corticosteroid

出典: meddic

コルチコイド

glucocorticoid, glucocorticoids

WordNet   license wordnet

「a steroid hormone produced by the adrenal cortex or synthesized; administered as drugs they reduce swelling and decrease the body''s immune response; "adrenal cortical steroids are used to treat many different conditions"」
corticoid, adrenal cortical steroid

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/08/12 08:29:31」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Corticosteroid treatment inhibits airway hyperresponsiveness and lung injury in a murine model of chemical-induced airway inflammation.
  • Wigenstam E, Jonasson S, Koch B, Bucht A.SourceSwedish Defence Research Agency, Division of CBRN Defence and Security, Umeå, Sweden; Department of Public Health and Clinical Medicine, Unit of Respiratory Medicine, Umeå University, Umeå, Sweden.
  • Toxicology.Toxicology.2012 Nov 15;301(1-3):66-71. Epub 2012 Jul 6.
  • CONTEXT: Exposure to toxic alkylating mustard agents causes both acute and long-term effects to the lungs as indicated by increased number of inflammatory cells in airways, lung edema and lung tissue fibrosis. We have previously demonstrated that treatment with the corticosteroid dexamethasone 1h af
  • PMID 22776411
  • Retention of selected steroids on a silt-loam soil.
  • Gineys N, Giroud B, Gineys M, Vulliet E.Sourcea Université Lyon, Institut des Sciences Analytiques , Département Service Central d'Analyse, CNRS, Equipe TRACES , Villeurbanne , France.
  • Journal of environmental science and health. Part A, Toxic/hazardous substances & environmental engineering.J Environ Sci Health A Tox Hazard Subst Environ Eng.2012 Nov;47(13):2133-40.
  • This study used batch-equilibrium techniques to evaluate the soil sorption and desorption of target steroids, representative of the estrogen, androgen, progestogen and corticosteroid families. The sorption kinetics exhibited an immediate rapid sorption followed by a slow process with a duration depe
  • PMID 22871011
  • Cardiac sympathetic hyperinnervation in deoxycorticosterone acetate-salt hypertensive rats.
  • Lee TM, Chen CC, Chang NC.SourceCardiology Section, Department of Medicine, Chi-Mei Medical Center, Tainan, Taiwan.
  • Clinical science (London, England : 1979).Clin Sci (Lond).2012 Oct;123(7):445-57.
  • Sympathetic activities are elevated in the central SNSs (sympathetic nervous systems) of hypertensive animals, but it is not known whether sympathetic innervation is also elevated in the heart. Sympathetic hyper-responsiveness in hypertension may result from oxidative stress. The aim of the present
  • PMID 22507072

和文文献

  • IgA腎症に対する治療の問題点と今後の方向性
  • 米田 雅美
  • 東京女子医科大学雑誌 82(E2), E348-E352, 2012-07-31
  • IgA腎症の診療では、生活習慣、食事指導に始まり、副腎皮質ステロイドホルモン製剤、免疫抑制薬、抗凝固薬、抗血小板薬、アンジオテンシン抑制薬、抗菌薬などとともに、一部には扁桃腺摘除術が実際されるなど、集学的な治療が必要であるが、治療の中心は、副腎皮質ステロイドホルモン製剤や免疫抑制薬、扁桃腺摘出術となる。今現在治療ガイドラインには扁桃腺摘出術+ステロイドパルス療法には明らかな根拠がなくまた後療法とし …
  • NAID 110009435911
  • IgA腎症に対する治療の問題点と今後の方向性
  • 米田 雅美
  • 東京女子医科大学雑誌 82(E2), E348-E352, 2012-07-31
  • IgA腎症の診療では、生活習慣、食事指導に始まり、副腎皮質ステロイドホルモン製剤、免疫抑制薬、抗凝固薬、抗血小板薬、アンジオテンシン抑制薬、抗菌薬などとともに、一部には扁桃腺摘除術が実際されるなど、集学的な治療が必要であるが、治療の中心は、副腎皮質ステロイドホルモン製剤や免疫抑制薬、扁桃腺摘出術となる。今現在治療ガイドラインには扁桃腺摘出術+ステロイドパルス療法には明らかな根拠がなくまた後療法とし …
  • NAID 110009435893
  • 症例報告 若年女性に発症した重症型アルコール性肝炎の救命しえた1例
  • 名和田 義高,濱田 晃市,斎藤 聡
  • 肝臓 53(7), 409-416, 2012-07
  • NAID 40019350606

関連リンク

Corticosteroids are a class of chemicals that includes steroid hormones naturally produced in the adrenal cortex of vertebrates and analogues of these hormones that are synthesized in laboratories. Corticosteroids are involved in a wide range ...
8 Nov 2011 ... Find everything you need to know about corticosteroids, including their uses and side effects, with links to other useful resources.

関連画像

Corticosteroid biosynthetic pathway in ratDescription Corticosteroid-Binding Globulin.pngCorticosteroid side effectsPRinc_rm_photo_of_corticosteroids.jpgReducing the Side Effects of CorticosteroidsArthritis Treatment – CorticosteroidCorticosteroids Drug InformationTable of corticosteroid medications [ edit ]


★リンクテーブル★
先読みglucocorticoid」「glucocorticoids
リンク元副腎皮質ホルモン剤」「免疫抑制薬」「コルチコイド」「ステロイド薬」「副腎皮質ステロイド剤
拡張検索high dose intravenous corticosteroids」「corticosteroid-binding globulin」「inhaled corticosteroid therapy」「corticosteroid glaucoma

glucocorticoid」

  [★] 糖質コルチコイド

WordNet   license wordnet

「a steroid hormone that is produced by the adrenal cortex of animals; affects functioning of gonads and has anti-inflammatory activity」

glucocorticoids」

  [★] 糖質コルチコイド


副腎皮質ホルモン剤」

  [★]

corticosteroid
副腎皮質ステロイドコルチコステロイドステロイド薬副腎皮質ステロイド薬副腎皮質ホルモン副腎皮質ステロイドホルモン副腎皮質ステロイド剤

副腎皮質ホルモン剤

副作用

フロリネフ

重大な副作用

  • 1. 誘発感染症、感染症の増悪
  • 誘発感染症、感染症の増悪があらわれることがある。また、B型肝炎ウイルスの増殖による肝炎があらわれることがある。観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。
  • 2. 続発性副腎皮質機能不全、糖尿病
  • 3. 消化性潰瘍、膵炎
  • 4. 精神変調、うつ状態、痙攣
  • 5. 骨粗鬆症、大腿骨及び上腕骨等の骨頭無菌性壊死ミオパシー*6. 緑内障、後のう白内障
  • 連用により眼内圧亢進、緑内障、後のう白内障を来すことがあるので、定期的に検査をすることが望ましい。
  • 7. 血栓症

その他の副作用

  • 1. 内分泌:5%以上又は頻度不明:月経異常
  • 2. 消化器:5%以上又は頻度不明:下痢、胃痛、胸やけ、口渇、食欲亢進
  • 3. 消化器:5%未満:悪心・嘔吐、腹部膨満感
  • 4. 精神神経系:5%以上又は頻度不明:多幸症、不眠、頭痛、めまい
  • 5. 筋・骨格:5%以上又は頻度不明:筋肉痛、関節痛
  • 6. 脂質・たん白質代謝:5%以上又は頻度不明:野牛肩、窒素負平衡、脂肪肝
  • 7. 脂質・たん白質代謝:5%未満:満月様顔貌
  • 8. 体液・電解質:5%以上又は頻度不明:血圧上昇、低カリウム性アルカローシス
  • 9. 体液・電解質:5%未満:浮腫、高ナトリウム血症、低カリウム血症
  • 10. 眼:5%以上又は頻度不明:中心性漿液性網脈絡膜症等による網膜障害、眼球突出
  • 11. 血液:5%以上又は頻度不明:白血球増多
  • 12. 皮膚:5%以上又は頻度不明:ざ瘡、多毛、脱毛、色素沈着、皮下溢血、紫斑、線条、そう痒、発汗異常、顔面紅斑、創傷治癒障害、皮膚菲薄化・脆弱化、脂肪織炎
  • 13. 過敏症:5%未満:発疹
  • 14. その他:5%以上又は頻度不明:発熱、疲労感、息切れ、ステロイド腎症、体重増加、精子数及びその運動性の増減


免疫抑制薬」

  [★]

immunosuppressive drug, immunosuppressant

免疫抑制薬

作用機序

56kDa immunophilinに結合 (GOO.1596)
56kDa immunophilinはHSP70, HSP90と共にglucocorticoid receptosに結合している。

再生不良性貧血に対する治療薬として



コルチコイド」

  [★]

corticoid
コルチコステロイド corticosteroid
副腎皮質ホルモン

定義

  • 副腎皮質から分泌される副腎皮質ホルモンおよび類似の作用をもつ合成ステロイドホルモン総称

分類




ステロイド薬」

  [★]

steroidcorticosteroidsteroidal anti-inflammatory drug
ステロイド副腎皮質ステロイドコルチコステロイド副腎皮質ステロイド薬ステロイド系消炎薬副腎皮質ホルモン副腎皮質ステロイドホルモンステロイド系抗炎症薬ステロイド剤副腎皮質ステロイド剤ステロイド系抗炎症剤ステロイド系消炎剤副腎皮質ホルモン剤


副腎皮質ステロイド剤」

  [★]

corticosteroidcorticosteroid preparation
副腎皮質ステロイドコルチコステロイドステロイド薬副腎皮質ステロイド薬副腎皮質ホルモン副腎皮質ステロイドホルモン副腎皮質ステロイド製剤副腎ステロイド剤副腎皮質ホルモン剤


high dose intravenous corticosteroids」

  [★] 副腎皮質ステロイド大量静注


corticosteroid-binding globulin」

  [★]

CBG/ transcortin
CBG


inhaled corticosteroid therapy」

  [★] 吸入ステロイド療法


corticosteroid glaucoma」

  [★] ステロイド緑内障




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3