albendazole

出典: meddic

アルベンダゾール

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/09/14 23:41:16」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • National intestinal helminth survey among schoolchildren in Tajikistan: Prevalences, risk factors and perceptions.
  • Sherkhonov T, Yap P, Mammadov S, Sayfuddin K, Martinez P, Amoss WP, Wientzen RL, Steinmann P.SourceRepublican Tropical Diseases Centre, Dushanbe, Tajikistan. Electronic address: astana_66@mail.ru.
  • Acta tropica.Acta Trop.2013 May;126(2):93-8. doi: 10.1016/j.actatropica.2013.01.013. Epub 2013 Feb 8.
  • Solid evidence regarding the epidemiology of intestinal helminth infections in Tajikistan is currently lacking. As such information is essential for the evidence-based design, implementation and evaluation of control interventions, a national intestinal helminth survey was conducted with the followi
  • PMID 23395878
  • Disposition kinetics of albendazole and metabolites in laying hens.
  • Bistoletti M, Alvarez L, Lanusse C, Moreno L.SourceLaboratorio de Farmacología, Centro de Investigación Veterinaria de Tandil (CIVETAN), CONICET, Tandil, Argentina Facultad de Ciencias Veterinarias, UNCPBA, Tandil, Argentina.
  • Journal of veterinary pharmacology and therapeutics.J Vet Pharmacol Ther.2013 Apr;36(2):161-8. doi: 10.1111/j.1365-2885.2012.01401.x. Epub 2012 Apr 26.
  • Bistoletti, M., Alvarez, L., Lanusse, C., Moreno, L. Disposition kinetics of albendazole and metabolites in laying hens. J. vet. Pharmacol. Therap. 36, 161-168. An increasing prevalence of roundworm parasites in poultry, particularly in litter-based housing systems, has been reported. However, few
  • PMID 22533477

和文文献

  • 症例 パモ酸ピランテルで駆虫に失敗しアルベンダゾールが奏功した日本人若年成人蟯虫症の1例
  • 大西 健児,小林 謙一郎,岩渕 千太郎 [他]
  • 感染症学雑誌 85(5), 520-522, 2011-09
  • NAID 40019011258
  • The Global Programme to Eliminate Lymphatic Filariasis : History and achievements with special reference to annual single-dose treatment with diethylcarbamazine in Samoa and Fiji
  • KIMURA Eisaku
  • Tropical medicine and health 39(1), 17-30, 2011-03-01
  • Albendazole, a well-known anti-intestinal helminths agent, was later added to the combination. … (v) a single combined dose of albendazole (400 mg) and DEC (6 mg⁄kg) was effective to reduce mf density by 85 to nearly 100% 12-24 months after treatment; … and (vi) ivermectin or albendazole included in the combination chemotherapy produced “beyond-filariasis” benefits: clearance⁄reduction of intestinal helminths, and, additionally, in the case of ivermectin, skin-dwelling ectoparasites. …
  • NAID 10028116675

関連リンク

[Albendazole] [54965-21-8] | 価格や在庫、物性値などの詳細情報ページです。 ... 別名 (英名) Methyl [5-(Propylthio)benzimidazol-2-yl]carbamate 別名 (英名) [5-(Propylthio)benzimidazol-2-yl]carbamic Acid Methyl Ester 和名
Albendazole is used to treat neurocysticercosis (infection caused by the pork tapeworm in the muscles, brain, and eyes that may cause seizures, brain swelling, and vision problems). Albendazole is also used along with ...

関連画像

Albendazole 600AlbendazoleAlbendazole Oral SuspensionDrugs reference index « Albendazole »Description Albendazole structure.pngDrugs reference index « Albendazole »


★リンクテーブル★
リンク元蠕虫」「駆虫薬」「包虫症」「アルベンダゾール

蠕虫」

  [★]

helminth, worms
helminthen
微生物学蠕虫症家畜伝染病予防法


蠕虫類

蠕虫類と感染症

蠕虫類 病原体名   病名 感染経路 寄生部位 症状 診断 治療
線虫類 Ancylostoma duodenale ズビニ鉤虫 鈎虫症/十二指腸虫症 F型幼虫経口感染、経皮 空腸上部 皮膚炎、若菜病、貧血 飽和食塩水浮遊法、遠心沈降法 pyrantel pamoate、鉄剤
Necator americanus アメリカ鉤虫
Strongyloides stercoralis 糞線虫 糞線虫症 F型幼虫経皮感染 小腸上部 Loffler症候群 糞便塗沫、普通寒天平板培養による
R型、F型幼虫の検出
thiabendazole, ivermectin
Enterobius vermicularis 蟯虫 蟯虫症 虫卵経口感染 盲腸~大腸 夜間の掻痒、不眠、情緒不安定 肛囲検査法「柿の種」 pyrantel pamoate
Ascaris lumbricoides 回虫 回虫症 虫卵経口感染 小腸孵化→門脈→
肺発育→食道嚥下→小腸
Loffler症候群。急性腹痛 糞便虫の虫卵の証明 pyrantel pamoate
Toxocara canis イヌ回虫 幼虫移行症 生後1-2ヶ月の感染犬の
糞から経口感染
なし 幼虫移行症→失明 免疫診断 治療法無し?
Wuchereria bancrofti バンクロフト糸状虫 フィラリア症/糸状虫症 アカイエカ リンパ系 急性期:リンパ肝炎、リンパ腺炎を伴う熱発作(filarial fever)
慢性期:乳糜尿、リンパ管瘤、陰嚢水腫、象皮病
急性期:夜間のmicrofilariaの検出
慢性期:特有の症状を考慮
diethylcarbamazine &
ivermectin
Brugia malayi マレー糸状虫
Dirofilaria immitis イヌ糸状虫   アカイエカ なし 幼虫移行症→肺血管閉塞→胸部X線画像銭形陰影    
Gnathostoma spinigerum 有棘顎口虫 顎口虫症 ドジョウ、雷魚、ヘビの生食   消化管壁貫通→皮下移動による腫瘤や線状皮膚炎 移動性腫瘤、皮膚爬行疹
雷魚やドジョウの生殖の問診
免疫血清診断
なし
Gnathostoma hispidum 剛棘顎口虫
Gnathostoma doloresi ドロレス顎口虫
Gnathostoma nipponicum 日本顎口虫
Anisakis simplex, larva アニキサス幼虫 アニサキス症
(1)胃アニサキス症、
(2)腸アニサキス症、
(3)異所性アニサキス症
経口感染
終宿主:クジラ、イルカ。
中間宿主:オキアミ。
待機宿主:サバ、ニシン、アジ、タラなど
胃や腸 (1)急激な上腹部痛"胃けいれん"
(2)腹痛、急性虫垂炎、イレウス様。劇症型と緩和型がある
(3)腹腔内の炎症性肉芽腫
胃内視鏡検査 内視鏡による虫体摘出
Pseudoterranova decipiens
Trichinella spiralis 旋毛虫 旋毛虫症 経口感染
豚肉、クマ肉の生食
  (1)成虫侵襲期:下痢、腹痛
(2)幼虫筋肉移行期:顔面浮腫、心筋障害など
(3)幼虫被嚢期:全身浮腫、衰弱
  急性期:ステロイド
殺虫:mebendazole
    鞭虫症   盲腸 慢性下痢、腹痛、異食症、貧血 セロファン重層塗沫法、
ホルマリンエーテル法
mebendazole
Spirurin nematode larva 旋尾線虫 旋尾線虫幼虫 ホタルイカの生食 なし 皮膚爬行疹、イレウス様症状 予防:-30℃24時間。
生食には-30℃4日間以上
摘出
吸虫類 Shistosoma japonicum 日本住血吸虫 日本住血吸虫症 糞便虫の虫卵→ミラシジウム
ミヤイリガイ体内でセルカリア
人畜の皮膚より浸入→循環系→
門脈に寄生
門脈 (1)潜伏期:侵入部の掻痒性皮膚炎。肺移行期:咳、発熱
(2)急性期:虫卵の門脈系寄生、産卵。住血吸虫性赤痢。
(3)慢性期:虫卵の肝、脳などの塞栓。肝硬変。脾腫、腹水
糞便虫の虫卵の検出。
直腸粘膜層掻爬法、
肝穿刺による組織内虫卵の検出。
補助診断として免疫血清学的検査。
praziquantel
Paragonimus westermani ウェステルマン肺吸虫 肺吸虫症/肺ジストマ症 経口感染
淡水産のカニ、イノシシ肉の生食
痰、咳、胸痛、時に喀血 痰や便の虫卵検査、
胸部写真、
断層写真で明らかな虫嚢。
免疫学血清検査
 
Paragonimus miyazakii 宮崎肺吸虫 気胸、胸水貯留、膿胸、好酸球増加   praziquantel
Clonorchis sinensis 肝吸虫 肝吸虫症/肝ジストマ症 経口感染
虫卵→(マメタニシ:セルカリア)→
セルカリア→(魚:メタセルカリア)→
摂取→(ヒト:成虫)→虫卵
胆管 胆汁流出障害による肝障害→肝硬変 糞便、胆汁(十二指腸ゾンデ法)。
肝吸虫卵の検出。CT像。エコー検査。
praziquantel
    横川吸虫症 淡水魚(アユ、フナ、ウグイ、シラウオ)の生食 小腸粘膜 下痢、腹痛 糞便虫の虫卵 praziquantel
条虫類 Taeniarhynchus saginatus 無鉤条虫 腸管条虫症 経口感染。中間宿主:ウシ 小腸 無症状。下痢。
広節裂頭条虫感染では悪性貧血。
糞便虫の虫卵と体節により診断 praziquantel
有鉤条虫の場合はガストログラフィン
有鉤条虫の駆虫の際、
虫体を破壊しない
→虫体の融解による嚢虫症
Taenia solium 有鉤条虫 経口感染。中間宿主:ブタ
Diphyllobothrium latum 広節裂頭条虫 経口感染。中間宿主:サケ、マス
  日本海裂頭条虫 経口感染。中間宿主:サケ
  腸管外条虫症  
    有鉤嚢虫症 有鉤条虫の虫卵の経口摂取 皮下、筋肉内
脳、脊髄、眼球
皮下、筋肉内:小指頭大の無症状腫瘤
脳、脊髄、眼球:Jacksonてんかん。痙性麻痺など
皮下の虫嚢 外科的摘出。
成虫寄生がなければ、praziquantel,
albendazole +
ステロイド
Echinococcus granulosus 単包虫 包虫症/
エキノコックス症
(単包虫症)
終宿主:イヌ、キツネなど。
中間宿主:ヒト、ブタ、野ネズミなど。
終宿主の糞便虫の虫卵を中間宿主が接種して発症
肝、肺、まれに脳、腎、筋肉 肝寄生:肝部疼痛、満腹、時に黄疸、下肢浮腫
肺寄生:胸部圧迫感、胸痛、咳、血痰、時に喀血
肝や肺の嚢胞形成から疑う。
早期に診断に皮内反応→
CT、エコー→
生検。免疫血清学的診断法
外科的切除。
albendazoleの長期投与
Echinococcus multilocularis 多包虫 包虫症/
エキノコックス症
(多包虫症)


駆虫薬」

  [★]

anthelmintic, anthelmintics
anthelmintica

http://en.wikipedia.org/wiki/Anthelmintic

antiplatyhelmintic agents Antitrematodals
(schistosomicides)
binds tubulin benzimidazole (Triclabendazole#)
acetylcholinesterase inhibitor phosphonic acid (metrifonate)
Other/unknown quinoline (praziquantel#, oxamniquine#) · phenol (bithionol) · thiazole ([[niridazole]) · arylsulfonate (stibophen)
anticestodals
(taeniacides)
binds tubulin benzimidazole (albendazole#)
Other/unknown salicylanilide (niclosamide)# · aminoacridine (quinacrine) · butyrophenone (desaspidin) · chlorophenol (dichlorophen)
antinematodal agents
(macrofilaricides)
binds tubulin benzimidazole (mebendazole#, thiabendazole, albendazole#, fenbendazole, ciclobendazole, flubendazole)
chloride channel macrolide (ivermectin#)
NMDA tetrahydropyrimidine (pyrantel#, pyrantel pamoate, oxantel)
Other/unknown piperazine (piperazine · diethylcarbamazine#) · thiazole (levamisole#) · quinolinium (pyrvinium) · benzylammonium (bephenium) · naphthalenesulfonate (suramin#)  · tribendimidine


包虫症」

  [★]

hydatid disease
エキノコックス症(四類感染症) echinococcosis
包虫症多包虫症包虫嚢胞肝包虫症

種類

  • 単包条虫 Echinococcus granulosus 単包虫症 世界的分布(牧畜)
  • 多包条虫 Echinococcus multilocularis 多包虫症 日本では北海道全域

宿主

  • 終宿主:イヌ、キツネなど
  • 中間宿主:ヒト、ブタ、野ネズミなど
  • 終宿主の糞便中の虫卵を中間宿主が摂取して発症

包虫形成部位

  • 肝、肺、まれに脳、腎、筋肉
  • 肝臓:小腸で孵化した幼虫が門脈より肝臓に運ばれ胞虫を形成する。肝病変に次いで肺病変が多い。無症状の長い潜伏期を経て肝腫、門脈亢進をきたす。

症状

  • 肝寄生 肝部落痛、腹満、時に黄症、下肢浮腫
  • 肺寄生 胸部圧迫感、胸痛、咳、血痕、時に噂血

診断

  • 肝や肺の嚢胞形成から疑う
  • 早期診断に皮内反応、免疫血清学的診断法

治療



アルベンダゾール」

  [★]

albendazole
エスカゾール、Albenza
  • ベンズイミダゾール系の包虫駆除薬

効能又は効果

エスカゾール錠200mg

薬効薬理

エスカゾール錠200mg
  • 多包条虫感染コットンラットで、アルベンダゾールの経口投与により、多包虫重量の減少がみられ、感染動物の延命効果を示した6)。また、単包条虫感染ヒツジでは包虫の生育抑制効果がみられ、原頭節の生存抑制が認められた
  • また本剤の作用機序としては、微小管形成及びフマル酸還元酵素などの阻害作用が考えられている。

参考

  • エスカゾール錠200mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/6429007F1033_1_02/6429007F1033_1_02?view=body






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1交叉感作性+薬剤20
2坊功婁カテーテルキット14
3ダーゼン+添付文書14
4アイソボログラム13
5篩状 面皰状 低乳頭 類臓器型13
6嘔吐 噴水12
7小刻み歩行+原因11
8股関節外転装具+装着方法10
9メタロプロテイナーゼ8
10下壁梗塞8
11グレー症候群+小児8
12エストロゲン インスリン グリコーゲン7
13鶏卵大+大きさ7
14Frequency of Manual Blowdown mail7
15brom+tech+心臓6
16セリンプロテイナーゼ6
17プロステーシス+整形外科6
18体幹ギプス固定 画像6
19+白衣を着る理由 看護師 原著6
20胸骨上縁5

昨日の人気記事
 タイトル表示
1biodiesel additive transesterification oil waste fuel plant manufactures Co. ltd@email address mail4
2+40 copper sulphate .ro mail4
3口腔内性病4
4copper sulphate companies in Romania mail3
5ブラハト法2
6energy biodiesel production plant with esterification modules manufactures Co. ltd@email address mail2
7血小板衛生現象とは2
8クロム中毒2
9過屈曲伸張損傷2
10+デーン粒子2
11偽性脳腫2
12腸胃反射2
13candy packing machine manufactures Co. ltd@email address mail2
14鞍節+症状2
15chocolate packing machine manufactures Co. ltd@email address mail2
16劇症型連鎖球菌2
17オーストラリア抗原2
18発作間欠期の脳波+ヒプスアリスミア2
19ニコルスキー現象2
201時間尿量+正常値2