Windkessel効果

出典: meddic

ウインドケッセルモデル、Windkesselモデル、Windkessel血管、空気室血管

-心臓収縮期

    • 拍出された血流のエネルギーの一部が側圧となる
  • 心臓拡張期
    • 血管内圧が低下し、側圧が解放されて血液を押し出す

効果

  • 弾性血管が圧力のリザーバーとして働く (2007年後期生理学授業プリント)
  • 血流平滑化作用

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

動脈が心収縮期に拡張し、心拡張期には元に戻ろうとする作用をWindkessel効果といい、 血管が血液を末梢に送る要因となる。加齢によりこのWindkessel効果が低下すると収縮期 血圧は上昇、拡張期血圧は低下し、脈圧は増大する。こうなると左室後負荷による左 ...

関連画像

figure20PWVの測定方法PWVの測定方法動脈の機能



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡