TAE

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/07/11 00:03:30」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Intra-arterial Therapy for Advanced Intrahepatic Cholangiocarcinoma: A Multi-institutional Analysis.
  • Hyder O, Marsh JW, Salem R, Petre EN, Kalva S, Liapi E, Cosgrove D, Neal D, Kamel I, Zhu AX, Sofocleous CT, Geschwind JF, Pawlik TM.SourceDivision of Surgical Oncology, Departments of Surgery, Interventional Radiology and Radiology, Johns Hopkins School of Medicine, Baltimore, MD, USA.
  • Annals of surgical oncology.Ann Surg Oncol.2013 Nov;20(12):3779-3786. Epub 2013 Jul 12.
  • BACKGROUND: Many patients with intrahepatic cholangiocarcinoma (ICC) present with advanced and inoperable disease. Data on the safety and efficacy of intra-arterial therapy (IAT) for ICC are limited.METHODS: Between 1992 and 2012, a total of 198 patients with advanced ICC treated with IAT were retro
  • PMID 23846786
  • Bioimaging and pulmonary applications of self-assembled Flt1 peptide-hyaluronic acid conjugate nanoparticles.
  • Kim H, Park HT, Tae YM, Kong WH, Sung DK, Hwang BW, Kim KS, Kim YK, Hahn SK.SourceDepartment of Materials Science and Engineering, Pohang University of Science and Technology (POSTECH), San 31, Hyoja-dong, Nam-gu, Pohang, Kyungbuk 790-784, Republic of Korea.
  • Biomaterials.Biomaterials.2013 Nov;34(33):8478-90. doi: 10.1016/j.biomaterials.2013.07.062. Epub 2013 Aug 6.
  • Despite wide exploitation of corticosteroid drugs for the treatment of asthma, the poor therapeutic effect on a neutrophilic subtype of asthma prohibits the full recovery of asthma patients. In this work, dexamethasone (Dexa) was loaded in Flt1 peptide-hyaluronic acid (HA) conjugate nanoparticles to
  • PMID 23932502
  • Critical role of FANCC in JAK2 V617F mutant-induced resistance to DNA cross-linking drugs.
  • Ueda F, Sumi K, Tago K, Kasahara T, Funakoshi-Tago M.SourceDepartment of Biochemistry, Faculty of Pharmacy, Keio University, 1-5-30 Shibakoen, Minato-ku, Tokyo 105-8512, Japan.
  • Cellular signalling.Cell Signal.2013 Nov;25(11):2115-24. doi: 10.1016/j.cellsig.2013.07.003. Epub 2013 Jul 6.
  • A point mutation (V617F) of tyrosine kinase Janus kinase 2 (JAK2) is found in the majority of patients with myeloproliferative neoplasms (MPNs) and an aberrant signaling pathway induced by constitutively active JAK2 V617F mutant is a hallmark of MPNs. Cells transformed by JAK2 V617F mutant exhibited
  • PMID 23838005

和文文献

  • Highlighted Paper selected by Editor-in-Chief : Low Molecular Weight (1kDa) Polyethylene Glycol Conjugation Markedly Enhances the Hypoglycemic Effects of Intranasally Administered Exendin-4 in Type 2 Diabetic db/db Mice
  • Kim Tae Hyung,Park Chan Woong,Kim Hoi Yun [他]
  • Biological & pharmaceutical bulletin 35(7), 1076-1083, 2012-07
  • NAID 40019318617
  • Anthocyanins Extracted from Black Soybean Seed Coat Protect Primary Cortical Neurons against in Vitro Ischemia
  • Bhuiyan Mohammad Iqbal Hossain,Kim Joo Youn,Ha Tae Joung [他]
  • Biological & pharmaceutical bulletin 35(7), 999-1008, 2012-07
  • NAID 40019318452

関連リンク

腹部血管造影法・TAEの合併症 合併症 症状 ・ 造影剤エネルギー 血圧低下、意識障害 ・肝不全 腹水、黄疸、意識障害(肝性昏睡)、プロ ...
taeのベリーダンスレッスン-ハフラの振付とテクニック 日本初&唯一のベリーダンサーに向けた振付アプリ!!専用ページではリンク、サンプル動画を掲載しています・2015年3月リリース ・振付、出演、著者:tae ・発売元:株式会社 ...

関連画像

kim-tae-heeKim Tae HeeKim Tae HeeLabels: Kim Tae Hee , KoreanKim Tae Hee WallpaperKim Tae Hee Wallpaper


★リンクテーブル★
先読み血栓内膜摘除術」「thrombo endarterectomy
国試過去問104I050」「087B042
リンク元肝細胞癌」「transcatheteric arterial embolization」「腹腔内出血」「経皮的動脈塞栓術」「percutaneous transarterial embolization
関連記事TA」「T

血栓内膜摘除術」

  [★]

thromboendarterectomy thrombo endarterectomy, thrombendarterectomy, TEA
動脈内膜切除術 endarterectomy
[show details]



thrombo endarterectomy」

  [★] 血栓内膜摘除術 TEA


104I050」

  [★]

  • 72歳の女性。持続性の強い腹痛を主訴に来院した。6時間前に腹痛が突然出現し、徐々に増強した。表情は苦悶様である。体温37.0℃。呼吸数20/分。脈拍112/分、不整。血圧90/60mmHg。腹部は平担、軟で、全体に圧痛を認める。血液所見:赤血球 480万、Hb 14.8g/dl、Ht 47%、白血球 18,700、血小板 22万。血液生化学所見: 尿素窒素 41mg/dl、クレアチニン 1.5mg/dl、Na 135mEq/l、K 4.0mEq/l、Cl 97mEq/l。CRP 1.5mg/dl。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air): pH 7.41、PaO2 79Torr、PaCO2 29Torr、HCO3- 18mEq/l、BE -5.4mEq/l。腹部造影CT(別冊No.9)を別に示す。
  • 対応として適切なのはどれか。




[正答]


※国試ナビ4※ 104I049]←[国試_104]→[104I051

087B042」

  [★]

  • 肝細胞癌について正しいのはどれ。2つ。

肝細胞癌」

  [★]

hepatocellular carcinoma, HCC, hepatocarcinoma, liver cell carcinoma
ヘパトーム hepatoma
肝腫瘍肝癌

特徴

  • 1. 発癌の予測が可能(高危険群を取り込める)
  • 肝炎ウイルス陽性者
  • 肝硬変患者
  • 血小板10万以下
  • AFPあるいはPIVKA-II陽性患者
  • 2. 多中心性発癌、肝内転移、再発が多い
  • 外科的治癒切除を行っても、5年以内の再発率は約70%以上  ←  他の癌より高い。3年で50-60%とも
  • リンパ節転移は少なく、肝内転移が多い  ←  経門脈
  • 多中心発癌が多い
  • 3. 肝予備能の低下を伴うことが多い
  • 肝細胞癌の約70-80%に肝硬変、10%前後に慢性肝炎を合併
  HCC CCC
腫瘍マーカー AFP, PIVKA-II CEA, CA19-9
画像検査 腫瘍濃染 胆管拡張
APシャント
腫瘍血栓
転移 肝内(門脈性) リンパ行性
予後(5年生存率) 切除例 52.3% 切除例 32.6%

疫学

  • 原発性肝癌のうち肝細胞癌は95%を占める
  • 男女比は3-4:1
  • 死因では男性では3位、女性では4位である。
  • 原発性肝癌の90%以上が肝炎ウイルス陽性である。
  • 原発性肝癌の解検例の84%に肝硬変を合併している。
  • 肝細胞癌の70-80%に肝硬変が認められ、10%前後に慢性肝炎の合併が見られる。
  • 肝硬変から肝癌が発生する年間発生率はB型肝炎で3%、C型肝炎で7%である。

病因

病因の90%が肝炎ウイルスである。
  • HCV(+) 75%HBV(+) 15%、HBV(+)&HCV(+) 3%、TTV(+) 1-3%、アルコール性 3-4% (YN)
  • その他

病理

  • 肝細胞類似の細胞からなる上皮性の悪性腫瘍。多くが皮膜を有する。(SSUR.595)
  • 多発性、多中心性
  • 胆汁のために肉眼的に緑色に見える
  • 壊死、出血しやすい。 → hemoperitoneum

病態

  • 肝細胞癌の非癌部は80-90%が肝硬変である。

転移

  • 血行性(経門脈性転移)が多い。リンパ行性はまれ。

症状

検査

超音波エコー

  • 腫瘍周囲の被膜により低エコー帯が認められる。
[show details]

造影CT

  • ダイナミック造影CTでは動脈相で不均一な造影効果、門脈相、平衡相になるにつれ造影効果が低下する。(RNT.209) ⇔ 肝血管腫:造影効果が持続
[show details]
  • 被膜がある腫瘍に対しては造影効果が残存。(RNT.209)

前癌病変の造影CT

SRA.479
  • 肝細胞癌は多段階発癌により発生するという説が唱えられている。
  • 腺腫様過形成(adenomatous hyperplasia AH)は肝癌とは異なる結節病変を形成するものである。
  • 多段階発癌次の順に肝細胞癌に至るという;異型腺腫様過形成 → 肝細胞癌を内包する異型腺腫様過形成 → 高分化肝癌 → 中~低分化肝細胞癌(古典的肝癌)
  • 多段階発癌の初期には門脈血の支配が多いが次第に肝動脈からの新生血管により支配されるようになる。
  • すなわち、中~低分化肝細胞癌は肝動脈で支配される多血性肝細胞癌であり、高分化肝細胞癌は肝動脈の支配が比較的少ない。
  • 造影CTにおいてもこれを反映し、高分化細胞癌では動脈相では造影効果が弱い(文献によっては乏血性で濃染しないとも)が、中~低分化細胞癌では高い造影効果が認められることになる。

MRI

  • T1:等信号  低~高信号(YN.B-50)
  • T2:高信号  ⇔ 肝血管腫のような著しい高信号は呈しない?

血管造影

  • 選択的腹腔動脈造影で腫瘍が濃染される。

経動脈性門脈造影下CT CTAP

腫瘍マーカー

  • PIVKA-II:≦2cmの陽性率は25-30%
  • AFP:≦2cmの陽性率は30%。肝細胞癌、卵黄嚢腫瘍、肝芽腫の腫瘍マーカー、炎症性肝疾患における肝再生の指標

診断

  • 病歴、身体所見、血液検査所見(肝炎ウイルスマーカー、腫瘍マーカー、肝機能検査)、画像検査に基づいて判断する。
  • 画像で確定診断される場合は組織診断を行わないように勧められている。 → 針生検に伴う重篤な合併症として,針穿刺経路播種(needle tract seeding)と出血がある。前者の発生頻度は1.6~3.4%とされている(ガイドライン1)

治療

  • 肝予備能と進行度で決まる

治療アルゴリズム

局所療法

  • エタノール注入
  • 超音波焼灼術

手術療法

  • 肝機能A,Bであって、腫瘍の数が1,2個の場合は腫瘍切除が適応となる。
  • 再発肝癌であっても肝切除が標準治療となる(ガイドライン1 CQ19 再発肝細胞癌に対する有効な治療は?)

経カテーテル的肝動脈塞栓術 TAE/ 化学塞栓療法 transcatheter arterial chemoembolization TACE

推奨

ガイドライン1
  • TA(C)EはOkuda分類I、II、Child A、Bの進行肝細胞癌(手術不能で、かつ経皮的凝固療法の対象とならないもの)に対する治療として推奨される。
  • 化学塞栓される非癌部肝容積の非癌部全肝容積に占める割合と残肝予備能を考慮したTACEが推奨される。
  • 高ビリルビン血症のない肝細胞癌破裂症例の治療には救急TA(C)Eは有効な治療法である。

禁忌

ガイドライン1
  • 病態
  • 脈管内腫瘍塞栓(特に門脈内腫瘍塞栓)を有する症例

化学療法

  • 肝癌は抗癌剤に対する抵抗性が高い。肝癌患者は肝機能の低下が存在するため十分量の抗癌剤治療はできない。このようなこともあり、肝癌に有効な抗がん薬は少ない。

日本で使用できる薬剤

ガイドライン1
アルキル化剤 マスタード類 シクロホスファミド  
代謝拮抗薬 ピリミジン系 フルオロウラシル(5-FU) テガフール・ウラシル配合剤(UFTシタラビン
抗生物質 アントラサイクリン系 ドキソルビシン エピルビシン ミトキサントロン
その他 マイトマイシンC  
白金製剤 シスプラチン

肝移植

  • ミラノ基準(1998)
  • 肝硬変に肝細胞癌を合併する場合は、多発最大径3cm・3個まで、単発5cmまで、遠隔転移・リンパ節転移・脈管侵襲なし
  • ミラノ基準によれば、他の両性疾患と同程度の移植成績
  • 肝機能不良でミラノ基準を満たすものは肝移植を考慮。

ガイドライン

http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0018/0018_ContentsTop.html

国試




原発性肝細胞癌

primary hepatocellular carcinoma
[[]]



transcatheteric arterial embolization」

  [★]

TAE
肝細胞癌

経カテーテル的肝動脈塞栓術 TAE/ 化学塞栓療法 transcatheter arterial chemoembolization TACE

推奨

ガイドライン1
  • TA(C)EはOkuda分類I、II、Child A、Bの進行肝細胞癌(手術不能で、かつ経皮的凝固療法の対象とならないもの)に対する治療として推奨される。
  • 化学塞栓される非癌部肝容積の非癌部全肝容積に占める割合と残肝予備能を考慮したTACEが推奨される。
  • 高ビリルビン血症のない肝細胞癌破裂症例の治療には救急TA(C)Eは有効な治療法である。

禁忌

ガイドライン1
  • 病態
  • 脈管内腫瘍塞栓(特に門脈内腫瘍塞栓)を有する症例

ガイドライン

http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0018/0018_ContentsTop.html


腹腔内出血」

  [★]

hemoperitoneum, intra-abdominal hemorrhage, intraabdominal bleeding
haemorrhagia intraabdominalis
腹腔出血
腹膜腔出血
[show details]

救急

  • 静脈路の確保
  • 出血量の評価
  • 出血部位の特定

治療

  • 輸液。止血(動脈塞栓術(TAE)、緊急開腹手術)

国試

  • 100A034:CT上、出血はやや低濃度にみえるらしい。
  • 105A038:血管造影。


参考

  • 1. CT
[display]http://blog-imgs-27.fc2.com/m/e/d/med4/100A34.jpg



経皮的動脈塞栓術」

  [★]

transcatheter arterial embolization, TAE, percutaneous transarterial embolization


percutaneous transarterial embolization」

  [★] 経皮的動脈塞栓術, transcatheter arterial embolization, TAE


TA」

  [★]


T」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 20th letter of the Roman alphabet」
t

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「tritiumの化学記号」


"http://meddic.jp/TAE" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡