ST上昇

出典: meddic

ST segment elevation
ST segment

原因

EAB.44
  • 全誘導で上昇
  • 一部の誘導で上昇
  • QRSが広い
  • 健常者のST上昇


ECGP.188

疾患とST上昇

心筋梗塞

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • プレホスピタルからの連携を考慮した 急性冠症候群の治療 (特集 G2010からG2015ヘ : 第5回日本蘇生科学シンポジウム(5th J-ReSS)より) -- (ACS/Stroke)
  • 田原 良雄,木村 一雄
  • 救急医学 = The Japanese journal of acute medicine 36(12), 1690-1695, 2012-11
  • NAID 40019508181
  • 循環器救急医療体制におけるプレホスピタル12誘導心電図の有用性 (報告集 第31回 東京CCU研究会) -- (シンポジウム ITを利用したプレホスピタル心電図伝送)
  • 木村 一雄,田原 良雄
  • ICUとCCU : 集中治療医学 36(10), 878-884, 2012-10
  • NAID 40019526165
  • 一流術者のココが知りたい 心血管インターベンションのコツとピットフォール STEMI(ST上昇型急性心筋梗塞)へのPCIでの末梢保護
  • 和田 英樹,諏訪 哲
  • Circulation up-to-date 7(5), 496-502, 2012-10
  • NAID 40019454896
  • 臨床ノート 症例から学ぶ ピットフォール 胸痛で救急外来受診し,心電図でST上昇を認めた高齢女性

関連リンク

さあ、今日もエクササイズの時間だ。今日のエクササイズは、心電図のST上昇だぞ!心 カテ室において、心電図は重要な情報源だ。中でもST変化は虚血性心疾患の診断を する上で、非常に重要な判断材料となるから、し...
ST上昇とは. □ST上昇とは. 医療従事者向けになってしまいますが、 ST上昇とは、 心電図上のST部分が上昇していることを. 意味します。 いっぱんの方には ちんぷんかんぷんだと思いますが、 心電図というのがあってその心電図でモニターして いるのは心臓の ...

関連画像

 誘導のST上昇と心室細動(VFST上昇の心電図胸痛のはっきりしない心筋梗塞正常時とST降下、ST上昇の ST上昇 心電図


★リンクテーブル★
国試過去問104I002」「104A012
リンク元低体温」「冠攣縮性狭心症」「ST低下」「ST部分」「ST segment elevation
拡張検索非ST上昇型心筋梗塞
関連記事上昇」「ST」「S

104I002」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 104I001]←[国試_104]→[104I003

104A012」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 104A011]←[国試_104]→[104A013

低体温」

  [★]

hypothermia,low body temperature , low temperature


概念

  • 深部体温が35℃以下に低下した場合をいう。

分類

原因

  • 1. 治療上、故意の低体温 → 神経的予後改善、脳神経手術など
  • 2. 偶発性低体温
  • 1-1. 一次性偶発性低体温:基礎疾患がない人が寒冷に暴露
  • 1-2. 二次性偶発性低体温:重篤な基礎疾患に合併して起こる低体温 → 重篤

重症度

SQ.497
  • 軽度 :32-35℃
  • 中等度:28-32℃
  • 重度 :28℃未満

リスクファクター

HIM.135

症状

(HIM.136)

  中枢神経系 心臓血管系 呼吸器 腎臓&内分泌 神経筋肉
軽度
35-32.2℃
・中枢神経系の代謝の直線的な抑制(linear depression)
・健忘
・感情鈍麻
・判断の誤り
・不適応な行動
・頻脈の後に次第に徐脈
・心周期の延長
・血管収縮
・心拍出量の増加
・血圧の上昇
・頻呼吸、そして進行性の毎分換気量の減少
・酸素消費量の減少
・気管支漏
・気管支攣縮
・利尿
・カテコラミン、副腎ステロイド、T3(トリヨードサイロニン)・T4(サイロキシン)の増加 (血中濃度のことと思う)
・戦慄による代謝の増加
・基礎代謝(basal metabolism)の80%減少
・increased preshivering muscle tone, then fatiguing
中等度
32.2-28.0℃
・EEGの異常
・意識レベルの進行的な低下(progressive depression)
・瞳孔散大
・逆説的脱衣(paradoxical undressing)
・幻視
・脈拍数と心拍出量の進行性の減少
・心房や心室の不整脈の増加
・低体温を示唆するECG(J波)
・低換気
・体温8℃低下するごとに二酸化炭素消費量が50%減少する
・防護的気道反射(protective airway reflexes)の消失
・腎血流量50%増加
・腎自己調整能は保たれる
・インスリン作用の低下
・反射低下
・戦慄による熱産生の減少
・固縮
重度
<28℃
・脳血管の自己調節能の喪失
・脳血流量の減少
・昏睡
・眼反射(ocular reflex)の喪失
・EEGの進行的な低下(decrease)
・血圧、心拍数、および心拍出量の進行性の減少
・リエントリー性のリズム異常(dysthythmia)
・心室細動の最大リスク
・心停止
・肺鬱血と肺水腫
・酸素消費量75%減少
・無呼吸
・心拍出量低下に伴う腎血流量の減少
・極度の乏尿
・(体温の?)変温性
・不動
・神経伝導速度の低下
・末梢の反射消失
・角膜反射、または眼球頭反射(頭位変換眼球反射)の消失

ICU.615

重症度 体温 臨床症状
軽度 32-35℃ 錯乱、寒気、蒼白、ふるえ、頻脈
中等度 28-31.8℃ 嗜眠、震えの減少または消失、徐脈、呼吸数減少
重度 <28℃ 睡気または昏睡、ふるえの欠如、浮腫状の皮膚、散大し固定した瞳孔、徐脈、低血圧、乏尿
重篤 <25℃ 呼吸停止、心停止

心電図

ECGP.187
  • 心室内伝導遅延の発生
  • J点の上昇によるJ波を伴うST上昇(Osborn波hypothermic hump)
  • 洞性徐脈、房室接合部性調律、PR時間延長、QT時間延長。陰性T波、重症名不整脈もある。
  • V3, V4で顕著
  • 体温28℃以下で心室細動。

治療

  • 復温
  • 軽度低体温 :表面加温法(適切な室内温度、衣服の除去、毛布)
  • 中等度低体温:表面加温法(電気毛布、温水ブランケット、赤外線ヒーター、ウォームマット)
  • 高度低体温 :中心加温法による急速加温 → 以前は末梢血管が拡張、代謝の急激な変動により冷たい血液が心臓に流れ込み心室細動を誘発するリスクがあったため緩徐加温としていたが、それでも死亡率は高かった。このため急速加温する事になっている。

参考

  • 1.
まとまっている。
[display]http://handbook.muh.ie/trauma/Environmental/hypothermia.html


冠攣縮性狭心症」

  [★]

coronary spastic angina, CSA
冠れん縮性狭心症
狭心症

概念

  • 狭心症の発生機序による分類であって、冠攣縮に基づく心筋虚血による狭心症。下位疾患概念として異型狭心症がある(ST elevationがatypical)。
  • 冠攣縮に基づく心筋虚血による狭心症であって、心電図変化は問わない(でよろしい? ∵異型狭心症「冠攣縮性狭心症であって、安静時の狭心発作に可逆性一過性のST上昇を伴う狭心症(YN.C-68)」)
  • 明け方に起こることが多い。

病因

  • あまりよく分かっていない。
  • 夜間から早朝にかけての副交感神経亢進時、つまり交感神経と副交感神経の活動が激しく入れ替わるときに多い。(ECGP.175)
  • 血管内皮機能の異常(Achにより正常であれば血管が弛緩するところであるが、血管内皮に異常がある場合血管が収縮する) + 種々の程度の冠動脈硬化 → 冠攣縮による冠血流の低下

誘因

  • 喫煙、精神的ストレス、飲酒(醒めかけ)、運動(早朝から午前に多い。運動誘発性。運動開始時に起こり、運動を続けると消失)
  • 喫煙により体内に生じた活性酸素が内皮障害を引き起こしNOの産生障害をきたす。
  • 運動誘発性の場合、多枝攣縮が多く、致死性不整脈を生じやすく、突然死の危険が高い。(ECGP.175)

診断

  • 心電図:ST上昇????? YNの定義に基づけば間違っている

治療

  • 発作時:ニトログリセリン舌下錠
  • 予防 :長時間作用型の硝酸薬、カルシウム拮抗薬

参考

  • 1. 冠攣縮性狭心症の診断と治療に関するガイドライン2008
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2008_ogawah_h.pdf

国試


ST低下」

  [★]

ST segment depression
ST下降、ST部分下降
STST上昇


病態

  • QRS幅正常
  • 高いR
  • QRS幅延長
  • 二次的ST低下
  • 未分類
  • ST上昇の鏡像

形態による分類

(心電図の読み方パーフェクトマニュアル p.219,239)

  • 下降型傾斜型(down-sloping type)
  • 水平型(horizontal type)
  • 緩徐上行型(slowly upsloping type)

図:LAB.1520

  • 1. junctional depression
  • 2. slow-rising depression
  • 3. horizontal depression
  • Master2段階試験のdouble test判定基準では、以下のST低下で陽性としている。
  • 0.5mm異常のischemic depression(1., 2.)
  • 3.でQX/QT 50% (つまり低下部分の方が長い) または QT比が1.08以上
  • トレッドミル検査では1mm以上の虚血性ST変化の出現(1.または2.)でendpointとしている。

注意

  • ST低下は心筋の虚血を表す場合があるが、この場合虚血が起こっている場所を同定できない。


ST部分」

  [★]

ST ST segment ST-segment、ST間部、ST分節
ST上昇ST低下
[show details]


  • QRS波の終わり~T波の始まりまで
  • QRS波とT波*の間にはさまれた部分

STの異常

  • ventricular repolartization is very sensitive to myocardial perfusion -> change in ST segment and T wave (PHD.104)

ST上昇

  • 急性心筋梗塞、異型狭心症、急性心膜炎、心室瘤

ST低下

  • 労作性狭心症、低カリウム血症、心内膜下梗塞


ST segment elevation」

  [★]

ST上昇、ST部分上昇


非ST上昇型心筋梗塞」

  [★]

non-ST-segment elevation myocardial infarction
非ST上昇型急性心筋梗塞


上昇」

  [★]

riseelevationincreaseascentriseelevateraiseascending
上げる上向き挙上産生生じる上行上行性増加増大起こすバラバラ色増える高める上がる


ST」

  [★]



S」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 19th letter of the Roman alphabet」
s

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「sulfurの化学記号 / {略}South[ern]」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡