chromogranin A

出典: meddic

クロモグラニンA

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/01/20 19:52:12」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • A case of hepatic carcinoid in a red deer hind (Cervus elaphus).
  • Zele D, Gomba? M, Svara T, Vengu?t G.SourceUniversity of Ljubljana, Veterinary Faculty Institute for Breeding and Health Care of Wild Animals, Fishes and Bees Gerbi?eva 60 1000 Ljubljana Slovenia.
  • Acta veterinaria Hungarica.Acta Vet Hung.2011 Sep;59(3):319-25.
  • A carcinoid tumour in the liver of a red deer hind (Cervus elaphus) is described. Macroscopically, the liver was considerably enlarged with multifocal, firm, yellow and red nodular neoplastic masses, which were histopathologically diagnosed as hepatic carcinoids. The diagnosis was confirmed by modif
  • PMID 21727064
  • Somatostatin receptor scintigraphy and chromogranin A assay in staging and follow-up of patients with well-differentiated neuroendocrine tumors.
  • Stokkel MP, Rietbergen DD, Korse CM, Taal BG.SourceaDepartments of Nuclear Medicine bClinical Chemistry cGastroenterology, The Netherlands Cancer Institute, Antoni van Leeuwenhoek Hospital, Amsterdam, The Netherlands.
  • Nuclear medicine communications.Nucl Med Commun.2011 Aug;32(8):731-7.
  • INTRODUCTION: Chromogranin A (CgA) assay and somatostatin receptor scintigraphy (SRS) are implemented in the standard workup of neuroendocrine tumors (NETs). The aim of this study was to assess the value of SRS and CgA in staging and follow-up patients with well-differentiated NETs.MATERIALS AND MET
  • PMID 21633314

和文文献

  • 直接授乳行動における母親への心理的影響に関する文献検討 : 母乳育児中の母親に対する精神的ストレスマーカーとして唾液中クロモグラニンAの有効性
  • 小曽根 秀実,久住 武,近藤 昊
  • 群馬県立県民健康科学大学紀要 6, 1-12, 2011-03
  • 母乳育児の身体的な利点について栄養学的及び免疫学的視点から研究は数多いもののその母親のリラクセーションや精神的ストレスに関するランダム化比較試験(RCT)や準ランダム化比較試験(CCT)などEvidence levelの高い論文は数少ない.筆者は,直接授乳(母乳育児)行動は精神的ストレスをやわらげるのではないかと予測し,母乳分泌の生理及び精神的ストレスと授乳の研究がどの程度エビデンスとして報告され …
  • NAID 110008148664
  • 心理尺度と唾液中クロモグラニンAによる入浴効果の測定--若年者と高齢者の比較
  • 和田 由美子,高村 美加,山崎 百子 [他]
  • 健康科学大学紀要 (7), 85-96, 2011-03
  • NAID 40018833580

関連リンク

Chromogranin A or parathyroid secretory protein 1 (gene name CHGA) is a member of the granin family of neuroendocrine secretory proteins, i.e. it is located in secretory vesicles of neurons and endocrine cells. In humans, chromogranin A ...

関連画像

Chromogranin A copy of the Chromogranin A imagecgAPancreas stained with anti-Chromogranin AChromogranin A (CHGA)Controls Slides Immunopathology


★リンクテーブル★
リンク元甲状腺」「カルチノイド」「クロモグラニンA
関連記事A」「As」「Ad

甲状腺」

  [★]

thyroid gland
glandula thyroidea
甲状腺ホルモン副甲状腺(上皮小体)
喉頭
  • 図:N.24(全面の筋),25(全面の筋),70(血管),71(血管)

解剖学

部位

性状

  • 成人の正常重量15-25g、女性の方が少し重い。妊娠中や性周期で重量が変化する。分泌期初期(early secretary phase排卵後2-5日目)には50%も重量が増加する。

大きさ

よくわかる甲状腺疾患のすべて 永井書店 (2004/01) ISBN 481591673X
単位はmm?
  n 峡部 横断厚 横径 縦経(右) 縦経(左)
男性 34 1.8±0.6 18±3.0 48±4.8 49±3.7 49±3.8
女性 16 1.3±0.8 16±2.2 46±3.6 45±6.0 46±3.0

血管

動脈

静脈

神経

声帯を支配する神経が甲状腺の裏側を通過 N.71

画像

  • 超音波検査
  • (高エコー)筋肉>甲状腺>気道(低エコー)  ← 要確認

組織学

濾胞上皮細胞 follicular cell

  • 甲状腺ホルモンを産生、分泌。

C細胞 C cell

  • 成人甲状腺全体の0.1%を占める
  • カルシトニン産生細胞、HEでは判別困難。
  • 銀染色(Glimerius)、免疫組織化学(chromogranin A、synaprophysin, carcitoninなど)により明らかとなる。
  • 電顕では、electron dense な顆粒を有する(神経内分泌顆粒)。

機能

発生

神経支配

  • 上頚部交感神経節、中頚部交感神経節。交感神経神経線維は濾胞近傍に終末し、分泌に影響を及ぼす。

臨床関連

非腫瘍性疾患

  • 1. 遺伝疾患、発達傷害
  • mynocyclineによるblack thyroid:消耗性色素リポフスチンと他の物質(lipid-drug complexによりlysosomeに色素が沈着する)。
  • 4. 感染
  • 5. 自己免疫性甲状腺疾患

腫瘍性疾患 (甲状腺腫瘍)

  • 1. 良性腫瘍
  • a) 濾胞腺腫 follicular adenoma
  • 2. 悪性腫瘍 悪性腫瘍中の頻度)
  • a) 乳頭癌 papillary carcinoma 88%
  • b) 濾胞癌 follicular carcinoma 4.2% 甲状腺濾胞癌 thyroid follicular carcinoma
  • c) 低分化癌 poorly differentiated carcinoma
  • d) 未分化癌 undifferentiated carcinoma 1.5%
  • e) 髄様癌(C細胞癌) medullary carcinoma, C-cell carcinoma 1.4%
  • f) 悪性リンパ腫 malignant lymphoma 3.5%


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

分類






カルチノイド」

  [★]

carcinoid
カルチノイド腫瘍 carcinoid tumor
好銀性細胞腫 argyrophil cell tumor
カルチノイド症候群消化管カルチノイド

概念

  • 気管支や消化管に発生し、原腸系臓器に広く分布する内分泌系細胞腫瘍の低異型度腫瘍。消化管に発生したものは特に消化管カルチノイドという(YN.A-75)

疫学

  • 欧米では小腸腫瘍の中で悪性腫瘍に次いで2番目に多いが、日本では非常にまれ。

分類

部位


発生部位

  • 発生部位:消化管(虫垂、大腸、小腸、直腸、胃)および肺、気管支
  • 直腸が最多 (YN.A-75)
  • 肺:発生母地(気管支腺、細気管支上皮内に存在するKultchitzky細胞)。神経内分泌顆粒を有する。(NSU.344)

病理

  • 粘膜下腫瘍と同様の所見を呈することが多い。  ちなみにGISTは粘膜下腫瘍
  • つまり辺縁はなだらかである。



  • 細胞の配列:索状、リボン状。時にロゼット様
  • 核:小型、円形で中心に存在し、分裂像は少ない



予後

  • 予後(5年生存率):虫垂のカルチノイドを除いて90%。小腸原発のカルチノイドで肝臓に転移があっても50% (BPT.627)

消化管 (BPT.626)

疫学

  • The peak incidence of these neoplasms is in the sixth decade.(BPT.626)
  • 直腸結腸癌の2%以下。小腸の悪性腫瘍の半分を占める
  • 転移:虫垂と直腸のカルチノイドは転移しにくい。90%の胃、空腸、結腸のカルチノイドは

直腸

疫学(NSU.590)

  • 消化器系のカルチノイドのうち最多(36%)。
  • 40-50歳代に多い。
  • 男:女=1.4:1

国試



クロモグラニンA」

  [★]

chromogranin A
褐色細胞腫
  • 副腎髄質のクロム親和性顆粒に含まれ、カテコラミンとともに放出される糖蛋白


A」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「answer / ampere」

WordNet   license wordnet

「the 1st letter of the Roman alphabet」
a

WordNet   license wordnet

「the blood group whose red cells carry the A antigen」
type A, group A


As」

  [★] ヒ素

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「arsenicの化学記号」


Ad」

  [★]

adenoviraladenovirus




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡