TNF受容体関連因子2

出典: meddic

TNF receptor-associated factor 2TRAF2

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

腫瘍壊死因子(しゅようえしいんし、英: Tumor Necrosis Factor, TNF)は、サイトカイン の一種であり、狭義にはTNF ... 1 TNF-α. 1.1 構造および産生機構; 1.2 受容体および シグナル伝達; 1.3 生理活性; 1.4 疾患との関連. 2 TNF-β(LT-α)およびLT-β; 3 医学 ...
TNFRSFメンバーは、細胞死受容体、デコイ受容体、活性化受容体に分けられま. す。 ほとんどの活性化受容体は、アダプタータンパク質すなわちTNF受容体関連因子( TRAFs)を通して細胞. 内シグナルを媒介します。細胞死受容体は、デスドメイン(DD) 関連 ...


★リンクテーブル★
リンク元TRAF2」「TNF receptor-associated factor 2
関連記事受容体」「関連」「T」「TNF受容体関連因子」「受容

TRAF2」

  [★]

  • TNF受容体関連因子2
TNF receptor-associated factor 2

TNF receptor-associated factor 2」

  [★]

TNF受容体関連因子2

TRAF2

受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

関連」

  [★]

relationrelationshipcorrelationrelevancelinkimplicationconnectionbearingassociationreferencerelateassociateattachcorrelaterelativerelevantpertinent
暗示意味会合関係、関する、関連性基準共生結合結線言及参考、参照、照会、親戚親類軸受け相関相関性相互関係相対相対性相対的対合態度妥当適切同僚付随付着結びつける類縁体連関連結連合連合性連鎖連接、連絡、群集添付協会接続関係性リファレンスリンク参考文献相関関係関連づける


T」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 20th letter of the Roman alphabet」
t

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「tritiumの化学記号」

TNF受容体関連因子」

  [★]

tumor necrosis factor receptor-associated factorTNF receptor-associated factorTRAF
腫瘍壊死因子受容体関連因子TNFレセプター関連因子


受容」

  [★]

accept, acceptance
受け取る承認受諾認容認める受け入れる





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡