amphotericin B

出典: meddic

アムホテリシンB

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/11/14 17:28:38」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Two-step impact of Amphotericin B (AmB) on lipid membranes: ESR experiment and computer simulations.
  • Man D, Olchawa R.SourceInstitute of Physics, Opole University , Opole , Poland.
  • Journal of liposome research.J Liposome Res.2013 Dec;23(4):327-335. Epub 2013 Jul 16.
  • Abstract In this study, the electron spin resonance (ESR) method was used to examine the effect of Amphotericin B (AmB) molecules on the fluidity of model membranes made of dipalmitoylphosphatidylcholine (DPPC). The changes occurring under increased AmB concentrations in the spectroscopic parameters
  • PMID 23855330
  • Synthesis, characterization and biological studies of some novel 3-fluorosalicylaldehyde based amine derivatives.
  • Shanmugam M, Narayanan K, Mahalakshmi M, Kabilan S, Chidambaranathan V.SourceDepartment of Chemistry, Annamalai University, Annamalainagar, Tamilnadu 608 002, India.
  • Spectrochimica acta. Part A, Molecular and biomolecular spectroscopy.Spectrochim Acta A Mol Biomol Spectrosc.2013 Dec;116:394-400. doi: 10.1016/j.saa.2013.07.084. Epub 2013 Aug 7.
  • A series of biologically important substituted 3-fluorosalicylaldehyde derivatives (1a-h) with various primary amines were synthesized by using ionic liquid (1-Butyl-3-methylimidazolium bis(trifluoromethylsulfonyl)imide) as an efficient catalyst. A new series of Schiff base derivatives (1a-h) were s
  • PMID 23973585
  • In Vitro Susceptibility of Aspergillus fumigatus to Isavuconazole: Correlation with Itraconazole, Voriconazole, and Posaconazole.
  • Gregson L, Goodwin J, Johnson A, McEntee L, Moore CB, Richardson M, Hope WW, Howard SJ.SourceDepartment of Molecular and Clinical Pharmacology, Translational Medicine, University of Liverpool, Liverpool, United Kingdom.
  • Antimicrobial agents and chemotherapy.Antimicrob Agents Chemother.2013 Nov;57(11):5778-5780. Epub 2013 Sep 16.
  • Triazoles are first-line agents for treating aspergillosis. The prevalence of azole resistance in Aspergillus fumigatus is increasing, and cross-resistance is a growing concern. In this study, the susceptibilities of 40 A. fumigatus clinical isolates were tested by using the CLSI method with amphote
  • PMID 24041890

和文文献

  • アムビゾームとブイフェンドによる治療を行った角膜真菌症の1例
  • 平山 雅敏,大口 剛司,松本 幸裕 [他]
  • あたらしい眼科 28(10), 1483-1489, 2011-10
  • NAID 40019039959
  • 慢性壊死性肺アスペルギルス症に対するアムホテリシンB脂質製剤4時間投与の安全性の後方視的検討
  • 矢寺 和博,山崎 啓,神崎 未奈子 [他]
  • The Japanese journal of antibiotics 64(5), 311-318, 2011-10
  • NAID 40019036996

関連リンク

2. 日本における発売年 2006(平成18)年 3. 特長 本剤は、アムホテリシンB をリポソームの脂質二分子膜中に封入することにより、アムホテリシンB の真菌に対する作用を維持しながら副作用を軽減したDDS製剤である。 本剤はアスペル ...
Amphotericin B [AMPH-B] アムホテリシンB, 抗真菌剤 1. 商品名 先発品 ファンギゾン注射用50mg 【ブリストル・マイヤーズ】 ファンギゾンシロップ100mg/mL 【ブリストル・マイヤーズ】 ファンギゾン内服錠100mg 【ブリストル ・マイヤーズ】 ...

関連画像

Amphotericin B Solutionamphotericin Bamphotericin b amphotericin b injection Amphotericin BAmphotericin B Lipid Complex InjectionLiposomal Amphotericin B


★リンクテーブル★
リンク元抗菌薬」「アムホテリシンB」「ABLC」「ABCD」「アンホテリシンB
拡張検索lipsomal amphotericin B
関連記事B」「amphoteric」「amphotericin

抗菌薬」

  [★]

antibacterial drug, antibacterial
抗生剤薬理学抗菌薬一覧抗細菌薬
first aid step 1 2006 p.165

定義

  • 細菌/微生物に静菌作用、殺菌作用を示す物質。結果として、人において病原性を除去する目的で使用される。
  • このうち、微生物によって産生される物質を抗生物質と呼ぶ


作用機序による分類

first aid step 1 2006 p.165
  Mechanism of action Drugs
1 Block cell wall synthesis by inhibition of peptidoglycan cross-linking penicillin, ampicillin, ticarcillin, piperacillin, imipenem, aztreonam, cephalosporins
2 Block peptidoglycan synthesis bacitracin, vancomycin, cycloserine
3 Disrupt bacterial/fungal cell membranes polymyxins
4 Disrupt fungal cell membranes amphotericin B, nystatin, fluconazole/azoles
5 Block nucleotide synthesis sulfonamides, trimethoprim
6 Block DNA topoisomerases quinolones
7 Block mRNA synthesis rifampin
8 Block protein synthesis at 50S ribosomal subunit chloramphenicol, erythromycin/macrolides, lincomycin, clindamycin, streptogramins (quinupristin, dalfopristin), linezolid
9 Block protein synthesis at 30S ribosomal subunit aminoglycosides, tetracyclines, spectinomycin
 ATuSi → あつし


薬物動態

  • 濃度依存性:アミノグリコシド系抗菌薬、ニューロキノロン系抗菌薬
  • 時間依存性:βラクタム系抗菌薬

治療期間

小児

尾内一信 ; 第 39 回日本小児感染症学会教育講演 2 小児感染症の抗菌薬療法 -耐性菌時代の適正使用-
感染臓器・臨床診断 原因菌 投与期間(抗菌薬)
髄膜炎 インフルエンザ菌 7-10日
肺炎球菌 10-14日
髄膜炎菌 7-10日
GBS,腸内細菌,リステリア 21日
中耳炎 <2 歳 10日
2 歳≦ 5-7日
咽頭炎 A 群連鎖球菌 10日(ペニシリン系薬)
5日(セフェム系薬)
肺炎 肺炎球菌,インフルエンザ菌 解熱後3-4日
黄色ブドウ球菌 3-4週間
マイコプラズマ,クラミジア 10-21日
腎臓、膀胱炎、腎盂腎炎 大腸菌,プロテウス,腸球菌 3日
14日
骨髄炎 黄色ブドウ球菌 21日
連鎖球菌,インフルエンザ菌 14日

主要な感染症の抗菌薬投与期間

感染レジマニュ p.27
骨髄炎 4-6週
耳鼻咽喉 中耳炎 5-7日
副鼻腔炎 5-14日
A群溶連菌咽頭炎 10日
肺炎 肺炎球菌 7-10日 or 解熱後3日間
インフルエンザ菌 10-14日
マイコプラズマ 14日(7-10日)
レジオネラ 21日
肺化膿症 28-42日
心臓 感染性心内膜炎 α連鎖球菌 2-4週
黄色ブドウ球菌 4-6週
消化管 腸炎 赤痢菌 3日
チフス 14日(5-7日)
パラチフス
腹膜炎 特発性 5日
二次性 10-14日
胆肝膵 肝膿瘍 細菌性 4-8週
アメーバ性 10日
尿路 膀胱炎 3日
急性腎盂腎炎 14日(7-10日)
急性腎盂腎炎・再発 6週
慢性前立腺炎 1-3ヶ月
髄腔 髄膜炎 インフルエンザ菌 7-10日
髄膜炎菌
肺炎球菌 10-14日
リステリア 21日
敗血症 敗血症 コアグラーゼ陰性ブドウ球菌 5-7日
黄色ブドウ球菌 28日(14日)
グラム陰性桿菌 14日(7-14日)
カンジダ 血液培養陰性化後, 14日

妊婦に避けるべき抗菌薬

  • Antibiotics to avoid in pregnancy
  • Sulfonamides––kernicterus.
  • Aminoglycosides––ototoxicity.
  • Fluoroquinolones––cartilage damage.
  • Erythromycin––acute cholestatic hepatitis in mom
(and clarithromycin––embryotoxic).
  • Metronidazole––mutagenesis.
  • Tetracyclines––discolored teeth, inhibition of bone growth.
  • Ribavirin (antiviral)––teratogenic.
  • Griseofulvin (antifungal)––teratogenic.
  • Chloramphenicol––“gray baby.”
  • SAFE Moms Take Really Good Care.

使っても良い

YN.H-24
  • βラクタム系
  • エリスロマイシン、アジスロマイシン

参考

  • 抗菌薬インターネットブック
まとまっていてよい
[display]http://www.antibiotic-books.jp

抗菌薬一覧

アムホテリシンB」

  [★]

amphotericin B, AMPH-B, AMPH
amphotericinum-B
ファンギゾンハリゾンアムビゾーム Ambisome, Amphocil, Amphotec
抗真菌薬ポリエンマクロライド系抗生物質アムホテリシンBリポソーム製剤
  • 抗菌薬
  • ポリエン系
  • 副作用大
腎毒性




ABLC」

  [★]

amphotericin B
ABLC
Amphotericin B lipid complex


ABCD」

  [★]


amphotericin B
amphotericin B colloidal dispersion

アンホテリシンB」

  [★]

amphotericin B
アムホテリシンB


lipsomal amphotericin B」

  [★] アムホテリシンBリポソーム製剤

B」

  [★]

  • Mg2+存在下でC3, B, Dが反応してC3bBbとなり、これがC3転換酵素(C3bBb)あるいはC5転換酵素(C3bBb3b)を形成する。これらはP(properdin)と結合して活性化し、それぞれC3、C5を活性化する

WordNet   license wordnet

「the 2nd letter of the Roman alphabet」
b

WordNet   license wordnet

「the blood group whose red cells carry the B antigen」
type B, group B

amphoteric」

  [★]

  • 両性の
both sexes

WordNet   license wordnet

「having characteristics of both an acid and a base and capable of reacting as either」
amphiprotic

amphotericin」

  [★]

アンホテリシンアムホテリシン

amphotericin B

WordNet   license wordnet

「an antibiotic and antifungal agent」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡