Tietze症候群

出典: meddic

ティーツェ症候群

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 画像上骨腫瘍との鑑別が困難であった骨関節炎症性疾患 (第22回日本臨床整形外科学会学術集会)
  • 杉原 進介,中田 英二,相原 忠彦
  • 日本臨床整形外科学会雑誌 35(3), 49-54, 2010-12
  • NAID 40018711440
  • 胸骨柄部体部間関節症, 肋軟骨炎(Tietze 氏病)と巣感染, 掌蹠膿疱症との関連性
  • 石橋 明,西山 芳夫,遠藤 幹男,河路 渡,加藤 正,布田 由之,望月 一男,太田 信夫
  • 杏林医学会雑誌 8(2), 113-117, 1977-06
  • NAID 110002698202
  • Tietze症候群 (症候群1977--概念の変遷とその今日的意義--骨・関節系)

関連リンク

Tietze症候群は、若い女性の第2~5肋軟骨にみられ、自然治癒することの多い「非 炎症性肋軟骨疾患」です。第2~5肋軟骨 ... 「Tietze症候群」よりむしろ、「rib tip syndrome」または「慢性肋軟骨炎」のほうが、病名としては適当かと思われます。 ribは 肋骨、 tip ...
2004年10月20日 ... Tietze症候群は、疼痛を伴う1つ以上の肋骨軟骨関節の腫脹によるものであり、40歳 未満で多く、男女とも同等。多くの患者では1つの関節のみで、第2あるいは第3肋骨肋 軟骨関節に生じやすい。前胸部痛の発症は突然もあるし緩徐なものも ...

関連画像

budd chiari syndrome pictures肋間神経痛?右胸のすぐ下の


★リンクテーブル★
リンク元胸痛」「ティーツェ症候群
関連記事症候群」「」「症候

胸痛」

  [★]

chest pain, thoracodynia, pectoralgia
胸部痛
胸壁痛胸部圧迫感


鑑別疾患

診断エッセンシャルズ新訂版

救急疾患

その他

鑑別診断

DIF.84

胸痛の質

  • 圧迫されるような痛み:狭心症、心筋梗塞
  • 刺すような痛み:心膜炎、胸膜炎、肋間神経痛


胸痛と呼吸困難

参考1
  • 気胸、肺炎、胸膜炎、慢性閉塞性肺疾患、慢性閉塞性肺疾患の悪化、肺癌などの肺疾患、心不全

診察

【現病歴】
 誘因、発生様式(突発、緩徐)、経時的変化(一定、動揺、増悪/寛解傾向)、部位(一番痛い部位、放散する部位)、軽快因子、増悪因子、(反復するエピソードあれば)前回との比較、随伴症状

【既往歴】基礎疾患(DM, HT, DL)
【嗜好】smoking, alcohl
【服用薬】
【職業】

【身体所見】
Appearance: Face anguish, Diaphoresis, Cyanosis
Vital:
 Consciousness: 
 BT , BP / , HR  (L Arm/R Arm, Lower Extrimity), RR , SpO2
Lymphnode: swollen/no swollen, breath sound →/↑/↓
Chest
 Heart:Is →/↑/↓, IIs →/↑/↓, IIIs(±)/IVs(±), murmur, friction rub ±
 Lung: crackle/rale
Abdomen: soft/hard, tenderness
Extremity: cold/pulse/edema
Skin: dry/wet/hot/cold

【検査】
ECG: ST segment change
Blood test:
 biochemistry: CK-MB, Troponine T, AST, LDH, H-FABP
 Blood count: WBC
 Arterial blood gas: PaO2 torr
  A-aDO2 = 150 - PaCO2/ 0.8 (torr) - PaO2 (normal below 20 Torr)
Chest XP:
Heart echography:

参考

  • 1. 肺血栓塞栓症および深部静脈血栓症の診断、治療、予防に関するガイドライン(2009年改訂版)
http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_andoh_h.pdf



ティーツェ症候群」

  [★]

Tietze's syndrome, Tietze syndrome
Tietze症候群
ティーツェ病



症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化


症候」

  [★]

symptom and sign
症状, 徴候 兆候




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡