Srcファミリー

出典: meddic

Src family
  • 細胞表面受容体と共役して細胞内情報伝達を行うチロシンキナーゼファミリーであり,c-Src,c-Yes,Fyn,Lyn,Lck,c-Fgr,Hck,Blkが哺乳動物,さらにYrkがニワトリで同定されている。

構造

  • C末端側からSrc homology 1,Src homology 2,Src homology 3と呼ばれるドメイン構造をもつ
  • SH1ドメイン:チロシンキナーゼの活性部位
  • SH2ドメイン:リン酸化チロシン残基が結合できるドメイン
  • SH3ドメイン:他のタンパク質のプロリンリッチな領域と相互作用する

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

その機能としては、Src 固有のレセプターもしくはタンパク質を認識(結. 合)し、Src固有 の機能を司ると推定したが(4)、依然として該当タンパク質は同定されていない。ただし、 . Src ファミリーのうち、Fyn 及び Lck において該当レセプターが発見されているが、この ...
経験上、分野によって呼び方が多少異なるような気がします。 それらのキナーゼを使う( 呼ぶ)頻度によって、相手が理解できるかできないかによると思います。 私の経験則です が、 Src: サーク。エス・アール・シーと呼んでいる人は見たことが ...

関連画像

楽しかったです。Positive and negative regulation of t-cell 図7. SrcファミリーLynキナーゼ  混雑がなくファミリー向けファミリーで楽しむ場所


★リンクテーブル★
拡張検索Srcファミリーチロシンキナーゼ」「Srcファミリーキナーゼ
関連記事S」「Sr」「ファミリ」「ファミリー

Srcファミリーチロシンキナーゼ」

  [★]

Src-family tyrosine kinase
Srcファミリー、SH1、SH2、SH3
  • 受容体型チロシンキナーゼ
  • SH1ドメイン, SH2ドメイン, SH3ドメインを持つ (IMM.831)
  • SH1ドメイン:チロシンキナーゼの活性部位
  • SH2ドメイン:リン酸化チロシン残基が結合できるドメイン
  • SH3ドメイン:他のタンパク質のプロリンリッチな領域と相互作用する


Srcファミリーキナーゼ」

  [★]

Src-family kinaseSFK
SrcキナーゼSrcファミリーチロシンキナーゼSrcタンパク質チロシンキナーゼSrcチロシンキナーゼ

S」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 19th letter of the Roman alphabet」
s

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「sulfurの化学記号 / {略}South[ern]」


Sr」

  [★] ストロンチウム strontium

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「strontiumの化学記号」

ファミリ」

  [★]

family
家族系統群親戚ファミリー

ファミリー」

  [★]

family
家族系統群ファミリ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡