chronic myelogenous leukemia

出典: meddic

慢性骨髄性白血病 CML

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/10 05:31:05」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • The differences and correlations of BCR-ABL transcripts between peripheral blood and bone marrow assays are associated with the molecular responses in the bone marrow for chronic myelogenous leukemia.
  • Jiang Q, Zhao XY, Qin YZ, Liu YR, Lai YY, Jiang B, Huang XJ.SourcePeking University People's Hospital, Peking University Institute of Hematology, Beijing, People's Republic of China.
  • American journal of hematology.Am J Hematol.2012 Dec;87(12):1065-9. doi: 10.1002/ajh.23321. Epub 2012 Sep 11.
  • Previous studies concerning BCR-ABL mRNA levels by quantitative real-time RT-PCR (Q-PCR) for chronic myelogenous leukemia (CML) have shown a significant concordance between peripheral blood (PB) and bone marrow (BM) assays. The objective of this study was to determine whether molecular monitoring us
  • PMID 22965919
  • Minimal residual disease in myeloma: are we there yet?
  • Hart AJ, Jagasia MH, Kim AS, Mosse CA, Savani BN, Kassim A.SourceDepartment of Medicine, Division of Hematology/Oncology, Section of Hematology and Stem Cell Transplant, Vanderbilt University Medical Center, Nashville, Tennessee.
  • Biology of blood and marrow transplantation : journal of the American Society for Blood and Marrow Transplantation.Biol Blood Marrow Transplant.2012 Dec;18(12):1790-9. doi: 10.1016/j.bbmt.2012.05.009. Epub 2012 May 22.
  • Measurement of minimal residual disease is routine in diseases such as chronic myelogenous leukemia, precursor B cell acute lymphoblastic leukemia, and acute promyelocytic leukemia because it provides important prognostic information. However, the role of minimal residual disease testing has not bee
  • PMID 22626785

和文文献

  • CML幹細胞を標的とする治療戦略の可能性
  • 急性骨髄性白血病の髄外浸潤による小腸腫瘍の1例
  • 深田 浩志,湯浅 典博,竹内 英司,後藤 康友,三宅 秀夫,永井 英雅,服部 正興,宮田 完志,小澤 幸泰,伊藤 雅文
  • 日本消化器外科学会雑誌 48(5), 449-455, 2015
  •  症例は49歳の男性で,17歳時に胃穿孔性腹膜炎の既往がある.2009年3月から急性骨髄性白血病のため末梢血幹細胞移植などの治療を受けていた.2013年1月よりイレウスのため3回の入院歴がある.2013年5月,腹痛のため来院しイレウスと診断され入院した.小腸造影で小腸に狭窄を認め,CTでは下腹部の小腸に限局性壁肥厚を認めた.USでは小腸に長径3 cmの限局性低エコー腫瘤を認め,壁の層構造は消失して …
  • NAID 130005069825
  • 分子学的寛解の慢性骨髄性白血病に対するチロシンキナーゼ阻害薬休薬後の再開基準

関連リンク

Chronic myelogenous leukemia — Comprehensive overview covers causes, treatments and coping with this blood cancer. ... Chronic myelogenous leukemia (CML) is an uncommon type of cancer of the blood cells. The term ...
Expert-reviewed information summary about the treatment of chronic myelogenous leukemia. ... In CML, too many blood stem cells become a type of white blood cell called granulocytes. These granulocytes are abnormal and do not ...

関連画像

Description Chronic Myeloid Leukemia smear chronic-myelogenous-leukemia-cml-[6-bm099 Juvenile chronic myelogenous leukemia: See Chronic myeloid leukemia: blood smear Neutrophilia. Causes, symptoms, treatment Chronic myelogenous leukemia


★リンクテーブル★
リンク元慢性骨髄性白血病」「Philadelphia-negative myeloid leukemia」「Philadelphia-positive myeloid leukemia
関連記事chronic」「leukemia」「myelogenous leukemia」「myelogenous

慢性骨髄性白血病」

  [★]

chronic myeloid leukemia chronic myelogenous leukemia chronic myelocytic leukemia CML
白血病染色体異常
  • 血液・造血器 081030I
  • first aid step1 2006 p.294,303,304,309,310,

概念

  • 造血幹細胞に遺伝子的な変異が生じ、正常な分化能を保持したまま腫瘍性に増殖し、特に顆粒球系の血球の増殖をきたす。
  • 白血球は著増、血小板は増加するが、赤血球は正常もしくは減少する。
  • 慢性に経過するが、急性転化(blastic crisis)により急性白血病と同様の病態をとりうる。

検査

  • 赤血球:→or↓
  • 白血球:↑↑↑
  • 血小板:↑   → 急性転化例では↓
  • 好中球アルカリホスファターゼ:低値
  • NAPスコア:低下    → 急性転化例では↑
  • 血清ビタミンB12、LDH、尿酸、リゾチーム:高値 → 白血球の破壊による
  • 白血病裂孔:なし → 分化能は保たれているため
  • 染色体:Ph染色体の出現
→ 急性転化例では複数のPh染色体、環状Ph1、形態異常をきたしたPh染色体の出現がみられる(QB.G247)。頻度:複数のPh染色体の出現>トリソミー>17番同腕染色体>19トリソミー?(+19) (WCH.2243)。染色体の変化は血液学的な変化に数ヶ月先だって起こるが、必ずしもblast crisisに繋がるわけではない(WCH.2243)。急性転化例の2/3では骨髄性、1/3でリンパ性にtransformationする。後者の場合、MPO染色陰性、PAS染色陽性、B細胞表面抗原の発現(多くの場合CD10,CD19を発現し,sIgは欠く)、TdT発現(抗体の遺伝子再構成における多様性付与に関与)。(WCH.2243)

治療

イマチニブが第一選択となる。適応があれば同種幹細胞移植。

治療に用いる薬物・治療法

  • イマチニブ
  • 自己幹細胞移植:?
  • 同種幹細胞移植
  • 白血球除去(leukapheresis)・脾摘
  • インターフェロンα:イマチニブが登場する前は、同種幹細胞移植ができない症例において治療の選択肢の一つであった。
  • ヒドロキシウレア:。インターフェロンと併用して使われる。代謝拮抗薬。DNA合成を阻害する。骨髄抑制、二次発癌は稀。
  • シタラビン:Ara-CTPとなり、DNA合成過程のシチジン二リン酸(CDP)還元酵素やDNAポリメラーゼを阻害

慢性期

参考2

移行期

参考2

急性期

参考2
  • 1. myeloid crisisに対してはAML、lymphoid crisisに対してはALLに対する寛解導入療法に準じた化学療法を行う。
  • 2. 同種幹細胞移植

国試

参考

  • 1. 慢性骨髄性白血病 - がんプロ.com
[display]http://www.gan-pro.com/professional/cancer/child-leukemia/chronic-myelogenous-leukemia.html



Philadelphia-negative myeloid leukemia」

  [★]

フィラデルフィア陰性骨髄性白血病

chronic granulocytic leukemiachronic myelocytic leukemiachronic myelogenous leukemiachronic myeloid leukemiaPhiladelphia-positive myeloid leukemia


Philadelphia-positive myeloid leukemia」

  [★]

フィラデルフィア陽性骨髄性白血病

chronic granulocytic leukemiachronic myelocytic leukemiachronic myelogenous leukemiachronic myeloid leukemiaPhiladelphia-negative myeloid leukemia


chronic」

  [★]

  • adj.
  • 慢性の、慢性的な、慢性型の
chronicallychronicity

WordNet   license wordnet

「being long-lasting and recurrent or characterized by long suffering; "chronic indigestion"; "a chronic shortage of funds"; "a chronic invalid"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(病気が)長期にわたる,慢性の / 《名詞の前にのみ用いて》常習の,癖になった」

WordNet   license wordnet

「of long duration; "chronic money problems"」
continuing

WordNet   license wordnet

「habitual; "a chronic smoker"」
inveterate

leukemia」

  [★] 白血病

WordNet   license wordnet

「malignant neoplasm of blood-forming tissues; characterized by abnormal proliferation of leukocytes; one of the four major types of cancer」
leukaemia, leucaemia, cancer of the blood

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「白血病」


myelogenous leukemia」

  [★] 骨髄性白血病

acute mye loid leukemia AML


myelogenous」

  [★]

  • 骨髄性の
myeloid




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡