VII型コラーゲン

出典: meddic

collagen type VII, type VII collagen
コラーゲン


臨床関連


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Genotype and Phenotype Correlation of Dystrophic Epidermolysis Bullosa
  • Mayama Mamiko,Tamai Katsuto,Fukai Kazuyoshi,Nakagawa Toshifumi,Harada Ken,Nakano Hajime,Hanada Katsumi,Hashimoto Isao,Sawamura Daisuke
  • 弘前医学 59(1), 33-40, 2007-11-15
  • Dystrophic epidermolysis bullosa (DEB) is a heritable mechanobullous skin disease derived frommutations in the type VII collagen gene (COL7A1). DEB cases are divided into dominant dystrophic EB (DDEB) …
  • NAID 120000917555
  • P-3-21 食道扁平上皮癌におけるVII型コラーゲンの発現と予後との関連(食道癌 リンパ節郭清他,一般演題(ポスター),第62回日本消化器外科学会定期学術総会)
  • 馬場 祥史,猪山 賢一,本田 志延,石川 晋之,宮成 信友,馬場 秀夫
  • 日本消化器外科学会雑誌 40(7), 1437, 2007-07-01
  • NAID 110006432948
  • 優性栄養型表皮水疱症における臨床型と遺伝子型の関連
  • 間山 真美子,玉井 克人,深井 和吉,中川 俊文,原田 研,中野 創,花田 勝美,橋本 功,澤村 大輔
  • 弘前醫學 59(1), 33-40, 2007
  • Dystrophic epidermolysis bullosa (DEB) is a heritable mechanobullous skin disease derived from mutations in the type VII collagen gene (COL7A1). DEB cases are divided into dominant dystrophic EB (DDEB …
  • NAID 110006573911

関連リンク

Ⅶ型コラーゲンとは非線維性コラーゲンであり、Ⅳ型コラーゲンと同様に、基底膜の構成成分になっていて、三量体を形成することができます。このⅦ型コラーゲンは表皮と真皮を接着させるという、簡単に言えば皮膚を身体に接着 ...
VII型コラーゲンは表皮角化細胞と真皮線維芽細胞で生合成され,基底膜領域のアンカーリングフィブリルを形成し,基底膜と真皮の結合を強固にして皮膚の構築を維持している。VII型コラーゲン遺伝子(COL7A1)の転写調節機構に関し,1)COL7A1は ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問101B026
リンク元基底膜」「アロポー・シーメンス劣性栄養障害型表皮水疱症」「collagen type VII」「type VII collagen」「コラーゲンVII
関連記事コラーゲン」「」「V」「VI

101B026」

  [★]

  • 組合せで誤っているのはどれか。
[正答]
※国試ナビ4※ 101B025]←[国試_101]→[101B027

基底膜」

  [★]

basilar membrane (Z), basement membrane, BM
membrana basalis
基底板× basal lamina×




  • 図:NDE.6(シェーマ)


  • 表皮直下に存在。光学顕微鏡下でPAS染色に赤色に染まり、ジアスターゼ抵抗性を示す。電顕的には複雑な構造を示す。(NDE.6)

基底膜近傍の構造



アロポー・シーメンス劣性栄養障害型表皮水疱症」

  [★]

Hallopeau-Siemens recessive dystrophic epidermolysis bullosa
表皮水疱症栄養障害型表皮水疱症

病因

  • VII型コラーゲン遺伝子の変異による

予後

  • 若年期に死に至ることがある。
  • 青年期以降に水疱・びらん瘢痕部に悪性腫瘍(主に有棘細胞癌)を高頻度に生ずる。

collagen type VII」

  [★]

VII型コラーゲン

collagen VII、type VII collagen


type VII collagen」

  [★]

VII型コラーゲン

collagen type VII、collagen VII

コラーゲンVII」

  [★]

collagen VII
VII型コラーゲン


コラーゲン」

  [★]

collagen
膠原
  • first aid step1 2006 p.85,86,114,288,291,292,301,306,319,321,385,427

遺伝子

  • COL1A1 17q22
  • COL1A2 7q22.1
  • COL2A1 12q13
  • COL11A2 6p21.3
これらの遺伝子の変異による結合組織疾患はdominant negative mutationである。

臨床関連

コラーゲンの種類

  • HIS.97 NDE.5
  場所
I型コラーゲン 狭義の結合組織象牙質セメント質に存在
II型コラーゲン 硝子軟骨弾性軟骨
III型コラーゲン 細網線維
IV型コラーゲン 基底板の緻密板を作る
V型コラーゲン I型コラーゲンと関連。胎盤に存在
VII型コラーゲン 基底板細網線維に付着。anchoring fibril
XVII型コラーゲン ヘミデスモソーム基底板を連結

生合成



型」

  [★]

機序形式形成形態種類パターンパターン形成品種編成方法モード様式タイプ標本タイプフォーム成立形づくる
原型


V」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 22nd letter of the Roman alphabet」
v

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「vanadium の化学記号」

VI」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Virgin Islands」



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡