T細胞受容体γδ

出典: meddic

gamma delta T-cell receptor
γδ-T細胞レセプターγδ-T細胞受容体

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

γδ型T細胞とはどんな細胞? T細胞には、T細胞受容体がα鎖とβ鎖からなるαβ型T細胞の他、γ鎖とδ鎖から なるγδ型T細胞が存在することは広く知られている。それでは「γδ型T細胞とはどんな 細胞?」と尋ねられて明快に回答 ...
1.γδT細胞とは 発生 ヒトの末梢血中に含まれるTリンパ球のほとんどがαβ鎖のT細胞受容体 (TCR)を発現しているαβT細胞ですが、γδ鎖のTCRを発現するγδT細胞が数%存在しています。 γδT細胞も、末梢血やリンパ組織中で認めるαβT細胞(CD4

関連画像

共同発表:免疫系が骨を治す γδT細胞治療(ガンマ・デルタT  αβまたはγδ)の糖タンパク質MHCクラス発現癌細胞の解説図γδ(ガンマ・デルタ)T細胞 免疫細胞「ガンマデルタT細胞


★リンクテーブル★
リンク元gamma delta T-cell receptor」「γδ-T細胞レセプター」「γδ-T細胞受容体
関連記事受容体」「T細胞受容体」「T」「Ted」「受容

gamma delta T-cell receptor」

  [★]

gamma delta T-cell antigen receptor


γδ-T細胞レセプター」

  [★]

gamma delta T-cell receptor
γδ-T細胞受容体T細胞受容体γδT細胞抗原受容体γδ


γδ-T細胞受容体」

  [★]

gamma delta T-cell receptor
γδ-T細胞レセプターT細胞受容体γδ


受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

T細胞受容体」

  [★]

T cell receptor, TCR
αβTCRγδTCRリンパ球抗原受容体BCR


  • T細胞が有する

構造

  • N末:膜外。C末:膜内、膜貫通部位
  • [α + β] + [ε + δ][ε + γ] + 2[η]

種類

T細胞受容体の遺伝子再構成 (IMM.155)

多様性の獲得機構

  • 多数のV遺伝子
  • V(D)J遺伝子の組み換え
  • 組み換え時の不正確性(CDR3)
  • α鎖とβ鎖、あるいはγ鎖とδ鎖の組み合わせ
体細胞突然変異が見られないこと、N塩基による組換え多様性が特徴的

臨床関連


-TCR


T」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 20th letter of the Roman alphabet」
t

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「tritiumの化学記号」


Ted」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a tough youth of 1950''s and 1960''s wearing Edwardian style clothes」
Teddy boy


受容」

  [★]

accept, acceptance
受け取る承認受諾認容認める受け入れる





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡