Schistosoma japonicum

出典: meddic

Schistosoma japonicum
日本住血吸虫
蠕虫吸虫類住血吸虫症日本住血吸虫症


ヒト体内での生活

  • 1. 成虫は血行性に宿主体内を移行
  • 2. 腸間膜静脈に寄生し血管内(肝門脈で産卵?)に産卵する。
  • 3. 虫卵は粘膜を破壊して腸腔に入り、便に排泄される。(毛細血管を閉塞して弛緩熱、粘血便をきたす)

症状

  • 弛緩熱、粘血便
  • 慢性期:門脈圧亢進、脾臓腫大、肝硬変

感染症


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/06/11 19:18:27」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Immunogenicity and anti-fecundity effect of nanoparticle coated glutathione S-transferase (SjGST) DNA vaccine against murine Schistosoma japonicum infection.
  • Mbanefo EC1, Kumagai T2, Kodama Y3, Kurosaki T3, Furushima-Shimogawara R2, Cherif MS4, Mizukami S4, Kikuchi M4, Huy NT5, Ohta N2, Sasaki H3, Hirayama K6.
  • Parasitology international.Parasitol Int.2015 Aug;64(4):24-31. doi: 10.1016/j.parint.2015.01.005. Epub 2015 Jan 17.
  • There is still urgent need for a vaccine against schistosomiasis, especially in Schistosoma japonicum endemic areas where even a vaccine that will interrupt zoonotic transmission will be potentially effective as an intervention tool. We had developed a novel nanoparticle gene delivery system, which
  • PMID 25603531
  • Schistosoma japonicum in Samar, the Philippines: infection in dogs and rats as a possible risk factor for human infection.
  • Carabin H1, McGARVEY ST2, Sahlu I2, Tarafder MR1, Joseph L3, DE Andrade BB4, Balolong E5, Olveda R5.
  • Epidemiology and infection.Epidemiol Infect.2015 Jun;143(8):1767-76. doi: 10.1017/S0950268814002581. Epub 2014 Oct 2.
  • The role that animals play in the transmission of Schistosoma japonicum to humans in the Philippines remains uncertain and prior studies have not included several species, adjustment for misclassification error and clustering, or used a cohort design. A cohort study of 2468 people providing stool sa
  • PMID 25274409
  • Vector-mediated microRNA-21 silencing ameliorates granulomatous liver fibrosis in Schistosoma japonicum infection.
  • Sombetzki M1, Loebermann M1, Reisinger EC1.
  • Hepatology (Baltimore, Md.).Hepatology.2015 Jun;61(6):1787-9. doi: 10.1002/hep.27748. Epub 2015 Mar 25.
  • PMID 25684616
  • Multiplex real-time PCR monitoring of intestinal helminths in humans reveals widespread polyparasitism in Northern Samar, the Philippines.
  • Gordon CA1, McManus DP2, Acosta LP3, Olveda RM3, Williams GM4, Ross AG5, Gray DJ6, Gobert GN2.
  • International journal for parasitology.Int J Parasitol.2015 Jun;45(7):477-83. doi: 10.1016/j.ijpara.2015.02.011. Epub 2015 Apr 6.
  • The global socioeconomic importance of helminth parasitic disease is underpinned by the considerable clinical impact on millions of people. While helminth polyparasitism is considered common in the Philippines, little has been done to survey its extent in endemic communities. High morphological simi
  • PMID 25858090

和文文献

  • Association of HLA and post-schistosomal hepatic disorder: A systematic review and meta-analysis.
  • Huy Nguyen Tien,Hamada Mohamed,Kikuchi Mihoko,Lan Nguyen Thi Phuong,Yasunami Michio,Zamora Javier,Hirayama Kenji
  • Parasitology International -(-), -, 2011-06-12
  • Schistosoma mansoni and Schistosoma japonicum were reported as the species causing PSHD. …
  • NAID 120003290119
  • 陳旧性日本住血吸虫症を伴う5多発早期胃癌の1例
  • 武藤 頼彦,鍋谷 圭宏,谷澤 豊,林 秀樹,谷澤 徹,落合 武徳,松原 久裕
  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 71(8), 2021-2025, 2010-08-25
  • NAID 10026668387
  • 日本住血吸虫症による後腹膜線維症の1例
  • 坪内 和女,坪内 洋明,横山 裕,入江 慎一郎,吉田 一博,田中 正利
  • 日本泌尿器科學會雜誌 101(5), 694-697, 2010-07-20
  • 我々は,尿路上皮悪性腫瘍の治療を契機に発見された,日本住血吸虫が原因と考えられる後腹膜線維症の1例を経験したので報告する.症例は83歳男性で,腎後性腎不全の精査中に後腹膜線維症を指摘された.経皮的腎瘻造設術およびステロイドパルス療法で軽快したが,経過観察中に膀胱癌および上部尿路上皮癌が発見された.尿路上皮癌に対する外科的治療中に後腹膜線維組織の生検を行ったところ,後腹膜の繊維性組織内に散在する楕円 …
  • NAID 110007682275

関連リンク

日本住血吸虫(にほんじゅうけつきゅうちゅう、学名:Schistosoma japonicum)は、扁形 動物門吸虫綱二生吸虫亜綱有壁吸虫目住血吸虫科住血吸虫属に属する動物。哺乳類 の門脈内に寄生する寄生虫の一種である。中間宿主は淡水(水田や側溝、ため池)に ...
ファイル:Monument of Schistosoma japonicum disease end. ... 4000 × 3000 (7.86 メガバイト), さかおり, ({{Information |Description={{en|1=Monument of Schistosoma japonicum disease end}} {{ja|1=地方病流行終息の碑}} |Source=Myself |Author= ...

関連画像

Schistosoma japonicum. Causes, symptoms Schistosoma japonicumSchistosoma japonicumEggs of S. japonicum in an unstained wet Schistosoma Japonicum Egg On s. japonicum Schistosoma japonicum eggSchistosoma japonicumSchistosoma japonicum


★リンクテーブル★
先読み蠕虫」「吸虫類」「住血吸虫症」「日本住血吸虫症
関連記事Schistosoma

蠕虫」

  [★]

helminth, worms
helminthen
微生物学蠕虫症家畜伝染病予防法


蠕虫類

蠕虫類と感染症

蠕虫類 病原体名   病名 感染経路 寄生部位 症状 診断 治療
線虫類 Ancylostoma duodenale ズビニ鉤虫 鈎虫症/十二指腸虫症 F型幼虫経口感染、経皮 空腸上部 皮膚炎、若菜病、貧血 飽和食塩水浮遊法、遠心沈降法 pyrantel pamoate、鉄剤
Necator americanus アメリカ鉤虫
Strongyloides stercoralis 糞線虫 糞線虫症 F型幼虫経皮感染 小腸上部 Loffler症候群 糞便塗沫、普通寒天平板培養による
R型、F型幼虫の検出
thiabendazole, ivermectin
Enterobius vermicularis 蟯虫 蟯虫症 虫卵経口感染 盲腸~大腸 夜間の掻痒、不眠、情緒不安定 肛囲検査法「柿の種」 pyrantel pamoate
Ascaris lumbricoides 回虫 回虫症 虫卵経口感染 小腸孵化→門脈→
肺発育→食道嚥下→小腸
Loffler症候群。急性腹痛 糞便虫の虫卵の証明 pyrantel pamoate
Toxocara canis イヌ回虫 幼虫移行症 生後1-2ヶ月の感染犬の
糞から経口感染
なし 幼虫移行症→失明 免疫診断 治療法無し?
Wuchereria bancrofti バンクロフト糸状虫 フィラリア症/糸状虫症 アカイエカ リンパ系 急性期:リンパ肝炎、リンパ腺炎を伴う熱発作(filarial fever)
慢性期:乳糜尿、リンパ管瘤、陰嚢水腫、象皮病
急性期:夜間のmicrofilariaの検出
慢性期:特有の症状を考慮
diethylcarbamazine &
ivermectin
Brugia malayi マレー糸状虫
Dirofilaria immitis イヌ糸状虫   アカイエカ なし 幼虫移行症→肺血管閉塞→胸部X線画像銭形陰影    
Gnathostoma spinigerum 有棘顎口虫 顎口虫症 ドジョウ、雷魚、ヘビの生食   消化管壁貫通→皮下移動による腫瘤や線状皮膚炎 移動性腫瘤、皮膚爬行疹
雷魚やドジョウの生殖の問診
免疫血清診断
なし
Gnathostoma hispidum 剛棘顎口虫
Gnathostoma doloresi ドロレス顎口虫
Gnathostoma nipponicum 日本顎口虫
Anisakis simplex, larva アニキサス幼虫 アニサキス症
(1)胃アニサキス症、
(2)腸アニサキス症、
(3)異所性アニサキス症
経口感染
終宿主:クジラ、イルカ。
中間宿主:オキアミ。
待機宿主:サバ、ニシン、アジ、タラなど
胃や腸 (1)急激な上腹部痛"胃けいれん"
(2)腹痛、急性虫垂炎、イレウス様。劇症型と緩和型がある
(3)腹腔内の炎症性肉芽腫
胃内視鏡検査 内視鏡による虫体摘出
Pseudoterranova decipiens
Trichinella spiralis 旋毛虫 旋毛虫症 経口感染
豚肉、クマ肉の生食
  (1)成虫侵襲期:下痢、腹痛
(2)幼虫筋肉移行期:顔面浮腫、心筋障害など
(3)幼虫被嚢期:全身浮腫、衰弱
  急性期:ステロイド
殺虫:mebendazole
    鞭虫症   盲腸 慢性下痢、腹痛、異食症、貧血 セロファン重層塗沫法、
ホルマリンエーテル法
mebendazole
Spirurin nematode larva 旋尾線虫 旋尾線虫幼虫 ホタルイカの生食 なし 皮膚爬行疹、イレウス様症状 予防:-30℃24時間。
生食には-30℃4日間以上
摘出
吸虫類 Shistosoma japonicum 日本住血吸虫 日本住血吸虫症 糞便虫の虫卵→ミラシジウム
ミヤイリガイ体内でセルカリア
人畜の皮膚より浸入→循環系→
門脈に寄生
門脈 (1)潜伏期:侵入部の掻痒性皮膚炎。肺移行期:咳、発熱
(2)急性期:虫卵の門脈系寄生、産卵。住血吸虫性赤痢。
(3)慢性期:虫卵の肝、脳などの塞栓。肝硬変。脾腫、腹水
糞便虫の虫卵の検出。
直腸粘膜層掻爬法、
肝穿刺による組織内虫卵の検出。
補助診断として免疫血清学的検査。
praziquantel
Paragonimus westermani ウェステルマン肺吸虫 肺吸虫症/肺ジストマ症 経口感染
淡水産のカニ、イノシシ肉の生食
痰、咳、胸痛、時に喀血 痰や便の虫卵検査、
胸部写真、
断層写真で明らかな虫嚢。
免疫学血清検査
 
Paragonimus miyazakii 宮崎肺吸虫 気胸、胸水貯留、膿胸、好酸球増加   praziquantel
Clonorchis sinensis 肝吸虫 肝吸虫症/肝ジストマ症 経口感染
虫卵→(マメタニシ:セルカリア)→
セルカリア→(魚:メタセルカリア)→
摂取→(ヒト:成虫)→虫卵
胆管 胆汁流出障害による肝障害→肝硬変 糞便、胆汁(十二指腸ゾンデ法)。
肝吸虫卵の検出。CT像。エコー検査。
praziquantel
    横川吸虫症 淡水魚(アユ、フナ、ウグイ、シラウオ)の生食 小腸粘膜 下痢、腹痛 糞便虫の虫卵 praziquantel
条虫類 Taeniarhynchus saginatus 無鉤条虫 腸管条虫症 経口感染。中間宿主:ウシ 小腸 無症状。下痢。
広節裂頭条虫感染では悪性貧血。
糞便虫の虫卵と体節により診断 praziquantel
有鉤条虫の場合はガストログラフィン
有鉤条虫の駆虫の際、
虫体を破壊しない
→虫体の融解による嚢虫症
Taenia solium 有鉤条虫 経口感染。中間宿主:ブタ
Diphyllobothrium latum 広節裂頭条虫 経口感染。中間宿主:サケ、マス
  日本海裂頭条虫 経口感染。中間宿主:サケ
  腸管外条虫症  
    有鉤嚢虫症 有鉤条虫の虫卵の経口摂取 皮下、筋肉内
脳、脊髄、眼球
皮下、筋肉内:小指頭大の無症状腫瘤
脳、脊髄、眼球:Jacksonてんかん。痙性麻痺など
皮下の虫嚢 外科的摘出。
成虫寄生がなければ、praziquantel,
albendazole +
ステロイド
Echinococcus granulosus 単包虫 包虫症/
エキノコックス症
(単包虫症)
終宿主:イヌ、キツネなど。
中間宿主:ヒト、ブタ、野ネズミなど。
終宿主の糞便虫の虫卵を中間宿主が接種して発症
肝、肺、まれに脳、腎、筋肉 肝寄生:肝部疼痛、満腹、時に黄疸、下肢浮腫
肺寄生:胸部圧迫感、胸痛、咳、血痰、時に喀血
肝や肺の嚢胞形成から疑う。
早期に診断に皮内反応→
CT、エコー→
生検。免疫血清学的診断法
外科的切除。
albendazoleの長期投与
Echinococcus multilocularis 多包虫 包虫症/
エキノコックス症
(多包虫症)

吸虫類」

  [★]

fluke
Trematoda
二生類 Digenea、ジストマ distoma
吸虫吸虫綱


生活環 HIM.1330

  • 1. 感染能力のある吸虫の皮膚、経口摂取による体内への侵入
  • 2. 体内で有性生殖による虫卵(egg)を形成
  • 3. 虫卵は糞便もしくは痰と一緒に体外に排泄
  • 4. 虫卵は適切な環境で孵化し吸虫類仔虫(ミランジウム、mirandium)となる
  • 5. ミランジウムは特定のsnail(第1中間宿主)に感染する
  • 6. ミランジウムは第1中間宿主のなかでスポロシストに変態する
  • 7. スポロシストはその中に娘スポロシストやレジアを形成する(無性生殖)
  • 8. 娘スポロシストやレジアは第1中間宿主から出てセルカリアとなる
  • 9. セルカリアは種によって直接人に感染したり(10へ)、あるいはメタセルカリアとなる(10へ)
  • 10. セルカリアは特定の環境で被嚢したメタセルカリアとなり、その後10へ。
  • 1) 第2中間宿主(魚、小動物)に感染
  • 2) 水辺の草の表面に付着
  • 10. ヒトを始めとする終宿主に感染する


住血吸虫症」

  [★]

schistosomiasis
蠕虫吸虫類

概念

  • 住血吸虫類の感染によって起こる寄生虫疾患。

参考


日本住血吸虫症」

  [★]

schistosomiasis japonica
東洋住血吸虫症 oriental schistosomiasis eastern schistosomiasis
佐賀流行病山梨病片山病
日本住血吸虫片山症候群


Schistosoma」

  [★] 住血吸虫属

WordNet   license wordnet

「type genus of the family Schistosomatidae: blood flukes」
genus Schistosoma



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡