amphotericin B

出典: meddic

アムホテリシンB

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/11/14 17:28:38」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Two-step impact of Amphotericin B (AmB) on lipid membranes: ESR experiment and computer simulations.
  • Man D, Olchawa R.SourceInstitute of Physics, Opole University , Opole , Poland.
  • Journal of liposome research.J Liposome Res.2013 Dec;23(4):327-335. Epub 2013 Jul 16.
  • Abstract In this study, the electron spin resonance (ESR) method was used to examine the effect of Amphotericin B (AmB) molecules on the fluidity of model membranes made of dipalmitoylphosphatidylcholine (DPPC). The changes occurring under increased AmB concentrations in the spectroscopic parameters
  • PMID 23855330
  • Synthesis, characterization and biological studies of some novel 3-fluorosalicylaldehyde based amine derivatives.
  • Shanmugam M, Narayanan K, Mahalakshmi M, Kabilan S, Chidambaranathan V.SourceDepartment of Chemistry, Annamalai University, Annamalainagar, Tamilnadu 608 002, India.
  • Spectrochimica acta. Part A, Molecular and biomolecular spectroscopy.Spectrochim Acta A Mol Biomol Spectrosc.2013 Dec;116:394-400. doi: 10.1016/j.saa.2013.07.084. Epub 2013 Aug 7.
  • A series of biologically important substituted 3-fluorosalicylaldehyde derivatives (1a-h) with various primary amines were synthesized by using ionic liquid (1-Butyl-3-methylimidazolium bis(trifluoromethylsulfonyl)imide) as an efficient catalyst. A new series of Schiff base derivatives (1a-h) were s
  • PMID 23973585
  • In Vitro Susceptibility of Aspergillus fumigatus to Isavuconazole: Correlation with Itraconazole, Voriconazole, and Posaconazole.
  • Gregson L, Goodwin J, Johnson A, McEntee L, Moore CB, Richardson M, Hope WW, Howard SJ.SourceDepartment of Molecular and Clinical Pharmacology, Translational Medicine, University of Liverpool, Liverpool, United Kingdom.
  • Antimicrobial agents and chemotherapy.Antimicrob Agents Chemother.2013 Nov;57(11):5778-5780. Epub 2013 Sep 16.
  • Triazoles are first-line agents for treating aspergillosis. The prevalence of azole resistance in Aspergillus fumigatus is increasing, and cross-resistance is a growing concern. In this study, the susceptibilities of 40 A. fumigatus clinical isolates were tested by using the CLSI method with amphote
  • PMID 24041890

和文文献

  • アムビゾームとブイフェンドによる治療を行った角膜真菌症の1例
  • 平山 雅敏,大口 剛司,松本 幸裕 [他]
  • あたらしい眼科 28(10), 1483-1489, 2011-10
  • NAID 40019039959
  • 慢性壊死性肺アスペルギルス症に対するアムホテリシンB脂質製剤4時間投与の安全性の後方視的検討
  • 矢寺 和博,山崎 啓,神崎 未奈子 [他]
  • The Japanese journal of antibiotics 64(5), 311-318, 2011-10
  • NAID 40019036996

関連リンク

2. 日本における発売年 2006(平成18)年 3. 特長 本剤は、アムホテリシンB をリポソームの脂質二分子膜中に封入することにより、アムホテリシンB の真菌に対する作用を維持しながら副作用を軽減したDDS製剤である。 本剤はアスペル ...
Amphotericin B [AMPH-B] アムホテリシンB, 抗真菌剤 1. 商品名 先発品 ファンギゾン注射用50mg 【ブリストル・マイヤーズ】 ファンギゾンシロップ100mg/mL 【ブリストル・マイヤーズ】 ファンギゾン内服錠100mg 【ブリストル ・マイヤーズ】 ...

関連画像

Amphotericin B Solutionamphotericin Bamphotericin b amphotericin b injection Amphotericin BAmphotericin B Lipid Complex InjectionLiposomal Amphotericin B


★リンクテーブル★
リンク元抗菌薬」「アムホテリシンB」「ABLC」「ABCD」「アンホテリシンB
拡張検索lipsomal amphotericin B
関連記事B」「amphoteric」「amphotericin

抗菌薬」

  [★]

antibacterial drug, antibacterial
抗生剤薬理学抗菌薬一覧抗細菌薬
first aid step 1 2006 p.165

定義

  • 細菌/微生物に静菌作用、殺菌作用を示す物質。結果として、人において病原性を除去する目的で使用される。
  • このうち、微生物によって産生される物質を抗生物質と呼ぶ


作用機序による分類

first aid step 1 2006 p.165
  Mechanism of action Drugs
1 Block cell wall synthesis by inhibition of peptidoglycan cross-linking penicillin, ampicillin, ticarcillin, piperacillin, imipenem, aztreonam, cephalosporins
2 Block peptidoglycan synthesis bacitracin, vancomycin, cycloserine
3 Disrupt bacterial/fungal cell membranes polymyxins
4 Disrupt fungal cell membranes amphotericin B, nystatin, fluconazole/azoles
5 Block nucleotide synthesis sulfonamides, trimethoprim
6 Block DNA topoisomerases quinolones
7 Block mRNA synthesis rifampin
8 Block protein synthesis at 50S ribosomal subunit chloramphenicol, erythromycin/macrolides, lincomycin, clindamycin, streptogramins (quinupristin, dalfopristin), linezolid
9 Block protein synthesis at 30S ribosomal subunit aminoglycosides, tetracyclines, spectinomycin
 ATuSi → あつし


薬物動態

  • 濃度依存性:アミノグリコシド系抗菌薬、ニューロキノロン系抗菌薬
  • 時間依存性:βラクタム系抗菌薬

治療期間

小児

尾内一信 ; 第 39 回日本小児感染症学会教育講演 2 小児感染症の抗菌薬療法 -耐性菌時代の適正使用-
感染臓器・臨床診断 原因菌 投与期間(抗菌薬)
髄膜炎 インフルエンザ菌 7-10日
肺炎球菌 10-14日
髄膜炎菌 7-10日
GBS,腸内細菌,リステリア 21日
中耳炎 <2 歳 10日
2 歳≦ 5-7日
咽頭炎 A 群連鎖球菌 10日(ペニシリン系薬)
5日(セフェム系薬)
肺炎 肺炎球菌,インフルエンザ菌 解熱後3-4日
黄色ブドウ球菌 3-4週間
マイコプラズマ,クラミジア 10-21日
腎臓、膀胱炎、腎盂腎炎 大腸菌,プロテウス,腸球菌 3日
14日
骨髄炎 黄色ブドウ球菌 21日
連鎖球菌,インフルエンザ菌 14日

主要な感染症の抗菌薬投与期間

感染レジマニュ p.27
骨髄炎 4-6週
耳鼻咽喉 中耳炎 5-7日
副鼻腔炎 5-14日
A群溶連菌咽頭炎 10日
肺炎 肺炎球菌 7-10日 or 解熱後3日間
インフルエンザ菌 10-14日
マイコプラズマ 14日(7-10日)
レジオネラ 21日
肺化膿症 28-42日
心臓 感染性心内膜炎 α連鎖球菌 2-4週
黄色ブドウ球菌 4-6週
消化管 腸炎 赤痢菌 3日
チフス 14日(5-7日)
パラチフス
腹膜炎 特発性 5日
二次性 10-14日
胆肝膵 肝膿瘍 細菌性 4-8週
アメーバ性 10日
尿路 膀胱炎 3日
急性腎盂腎炎 14日(7-10日)
急性腎盂腎炎・再発 6週
慢性前立腺炎 1-3ヶ月
髄腔 髄膜炎 インフルエンザ菌 7-10日
髄膜炎菌
肺炎球菌 10-14日
リステリア 21日
敗血症 敗血症 コアグラーゼ陰性ブドウ球菌 5-7日
黄色ブドウ球菌 28日(14日)
グラム陰性桿菌 14日(7-14日)
カンジダ 血液培養陰性化後, 14日

ソース不明

妊婦に避けるべき抗菌薬

  • Antibiotics to avoid in pregnancy
  • Sulfonamides––kernicterus.
  • Aminoglycosides––ototoxicity.
  • Fluoroquinolones––cartilage damage.
  • Erythromycin––acute cholestatic hepatitis in mom
(and clarithromycin––embryotoxic).
  • Metronidazole––mutagenesis.
  • Tetracyclines––discolored teeth, inhibition of bone growth.
  • Ribavirin (antiviral)––teratogenic.
  • Griseofulvin (antifungal)––teratogenic.
  • Chloramphenicol––“gray baby.”
  • SAFE Moms Take Really Good Care.

使っても良い

YN.H-24
  • βラクタム系
  • エリスロマイシン、アジスロマイシン

参考

  • 抗菌薬インターネットブック
まとまっていてよい
[display]http://www.antibiotic-books.jp

抗菌薬一覧

アムホテリシンB」

  [★]

amphotericin B, AMPH-B, AMPH
amphotericinum-B
ファンギゾンハリゾンアムビゾーム Ambisome, Amphocil, Amphotec
抗真菌薬ポリエンマクロライド系抗生物質アムホテリシンBリポソーム製剤
  • 抗菌薬
  • ポリエン系
  • 副作用大
腎毒性




ABLC」

  [★]

amphotericin B
ABLC
Amphotericin B lipid complex


ABCD」

  [★]


amphotericin B
amphotericin B colloidal dispersion


アンホテリシンB」

  [★]

amphotericin B
アムホテリシンB


lipsomal amphotericin B」

  [★] アムホテリシンBリポソーム製剤


B」

  [★]

  • Mg2+存在下でC3, B, Dが反応してC3bBbとなり、これがC3転換酵素(C3bBb)あるいはC5転換酵素(C3bBb3b)を形成する。これらはP(properdin)と結合して活性化し、それぞれC3、C5を活性化する

WordNet   license wordnet

「the 2nd letter of the Roman alphabet」
b

WordNet   license wordnet

「the blood group whose red cells carry the B antigen」
type B, group B


amphoteric」

  [★]

  • 両性の
both sexes

WordNet   license wordnet

「having characteristics of both an acid and a base and capable of reacting as either」
amphiprotic


amphotericin」

  [★]

アンホテリシンアムホテリシン

amphotericin B

WordNet   license wordnet

「an antibiotic and antifungal agent」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3