carbamazepine

出典: meddic

カルバマゼピン

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/11/28 10:51:58」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Surface plasmon resonance assay of inhibition by pharmaceuticals for thyroxine hormone binging to transport proteins.
  • Kinouchi H1, Matsuyama K2, Kitagawa H3, Kamimori H2.
  • Analytical biochemistry.Anal Biochem.2016 Jan 1;492:43-8. doi: 10.1016/j.ab.2015.09.004. Epub 2015 Sep 15.
  • We developed a surface plasmon resonance (SPR) assay to estimate the competitive inhibition by pharmaceuticals for thyroxine (T4) binding to thyroid hormone transport proteins, transthyretin (TTR) and thyroxine binding globulin (TBG). In this SPR assay, the competitive inhibition of pharmaceuticals
  • PMID 26384643
  • Pharmaceuticals in grocery market fish fillets by gas chromatography-mass spectrometry.
  • Mottaleb MA1, Stowe C1, Johnson DR1, Meziani MJ1, Mottaleb MA2.
  • Food chemistry.Food Chem.2016 Jan 1;190:529-36. doi: 10.1016/j.foodchem.2015.06.003. Epub 2015 Jun 3.
  • Occurrences of pharmaceuticals are evident in aquatic organisms. A reproducible gas chromatography-mass spectrometry (GC-MS) method using selected ion monitoring (SIM) has been used to determine the anti-histamine diphenhydramine (DPH), anti-anxiety diazepam (DZP), anti-seizure carbamazepine (CZP) d
  • PMID 26213006
  • Environmental fate of naproxen, carbamazepine and triclosan in wastewater, surface water and wastewater irrigated soil - Results of laboratory scale experiments.
  • Durán-Álvarez JC1, Prado B2, González D3, Sánchez Y3, Jiménez-Cisneros B4.
  • The Science of the total environment.Sci Total Environ.2015 Dec 15;538:350-62. doi: 10.1016/j.scitotenv.2015.08.028. Epub 2015 Aug 24.
  • Lab-scale photolysis, biodegradation and transport experiments were carried out for naproxen, carbamazepine and triclosan in soil, wastewater and surface water from a region where untreated wastewater is used for agricultural irrigation. Results showed that both photolysis and biodegradation occurre
  • PMID 26312409

和文文献

  • 症例 右視床背内側核病変の関与が推定された音楽性幻聴にcarbamazepineが奏功した1例
  • 楢村 仁美,矢田部 裕介,宮川 雄介 [他]
  • 精神科 21(4), 468-473, 2012-10
  • NAID 40019452675
  • 三叉神経痛に対する微小血管減圧術後にカルバマゼピンの中止により脳梁膨大部に一過性MRI異常をきたした1例
  • 西川 拓文,鈴木 秀謙,前田 正幸,滝 和郎
  • 脳神経外科ジャーナル 21(8), 644-648, 2012-08-20
  • 【症例】35歳,女性.【現病歴】数年来の三叉神経痛があり,近医でカルバマゼピン(CBZ)により治療されていた.CBZ1,200mg/日まで増量されるも疼痛コントロールが不良のため微小血管減圧術を施行した.術直後より三叉神経痛は消失したため,CBZを中止した.術後1週間の頭部MRIで脳梁膨大部に異常所見を認めた.MR spectroscopyでは正常組織と同所見であったため経過観察した.3カ月後,M …
  • NAID 110009480328

関連リンク

Carbamazepine is used to treat epileptic seizures and nerve pain such as trigeminal neuralgia. Learn about side effects, interactions and indications. ... Carbamazepine side effects Get emergency medical help if you have signs of an ...
Carbamazepine is also sometimes used to treat mental illnesses, depression, posttraumatic stress disorder, drug and alcohol withdrawal, restless legs syndrome, diabetes insipidus, certain pain syndromes, and a ...

関連画像

Carbamazepine3Dan.gifCarbamazepinePathways of CarbamazepineCarbamazepine manufacturerCarbamazepine syn.pngCarbamazépine


★リンクテーブル★
リンク元薬剤性過敏症症候群」「カルバマゼピン」「無顆粒球症」「CBZ」「Tegretol

薬剤性過敏症症候群」

  [★]

drug-induced hypersensitivity syndrome DIHS
drug rash with eosinophilia and systemic symptoms DRESSdrug-induced delayed multiorgan hypersensitivity syndrome DIDMOS
薬疹


概念

  • 高熱と臓器障害を伴う薬疹で、医薬品中止後も遷延化する。多くの場合、発症後2-3週間後にHHV-6の再活性化を生じる。(参考1)

病因

  • 薬剤アレルギーとHHV-6の再活性化で起こる。

原因薬物

原因薬物としては芳香族抗てんかん薬とスルホンアミド系抗菌薬が最も多い (参考2)
参考3

病態

  • 特定の薬剤を服用した2-6週間後に突然の発熱と紅斑を来たし、ついには紅皮症を呈する。
  • リンパ節腫脹、血液学的異常、肝機能障害を伴う。
  • 肺炎、腎不全、心筋炎、甲状腺炎、神経学的症状を呈することがある。(参考2)

症状

  • 全身症状:発熱、関節痛
  • 皮膚症状:紅斑・紅皮症

身体所見

  • 顔面浮腫
  • リンパ節腫脹

検査

  • 血算:白血球増多、異型リンパ球有り、好酸球増多
  • 血清学的検査:IgM-抗HHV-6抗体陽性

検査異常の出現頻度

参考2
  • 肝炎:51%
  • 間質性腎炎:11%
  • 血液学的異常(好酸球増多、異型単核球):30%


診断基準

参考1
  • 1. 限られた薬剤投与後に遅発性に生じ、急速に拡大する紅斑。多くの場合、紅皮症に移行する
  • 2. 原因薬剤中止後も2週間以上遷延する
  • 3. 38 ℃以上の発熱
  • 4. 肝機能障害
  • 5. 血液学的異常:a、b、c のうち1 つ以上
  • a. 白血球増多(11,000/mm3 以上)
  • b. 異型リンパ球の出現(5%以上)
  • c. 好酸球増多(1,500/mm3 以上)
  • 6. リンパ節腫脹
  • 7. HHV-6 の再活性化
典型DIHS:1 - 7 すべて
非典型DIHS:1 - 5 すべて。ただし4 に関しては、その他の重篤な臓器障害をもって代えることができる。

治療

  • 薬剤の中止、全身ステロイド療法(要するに静注ということか)。(参考1)

予後

  • 完全に治癒する。重症例では生命予後不良。(参考1)

参考

  • 1. 重篤副作用疾患別対応マニュアル 薬剤性過敏症症候群
[display]http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/11/dl/tp1122-1a09.pdf
  • 2. [charged] Drug eruptions - uptodate [1]
CLASSIC DRUG REACTION PATTERNSの1項目として記載。
  • 3.
[display]www.eiken.co.jp/modern_media/backnumber/pdf/MM1012_01.pdf


国試



カルバマゼピン」

  [★]

carbamazepine, CBZ
Epitol, テグレトール TegretolレキシンテレスミンEpitol
抗痙攣薬抗てんかん薬抗躁薬

特徴

構造

  • イミノスチルベン系

作用機序

薬理作用

  • 鎮静作用、抗コリン作用、骨格筋弛緩作用、抗不整脈作用、抗利尿作用

適応




無顆粒球症」

  [★]

agranulocytosis
ほぼ同
好中球減少症
  • first aid step1 2006 p.



CBZ」

  [★] カルバマゼピンcarbamazepine


Tegretol」

  [★] テグレトールcarbamazepine




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡