biguanide

出典: meddic

ビグアナイド系薬物

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/10/06 20:09:53」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Biguanide related compounds in traditional antidiabetic functional foods.
  • Perla V, Jayanty SS.SourceSan Luis Valley Research Center, Department of Horticulture and Landscape Architecture, Colorado State University, 0249 East County Road 9N, Center, CO 81125, USA. venu.perla@colostate.edu
  • Food chemistry.Food Chem.2013 Jun 1;138(2-3):1574-80. doi: 10.1016/j.foodchem.2012.09.125. Epub 2012 Nov 23.
  • Biguanides such as metformin are widely used worldwide for the treatment of type-2 diabetes. The identification of guanidine and related compounds in French lilac plant (Galega officinalis L.) led to the development of biguanides. Despite of their plant origin, biguanides have not been reported in p
  • PMID 23411283
  • Increased peritoneal dialysis exit site infections using topical antiseptic polyhexamethylene biguanide compared to mupirocin: results of a safety interim analysis of an open-label prospective randomized study.
  • Findlay A, Serrano C, Punzalan S, Fan SL.SourceDepartment of Renal Medicine and Transplantation, Barts Health NHS Trust, London, United Kingdom.
  • Antimicrobial agents and chemotherapy.Antimicrob Agents Chemother.2013 May;57(5):2026-8. doi: 10.1128/AAC.02079-12. Epub 2013 Feb 12.
  • Prophylactic mupirocin for peritoneal catheter exit sites reduces exit site infection (ESI) risk but engenders antibiotic resistance. We present early interim safety analysis of an open-label randomized study comparing polyhexamethylene biguanide (PHMB) and mupirocin. A total of 106 patients randomi
  • PMID 23403425

和文文献

  • Tokushima Hypertension・Diabetes Study 2011 : Current status of hypertension and diabetes treatment in Tokushima
  • 西内 健,長瀬 教夫,小松 まち子
  • 四国医学雑誌 = Shikoku acta medica 68(3・4), 111-118, 2012-08-25
  • … Frequency of use of biguanide increasedcompared with2004. …
  • NAID 40019424313
  • 心血管イベント予防 : 再評価されるビグアナイド : メトホルミン (特集 インスリン抵抗性と心血管疾患)
  • 渡邉 隆宏,田村 好史,綿田 裕孝
  • 循環器内科 71(5), 453-459, 2012-05
  • NAID 40019343168

関連リンク

Biguanide can refer to a molecule, or to a class of drugs based upon this molecule. Biguanides can function as oral antihyperglycemic drugs used for diabetes mellitus or prediabetes treatment. They are also used as antimalarial drugs.
23 Jun 2010 ... What are biguanides? How does a biguanides control blood sugar? What are the biguanides's side effects? Metformin, Glucophage is diabetes medicines.

関連画像

Image Gallery :: Polyaminopropyl BiguanideAce Swim & Leisure - Biguanide Test Strips biguanide active purifier biguanide shop PHMB (Biguanide) - tablet reagent | Camlab Languettes d'analyse Biguanide - AQUACHECK LAMOTTE 7016 BIGUANIDE / PH TEST KIT


★リンクテーブル★
リンク元ビグアナイド系薬物」「メトホルミン
拡張検索polyhexamethylene biguanide」「phenylbiguanide」「hypoglycemic of biguanide derivative
関連記事biguanides

ビグアナイド系薬物」

  [★]

biguanide,(総称)biguanides, hypoglycemic of biguanide derivative
糖尿病治療薬薬理学

ビグアナイド系薬

比較

糖尿病ガイドライン
一般名 商品名 血中半減期
(hr)
作用時間
(hr)
1錠中の
含有量
(mg)
1日の
使用量
(mg)
メトホルミン グリコラン 1.5~4.7 6~14 250 500~750
メデット
メトグルコ 2.9 6~14 250500 500~1500
ブホルミン ジベトス 1.5~2.5 6~14 50 50~150
ジベトンS

特徴

  • 2つのグアニジン基を有し、経口糖尿病治療薬として使用されているグアニジン誘導体の総称。
  • 安価、エビデンスの蓄積が豊富
  • 膵インスリン分泌促進作用は有しないので、低血糖になりづらい。
  • 肝の糖新生抑制作用 → 空腹時血糖を下げるのに有利
  • 肥満症+2型糖尿病に有利に働く
単独でも使われる

作用機序

GOO.1638
  • 細胞のAMP kinase(AMPで活性化されるキナーゼ)の活性化→肝臓における糖新生の抑制???

薬理作用

  • 肝臓糖新生抑制作用

DMR.110

  • 肝臓:糖新生の抑制
  • 骨格筋:ブドウ糖取り込み増強
  • 消化管:ブドウ糖吸収抑制?
  • 末梢血:遊離脂肪酸の低下?

ビグアナイド系薬の膵外作用 (授業プリント)

  • 1. 好気的代謝の抑制、嫌気性代謝の促進
  • 2. 腸管からの糖吸収抑制
  • 3. 肝糖新生抑制
  • 4. インスリン作用の増強
  • 5. 脂肪酸酸化抑制
  • 6. 食欲抑制

適応

  • 2型糖尿病

注意

  • 乳酸アシドーシス 9.6-16.2/10万人
  • 肥満を助長しないので、肥満を伴うII型DMで適用
  • 肝臓・腎臓障害者×
  • 服用中の患者でも下痢、嘔吐、脱水時には中止
  • 投与初期に下痢、吐き気、腹痛など30%くらい有り
  • 休薬で収まることが多いが、乳酸アシドーシスの初期で起こることがある

禁忌

GOO. 1638
  • 腎障害、肝臓病 ← 血液濃度の上昇により副作用の発現頻度が高まる可能性がある(DMR.110)
  • 乳酸アシドーシスの既往(どんな理由であっても)、
  • 薬物治療を要する心不全、chronic hypoxic lung disease ← 低酸素血症が乳酸アシドーシスの発症を助長(DMR.110)
vol.3 No.11 2010/11 レジデント
  • 腎機能障害(血清Cr 1.4mg/dl以上もしくはCcr70ml/分以下)
  • 血薬物治療を要するうっ血性心不全
  • 肝機能障害(ALT, ASTが正常範囲上限の3倍以上)
  • 80歳以上の高齢者(Ccr 70ml/分以上であればok)
  • 1型糖尿病
  • アルコール依存者、アルコール多飲

一時使用中止

vol.3 No.11 2010/11 レジデント
  • 手術
  • ヨード造影剤の使用(48時間前より注意)
  • 重篤な疾患の合併

副作用

いったん発症すると死亡率50%
年間1000例中0.1例 (GOO. 1638)
  • 下痢、食欲不振:少量から投与することで回避可能(DMR.110)



メトホルミン」

  [★]

metformin
塩酸メトホルミンメトホルミン塩酸塩
Glucophage、メデットグリコランネルビスメタクトメトグルコメトホルミン塩酸塩メトリオン
糖尿病治療薬ビグアナイド系薬物糖尿病用剤



  • 糖尿病治療薬

適応

  • 2型糖尿病

用量

  • 最大9錠まで服用可能
  • 副作用の消化管症状に気をつけて

服薬指導

  • 食事をとれなかったときには内服しない。
  • 激しい運動をしない
  • 脱水(水が十分にとれない。下痢・嘔吐)が1,2日続くようであれば、その間は内服を中止。
  • 発熱が2,3日以上続く時には内服しない。
  • 過剰のアルコール摂取をさける。

副作用

  • 下痢、悪心、食欲不振、腹痛、嘔吐
  • 肝逸脱酵素上昇


polyhexamethylene biguanide」

  [★]

PHMB
PHMB
PHMB


phenylbiguanide」

  [★]

フェニルビグアニド


hypoglycemic of biguanide derivative」

  [★] ビグアナイド系薬物


biguanides」

  [★] ビグアナイド系薬物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡