clindamycin

出典: meddic

クリンダマイシン

Cleocin


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/04/16 02:35:21」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

英文文献

  • Risk factors for post-operative wound infection in the setting of chorioamnionitis and cesarean delivery.
  • Dotters-Katz SK1, Feldman C2, Puechl A3, Grotegut CA4, Heine RP4.
  • The journal of maternal-fetal & neonatal medicine : the official journal of the European Association of Perinatal Medicine, the Federation of Asia and Oceania Perinatal Societies, the International Society of Perinatal Obstetricians.J Matern Fetal Neonatal Med.2016 May;29(10):1541-5. doi: 10.3109/14767058.2015.1058773. Epub 2015 Jul 16.
  • OBJECTIVE: The objective of this study was to identify factors associated with an increased risk of post-operative wound infection in women with chorioamnionitis who undergo cesarean delivery.METHODS: We conducted a retrospective cohort study of women with clinical chorioamnionitis who underwent ces
  • PMID 26135793
  • A case of bacteremia caused by Dialister pneumosintes and Slackia exigua in a patient with periapical abscess.
  • Lee MY1, Kim YJ2, Gu HJ2, Lee HJ3.
  • Anaerobe.Anaerobe.2016 Apr;38:36-8. doi: 10.1016/j.anaerobe.2015.11.006. Epub 2015 Nov 30.
  • Dialister pneumosintes and Slackia exigua are both obligatory anaerobe and known to be associated with periodontal diseases and other oral infection. We report a case of blood stream infection caused by D. pneumosintes and S. exigua. This occurred in a 78-year-old female patient that presented with
  • PMID 26612007
  • Use of locally delivered dequalinium chloride in the treatment of vaginal infections: a review.
  • Mendling W1, Weissenbacher ER2, Gerber S3, Prasauskas V4, Grob P4.
  • Archives of gynecology and obstetrics.Arch Gynecol Obstet.2016 Mar;293(3):469-84. doi: 10.1007/s00404-015-3914-8. Epub 2015 Oct 27.
  • BACKGROUND: Vaginal infections are responsible for a large proportion of gynaecological outpatient visits. Those are bacterial vaginosis (BV), vulvovaginal candidosis (VVC), aerobic vaginitis (AV) associated with aerobic bacteria, and mixed infections. Usual treatments show similar acceptable short-
  • PMID 26506926

和文文献

  • Actinomyces naeslundii による頸部放線菌症の1例
  • 木村 寛
  • 日本耳鼻咽喉科學會會報 114(7), 620-623, 2011-07-20
  • Actinomyces naeslundiiはオーラルバイオフィルムを形成する細菌である. この菌は歯周囲炎に関与するが, 頸部放線菌症の原因となった報告例はない. 今回, 珍しいA. naeslundiiによる頸部放線菌症例を経験したので報告する.症例は56歳の男性で, 主訴は頸部腫脹で歯科治療も受けていた. 抗菌薬の点滴と膿の穿刺吸引で腫脹は軽減した. しかし, その後, 再び腫脹した. 膿か …
  • NAID 10029380967
  • 臨床研究・症例報告 A群溶連菌T28およびG群溶連菌を検出した扁桃周囲膿瘍の1男児例
  • 森本 佳子,肌勢 知雅,佐藤 加奈子 [他]
  • 小児科臨床 64(6), 1099-1104, 2011-06
  • NAID 40018792097

関連リンク

The most severe common adverse effect of clindamycin is Clostridium difficile- associated diarrhea (the most frequent cause of pseudomembranous colitis). Although this side effect occurs with almost all antibiotics, including beta-lactam ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元抗菌薬」「クリンダマイシン」「CLDM
拡張検索clindamycin palmitate hydrochloride」「clindamycin phosphate」「clindamycin resistant Streptococcus pneumoniae

抗菌薬」

  [★]

antibacterial drug, antibacterial
抗生剤薬理学抗菌薬一覧抗細菌薬
first aid step 1 2006 p.165

定義

  • 細菌/微生物に静菌作用、殺菌作用を示す物質。結果として、人において病原性を除去する目的で使用される。
  • このうち、微生物によって産生される物質を抗生物質と呼ぶ


作用機序による分類

first aid step 1 2006 p.165
  Mechanism of action Drugs
1 Block cell wall synthesis by inhibition of peptidoglycan cross-linking penicillin, ampicillin, ticarcillin, piperacillin, imipenem, aztreonam, cephalosporins
2 Block peptidoglycan synthesis bacitracin, vancomycin, cycloserine
3 Disrupt bacterial/fungal cell membranes polymyxins
4 Disrupt fungal cell membranes amphotericin B, nystatin, fluconazole/azoles
5 Block nucleotide synthesis sulfonamides, trimethoprim
6 Block DNA topoisomerases quinolones
7 Block mRNA synthesis rifampin
8 Block protein synthesis at 50S ribosomal subunit chloramphenicol, erythromycin/macrolides, lincomycin, clindamycin, streptogramins (quinupristin, dalfopristin), linezolid
9 Block protein synthesis at 30S ribosomal subunit aminoglycosides, tetracyclines, spectinomycin
 ATuSi → あつし


薬物動態

  • 濃度依存性:アミノグリコシド系抗菌薬、ニューロキノロン系抗菌薬
  • 時間依存性:βラクタム系抗菌薬

治療期間

小児

尾内一信 ; 第 39 回日本小児感染症学会教育講演 2 小児感染症の抗菌薬療法 -耐性菌時代の適正使用-
感染臓器・臨床診断 原因菌 投与期間(抗菌薬)
髄膜炎 インフルエンザ菌 7-10日
肺炎球菌 10-14日
髄膜炎菌 7-10日
GBS,腸内細菌,リステリア 21日
中耳炎 <2 歳 10日
2 歳≦ 5-7日
咽頭炎 A 群連鎖球菌 10日(ペニシリン系薬)
5日(セフェム系薬)
肺炎 肺炎球菌,インフルエンザ菌 解熱後3-4日
黄色ブドウ球菌 3-4週間
マイコプラズマ,クラミジア 10-21日
腎臓、膀胱炎、腎盂腎炎 大腸菌,プロテウス,腸球菌 3日
14日
骨髄炎 黄色ブドウ球菌 21日
連鎖球菌,インフルエンザ菌 14日

主要な感染症の抗菌薬投与期間

感染レジマニュ p.27
骨髄炎 4-6週
耳鼻咽喉 中耳炎 5-7日
副鼻腔炎 5-14日
A群溶連菌咽頭炎 10日
肺炎 肺炎球菌 7-10日 or 解熱後3日間
インフルエンザ菌 10-14日
マイコプラズマ 14日(7-10日)
レジオネラ 21日
肺化膿症 28-42日
心臓 感染性心内膜炎 α連鎖球菌 2-4週
黄色ブドウ球菌 4-6週
消化管 腸炎 赤痢菌 3日
チフス 14日(5-7日)
パラチフス
腹膜炎 特発性 5日
二次性 10-14日
胆肝膵 肝膿瘍 細菌性 4-8週
アメーバ性 10日
尿路 膀胱炎 3日
急性腎盂腎炎 14日(7-10日)
急性腎盂腎炎・再発 6週
慢性前立腺炎 1-3ヶ月
髄腔 髄膜炎 インフルエンザ菌 7-10日
髄膜炎菌
肺炎球菌 10-14日
リステリア 21日
敗血症 敗血症 コアグラーゼ陰性ブドウ球菌 5-7日
黄色ブドウ球菌 28日(14日)
グラム陰性桿菌 14日(7-14日)
カンジダ 血液培養陰性化後, 14日

妊婦に避けるべき抗菌薬

  • Antibiotics to avoid in pregnancy
  • Sulfonamides––kernicterus.
  • Aminoglycosides––ototoxicity.
  • Fluoroquinolones––cartilage damage.
  • Erythromycin––acute cholestatic hepatitis in mom
(and clarithromycin––embryotoxic).
  • Metronidazole––mutagenesis.
  • Tetracyclines––discolored teeth, inhibition of bone growth.
  • Ribavirin (antiviral)––teratogenic.
  • Griseofulvin (antifungal)––teratogenic.
  • Chloramphenicol––“gray baby.”
  • SAFE Moms Take Really Good Care.

使っても良い

YN.H-24
  • βラクタム系
  • エリスロマイシン、アジスロマイシン

参考

  • 抗菌薬インターネットブック
まとまっていてよい
[display]http://www.antibiotic-books.jp

抗菌薬一覧

クリンダマイシン」

  [★]

clindamycin, CLDM
塩酸クリンダマイシン clindamycin hydrochlorideクリンダマイシン塩酸塩リン酸クリンダマイシン clindamycin phosphate塩酸パルミチン酸クリンダマイシン clindamycin palmitate hydrochlorideクリンダマイシンリン酸エステル
クリンダマイシンリン酸エステルクリンダマイシンリンタシンハンダラミンクリダマシンクリンダマイシンゲルダラシンダラシンSミドシンリンタシンCleocin
抗菌薬
  • first aid step1 2006 p.139,148,165,166(抗菌スペクトル),169,170,207(副作用)

特徴

構造

  • マクロライド系に属するにもかかわらず、糖が結合している環構造が5員環と小さい
  • リンコマイシンの誘導体。7位の水酸基を塩素で置換。

作用機序

  • ペプチド転移酵素反応を阻止 → 蛋白質合成を阻害

薬理作用

  • 静菌的
  • 高濃度で感受性の高い最近には殺菌的に

抗菌スペクトル

  • グラム陽性菌

動態

適応

注意

禁忌

副作用






CLDM」

  [★] クリンダマイシン clindamycin


clindamycin palmitate hydrochloride」

  [★] クリンダマイシン塩酸パルミチン酸クリンダマイシン

clindamycin phosphate」

  [★] クリンダマイシンリン酸クリンダマイシン

clindamycin resistant Streptococcus pneumoniae」

  [★] クリンダマイシン耐性肺炎球菌




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡