Yersinia enterocolitica

出典: meddic

Yersinia enterocolitica
腸炎エルシニアエルシニア・エンテロコリティカエルシニア・エンテロコリチカ
細菌腸内細菌科エルシニア属


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/07/30 09:45:23」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • High prevalence of pathogenic Yersinia enterocolitica in pig cheeks.
  • Laukkanen-Ninios R1, Fredriksson-Ahomaa M2, Maijala R2, Korkeala H2.
  • Food microbiology.Food Microbiol.2014 Oct;43:50-2. doi: 10.1016/j.fm.2014.04.016. Epub 2014 May 4.
  • Samples from pork cuts for minced meat and cheeks from processing plants and a slaughterhouse, and modified atmosphere (MA) packaged pork from retail were studied to estimate the prevalence of pathogenic, i.e. virulence plasmid bearing, Yersinia enterocolitica and Yersinia pseudotuberculosis in pork
  • PMID 24929882
  • Development of 23 individual TaqMan(®) real-time PCR assays for identifying common foodborne pathogens using a single set of amplification conditions.
  • Cremonesi P1, Pisani LF2, Lecchi C2, Ceciliani F2, Martino P2, Bonastre AS3, Karus A4, Balzaretti C5, Castiglioni B6.
  • Food microbiology.Food Microbiol.2014 Oct;43:35-40. doi: 10.1016/j.fm.2014.04.007. Epub 2014 Apr 26.
  • Most of the acute intestinal diseases are caused by foodborne pathogens with infants and elderly people being at major risk. The aim of this study was to develop a procedure to simultaneously detect 20 foodborne pathogens in complex alimentary matrices such as milk, cheese and meat. The list of targ
  • PMID 24929880
  • Yersinia enterocolitica infections associated with improperly pasteurized milk products: southwest Pennsylvania, March-August, 2011.
  • Longenberger AH1, Gronostaj MP1, Yee GY2, Johnson LM3, Lando JF2, Voorhees RE2, Waller K4, Weltman AC4, Moll M4, Lyss SB5, Cadwell BL5, Gladney LM6, Ostroff SM4.
  • Epidemiology and infection.Epidemiol Infect.2014 Aug;142(8):1640-50. doi: 10.1017/S0950268813002616. Epub 2013 Oct 16.
  • SUMMARY In July 2011, a cluster of Yersinia enterocolitica infections was detected in southwestern Pennsylvania, USA. We investigated the outbreak's source and scope in order to prevent further transmission. Twenty-two persons were diagnosed with yersiniosis; 16 of whom reported consuming pasteurize
  • PMID 24128938

和文文献

  • Detection by using monoclonal antibodies of Yersinia enterocolitica in artificially-contaminated pork
  • Khamjing Wilsa,Khongchareonporn Nanthika,Rengpipat Sirirat
  • Microbiology and immunology 55(9), 605-615, 2011-09
  • NAID 40019010573
  • Erythema nodosum associated with Yersinia enterocolitica infection
  • YOTSU Rie,MII Sumiyuki,HAYASHI Rika,HARADA Harumi,FURUKAWA Keiichi,ETO Hikaru
  • Journal of dermatology 37(9), 819-822, 2010-09-01
  • NAID 10027067299

関連リンク

エルシニア・エンテロコリチカ(細菌)[Yersinia enterocolitica] 症状は? 食後2~5日で、発熱、腹痛、下痢などをおこします。 年齢が高くなるにつれて、他にもさまざまな症状を示すことがあります。 原 因になりやすい食品は? 肉(特に ...
The patient may also develop erythema nodosum, which manifests as painful, raised red or purple lesions, mainly on the patient’s legs and trunk. Lesions appear 2-20 days after the onset of fever and abdominal pain and resolve spontaneously in most cases in about a month. See Clinical Presentation for ...

関連画像

File:Yersinia enterocolitica 01.pngYersinia enterocoliticaYersinia enterocolitica colonies on Endo Yersinia enterocoliticaYersinia enterocoliticaYersinia enterocolitica


★リンクテーブル★
リンク元細菌」「腸内細菌科」「急性咽頭炎」「急性胃腸炎」「エルシニア属
関連記事Yersin

細菌」

  [★]

bacterium,(pl.) bacteria
バクテリア
特殊な細菌 細菌の鑑別細菌の同定?、細菌の分類

細菌の命名

  • ラテン語であり、イタリックで表す。
  • 「属名 + 種名」で表現される。

グラム染色性と形状による分類と疾患

形状 グラム陽性菌 グラム陰性菌
球菌   スタフィロコッカス属 黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureus 多様     ナイセリア属 淋菌 Neisseria gonorrhoeae 淋病  
ストレプトコッカス属 化膿性連鎖球菌 Streptococcus pyogenes 多様 莢膜 髄膜炎菌 Neisseria meningitidis 多様  
肺炎球菌 Streptococcus pneumoniae     ベイヨネラ属   Veillonella    
エンテロコッカス属 (総称)腸球菌 Enterococcus faecalis     モラクセラ属/
ブランハメラ亜属
  Moraxella catarrhalis 肺炎  
Enterococcus faecium      
桿菌   バシラス属 炭疽菌 Bacillus anthracis 炭疽 好気性菌、有芽胞菌、莢膜 腸内細菌科 エンテロバクター属     肺炎、尿路感染  
  セレウス菌 Bacillus cereus 細菌性食中毒 好気性菌、有芽胞菌 エシェリキア属 大腸菌 Escherichia coli パラチフス 通性嫌気性
  クロストリジウム属 破傷風菌 Clostridium tetani 破傷風 嫌気性菌、有芽胞菌 クレブシエラ属     下痢、肺炎、尿路感染  
  ボツリヌス菌 Clostridium botulinum ボツリヌス中毒 プロテウス属     尿路感染  
  ウェルシュ菌 Clostridium perfringens 多様 サルモネラ属 パラチフス菌 Sallmonella serovar Paratyphi 腸チフス 通性嫌気性
  ディフィシル菌 Clostridium difficile 多様 チフス菌 Sallmonella serovar Typhi   通性嫌気性
    ガス壊疸菌群       セラチア属   Serratia 日和見感染 通性嫌気性
マイコバクテリウム科 マイコバクテリウム属 結核菌 Mycobacterium tuberculosis 結核 無芽胞菌 シゲラ属 赤痢菌 Shigella 赤痢 通性嫌気性
ライ菌 Mycobacterium leprae ライ病 エルシニア属 ペスト菌 Yersinia pestis ペスト 通性嫌気性
コリネバクテリウム科 コリネバクテリウム属 ジフテリア菌 Corynebacterium diphtheriae ジフテリア   Yersinia enterocolitica 多様 通性嫌気性
ノカルジア科 ノカルジア属 ノカルジア     ビブリオ科 ビブリオ属 コレラ菌 Vibrio cholerae コレラ 通性嫌気性
アクチノマイセス科 アクチノマイセス属(放線菌属) (総称)放線菌 Actinomyces   腸炎ビブリオ Vibrio parahaemolyticus 腸炎ビブリオ感染症 通性嫌気性
  リステリア属   Listeria monocytogenes リステリア症 嫌気性菌、無芽胞菌、人獣共通感染症、通性細胞内寄生菌 パスツレラ科 ヘモフィルス属 インフルエンザ菌 Haemophilis influenzae 多様  
  パスツレラ属 パスツレラ属菌 Pasteurella multocida 人獣共通感染症  
ストレプトバシラス属 ストレプトバシラス属菌 Streptobacillus moniliformis 鼠咬症  
  シュードモナス属 緑膿菌 Psudomonas aeruginosa 緑膿菌感染症 好気性、院内感染症
ボルデテラ属 百日咳菌 Bordetela pertussis 百日咳 好気性、短桿菌
ブルセラ属 ブルセラ Brucella ブルセラ症 好気性、細胞内増殖菌、短桿菌
フランシセラ属 野兎病菌 Francisella tularensis 野兎病 好気性、球桿菌
レジオネラ属   Legionella pneumophila ポンティアック熱/レジオネラ肺炎 好気性
バクテロイデス属   Bacteroides fragilis 嫌気性感染症 偏性嫌気性菌
らせん菌   スピロヘータ科 トレポネーマ属 梅毒トレポネーマ Treponema pallidum subspecies pallidum 梅毒  
ボレリア属 回帰熱ボレリア Borrelia recurrentis 回帰熱
ライム病ボレリア Borrelia burgdorferi ライム病
レプトスピラ科 レプトスピラ属 黄疸出血性レプトスピラ Leptospira interrogans serovar icterohaemorrhagiae 黄疸出血性レプトスピラ症(レプトスピラ症ワイル病、黄疸性ワイル病)
スピリルム 鼠咬症スピリルム   鼠咬症
カンピロバクター属 カンピロバクター属菌   カンピロバクター腸炎
ヘリコバクター属   Helicobacter pylori  



腸内細菌科」

  [★]

Enterobacteriaceae
細菌
  • 代表的なもの8つを覚ておく!
エンテロバクター属 Enterobacter
エシェリキア属  Escherichia
クレブシエラ属 Klebsiella
プロテウス属 Proteus
サルモネラ属 Salmonella
セラチア属 Serratia
シゲラ属 Shigella
エルシニア属 Yersinia

腸内細菌科 (SMB.163)

菌種 日和見
感染菌
感染症
Citrobacter Citrobacter freundii   尿路感染、骨髄炎、下痢
Edwardsiella Edwardsiella tarda 腸管外感染症
Enterobacter Enterobacter aerogenes 肺炎、尿路感染
Enterobacter cloacae
Enterobacter gergoviae
Enterobacter sakazakii   新生児敗血症、髄膜炎
Escherichia Escherichia coli   下痢、腸炎、腸管外感染症(尿路感染症、骨髄炎)
Hafnia Hafnia alvei   腸管外感染症
Klebsiella Klebsiella oxytoca   下痢
Klebsiella pneumoniae 肺炎、尿路感染
Kluyvera Kluyvera ascorbata  
Kluyvera cryocrescens  
Morganella Morganella morganii   尿路感染症
Proteus Proteus mirabilis 尿路感染症
Proteus vulgaris
Providencia Providencia alcalifaciens   尿路感染症、下痢
Providencia rettgeri   尿路感染症、下痢
Providencia stuartii   尿路感染症
Salmonella Salmonella enterica   腸チフス、急性胃腸炎(食中毒)
Serratia Serratia liquefaciens  
Serratia marcescens  
Shigella Shigella boydii   細菌性赤痢
Shigella dysenteriae  
Shigella flexneri  
Shigella sonnei  
Yersinia Yersinia enterocolitica   急性胃腸炎(食中毒)、回腸末端炎、結節性紅斑
Yersinia pestis   ペスト
Yersinia pseudotuberculosis   腸間膜リンパ節炎、関節炎



急性咽頭炎」

  [★]

acute pharyngitis
カタル性咽頭炎 catarrhal pharyngitis
咽頭炎急性扁桃炎


病因の鑑別

IRE.475改変
  • 1. 非感染性
  • 2. 感染性
  • ウイルス
  • 細菌
  • 真菌

化膿性連鎖球菌 Streptococcus pyogenes A群β溶連菌による急性咽頭炎

治療

  • ペニシリン系抗菌薬:ペニシリンアレルギーがある場合には使えない。また病原体が不明であるときに投与すると、疾患が伝染単核球症の場合皮疹を生じさせてしまうので、これを否定できるまで投与しない。(IRE.999)
  • マクロライド系抗菌薬:クラリスロマイシンアジスロマイシン。日本ではマクロライド耐性溶連菌が多いらしい。(IRE.999)

国試


急性胃腸炎」

  [★]

acute gastroenteritis
感染性胃腸炎viral gastroenteritis


  • 下痢症である

感染性胃腸炎

  • 上部消化管症状
  • 下部消化管症状

分類(SMB.604)

非炎症性

炎症性


エルシニア属」

  [★]

Yersinia
パイフェル桿菌 Pfeiffer bacillusエルシニアエルシニア菌
細菌腸内細菌科



エルシニア属


Yersin」

  [★]

WordNet   license wordnet

「French bacteriologist born in Switzerland; was a student of Pasteur; discovered the plague bacillus (1863-1943)」
Alexandre Yersin, Alexandre Emile Jean Yersin




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡