acute intermittent porphyria

出典: meddic

急性間欠性ポルフィリン症

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Molecular characterisation of acute intermittent porphyria in a cohort of South African patients and kinetic analysis of two expressed mutants.
  • Fortgens P1, Pienaar E2, Corrigall A3, Sonderup M4, Spearman CW4, Meissner P5.
  • Journal of clinical pathology.J Clin Pathol.2016 Nov 14. pii: jclinpath-2016-203907. doi: 10.1136/jclinpath-2016-203907. [Epub ahead of print]
  • AIMS: Acute intermittent porphyria (AIP) is a disorder of the haem biosynthetic pathway caused by mutations in the hydroxymethylbilane synthase (HMBS) gene. Knowledge of the spectrum of mutations present in South Africa is limited. This study presents the molecular profile of 20 South African patien
  • PMID 27849156
  • Systemic inflammation in acute intermittent porphyria: A case control study.
  • Storjord E1,2, Dahl JA1, Landsem A2,3, Fure H3, Ludviksen JK3, Goldbeck-Wood S4,5, Karlsen BO3, Berg KS6, Mollnes TE2,3,7,8, Nielsen EW2,6,9, Brekke OL1,2.
  • Clinical and experimental immunology.Clin Exp Immunol.2016 Nov 8. doi: 10.1111/cei.12899. [Epub ahead of print]
  • This study aimed to examine whether acute intermittent porphyria (AIP) is associated with systemic inflammation and whether the inflammation correlates with disease activity. A case-control study with 50 AIP cases and healthy age-, sex- and place of residence matched controls was performed. Plasma c
  • PMID 27859020
  • Emerging therapies for acute intermittent porphyria.
  • Fontanellas A1, Ávila MA1, Berraondo P2.
  • Expert reviews in molecular medicine.Expert Rev Mol Med.2016 Nov 2;18:e17.
  • Acute intermittent porphyria (AIP) is an autosomal dominant metabolic disease caused by hepatic deficiency of hydroxymethylbilane synthase (HMBS), the third enzyme of the heme synthesis pathway. The dominant clinical feature is acute neurovisceral attack associated with high production of potentiall
  • PMID 27804912

和文文献

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元急性間欠性ポルフィリン症」「ヘム」「AIP」「acute porphyria
関連記事acute」「intermittent」「porphyria

急性間欠性ポルフィリン症」

  [★]

acute intermittent porphyria, AIP
スウェーデン型ポルフィリン症 Swedish type porphyria
ポルフィリン症肝性ポルフィリン症

概念

  • 精神症状はALA synthetaseの補酵素であるpyridoxal phosphateの欠乏により生じるらしい
  • バルビツール酸系の薬剤はALA synthetaseを誘導するので、AIPの情動不安、せん妄のコントロールには禁忌

遺伝

病因

  • この蛋白の機能異常に加えて誘発因子が存在したときに急性発作をきたす

発作の誘発因子

  • 環境因子:薬物(様々、例えば抗てんかん薬)、食物(低カロリー食、低炭酸化物食)、アルコールの摂取、感染、手術
  • 薬物の例:バルビタール、抗てんかん薬、経口避妊薬、サルファ剤、鎮静剤(QB.D-321) ← 禁忌
  • ホルモン:内的ホルモン・外的ホルモン(経口避妊薬)
  • 女性の方が症状が重いが、これは内的なエストロゲンやプロゲステロンの影響に寄ることを示唆している。

病態

HIM.2438
  • ホルホビリノゲン(PBG)デアミナーゼ/ヒドロキシメチルビラン(HMB)合成酵素の欠損をヘテロ接合で有することで活性が半分となっており、ある誘発因子により基質であるホルホビリノゲン(PBG)やアミノレブリン酸(ALA)が組織に蓄積するのが本疾患の本態。ホモ接合の場合は生後より発症する。以下、ヘテロ接合のみについて記載する。思春期に前に症状を呈さない人がほとんどであり、これはAIPの誘発因子と考えられる体内のホルモンと関係している。誘発因子の存在により肝臓でのヘム合成が亢進し、ホルホビリノゲン、アミノレブリン酸およびその他のヘム中間代謝産物が蓄積する。


症状

  • 腹痛、嘔吐、便秘。弛緩性?麻痺(下肢優位)、高血圧、頻脈、SIADH
uptodate
  incidence
腹痛 85~95 %
嘔吐 43~88 %
便秘 48~84 %
脱力 42~60 %
精神症状 40~58 %
四肢、頭部、頚部、胸部の疼痛 50~52 %
高血圧 36~54 %
頻脈 28~80 %
痙攣 10~20 %
感覚麻痺 9~38 %
発熱 9~37 %
呼吸筋麻痺 9~14 %
下痢 5~12 %


HIM.2440
  • 思春期前の場合は、neurovisceral symptomsがまれに起こり、またしばしば非特異的なので、診断には疑ってかかる必要がある。
  • この疾患は(発症すると)何もできないような状態になるが、死に至ることはまれである。

臓器症状、全身症状

  • 腹痛は最も良くある症状であり、持続的で局在性がないが、疝痛であることはない。
  • イレウス、腹部膨満、腸蠕動音減弱も良くある症状であるが、下痢や腸蠕動音亢進もありうる。
  • 腹部圧痛や発熱、好中球増加は通常みられず、またあっても軽度である。これは、症状が炎症ではなく、神経学的な要因によるからである。
  • 悪心・嘔吐、便秘、頻拍、高血圧、精神症状、四肢・頭部・頸部・胸部の疼痛、筋力低下、感覚減弱、排尿困難、が特徴的である。
  • 頻拍、高血圧、焦燥感、振戦、および発汗過多は交感神経活動性亢進のためである。

神経障害に基づく神経症状

  • 末梢ニューロパチーは軸索変性によるものであり、主に運動ニューロンを冒す。
  • 著明な神経症状がいつも急性発作に起こるわけではない。そういうときには腹部症状が著明である。
  • 運動神経のニューロパチーは、最初に近位の筋(肩や腕)を冒す。
  • 障害の程度、経過は様々であり、特に神経局所症状を呈したり、脳神経も侵される。
  • 深部腱反射は最初は正常~亢進しているが、ニューロパチーの進展と共に減弱~消失してくる。
  • 錯感覚(paresthesia)や感覚消失はあまりみられない(less prominent)。
  • 呼吸麻痺、球麻痺及び死亡は診断と治療が遅れたときに特に起こる。
  • 突然死は交感神経の過剰興奮と不整脈から起こるかもしれない。

精神症状

  • 急性発作の時に不安、傾眠、うつ、見当識喪失、原資、および妄想が起こりうる。
  • てんかん発作は神経学的機序、あるいは低ナトリウム血症で起こりうる。(治療は困難である。抗てんかん薬(フェニトイン、バルビツール酸にくらべてクロナゼパムは安全かもしれない)はAIPを悪化させるためである)。低ナトリウム血症は神経学的障害が視床下部に及びSIADHをきたすこと、あるいは嘔吐、下痢、食物摂取不足、あるいは腎臓からの塩類の喪失による電解質の喪失から生じる。
  • 持続的な低血圧や腎機能不全が起こりうる。
  • 発作が治まれば、腹痛は数時間で消失することがあり、麻痺は数日間で改善し始め、数年の経過で数年の経過で回復していくことがある。

検査



ヘム」

  [★]

heme
プロトヘム protohemeフェロプロトポルフィリンIX ferroprotoporphyrin IX
ヘマチン hematin

生合成

反応場所       酵素 補酵素 酵素阻害物質 酵素の障害による疾患
ミトコンドリア サクシニルCoA
succinyl-CoA
グリシン
glycine
  5-アミノレブリン酸
aminolevulinic acid
aminolevulinate
ALA
CoA CO2 5-アミノレブリン酸シンターゼ
ALA synthase
ビタミンB6    
細胞質 5-アミノレブリン酸
aminolevulinic acid
aminolevulinate
ALA
←2分子   ポルホビリノゲン
porphobilinogen
PBG
2H2O   ALA dehydratase   Pb  
細胞質 ポルホビリノゲン
porphobilinogen
PBG
    ヒドロキシメチルビラン 4NH3   ウロポルフィリゲノンIシンターゼ
uroporphyrinogen I synthase
    急性間欠性ポルフィリン症
acute intermittent porphyria
細胞質 ヒドロキシメチルビラン     ウロポルフィリノゲンIII    
ウロポルフィリゲノンIIIシンターゼ
uroporphyrinogen III synthase
     
細胞質 ウロポルフィリノゲンIII     コプロポルフィリノゲンIII 4CO2   ウロポルフィリノゲンデカルボキシラーゼ     晩発性皮膚ポルフィリン症
porphyria cutanea tarda
ミトコンドリア コプロポルフィリノゲンIII     プロトポルフィリノゲンIX 2CO2   コプロポルフィリノゲンオキシダーゼ      
ミトコンドリア プロトポルフィリノゲンIX     プロトポルフィリンIX     プロトポルフィリノゲンオキシダーゼ      
ミトコンドリア プロトポルフィリンIX Fe2+   ヘム     フェロケラターゼ   Pb  

生合成の場所

  • 哺乳類細胞では、赤血球以外は何処でも行われる(ミトコンドリアを有するなら)
  • 実際には、赤血球前駆細胞(erythroid precursor cell)で85%行われており、残りは肝細胞で行われている。




AIP」

  [★]


acute porphyria」

  [★]

急性・ルフィリン症

acute intermittent porphyria

acute」

  [★]

  • adj.
  • (疾患)急性の、急性型の、急性的な。(形状が)鋭い、鋭角の。(感覚、才知などが)鋭い。明敏な、鋭い眼識のある。
acutelyquicksharp

WordNet   license wordnet

「of critical importance and consequence; "an acute (or critical) lack of research funds"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(先の)『鋭い』,とがった / (痛み・感情などが)『激しい』,強い / (知力・感覚などが)『鋭い』,鋭敏な / (事態が)重大な / (病気が)急性の / (音が)高い,鋭い / 鋭角の」

WordNet   license wordnet

「having or demonstrating ability to recognize or draw fine distinctions; "an acute observer of politics and politicians"; "incisive comments"; "icy knifelike reasoning"; "as sharp and incisive as the stroke of a fang"; "penetrating insight"; "frequent penetrative observations"」
discriminating, incisive, keen, knifelike, penetrating, penetrative, piercing, sharp

WordNet   license wordnet

「extremely sharp or intense; "acute pain"; "felt acute annoyance"; "intense itching and burning"」
intense

WordNet   license wordnet

「having or experiencing a rapid onset and short but severe course; "acute appendicitis"; "the acute phase of the illness"; "acute patients"」

WordNet   license wordnet

「of an angle; less than 90 degrees」

intermittent」

  [★]

  • adj.
  • 時々とぎれる、断続する。間欠性の、周期性の。時々の
episodicintermissionintermittenceintermittentlyinterruptedsaccadic

WordNet   license wordnet

「stopping and starting at irregular intervals; "intermittent rain showers"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「断続する,間欠的な」

porphyria」

  [★] ポルフィリン症

WordNet   license wordnet

「a genetic abnormality of metabolism causing abdominal pains and mental confusion」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡