血圧診断され薬物で加療中であった。混乱がひどくなってきたと訴え娘と来院。娘の話では3週間前より混乱の症状が始まっており、以前認知機能問題は無かった。患者食欲減退頭痛筋痙攣(muscle cramp)も訴えていた。高血圧治療診断時よりアテノロール服用していたが四肢冷感をうったえて2ヶ月前に中止ベンドロフルメチアジド1日2.5mgに切り替え特に問題なかった。
生活歴:単身であり、近くに娘が住んでいる。
嗜好歴:飲酒、喫煙共に無し。
服用薬:服用薬無し。近所の薬品屋で購入したビタミン剤は飲んでいる。
身体所見 examination
 皮膚ツルゴール正常脈拍 80/分、整。血圧 146/90 mmHg頚静脈圧正常。異常心音認めず。末梢の浮腫無し。呼吸器系消化器系異常なし。abbreviated mental test scoreは6/10。時間場所見当識無し。局所神経症状無し。眼底銀線動脈arteriovenous nippingを認める。乳頭浮腫は認めない。
検査所見 investigations
 低ナトリウム血症軽度低カリウム血症クレアチニン軽度低下、尿浸透圧低下。
問診(S)
 混乱(程度次第重度に)
 食欲減退
 頭痛
 筋痙攣
 高血圧
 アテノロール服用(5年前より2ヶ月前まで。服用により四肢が出る)中止後、ベンドロフルメチアジド服用
身体所見(O)
 高血圧(146/90mmg) → Japan基準だとI度高血圧(YN.C-162)
 abbreviated mental test score: 6/10 → 認知症/譫妄疑い
 眼底silver-wiringarteriovenous nippingを認め乳頭浮腫を認めない (YN.C-165)
 (陰性所見)
 ツルゴール正常 → 脱水否定
 高血圧以外の循環器疾患否定的?、呼吸器消化器系正常らしい
 場所にと時間に関する見当識がないのでJCSだと2
 局所神経症状なし → 中枢神経系疾患は考えづらい?
検査(O)
 低ナトリウム血症軽度低カリウム血症クレアチニン軽度低下、尿浸透圧低下。
----------------
チアジド系利尿薬
 ・副作用は?
  低カリウム血症耐糖能低下高尿酸血症高カリウム血症アルカローシスGFR↓。(YN.C-62)
 ・禁忌は?
  無尿腎不全糖尿病高脂血症。(YN.C-62)
 ・特徴(医学用語辞典より)
  ・降圧利尿薬として本態性高血圧症に対する第一選択薬の1つとして用いられる。
  ・有効率が高いこと、至適用量の個人差が少ないこと、効果の発現が緩徐で過度の降圧を来さないことなどの利点を有している。
 ・ベンドロフルメチアジド bendroflumethiazide
  チアジド系利尿薬の一種
アテノロール(YN.C-64)
 ・β1選択性β遮断薬。
 ・心臓のβ1受容体に選択的に作用し、本態性高血圧症狭心症頻脈性不整脈に対して有用性が認められている。
■学習事項
 ・混乱(confusion)をきたす疾患を鑑別してみよう
■abbreviated mental test score (en wikipediaより)
 ・1972年にHodkinsonが老人の認知症の可能性について、迅速に評価できる手法として紹介。
 ・認知症以外にも、混乱や認知機能障害の評価にも使われている。
 ・10の項目があって、答えられると1点。6点以下でdelirium(譫妄)やdementia(認知症)が疑われる。
 ・年齢、今何時、住所を覚えてもらい最後に聞く、今何年、病院名/家の住所、二人の人の認知、誕生日、世界大戦が始まった年、現在の王?の名前、20から1までカウントダウン
診断
 利尿薬による低ナトリウム血症
  利尿剤による低ナトリウム血症治療開始後2,3週間以内に起こりやすい。
  NSAID服用している老年女性に多い(NSAIDは水の排泄を抑制)
   メカニズム?:NSAIDはプロスタグランジンの生成を阻害 → レニン分泌↓ → 輸出細動脈は拡張したまま → GFR低下 → 水の排泄がうまくいかないのだろうか。
■血漿浸透圧を計算してみよう
 2 x ([Na+] + [K+]) + [urea] + [glucose] [単位:mOsmol/kg]
低ナトリウム血症(YN.D-138)

不随意運動」

  [★]

involuntary movement IVM
不随意筋


不随意運動と大脳基底核との関連

  大脳基底核の障害との関連 特徴 好発部位 代表疾患
振戦 tremor 黒質 律動的な振動運動 指、手 Parkinson病
本態性振戦
舞踏病様運動 choreiform movement 尾状核 不規則で、目的のない、非対称性運動
[show details]
顔面、四肢 Huntington舞踏病
バリズム ballism/ballismus 視床下核 舞踏様病の一種。運動はより急速、粗大、持続性。四肢の抹消よりも体幹に誓い部分に強く起こり、上下肢を投げ出すよう激しい運動
[show details]
四肢 視床下核 Juys体の出血・梗塞
アテトーゼ athetosis 赤核被殻淡蒼球 舞踏病よりゆっくりで、持続性のある運動。舞踏病に比べ一定の運動。虫が這うような運動。
[show details]
手・指 脳性麻痺
CO中毒
レンズ核障害
ミオクローヌス myoclonus 赤核 1つまたは多くの筋の短時間の不随意な収縮。関節や四肢の強い運動を伴わないのが原則
[show details]
全身・局所 Creutzfeldt-Jakob病
Ramsay Hunt症候群
てんかん
リピドーシス
ミトコンドリア脳筋症
痙攣 cramp/convulsion   筋肉が不随意に,激しく攣縮する状態    
ジストニー dystonia   異常姿勢。筋緊張の亢進で異常な姿勢となり、体幹の捻転、胸郭の傾斜、頚の捻転、肘の過伸展、手首の過屈曲、指の過伸展などを呈する。
[show details]
体幹・近位筋 捻転ジストニー
チック tic   顔、頚部、肩などに起こる、比較的急激で、繰り返して起こる運動
[show details]
顔面 てんかん
緊張



jerk」

  [★]

  • n
  • 急にぐいっと引くこと。急に動くこと
  • (筋肉の)反射運動、痙攣。(jerks)痙攣性筋肉運動
convulseconvulsionconvulsivecrampspasticity

WordNet   license wordnet

「move with abrupt, seemingly uncontrolled motions; "The patient''s legs were jerkings"」
twitch

WordNet   license wordnet

「(mechanics) the rate of change of acceleration」

WordNet   license wordnet

「an abrupt spasmodic movement」
jerking, jolt, saccade

WordNet   license wordnet

「raising a weight from shoulder height to above the head by straightening the arms」

WordNet   license wordnet

「a dull stupid fatuous person」
dork

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(急に)『ぐいっと引っぱる』(『押す』,『ねじる』,『投げる』)『こと』 / (筋肉の)反射運動;けいれん / 《米俗》うぶな人;まぬけ / (重量挙げの)ジャーク / 《運動を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『急に引っぱる』(『押す』,『ねじる』,『投げる』) / …‘を'ぶっきらぼうに(投げ出すように)言う《+『out』+『名,』+『名』+『out』》 / 『急に』(『ぐいっと』)『動く』」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈特に牛肉〉‘を'細切りにして干し肉にする」

WordNet   license wordnet

「throw or toss with a quick motion; "flick a piece of paper across the table"; "jerk his head"」
flick

痙攣」

  [★]

痙攣

(脳脊髄性)convulsionseizure、(痛性)cramp、(痙縮)spasmconvulsive
痙攣発作
筋痙攣痙縮痙直痙攣痙攣性スパスムスパズムてんかん癲癇てんかん発作腹痛発作攣縮けいれん性れん縮こむら返り腓返り筋けいれん


分類

部位

  • 全身性
  • 局所性

原因

  • 全身性

アミノ酸代謝異常で痙攣を呈さないもの

乳幼児期の精神発達遅延+痙攣

YN.J-39


参考

  • 1. 小児科診療・2009年・6号 (103)1083 けいれん


国試


convulse」

  [★]

  • v.
  • 痙攣させる
convulsionconvulsivecrampjerkspasticity

WordNet   license wordnet

「shake uncontrollably; "earthquakes convulsed the countryside"」

WordNet   license wordnet

「be overcome with laughter」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈地震などが〉…'を'激しく震動させる,動揺させる / 《受動態で》〈怒り・笑いなどが〉〈人〉'を'身もだえさせる」

WordNet   license wordnet

「move or stir about violently; "The feverish patient thrashed around in his bed"」
thresh, thresh about, thrash, thrash about, slash, toss, jactitate

WordNet   license wordnet

「cause to contract; "The spasm convulses her facial muscles"」

WordNet   license wordnet

「contract involuntarily, as in a spasm; "The muscles in her face convulsed"」

WordNet   license wordnet

「make someone convulse with laughter; "The comedian convulsed the crowd"」


crampon」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a hinged pair of curved iron bars; used to raise heavy objects」
crampoon

WordNet   license wordnet

「an iron spike attached to the shoe to prevent slipping on ice when walking or climbing」
crampoon, climbing iron, climber

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「つかみ金(氷・材木・石などの重い物をつかむ) / 《複数形で》(また『climbing irons』)アイゼン,鉄かんじき」


crampy pain」

  [★]

  • 差し込むような痛み、疝痛
A 29-year-old woman with a history of pelvic inflammatory disease presents to the emergency department with severe left lower quadrant crampy pain and spotting, and amenorrhea for the past two cycles.

abdominal cramp」

  [★]

abdominal coliccoliccolicky pain


cram」

  [★]

WordNet   license wordnet

「put something somewhere so that the space is completely filled; "cram books into the suitcase"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(…に)…'を'ぎっしり詰める《+『名』+『in』(『into』)+『名』》;(…で)〈物〉'を'いっぱいにする《+『名』+『with』+『名』》 / 〈人〉‘に'(…の)詰め込み勉強をさせる《+『名』+『with』+『名』》;〈学科〉'を'詰め込む / (…の)詰め込み勉強をする《+『for』+『名』》」

WordNet   license wordnet

「study intensively, as before an exam; "I had to bone up on my Latin verbs before the final exam"」
grind away, drum, bone up, swot, get up, mug up, swot up, bone

WordNet   license wordnet

「prepare (students) hastily for an impending exam」


cramped」

  [★]

WordNet   license wordnet

「constricted in size; "cramped quarters"; "trying to bring children up in cramped high-rise apartments"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「狭苦しい / (文字が)読みにくい」


"http://meddic.jp/cramp" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡