VMA

出典: meddic

バニリルマンデル酸 vanillylmandelic acid

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/11/27 10:30:02」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Vitreoretinal interface in central serous choroidopathy: a retrospective case-control study.
  • Theocharis IP, Lima LH.SourcePrimevision.gr, Athens, Greece Federal University of Sao Paolo, Sao Paolo, Brazil.
  • Acta ophthalmologica.Acta Ophthalmol.2012 Nov;90(7):e505-11. doi: 10.1111/j.1755-3768.2012.02488.x. Epub 2012 Aug 3.
  • Purpose:  To investigate the frequency and patterns of vitreoretinal adherence in central serous choroidopathy (CSC) using spectral domain optical coherence tomography (SD-OCT) imaging and compare them with normal subject. Methods:  A descriptive observational analytical retrospective case-contr
  • PMID 22863356
  • Vitreomacular adhesion and neovascular age-related macular degeneration.
  • Simpson AR, Petrarca R, Jackson TL.SourceKing's College London and King's College Hospital, London, United Kingdom.
  • Survey of ophthalmology.Surv Ophthalmol.2012 Nov;57(6):498-509. doi: 10.1016/j.survophthal.2012.01.011.
  • We explore the hypothesis that vitreomacular adhesion (VMA) and vitreomacular traction (VMT) play a role in the pathogenesis and clinical course of neovascular ("wet") age-related macular degeneration (AMD). Several biological theories are offered to explain this possible association, including dire
  • PMID 23068973

和文文献

  • 三菱コンバインVMA215/217の省エネ技術
  • 石田 健之
  • 農業機械學會誌 72(4), 313-315, 2010-07-01
  • NAID 10026880810
  • リンパ節転移・胸膜播種をともなった縦隔・後腹膜神経節腫の1例
  • 金子 道夫,大川 治夫
  • 日本小児外科学会雑誌 46(1), 57-62, 2010-02-20
  • … が無効であった.開胸すると多数の大きなリンパ節転移と胸膜播種が見られ,亜全摘後腫瘍床に術中照射と術後化学療法を3クール追加した.摘出腫瘍は原発・転移巣ともすべて神経節腫で悪性成分はなかった.尿中VMA,HVAは正常化し腫瘍の再発はないが8年後側弯が出現進行し10年後に側弯に対し手術が必要となった.本症例は乳児期に神経芽腫が進展して転移を起こした後に成熟化したものと考えられた.このような巨大で転移 …
  • NAID 110007644569
  • TESTING FOR THE EXISTENCE OF ANI(1) VECM REPRESENTATION <Articles>
  • 小瀧 光博
  • 広島大学経済論叢 34(1), 43-61, 2010-07
  • … This paper proposes a method to test whether or not a VECM representation for a vector time series consisting of I(1) components, claimed in Granger representation theorem, is derived validly from a VMA as the DGP. …
  • NAID 120002260268

関連リンク

HP VMA-seriesメモリアレイは、HPの包括的なSSD(ソリッドステートドライブ) ソリューションポートフォリオに含まれる製品です。VMA-seriesは、あらゆるフラッシュ メモリがそうであるように、ストレージへの低レイテンシのアクセスによってI/O パフォーマンスを ...
VMAはアドレナリンおよびノルアドレナリンの最終代謝産物ですべて遊離型で尿中へ 排泄される。HVAはドーパおよびドーパミンの最終代謝産物で血漿HVAの約60%は 副腎皮質などの末梢臓器由来である。カテコールアミン産生腫瘍では,尿中VMA濃度が 高値 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問095D051」「097A052」「098B001」「096H057」「087A080」「081C035」「080C013」「079C058
リンク元カテコールアミン」「神経芽細胞腫」「バニリルマンデル酸」「メタネフリン」「ホモバニリン酸
拡張検索VMAT
関連記事V」「VM

095D051」

  [★]

  • 52歳の男性。顔面から首にかけて発作性の皮膚紅潮をきたすため来院した。数か月前から発作が生じるようになり、次第に回数が増加してきた。発作は5分ほど持続し、しばしば腹痛と水様性下痢とを伴う。身長167cm、体重65kg。脈拍68/分、整。血圧130/70mmHg。血清free T4 1.2ng/dl(基準0.8~2.2)、血清コルチゾール8.1μg/dl(基準5.2~12.6)。尿中17-0HCS 5.2 mg/日(基準3~8)、尿中アドレナリン10μg/日(基準1~23)。腹部CTでは異常所見はなく、小腸造影で径2cmの腫瘤陰影が認められた。診断に最も有用なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095D050]←[国試_095]→[095D052

097A052」

  [★]

  • 53歳の男性。発汗過多頭痛および体重減少のため来院した。数年来、発作性高血圧と起立性低血圧とのため近医で投薬を受けているが血圧の調節は不良である。糖尿病も2年前に指摘された。血圧は普段は正常であるが、発作時250/150mmHgに上昇する。尿中アドレナリンは正常で、尿中ノルアドレナリンVMAとが高値である。腹部CTで両側の副腎には特記すべき異常所見を認めない。次に施行すべき検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097A051]←[国試_097]→[097A053

098B001」

  [★]

  • 48歳の男性。歩行障害を主訴に来院した。半年前から易疲労感、悪心・嘔吐、めまい及び四肢の感覚鈍麻を自覚している。20歳のときから、自動車修理工場で塗装の仕事をしている。脈拍96/分、整。血圧142/88mmHg。血液所見:赤血球390万、Hb11.5g/dl、白血球4,100、血小板12万。血清生化学所見:総蛋白7.5g/dl、アルブミン5.0g/dl、総ビリルビン1.0mg/dl、AST78単位(基準40以下)、ALT56単位(基準35以下)、LDH450単位(基準176~350)、γ-GTP87単位(基準8~50)。
  • 診断確定に必要な尿生化学検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098A060]←[国試_098]→[098B002

096H057」

  [★]

  • 褐色細胞腫の診断確定に有用な検査はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 096H056]←[国試_096]→[096H058

087A080」

  [★]

  • 小児期腫瘍と腫瘍マーカーとの組み合わせで正しいのはどれ
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)

081C035」

  [★]

  • a. 1歳未満児では治療予後がよい
  • b. 尿中VMAでマススクリーニングが可能である
  • c. 副腎髄質原発は少ない
  • d. 遠隔転移は肺に多い
  • e. 腎盂の圧排像を呈することがある

080C013」

  [★]

  • 適切でない組み合わせ

079C058」

  [★]

  • 誤っているもの

カテコールアミン」

  [★]

catecholamine catecholamines CA
カテコラミン
副腎髄質ホルモン
  • カテコールでかつアミンを持つ構造

Wikipedia

生合成

チロシン tyrosine
 (フェニル基の3位にOHを導入) :律速酵素
 -チロシン 3-モノオキシゲナーゼ tyrosine 3-monooxygenase, チロシン水酸化酵素 tyrosine hydroxylase
 ←{H4biopterin}
 →{H2biopterin}
L-ドーパ L-dopa
 (アミノ酸から脱炭酸)
 -芳香族アミノ酸デカルボキシラーゼ dopa decarboxylase + {ピリドキサル5-リン酸(VB6)}
 →CO2
ドパミン dopamine
 (β位の炭素にOHを導入)
 -ドーパミン β-モノオキシゲナーゼ dopamine β-monoxygenase, dopamine β-odidase
 ←O2 + ビタミンC(アスコルビン酸)
 →H2O + デヒドロアスコルビン酸
ノルアドレナリン norepinephrine
 (アミノ基にメチル基を転移)
 -フェニルエタノールアミン N-メチルトランスフェラーゼ phenylethanolamine N-methyl transferase
 ←S-アデノシルメチオニン S-adenosylmethionineS-アデノシルホモシステイン S-adenosylhemocysteine
アドレナリン epinephrine

分解

分解産物

ドパミン
dopamine
---→ ジヒドロキシフェニル酢酸
3,4-dihydroxyphenylacetic acid
DOPAC
---→ ホモバニリン酸
homovanillic acid
HVA

MAO
COMT
     


       
ノルエピネフリン
norepinephrine
---→ バニリルマンデリン酸
vanillylmandelic acid
VMA
       ・
メトキシヒドロキシフェニルグリコール
methoxyhydroxyphenylglycol
MHPG
   


MAO
COMT
   
エピネフリン
epinephrine
---→    
  MAO
COMT
   

薬理作用

昇圧作用






神経芽細胞腫」

  [★]

neuroblastoma NB
神経芽腫交感神経芽細胞腫 sympathoblastoma
[show details]

概念

病因

  • 神経堤細胞から派生した交感神経原細胞に由来
  • 脊柱傍部の交感神経節副腎髄質(大多数(約65%))から発生。
  • 頚部、後縦隔、後腹膜など

疫学

  • 小児期の悪性腫瘍の10-15%を占める
  • 小児固形腫瘍の中で最も頻度が高い (次に多いのがWilms腫瘍)
  • 5歳以下で発症

進展形式

  • 神経芽細胞は早期に骨髄浸潤をきたしやすい。

病態

  • 全身に進展しうる。
  • 骨髄に進展すれば、造血能の低下から貧血をきたす。
  • 眼窩周囲に進展してすることにより眼症状を呈する。

症状

非特異的で、腫瘍が進展してから発見されることが多い
  • 腹部・頚部:硬い腫瘤を触れる
  • 全身症状:顔色不良、貧血、食欲不振
  • 眼症状:眼球突出、眼瞼周囲の皮下出血

検査

  • 血液検査
  • NSE:陽性
  • LDH:高値
  • 腫瘍マーカーの尿・血液からの検出。症例の70-80%に尿中のHVA, VMAの出現を見る
  • 画像検査:CT, MRI, 超音波検査で原発巣と転移を判断。
  • 単純X線検査:石灰化像を認めることがある。
  • 骨髄穿刺
  • 骨髄浸潤を判定するために必須。

診断

  • 白血病との鑑別が必要。

治療

  • 限局例:手術
  • 進行例:全身化学療法、造血細胞移植+超大量化学療法

予後

  • 進行例ではきわめて予後不良。
  • 1歳未満発症でかつN-myc遺伝子増幅がなければ予後良好
  • 1歳以上の患児における5年無病生存率:病期III 70%。病期IV 30%

予後良好因子と予後不良因子

予後良好因子・・・1歳未満(病期I、II、III、IVs)
予後不良因子・・・1歳以上の病期III、IV。二倍体。trk遺伝子未発現。染色体1p欠失。N-myc遺伝子の増殖。

予防

  • 新生児スクリーニングとしては実施されていない
  • 乳児期(6ヶ月)にスクリーニングが行われる?(小児科学第2版p.263)




バニリルマンデル酸」

  [★]

vanillylmandelic acid VMA, 3-methoxy-4-hydroxymandelic acid
バニルマンデリン酸 vanilmandelic acid
マンデル酸バニリン酸、ホモバリニン酸


HVA ホモバニリン酸 homovanillic acid ドパミンの代謝産物
VMA バニリルマンデル酸 vanillylmandelic acid ノルアドレナリンアドレナリンの代謝産物


メタネフリン」

  [★]

metanephrine, MN
バニリルマンデル酸 VMAノルメタネフリンカテコラミン


  • カテコラミンの中間代謝産物の一つ。
  • メタネフリンとノルメタネフリン
  • 測定方法:24時間蓄尿による
  • 基準範囲:
LAB
  • メタネフリン:40-200μg/日
  • ノルメタネフリン:70-300μg/日
  • 判定
  • 1mg/日以上で褐色細胞腫、交感神経芽腫、交感神経節細胞腫を疑う(検査の本)。
  • 正常上限の3倍以上(JSH2014.123)



ホモバニリン酸」

  [★]

homovanillic acid, HVA


HVA ホモバニリン酸 homovanillic acid ドパミンの代謝産物
VMA バニリルマンデル酸 vanillylmandelic acid ノルアドレナリンアドレナリンの代謝産物

臨床関連


VMAT」

  [★]

vesicular monoamine transport protein、vesicular monoamine transporter
Vesicular monamine transporter


V」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 22nd letter of the Roman alphabet」
v

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「vanadium の化学記号」


VM」

  [★] バイオマイシン viomycin


"http://meddic.jp/VMA" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡