TS

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/17 17:45:54」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Anti-natrium/Iodide Symporter Antibodies and Other Anti-thyroid Antibodies in Children with Turner's Syndrome.
  • Kucharska AM, Czarnocka B, Demkow U.SourceDepartment of Paediatrics and Endocrinology, Medical University of Warsaw, Marszalkowska 24 St, 00-756, Warsaw, Poland, anna.kucharska@litewska.edu.pl.
  • Advances in experimental medicine and biology.Adv Exp Med Biol.2013;756:131-8.
  • Antibodies against the Na/I symporter (anti-NIS ab) have been found in adult patients with autoimmune thyroid diseases. As easily available for the immune system, NIS can play a role in the initial stage of autoimmune thyroid diseases. Children with Turner's syndrome (TS) being at high risk of autoi
  • PMID 22836628
  • Synaptic effects induced by alcohol.
  • Lovinger DM, Roberto M.SourceLaboratory for Integrative Neuroscience, NIAAA, 5625 Fishers Lane, Room TS-13A, Rockville, MD, 20852, USA, lovindav@mail.nih.gov.
  • Current topics in behavioral neurosciences.Curr Top Behav Neurosci.2013;13:31-86.
  • Ethanol (EtOH) has effects on numerous cellular molecular targets, and alterations in synaptic function are prominent among these effects. Acute exposure to EtOH activates or inhibits the function of proteins involved in synaptic transmission, while chronic exposure often produces opposing and/or co
  • PMID 21786203

和文文献

  • 日本測量協会が行っている検定について(2)トータルステーション(TS)の検定とは?
  • 測量 = The journal of survey : 地理空間情報の科学と技術 64(5), 34-36, 2014-05
  • NAID 40020062181
  • Venturicidin C, a new 20-membered macrolide produced by Streptomyces sp. TS-2-2
  • Shaaban Khaled A,Singh Shanteri,Elshahawi Sherif I [他]
  • The Japanese journal of antibiotics 67(2), 223-230, 2014-04
  • NAID 40020044642
  • JIS A 1158(試験に用いる骨材の縮分方法)制定の概要
  • 河野 広隆,早川 光敬,真野 孝次 [他]
  • コンクリート工学 52(4), 297-302, 2014-04
  • NAID 40020037625

関連リンク

トヨタのクレジットカードTS CUBIC CARD。あなたの生活をより快適に、ドライビング・ファイナンシング・ライフスタイルという3つの面からお客さまを立体的にサポートします。 ... カーライフのためのクレジットカード TS CUBIC CARD
TSとは以下のことを表す。 TS transsexual(性転換)のこと。ジャンルのひとつ。TS物などと使う。ネトゲ等の性転換パッチをTSパッチと呼ぶ。 Team Speak - 集団向...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み結節性硬化症」「トゥレット症候群」「TSC」「Tourette syndrome
リンク元心雑音」「テストステロン」「I音」「拡張期ランブル」「4LSB
拡張検索LQQTSFA」「DOTS」「TSBAb」「HITS」「TSH
関連記事T

結節性硬化症」

  [★]

tuberous sclerosis, TSC
ブルヌヴィーユ病 Bourneville's disease Bourneville disease、ブルヌヴィーユ母斑症(NDE)、ブルヌヴィーユ・プリングル病 ブルヌヴィーユ-プリングル病 Bourneville-Pringle disease、ブルヌヴィーユ・プリングル母斑症(NDE)、結節性脳硬化症 tuberous brain sclerosis
神経皮膚症候群網膜神経膠性過誤腫

概念

疫学

  • 孤発例:60-70 (NDE.345)
  • 頻度:1人/1万-15万人 (参考3)

病因

  • 特発性
  • 遺伝性:TSC1(9q34)、TSC2(16p13.3)

遺伝形式

病理

症候

  • 神経:
  • 皮膚:
  • 幼児期の葉状白斑(70%以上の例で新生児期に出現(参考3))
  • 幼児期以降に多発する鼻周囲の丘疹(血管線維腫)
  • 隆起革様皮膚
  • 爪囲線維腫(Koenen腫瘍) (NDE.345)


検査

頭部CT

  • 側脳室壁や基底核での結節状石灰沈着、脳室拡大 (NDE.345)

頭部MRI

  • 結節状腫瘤 (NDE.345)
  • T2強調画像:大脳皮質下の斑状高信号領域

治療

  • 皮膚
  • てんかん(痙攣発作)
  • 進行性知能低下:治療法無し

参考

  • 1. 皮膚症状 写真
[display]http://www.nagata-microtia.jp/images/100628214139.jpg
  • 2. [charged] Tuberous sclerosis complex - uptodate [1]
  • 3.
http://i-erika.com/room/bohansyo_1.html


血管線維腫



トゥレット症候群」

  [★]

Tourette syndrome, Tourette's syndrome
Tourette症候群ジル・ドゥ・ラ・トゥレット症候群 Gilles de la Tourette syndrome、トゥレット病、Gilles de la Tourette症候群
トゥレット障害チック障害


概念

  • 一年以上持続する多発性運動チック、音声チックで、青年期に増悪、成人期まで続く。

疫学

  • 頻度:1000人の児童に対して0.5-1人 (PSY.298)

病因

  • 遺伝的要因の関与が強い
  • 尾状核が関連?

病態

  • 緊張するとチックが増悪する。
  • チックを抑えようと緊張するが、これにより意に反してチックが増悪・反復する。

症状

治療

  • 薬物治療

治療上の注意

  • チック行動を指摘してはいけない

国試


TSC」

  [★]

tuberous sclerosis
thiazide-sensitive Na-Cl cotransporter


Tourette syndrome」

  [★] トゥレット症候群 Ts


心雑音」

  [★]

heart murmur, cardiac murmur
拡張期雑音過剰心音レヴァイン分類

収縮期雑音 systolic murmur

拡張期雑音 diastolic murmur

continuous murmur

  • 連続的な圧較差の存在を示唆する
  • A. continuous:動脈管開存症 PDA:肺動脈弁領域。動脈管を流れる血流と雑音が比例するので、S2に向かって大きくなり、S1に向かって小さくなる。
  • B. to-and-fro: AS + AR, PS+ PR :S1~(収縮期:AS,PSによる駆出性雑音。ダイアモンド型)~S2, S2~(拡張期:MR,PRによる逆流性雑音。decrescendo)~S1 S1に向かって小さくなるので、連続音とは区別できるはず。

手技見えp.116

  • 僧帽弁開放音(OS):MS
  • 収縮中期クリック:MVP
  • 拡張期ランブル + 前収縮期雑音:MS
  • 拡張期灌水様雑音/拡張期逆流性雑音:AR、PR
  • 収縮期逆流性雑音:心尖部:MR

体位との関係

  胸壁に近づく部位  
左側臥位 心尖部 僧帽弁雑音(MR, MS)、僧帽弁開放音(OS)、III音IV音
座位前屈位 大動脈弁領域 大動脈弁閉鎖不全症(AR)
肘膝位 (心膜>-<心臓) 心膜摩擦音

呼吸との関係

右心系:三尖弁の雑音

  • 吸気時増強、呼気時減弱
吸うとき強く、吐くとき弱く
吸うと胸腔内圧が陰圧になり、静脈還流量が増加する

左心系:僧帽弁、大動脈弁の雑音

  • 吸気時減弱、呼気時増強
吸うとき弱く、吐くとき強く
胸腔内圧が上昇すると、肺から心臓に向かう血流が増加する(ホントニか?)ので、左心系の雑音が増強するのだ???????????

手技との関連

疾患別

MS

  • 概念:拡張期ランブル
  • 時相:拡張中期(open snap)に続いて。
  • 最強点:心尖部
  • 放散:
  • 体位:左側臥位
  • 音程:低音

MR

  • 概念:収縮期逆流性雑音
  • 最強点:心尖部
  • 放散:左腋窩
  • 体位:左側臥位
  • 呼吸:呼気
  • 音程:高音

AS

  • 概念:収縮期駆出性雑音
  • 最強点:2LSB
  • 放散:右鎖骨下動脈、右頚動脈
  • 体位:座位
  • 呼吸:呼気

AR

  • 概念:拡張期灌水様雑音
  • 時相:拡張期
  • 特徴:呼気で増強
  • 最強点:3LSB
  • 放散:
  • 体位:座位前屈位
  • 音程:高音

MVP

  • 概念:収縮期逆流性雑音
  • 時相:収縮期中期。クリック音の後から。
  • 音程:高音  ←  圧較差が大きいため

ASD

  • 概念:駆出期駆出性雑音
  • 最強点:2LSB
  • 放散:
  • 体位:

VSD

病態特異的な心雑音

  三尖弁閉鎖不全症 大動脈弁閉鎖不全症 大動脈弁狭窄症 僧帽弁閉鎖不全症 僧帽弁狭窄症
TR AR AS MR MS
心音

I音減弱

I音減弱

I音亢進

心雑音
過剰心音 
その他徴候
 




テストステロン」

  [★]

testosterone, TS
テストステロンエナント酸エステル testosterone enanthate ester
エナルモンエネルファダイホルモンテスチノンテストロンプリモジアンボセルモン
アンドロゲンホルモン
男性ホルモン剤
  • first aid step1 2006 p.125,249,251,397,401,402,406


分類

性状

C19ステロイド

産生組織

標的組織

  • 精巣、前立腺、精巣上体、精管、精嚢
  • 脳、下垂体前葉、汗腺、毛嚢

受容体

作用

SP.909
  • 1. 生殖器・二次性徴に対する作用
  • 2. 精子形成促進作用
  • 男性二次性徴の発現と維持
  • 副生殖器の発育と機能化
  • 体毛発生、頭髪生え際の後退、皮脂腺発育、変声、脱毛
  • 蛋白同化作用による骨格筋を発育させ、体型や骨格を男性的にする。
  • 3. 中枢神経系に対する作用
  • 下垂体からのFSH,LHの分泌を視床下部・下垂体に作用して抑制。
  • 4. 性分化
  • 胎児精巣から分泌されたアンドロジェンは副生殖器、中枢神経系を男性型に分化させる。

分泌の調整

  • +:LH?
  • -:テストステロン(視床下部、下垂体に対するネガティブフィードバックにより)

分子機構

臨床関連

  • テストステロン欠乏による骨折
  • 1.加齢
  • I型骨粗鬆症(閉経後骨粗鬆症): は,破骨細胞の活性の上昇により起こり,主として骨梁骨が侵される。このI型骨粗鬆症は51-75歳の間に,女性は男性の6倍多く起こる。男性では,早期に血清テストステロン値が低いと破骨細胞の活性を増し,I型骨粗鬆症を起こすことがある。(参考1)
  • 2. 性腺機能低下症(参考2)

参考

  • 1.
http://merckmanual.jp/mmpej/sec04/ch036/ch036a.html
  • 2. 腰椎圧迫骨折をきたした低ゴナドトロピン性性腺機能低下症の1例
  • 吉永 敦史,林 哲夫,石井 信行,大野 玲奈,寺尾 俊哉,鎌田 成芳,渡邉 徹,山田 拓己
  • 泌尿器科紀要 50(12), 877-879, 2004-12
  • 57歳男.30歳頃,無精子症を指摘されていた.2000年8月頃腰痛が出現し,近医で第4腰椎圧迫骨折を,また骨密度の低下を指摘された.骨粗鬆症の精査目的で2002年6月当院内科受診となった.血中ホルモン検査の結果,黄体ホルモン・卵胞刺激ホルモン・テストステロンの低下が認められたため,低ゴナドトロピン性性腺機能低下症の精査・加療のため泌尿器科受診となった.エナント酸テストステロン250mgの筋注を4周 …
  • NAID 120002141364



I音」

  [★]

first heart sound
S1
心音


  • 心室収縮期の開始
  • 僧帽弁、三尖弁の閉鎖音
  • 高音 → 膜型で聴診
  • II音より低く持続が長い。

I音の亢進

メカニズム PHD.33

  • 拡張終期に心房が収縮して血液が心室に流れ込む。(心室への血液の流出が進むと僧帽弁や三尖弁は)ふらふらと弁尖同士が寄り沿う(心室の血液のせい?)。心室が収縮すると弁尖同士はびたっと寄り添い閉鎖する。
  • PR intervalが短いと、心室の収縮の前に弁尖同士はお互い離れており(受動的に寄り添っていないので)、心室収縮時の弁尖の移動距離は長い。このため大きいS1が聴取される。
  • 僧帽弁狭窄症や三尖弁狭窄症では、心室が収縮するときでも心室と心房の圧較差は大きく、房室弁の弁尖は性状の場合に比べお互い離れているから、S1が大きくなる。
  • 心拍数が高いとき、拡張期が短く、また弁尖がお互いよりそう時間が短い。このため、弁尖同士は離れておりS1が大きくなる

I音の減弱

メカニズム PHD.33

  • 僧帽弁閉鎖不全症ではお互いの弁尖が接触する面積が小さくなっており、I音の減弱に繋がっている。
  • 重度の僧帽弁狭窄症では、弁がほぼ固定されてS1が減弱する
  • 心室のコンプライアンスが低下する病態で、拡張末期の心室と心房の圧較差が大きくなるので通常より早く弁尖同士が寄り添う。心室が収縮する頃には健常人より弁尖同士が近くなっており、S1が減弱する。

巨大なI音

  • 完全房室ブロックの時、心房と心室の収縮が同時に収縮すると大きなI音として聞こえる。


拡張期ランブル」

  [★]

diastolic rumble
心室充満雑音
拡張期雑音
僧帽弁狭窄症 MS三尖弁狭窄症 TS大動脈弁閉鎖不全症 AR


  • 拡張中期に房室血流によって生じる雑音。
  • 僧帽弁狭窄症三尖弁狭窄症で聴取される。
  • 2. Austin-Flint雑音オースチン・フリント雑音大動脈弁閉鎖不全症でも、拡張期の大動脈弁における逆流により、僧帽弁前尖の開放が制限されて相対的に僧帽弁狭窄を来し、拡張期ランブルとして聴取されうる。


4LSB」

  [★]

  • 第四胸骨左縁
  • 心雑音:TR
  • 収縮期:TR
  • 拡張期:TS, ASD


LQQTSFA」

  [★]

医療面接
  • L:location
  • Q:quality
  • Q:quantity
  • T:timing
  • S:setting
  • F:factor
  • A:associated manifestation


DOTS」

  [★] 直接監視下短期化学療法 directly observed treatment, short course


TSBAb」

  [★] 甲状腺刺激阻害抗体

thyroid stimulation blocking anti-body


HITS」

  [★]

high intensity transient signal


TSH」

  [★] 甲状腺刺激ホルモン


T」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 20th letter of the Roman alphabet」
t

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「tritiumの化学記号」


"http://meddic.jp/TS" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡