bevacizumab

出典: meddic

ベバシズマブ

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/08/16 23:56:21」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Targeted therapy in metastatic colorectal cancer - An example of personalised medicine in action.
  • Heinemann V, Douillard JY, Ducreux M, Peeters M.SourceComprehensive Cancer Center der LMU - Krebszentrum München, München, Germany. Electronic address: Volker.Heinemann@med.uni-muenchen.de.
  • Cancer treatment reviews.Cancer Treat Rev.2013 Oct;39(6):592-601. doi: 10.1016/j.ctrv.2012.12.011. Epub 2013 Jan 31.
  • In metastatic colorectal cancer (mCRC), an improved understanding of the underlying pathology and molecular biology has successfully merged with advances in diagnostic techniques and local/systemic therapies as well as improvements in the functioning of multidisciplinary teams, to enable tailored tr
  • PMID 23375249
  • Earlier Diagnosis of Progressive Disease during Bevacizumab Treatment Using O-(2-18F-Fluorethyl)-L-tyrosine Positron Emission Tomography in Comparison with Magnetic Resonance Imaging.
  • Galldiks N, Rapp M, Stoffels G, Dunkl V, Sabel M, Langen KJ.AbstractAbstractAntiangiogenic treatment using bevacizumab in brain tumor patients may cause difficulties in the diagnosis of tumor progression (ie, nonenhancing tumor progression). Newly defined criteria for treatment assessment and diagnosis of tumor progression (ie, RANO [Response Assessment in Neuro-Oncology] criteria) have implemented signal alterations on T2/fluid-attenuated inversion recovery (FLAIR) sequences to changes in contrast enhancement. However, T2/FLAIR hyperintensity may be influenced by other causes (eg, radiation-induced leukoencephalopathy, peritumoral edema, gliosis). Positron emission tomography using the radiolabeled amino acid O-(2-[18F]fluoroethyl)-l-tyrosine (18F-FET-PET) may help detect the metabolically active tumor extent. We present 18F-FET-PET imaging findings in a glioblastoma patient during bevacizumab treatment suggesting an earlier diagnosis of tumor progression than magnetic resonance imaging changes, which are based on the RANO criteria.
  • Molecular imaging.Mol Imaging.2013 Aug 1;12(5):273-6.
  • AbstractAntiangiogenic treatment using bevacizumab in brain tumor patients may cause difficulties in the diagnosis of tumor progression (ie, nonenhancing tumor progression). Newly defined criteria for treatment assessment and diagnosis of tumor progression (ie, RANO [Response Assessment in Neuro-Onc
  • PMID 23759368

和文文献

  • 滲出性網膜剥離に対してベバシズマブ硝子体内投与が奏効した転移性脈絡膜腫瘍の1例
  • 稲垣 絵海,篠田 肇,内田 敦郎 [他]
  • あたらしい眼科 28(4), 587-592, 2011-04
  • NAID 40018818516
  • 増殖糖尿病網膜症術後のシリコーンオイル注入眼に生じた血管新生緑内障に対しbevacizumab(Avastin)硝子体内注射が有用であった一例
  • 岩浅 聡,水川 憲一,三木 敏耶 [他]
  • 眼科臨床紀要 4(4), 331-334, 2011
  • NAID 40018812495

関連リンク

ベバシズマブ (bevacizumab)は、血管内皮細胞増殖因子 (VEGF) に対するモノクローナル 抗体である。VEGFの働きを阻害することにより、血管新生を抑えたり腫瘍の増殖や転移を 抑えたりする作用を持つ。分子標的治療薬の一つであり、抗がん剤として使用される ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。
Image of BevacizumabGráfico:BevacizumabBEVACIZUMABBevacizumabBevacizumab


★リンクテーブル★
リンク元加齢黄斑変性」「mab」「ベバシズマブ

加齢黄斑変性」

  [★]

age-related macular degeneration, age related macular degeneration, ARMD, AMD
老人性黄斑変性 老人性黄斑変性症 senile macular degeneration老人性円板状黄斑変性 senile disciform macular degeneration加齢黄斑変性加齢黄斑変性症加齢黄斑症加齢性黄斑症加齢性黄斑変性症
黄斑黄斑変性症黄斑疾患
[show details]


概念

  • 加齢に伴って生じる黄斑変性
  • 主として網膜色素上皮細胞、ブルッフ膜、脈絡膜毛細血管板の加齢変化に関係した黄斑変性の総称

疫学

  • 60歳以上の片眼に発生し、70歳までに両眼性となり失明(SOP.147)。
  • 欧米で頻度が高く失明の原因の第一位(3)。日本でも増加傾向(3)。
  • 放置すれば約90%の症例で視力が0.1以下となる (3)
  • (日本)有病率:0.87%。(欧米の半分) (3)
  • (日本)5年間の発症率:0.8%(欧米と同程度) (3)

病型

  • 1. 萎縮型(dry type)   :血管新生なし。網膜色素上皮細胞や脈絡膜毛細血管板の萎縮のみ。
  • 2. 滲出型(exudative type):血管新生あり → これは脈絡膜に由来する ← こちらの方が治療の対象となる(3)。
2. = 老人性円板状黄斑変性症

病因

  • 加齢。脈絡膜新生血管が発生する機序は不明

病態

2. 滲出型

  • 黄斑部の加齢変性に基づいて脈絡膜新生血管, choroidal neovascularization, CNVが発生し、色素上皮状あるいは色素上皮下に伸びて出血・滲出を生じる。
[show details]
  • 新生血管から出血や滲出(網膜。もちろん黄斑にも) → 瘢痕化 → 視力の著明な低下や中心暗点
  • 新生血管から出血・滲出の繰り返視し → 網膜下血腫、硬性白斑、漿液性網膜剥離、網膜色素上皮剥離 → 線維性瘢痕 (3)
[show details]

病理

脈絡膜新生血管分類

  • 脈絡膜神経血管と網膜色素上皮との位置関係で分類
  • 1型:網膜色素上皮下
  • 2型:網膜色素上皮の上に達したもの

症状

検査

フルオレセイン蛍光眼底造影

  • 神経血管からの蛍光漏出を見る(3)。

インドシアニングリーン蛍光眼底造影

  • 本方法は一般的に色素上皮下の新生血管を検出する際に用いられる(3)。
  • 特殊病型のポリープ状脈絡膜血管症と網膜血管腫状増殖の確定診断に有用(3)。

光干渉断層計

  • 新生血管の有無、網膜剥離、上皮剥離の有無を観察 (3)

治療

萎縮型加齢黄斑変性

参考4
有効な治療が確立していない。
  • 生活指導:
  • 禁煙:喫煙は病態の増悪因子
  • 薬物療法:
  • ビタミンA,C,E、およびZnのサプリメント (中等度から重症の患者には病態の進行リスクを下げる作用が見られた)
  • 手術療法:(ドルーゼンを有する高リスク群を対象とした)レーザー治療。有効性については相反する研究結果が出ておりやらない方がよい。

滲出型加齢黄斑変性

  • 1. レーザー光凝固療法 
  • 脈絡膜新生血管が中心窩から離れている場合に利用できる。新生血管全体にレーザー光凝固を行いこれを破壊する。(3)
→ 黄斑部は組織を損傷するので照射できない
  • 2. (欧米)光感受性物質 + レーザー → 光線力学療法
  • 日本における光線力学的療法の治療成績は、欧米のそれより良好(3)
  • 脈絡膜には光感受性物質であるベルテポルフィンが集積しやすい(3)。この物質を静注後、病変に弱いレーザー光を照射することで新生血管を閉塞する(3)。網膜に障害を来すことなく中心窩のCNVを破壊できる(3)。2004年より認可
  • 3. 抗血管新生薬
  • 脈絡膜新生血管の発生にVEGFが重要な役割を果たしている(3)。抗血管新生薬によりCNVを押さえようとする治療が臨床応用されてきている。例えば抗VEGF薬がある
  • 抗VEGF薬:VEGFは血管新生を促進するサイトカインで、増殖糖尿病網膜症や加齢黄斑変性の眼内新生血管の発生にも関与(3)。bevacizumabの硝子体内治療が前述の眼内血管新生性疾患の治療に応用されつつある(3)。日本では保険未収載(2010年現在)。加齢黄斑変性を対象としたpegaptanibranibizumabがある(3)。

予後

  • 萎縮型加齢黄斑変性の患者は5年間で7%が滲出性加齢黄斑変性に移行する (参考4)

参考

  • 1. 加齢黄斑変性症に対する光線力学的療法のガイドライン
http://www.nichigan.or.jp/member/guideline/karei.pdf
  • 2. 加齢黄斑変性に対するPDT
http://www2.wind.ne.jp/tanakaganka/pdt.htm
  • (3) 現代の眼科学 第10版第1刷 金原出版株式会社 ISBN 9784307351355
  • 4. [charged] Age-related macular degeneration: Treatment and prevention - uptodate [1]
  • 5. 難病情報センター | 加齢黄斑変性 - 難病情報センター
[display]http://www.nanbyou.or.jp/entry/228

臨床関連

  • 黄斑下の脈絡膜新生血管は、網膜色素線条症、強度近視、眼ヒストプラスマ症、外相殿脈絡膜破裂などに続発(SOP.149)

国試


mab」

  [★]

モノクローナル抗体

mab


ベバシズマブ」

  [★]

bevacizumab, Bev
アバスチン
抗VEGF抗体


分類

適応

  • 治癒切除不能な進行・再発の結腸
  • 大腸癌の一次治療で使用が推奨されている。

作用機序

アバスチン点滴静注用100mg/4mL
  • ベバシズマブは、ヒトVEGFと特異的に結合することにより、VEGFと血管内皮細胞上に発現しているVEGF受容体との結合を阻害する。
  • ベバシズマブはVEGFの生物活性を阻止することにより、腫瘍組織での血管新生を抑制し、腫瘍の増殖を阻害する。
  • VEGFにより亢進した血管透過性を低下させ、腫瘍組織で亢進した間質圧を低減する。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1CATTLE BLEEDING LINE mail25
2CATTLE SKIN DEHIDER mail14
3SHEEP BLEEDING PULLEY mail11
4SHEEP BLEEDING LINE mail10
5SHEEP BLEEDING PAN mail9
6CATTLE BLEEDING PAN mail9
7MONOSODIUM GLUTAMAT mail9
8+spian calcium fluoride manufactures Co. ltd mail6
9右室梗塞4
10ソーセージ様手指とは4
11+Angola mesh white herbal body talcum powder manufactures Co. ltd mail4
12裂脳症close4
13クモ膜嚢胞4
14Squilla mantis a species of mantis shrimp mail4
15右PICA後閉塞 s/o4
16虫垂いんかんさいぼうがん4
17chilaicliti+s症候群4
18Medusozoa mail3
19CATTLE BLEEDING HOOK mail3
20レンズ核線条体動脈3

昨日の人気記事
 タイトル表示
1疑核3
2Anthranilic acid its esters and its salts (Methaqualone and analogues) mail3
3急性出血性白質脳炎3
4Dry Cell and Storage Battery JSC (PINACO) mail2
5Shellfish mail2
6BEEF / SILVERSIDE BONELESS mail2
7上顎結節2
8サブプロピュレーション2
9マーフィー徴候2
10心臓+繊維三角2
113 4-Methylenedioxyphenyl-2-propanone (MDMA MDA MDEA MDOH) mail2
12不橈性2
13レンズ核線条体動脈2
14OVINE 6 WAYS CUT mail2
15き山特ロミー2
162
17Medusozoa mail1
18不整形陰影とは1
19身体障害者福祉司+配置義務1
20びっくり眼+脊髄小脳変性症1