allopurinol

出典: meddic

アロプリノール

Lopurin, Zyloprim

WordNet   license wordnet

「a drug (trade name Zyloprim) used to treat gout and other conditions in which there is an excessive buildup of uric acid」
Zyloprim

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/12/20 00:53:01」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Allopurinol as a cardiovascular drug.
  • Kelkar A, Kuo A, Frishman WH.SourceFrom the *Department of Medicine, Emory University School of Medicine, Atlanta, GA; †Harbor UCLA Medical Center, Los Angeles, CA; and ‡New York Medical College, Westchester Medical Center, Valhalla, NY.
  • Cardiology in review.Cardiol Rev.2011 Nov;19(6):265-71.
  • Cardiovascular disease (CVD) remains the leading cause of death in the United States. There is evidence that shows a direct relationship between an elevated uric acid level and an increased risk of cardiovascular (CV) events, which has set the foundation for the investigation of uric acid-lowering d
  • PMID 21983313
  • Beware the low urine ph - the major cause of the increased prevalence of nephrolithiasis in the patient with type 2 diabetes.
  • Bell DS.SourceDavid S. H. Bell From Southside Endocrinology and the University of Alabama Medical School 1020 26th Street South, Room 204 Birmingham, AL 35205 Phone: 205.933.2667 Fax: 205.933.2693 Email: dshbell@yahoo.com.
  • Diabetes, obesity & metabolism.Diabetes Obes Metab.2011 Oct 12. doi: 10.1111/j.1463-1326.2011.01519.x. [Epub ahead of print]
  • There is an increased prevalence of nephrolithiasis and an increase in the incidence of renal colic in patients with diabetes, obesity, hypertension and insulin resistance due to an increased frequency of uric acid crystallization. Uric acid crystallization occurs in the milieu of an acid urine and
  • PMID 21992452

和文文献

  • 重症薬疹と遺伝子型update (AYUMI 薬疹の最先端--最新の概念・病態・治療)
  • 池澤 善郎
  • 医学のあゆみ 238(7・8), 761-768, 2011-08-20
  • NAID 40018928149
  • 薬物性白血球減少症の危険因子及び自覚症状に関する研究
  • 林 恭子,大津 史子,矢野 玲子,榊原 仁作,後藤 伸之
  • YAKUGAKU ZASSHI 131(1), 139-152, 2011
  • … In addition, thiamazole, ritodrine, propylthiouracil, ticlopidine, allopurinol, minocycline and captopril administration significantly increased the risk of drug-induced leucopenia. …
  • NAID 130000451535

関連リンク

Allopurinol is a drug used primarily to treat hyperuricemia (excess uric acid in blood plasma) and its complications, including chronic gout. Contents. 1 Mechanism of action; 2 Uses; 3 Metabolism; 4 Side-effects; 5 Brand names; 6 References ...

関連画像

Allopurinol (Click for Larger Image)Alloprin, Apo-Allopurinol, Novopurol Allopurinol acis 300 mg »Allopurinol STADA 300 mg Tabletten »Allopurinol Tablets – 100mgallopurinol allopurinol is used to treat


★リンクテーブル★
リンク元薬理学」「薬剤性過敏症症候群」「アロプリノール」「痛風治療薬

薬理学」

  [★]

pharmacology
drug entries


定義

  • 生物系と化学物質の選択的な相互作用を研究する学問 (SPC.2)

生物系と薬の相互作用

  • 薬の生物系に対する相互作用:薬理作用 <-化学の視点
  • 生物系の薬に対する相互作用:薬物動態 <-生物の視点

関連分野

  • 薬物学 materia medica
  • 生薬学
  • 実験薬理学
  • 臨床薬理学
  • 動物薬理学
  • 人体薬理学
  • 比較薬理学
  • 薬理作用学(薬力学)
  • 薬物動態学
  • 中毒学、毒科学
  • 薬物治療学
  • 処方学

薬品の命名

Ending of the drug name Category Example
~afil Erectile dysfunction sildenafil
~ane Inhalatinal general anesthetic halothane
~azepam Benzodiaizepine diazepam
~azine Phenothiazine (neuroleptic, antiemetic) chlorpromazine
~azole Ailtifungal ketoconazole
~barbital Barbiturate phenobarbital
~caine Local anesthetic lidocaine
~cillin Penicillin methicillin
~cycline Antibiotic, protein syntlesis inhibitor tetracycline
~ipramine TCA iimipramine
~navir Protease inhibitor saquinavir
~olol β-antagonist propranolol
~operidol Butyrophenone ( neuroleptic ) haloperidol
~oxin Cardiac glycoside ( inotropic agent ) digoxin
~phylline Methylxanthine theophylline
~pril ACE inhibitor captopril
~terol β2 agonist albuterol
~tidine H2 antagonist cimtidine
~triptyline TCA amitriptyline
~tropine Pituitary hormone somatotropine
~zosin a1 antagonist prazosin

薬一覧

薬物代謝

薬理動態

神経伝達物質

神経筋接合部遮断薬(筋弛緩薬)

交感神経作動薬

アドレナリン受容体

交感神経遮断薬

アドレナリン受容体

副交感神経作動薬

アセチルコリン受容体

副交感神経遮断薬

アセチルコリン受容体

貧血治療薬

甲状腺関連物質

痛風治療薬

  • 痛風発作予防薬
  • 尿酸排泄促進薬
  • 尿酸生成抑制薬


薬剤性過敏症症候群」

  [★]

drug-induced hypersensitivity syndrome DIHS
drug rash with eosinophilia and systemic symptoms DRESSdrug-induced delayed multiorgan hypersensitivity syndrome DIDMOS
薬疹


概念

  • 高熱と臓器障害を伴う薬疹で、医薬品中止後も遷延化する。多くの場合、発症後2-3週間後にHHV-6の再活性化を生じる。(参考1)

病因

  • 薬剤アレルギーとHHV-6の再活性化で起こる。

原因薬物

原因薬物としては芳香族抗てんかん薬とスルホンアミド系抗菌薬が最も多い (参考2)
参考3

病態

  • 特定の薬剤を服用した2-6週間後に突然の発熱と紅斑を来たし、ついには紅皮症を呈する。
  • リンパ節腫脹、血液学的異常、肝機能障害を伴う。
  • 肺炎、腎不全、心筋炎、甲状腺炎、神経学的症状を呈することがある。(参考2)

症状

  • 全身症状:発熱、関節痛
  • 皮膚症状:紅斑・紅皮症

身体所見

  • 顔面浮腫
  • リンパ節腫脹

検査

  • 血算:白血球増多、異型リンパ球有り、好酸球増多
  • 血清学的検査:IgM-抗HHV-6抗体陽性

検査異常の出現頻度

参考2
  • 肝炎:51%
  • 間質性腎炎:11%
  • 血液学的異常(好酸球増多、異型単核球):30%


診断基準

参考1
  • 1. 限られた薬剤投与後に遅発性に生じ、急速に拡大する紅斑。多くの場合、紅皮症に移行する
  • 2. 原因薬剤中止後も2週間以上遷延する
  • 3. 38 ℃以上の発熱
  • 4. 肝機能障害
  • 5. 血液学的異常:a、b、c のうち1 つ以上
  • a. 白血球増多(11,000/mm3 以上)
  • b. 異型リンパ球の出現(5%以上)
  • c. 好酸球増多(1,500/mm3 以上)
  • 6. リンパ節腫脹
  • 7. HHV-6 の再活性化
典型DIHS:1 - 7 すべて
非典型DIHS:1 - 5 すべて。ただし4 に関しては、その他の重篤な臓器障害をもって代えることができる。

治療

  • 薬剤の中止、全身ステロイド療法(要するに静注ということか)。(参考1)

予後

  • 完全に治癒する。重症例では生命予後不良。(参考1)

参考

  • 1. 重篤副作用疾患別対応マニュアル 薬剤性過敏症症候群
[display]http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/11/dl/tp1122-1a09.pdf
  • 2. [charged] Drug eruptions - uptodate [1]
CLASSIC DRUG REACTION PATTERNSの1項目として記載。
  • 3.
[display]www.eiken.co.jp/modern_media/backnumber/pdf/MM1012_01.pdf


国試


アロプリノール」

  [★]

allopurinol
Lopurin, Zyloprimザイロリック Zyloricアイデイトアノプロリンアリスメットアロシトールアロチームアロリンケトブンザイロリックサロベールタカナルミンノイファンプロデックマサトンミニプラノールユーリックリボール
尿酸
  • first aid step1 2006 p.309,320,325,326


  • 尿酸生成抑制薬
  • 1. 腎障害例では過剰に投与するとオキシプリノールが副作用を誘発する
  • 尿酸の排出が悪い→アプリノールを使う。白血病は高尿酸血症を呈する
  • 帯状疱疹は白血症などが重症になった時に起こる
  • 2. 副作用
  • 皮膚粘膜間症候群
  • 中毒性表皮壊死
  • 表皮剥脱性皮膚炎
  • 3. メルカプトプリン、アザチオプリンとの併用はメルプトプリンの分解を抑制→6MP
  • 濃度の上昇→骨髄抑制
  • 4.多くの薬物との相互作用がある
  • ビダラビン(神経過敏) ← 抗ヘルペスウイルス薬
  • シクロホスファミド(白血球減少) ← 白血病治療
  • アンピシリン(過敏反応)
  • ヒドロフロロチアジド(重度の過敏反応・光線過敏症) ←利尿剤

構造

プリン環の7位にある窒素原子が8位の炭素原子と入れ替わった構造

作用機序

ヒポキサンチン-(キサンチンオキシダーゼ)→キサンチン-(キサンチンオキシダーゼ)→尿酸

副作用

重大な副作用

その他の副作用

注意




痛風治療薬」

  [★]

arthrifuge, gout suppressant, drug for treatment of gout, antipodagric
抗痛風薬
薬理学痛風
  • 痛風発作予防薬
  • 尿酸排泄促進薬
  • 尿酸生成抑制薬




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡