Th2

出典: meddic

Th2細胞

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/08/16 12:13:24」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Anti-inflammatory effects of 27 selected terpenoid compounds tested through modulating Th1/Th2 cytokine secretion profiles using murine primary splenocytes.
  • Ku CM, Lin JY.SourceDepartment of Food Science and Biotechnology, National Chung Hsing University, 250 Kuokuang Road, Taichung 40227, Taiwan, ROC.
  • Food chemistry.Food Chem.2013 Nov 15;141(2):1104-13. doi: 10.1016/j.foodchem.2013.04.044. Epub 2013 Apr 25.
  • This study investigated 27 selected terpenoid compounds, including 8 monoterpenoids, 7 sesqui-terpenoids, 3 di-terpenoids, 8 tri-terpenoids, and 1 tetra-terpenoid, for their Th1/Th2 immunomodulatory potential using mouse primary splenocytes. Changes in Th1 cytokines, including interleukin (IL)-2 and
  • PMID 23790892
  • Recombinant murine calreticulin fragment 39-272 expands CD1d(hi)CD5⁺ IL-10-secreting B cells that modulate experimental autoimmune encephalomyelitis in C57BL/6 mice.
  • Hong C, Zhang T, Gao XM.SourceInstitute of Biology and Medical Sciences, Soochow University, Suzhou, China.
  • Molecular immunology.Mol Immunol.2013 Oct;55(3-4):237-46. doi: 10.1016/j.molimm.2013.02.003. Epub 2013 Mar 21.
  • Calreticulin (CRT) is a Ca²⁺ binding molecular chaperone in the endoplasmic reticulum, but can also accumulate in soluble form in serum and/or synovial fluid of patients with rheumatic disorders. We have recently shown that a prokaryotically expressed recombinant CRT fragment 39-272 (rCRT/39-272)
  • PMID 23523122

和文文献

  • Genetic association of key Th1/Th2 pathway candidate genes, IRF2, IL6, IFNGR2, STAT4 and IL4RA, with atopic asthma in the Indian population
  • Kumar Amrendra,Das Sudipta,Agrawal Anurag [他]
  • Journal of human genetics 60(8), 443-448, 2015-08
  • NAID 40020561732
  • Th2細胞における転写因子GATA3の役割
  • 八木 良二
  • 臨床免疫・アレルギー科 = Clinical immunology & allergology 64(1), 103-106, 2015-07
  • NAID 40020540548
  • バリア機能と気道免疫 (特集 バリア機能の破綻とアレルギー)
  • 田中 宏幸,山下 弘高,稲垣 直樹
  • 臨床免疫・アレルギー科 = Clinical immunology & allergology 64(1), 39-44, 2015-07
  • NAID 40020540462

関連リンク

『TH2キャラクターソングス』追加情報 2005.10.21 News…最新ニュース Goods…コスパ ToHeart2グッズ 2005.10.14 Goods…アルバム『TH2キャラクターソングス』 2005.10.07 News…最新ニュース・パブリシティー情報 2005.09.30 Goods ...
Th1細胞とTh2細胞 リンパ球には、T細胞と、抗体(免疫グロブリン)を産生するB細胞とがある。 T細胞には、さらに、単球・マクロファージから抗原を提示され、免疫反応を調節する、ヘルパーT細胞(CD4抗原陽性)と、ウイルス感染 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問107E012
リンク元ヘルパーT細胞」「T細胞」「IL-4
拡張検索Th2細胞」「Th2 cell
関連記事T」「Th

107E012」

  [★]

  • Th2(ヘルパーT細胞のサブセット)について誤っているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107E011]←[国試_107]→[107E013

ヘルパーT細胞」

  [★]

helper T cellThTH
ヘルパーTリンパ球Th細胞
T細胞キラーT細胞抗原提示細胞Th1Th2



  • T細胞の中で最も多い
  • (CD4陽性T細胞)CD4 + T cellとも呼ばれる
  • Th17もあるらしい。IL-17を分泌しアレルギー反応、自己免疫疾患に関与する。

機能

  • B細胞の形質細胞への分化誘導
B細胞の項を参照

抗原認識

  • 抗原提示細胞のみがMHC class IIを持つが、異物を貪食すると抗原をここに提示する (PT.249)
  • ヘルパーT細胞のTCRが抗原とMHC class IIを認識する (PT.249)
  • このときヘルパーT細胞上に発現しているCD4MHC class IIとの結合を強める (PT.249)
  • ヘルパーT細胞はIL-2を放出し、キラーK細胞やB細胞の増殖をもたらす (PT.249)
  Th0からの分化誘導 機能
Th1 IL-12 細胞性免疫、液性免疫
Th2 IL-4 液性免疫

サイトカイン

  分化誘導 サイトカイン
Th1細胞 IL-12 IL-2,IFN-γTNF-β
Th2細胞 IL-4 IL-4,IL-5,IL-6,IL-10,IL-13

Th1とTh2 (SMB.46)

機能 Th1 Th2
サイトカインの産生 INF-γ +  - 
IL-2
IL-3
IL-4
IL-5
IL-6
B細胞のヘルパー機能 IgM,IgG,IgA ± ++
IgE
遅延性過敏反応発現能
感染防御免疫反応能


T細胞」

  [★]

T cell
Tリンパ球T lymphocyte
TCRB細胞MHC
  • 図:IMM.315(T細胞の成熟)
  • 胸腺で成熟したT細胞は血流によって移動し、リンパ節の傍皮質白脾髄のリンパ性動脈周囲鞘、パイエル板の傍濾胞域に集まる(人間の正常構造と機能 VIIA血管・免疫 p.28)

種類

  1. ヘルパーT細胞(Th細胞)
  2. キラーT細胞(Tc細胞)
  3. サプレッサーT細胞(Treg細胞)

T細胞の抗原認識 (SP.248)

  CD TCRが抗原と共に認識する分子 認識する細胞
Tc細胞 CD8 MHCクラスI 感染細胞
Th細胞 CD4 MHCクラスII 抗原提示細胞

CD4+ T細胞のサイトカイン放出とその原因

DCが認識する外来異物 DCが分泌する物質 DCに反応する細胞 この細胞が分泌する
サイトカイン
NK系の細胞が放出した
サイトカインに反応するTh細胞
Th細胞が分泌するサイトカイン
ウイルス、一部の細菌 IL-12 NK細胞(IL-12による) INF-γ Th1 IL-2, IFN-γ, TNF-β
原虫など   NKT細胞 IL-4 Th2 IL-4, IL-13, IL-5

Th細胞活性化と接着分子

  抗原提示細胞 Th細胞
主シグナル MHC classII TCR, CD3
CD4
副シグナル B7{B7-1(CD80)/B7-2(CD86)} CD28
VCAM-1(CD106) VLA-4
ICAM-1 LFA-1
LFA-3(CD58) CD2



IL-4」

  [★]

interleukin-4, interleukin 4
インターロイキン4インターロイキン-4
サイトカインインターロイキン

概念

  • B細胞のIgのクラススイッチを促進(SP.251) ← IgEへのクラススイッチ

産生細胞

機能

  • B細胞活性化、IgEスイッチ、Th2細胞への分化誘導

受容体



Th2細胞」

  [★]

ヘルパーT細胞Th1細胞

機能

  • 抗体産生促進 (SMB.45)
  • IgEによるアレルギー成立の中心的細胞 (SMB.45)

サイトカイン


Th2 cell」

  [★]

  • (IL-4、IL-5、IL-6などを産生してB細胞の抗体産生を活性化するヘルパーT細胞)Th2細胞
Th2


T」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 20th letter of the Roman alphabet」
t

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「tritiumの化学記号」


Th」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「thorium の化学記号」


"http://meddic.jp/Th2" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡