cerebral infarction

出典: meddic

脳梗塞

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/10/10 23:05:41」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • STIM1/Orai1 contributes to sex differences in vascular responses to calcium in spontaneously hypertensive rats.
  • Giachini FR, Lima VV, Filgueira FP, Dorrance AM, Carvalho MH, Fortes ZB, Webb RC, Tostes RC.SourceDepartment of Physiology, Georgia Health Sciences University, Augusta, GA, USA. fernandagiachini@yahoo.com.br
  • Clinical science (London, England : 1979).Clin Sci (Lond).2012 Mar 1;122(5):215-26.
  • Sex differences in Ca2+-dependent signalling and homoeostasis in the vasculature of hypertensive rats are well characterized. However, sex-related differences in SOCE (store-operated Ca2+ entry) have been minimally investigated. We hypothesized that vascular protection in females, compared with male
  • PMID 21966957
  • Prognosis value of the blood transaminase in acute ischaemic stroke: gender factors should be considered.
  • Tu WJ, Chen H.
  • Clinical science (London, England : 1979).Clin Sci (Lond).2012 Mar 1;122(5):251; author reply 252.
  • PMID 21961766

和文文献

  • 症例報告 転職直後に頭頸部痛を伴わず動脈原性脳塞栓症で発症した特発性頭蓋外内頸動脈解離の1例
  • 青山 雄一,大田 信介,榊 三郎 [他]
  • Journal of UOEH = 産業医科大学雑誌 36(4), 289-294, 2014-12-01
  • NAID 40020291163
  • 脳梗塞による高次脳機能障害とその対応 (第51回日本リハビリテーション医学会学術集会 構造教育講演 高次脳機能障害対応)
  • 平岡 崇
  • The Japanese journal of rehabilitation medicine 51(12), 778-781, 2014-12
  • NAID 40020302559
  • Nationwide Survey of Decompressive Hemicraniectomy for Malignant Middle Cerebral Artery Infarction in Japan
  • Suyama Kazuhiko,Horie Nobutaka,Hayashi Kentaro,Nagata Izumi
  • World Neurosurgery 82(6), 1158-1163, 2014-12
  • … Objective Decompressive hemicraniectomy (DHC) for malignant middle cerebral artery (MCA) infarction has been shown to reduce mortality and improve functional outcomes in young adults; …
  • NAID 120005526597

関連リンク

cerebral infarction n. See stroke. cerebral infarction. See cerebrovascular insult. infarction [in-fark´ shun] 1. infarct. 2. formation of an infarct. cardiac infarction myocardial infarction. cerebral infarction an ischemic condition of the brain ...
Pronunciation of cerebral infarction. Translations of cerebral infarction. cerebral infarction synonyms, cerebral infarction antonyms. Information about cerebral infarction in the free online English dictionary and encyclopedia. ? A A ...
ce·re·bral in·farct (sĕr-ēbrăl in-fahrkt) Localized necrosis of brain tissue caused by impaired blood flow. ... After that, animals were sacrificed by decapitation, brain was removed, various biochemical estimations, cerebral edema ...

関連画像

Cerebral InfarctionCerebral infarctionCerebral infarctionCerebral Infarction with Cortical Cerebral InfarctionCerebral Infarction


★リンクテーブル★
リンク元脳梗塞」「cerebral infarct」「大脳梗塞
拡張検索asymptomatic cerebral infarction」「embolic cerebral infarction
関連記事cerebral

脳梗塞」

  [★]

cerebral infarction, brain infarction
一過性脳虚血発作 transient ischemic attack TIA
脳塞栓症脳血栓症


  • 神経系 091015II(脳梗塞における血液マーカー),091016III,091016IV

疫学

  • 脳卒中に占める割合:アテローム血栓性梗塞24.1%、ラクナ梗塞22.7%、心原性脳塞栓症19.2%、その他の脳梗塞5.1% (ガイドライン1)

分類

アテローム血栓性脳梗塞

  • 定義:脳を灌流する頭蓋内外の主幹動脈のアテローム硬化を原因とする梗塞
  • 機序:塞栓性、血栓性、血行力学性
  • 血栓性:アテロームプラークの破綻→血管内皮下組織への血小板の付着→血小板活性化・凝集→(主に)血小板凝集塊の形成
  • 血行力学性:主幹動脈の狭窄や閉塞
  • 好発部位:内頚動脈(起始部、サイフォン部)、中大脳動脈(水平部)、後大脳動脈(近位部)、椎骨動脈(起始部、終末部)、脳底動脈
  • 危険因子:高血圧、糖尿病、高脂血症

心原性脳塞栓

  • 定義:心臓内の栓子や心臓を経由する栓子が急激に脳動脈を閉塞する
  • 機序:塞栓性
  • 塞栓性:血液うっ滞→血液凝固カスケードの活性化→トロンビン生成の亢進→フィブリン形成の進展
  • 合併:出血脳梗塞(高率に移行)

ラクナ梗塞 高血圧と関連

  • 定義:一本の穿通枝動脈閉塞による直径1.5cm未満の小さな梗塞
  • 機序:細小動脈硬化、微小塞栓、血栓・塞栓症、血行力学性
  • 細小動脈硬化:高血圧に対抗してリポヒアリノーシス(微小動脈硬化・血管硬化)が起こり血管が狭窄
  • 微小塞栓:脳内外の微少な塞栓物質による
  • 穿通枝動脈の微小粥腫
  • 穿通枝分岐部の分枝粥腫(cf.branch atheromatous disease, BAD)→穿通枝動脈が起始部から閉塞して起こる
  • 危険因子:高齢、高血圧
  • 好発部位:基底核、比較、橋、支障、内包後脚、側脳室外側の大脳深部白質

比較

SQ.515
  アテローム血栓性脳梗塞 ラクナ梗塞 心原性脳塞栓
発症機序 血栓性
塞栓性
血行力学性
血栓症 塞栓性
好発年齢 高齢者 高齢者 若年者もあり
発症時刻 起床時 覚醒時 日中活動時
発症様式 緩徐進行 比較的緩徐進行 突発的
意識障害 軽度 なし しばしば高度
大脳皮質症状 時にあり なし あり
基礎疾患 高血圧
糖尿病
高脂血症
高血圧 心疾患

リスクファクター

  • 高血圧、心筋梗塞、心房細動、糖尿病、高脂血症、無症候性頚動脈病変
血圧:(脳梗塞全般)140/90mmHg以上。(ラクナ梗塞)130/85mmHg以上

生活習慣因子

  • 喫煙、飲酒、身体活動性、食事

検査

画像検査では超急性期には拡散強調画像が有用。CTではearly CT signを確認する。

CT

early CT sign


  • 発症2日後:[show details]

MRI

  • 拡散強調画像:超急性期で梗塞部が高信号を呈する。
  • T1:急性期以降(1日~)に低信号
  • T2:6時間以降に高信号を呈する(細胞腫脹)。

治療

治療 YN.J-81
時期 ラクナ梗塞 アテローム血栓性脳梗塞 心原性塞栓症
超急性期(~3時間) 血栓溶解療法(t-PA静注)
超急性期+急性期 脳保護薬(エダラボン)
急性期(~2週間) 抗血小板療法(アスピリン)
抗血小板療法(オザグレル) 抗凝固療法(ヘパリンワルファリン)
  選択的トロンビン阻害薬(アルガトロバン)
抗浮腫療法(グリセロール)

予後

ガイドライン1
  • 入院時NIH Stroke Scale(NIHSS)スコアの中央値:ラクナ梗塞4、アテローム血栓性脳梗塞6、心原性脳塞栓症14、その他5
  • 退院時のmodified Rankin Scale(mRS)3-5の転帰不良(及び死亡)の割合:ラクナ梗塞22.6%(死亡率1.1%)、アテローム血栓性脳梗塞41.4%(6.9%)、心原性脳塞栓症44.8%(18.6%)、29.8%(10.3%)
  • 重症度:心原性脳塞栓症>アテローム血栓性脳梗塞>ラクナ梗塞

国試

ガイドライン

  • 1. 脳卒中治療ガイドライン2009
[display]http://www.jsts.gr.jp/jss08.html



cerebral infarct」

  [★]

脳梗塞

brain infarctioncerebral infarction


大脳梗塞」

  [★]

cerebral infarction
脳梗塞


asymptomatic cerebral infarction」

  [★]

無症候性脳梗塞


embolic cerebral infarction」

  [★]

塞栓性脳梗塞


cerebral」

  [★]

  • adj.
  • 大脳の、大脳性の、脳性の、脳の
braincerebricerebrocerebrumencephalicencephaloencephalon

WordNet   license wordnet

「of or relating to the cerebrum or brain; "cerebral hemisphere"; "cerebral activity"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「大脳の,脳の / 頭脳的な,知的な」

WordNet   license wordnet

「involving intelligence rather than emotions or instinct; "a cerebral approach to the problem"; "cerebral drama"」
intellectual




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3