SDF-1

出典: meddic

stromal cell-derived factor-1, SDF-1
ストロマ細胞由来因子-1, 間質細胞由来因子-1
CXCL12 stromal cell derived growth factor, SDF-1 ), CXCL12 pBSF
  • 好中球の遊走因子
  • CXCR4に結合


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/18 04:39:44」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • CXCR4 dysfunction in non-alcoholic steatohepatitis in mice and patients.
  • Boujedidi H, Robert O, Bignon A, Cassard-Doulcier AM, Renoud ML1, Gary-Gouy H1, Hemon P1, Tharinger H1, Prévot S, Bachelerie F, Naveau S, Emilie D, Balabanian K, Perlemuter G.
  • Clinical science (London, England : 1979).Clin Sci (Lond).2015 Feb 1;128(4):257-67. doi: 10.1042/CS20130833.
  • Homing of inflammatory cells to the liver is key in the progression of non-alcoholic steatohepatitis (NASH). An abnormal response of CD4+ T-cells from obese mice to the chemotactic effect of CXCL12 has been reported but the mechanism involved in this process and relevance in patients are unknown. We
  • PMID 25074471
  • Radially oriented collagen scaffold with SDF-1 promotes osteochondral repair by facilitating cell homing.
  • Chen P1, Tao J2, Zhu S2, Cai Y2, Mao Q2, Yu D2, Dai J2, Ouyang H3.
  • Biomaterials.Biomaterials.2015 Jan;39:114-23. doi: 10.1016/j.biomaterials.2014.10.049. Epub 2014 Nov 15.
  • The migration of cells from the side and the bottom of the defect is important in osteochondral defect healing. Here, we designed a novel collagen scaffold that possessed channels in both the horizontal and the vertical directions, along with stromal cell-derived factor-1 (SDF-1) to enhance osteocho
  • PMID 25477178
  • Cerebral ischemia increases bone marrow CD4(+)CD25(+)FoxP3(+) regulatory T cells in mice via signals from sympathetic nervous system.
  • Wang J1, Yu L2, Jiang C3, Fu X2, Liu X2, Wang M2, Ou C2, Cui X2, Zhou C2, Wang J4.
  • Brain, behavior, and immunity.Brain Behav Immun.2015 Jan;43:172-83. doi: 10.1016/j.bbi.2014.07.022. Epub 2014 Aug 7.
  • Recent evidence has shown that an increase in CD4(+)CD25(+)FoxP3(+) regulatory T (Treg) cells may contribute to stroke-induced immunosuppression. However, the molecular mechanisms that underlie this increase in Treg cells remain unclear. Here, we used a transient middle cerebral artery occlusion mod
  • PMID 25110149

和文文献

  • Repair of Rabbit Osteochondral Defects by an Acellular Technique with an Ultrapurified Alginate Gel Containing Stromal Cell-Derived Factor-1
  • Sukegawa Atsushi,Iwasaki Norimasa,Kasahara Yasuhiko,Onodera Tomohiro,Igarashi Tatsuya,Minami Akio
  • Tissue Engineering Part A 18(9-10), 934-945, 2012-05-01
  • … The objective of this study was to determine whether the local administration of stromal cell-derived factor-1 (SDF-1) using ultrapurified alginate gel (UPAL gel) could improve reparative tissues of osteochondral defects compared with those without treatment. … Local expression of SDF-1 protein was temporarily upregulated at 1 week after creating the osteochondral defect. …
  • NAID 120004094746
  • 舌扁平上皮癌におけるSDF-1/CXCR4 発現と臨床病理的因子との関連について
  • 中津川 周生
  • Dokkyo journal of medical sciences 39(1), T1-T11, 2012-03-25
  • … ケモカインSDF-1 とその受容体であるCXCR4 による ケモカインシステムは,癌の転移ならびに細胞増殖に関与すると報告されており,多臓器において研究がなされているが,その発現と臨床的意義については,一定の見解が得られていない.今回われわれは,舌扁平上皮癌におけるSDF-1/CXCR4 の発現と臨床病理学的因子(年齢,性別, pT, pN, pStage, 分化度, Y-K 分類,5 年累積生存率 …
  • NAID 110009040119

関連リンク

SDF-1がイラスト付きでわかる! SDF-1 (Super Dimension Fortress)は超時空要塞マクロスに登場する宇宙戦艦。 ロボット、戦艦としてのマクロスはこちらを指す。 概要 1999年7月に地球に落下した、異星人「プロトカルチャー」の宇宙戦艦 ...
YAMATO 『超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~』 1/3000 完全変形 SDF-1 マクロス ・SDF-1 MACROSS/要塞艦・ 2009年2月の進宙式典での電撃的な商品化発表から約一年半。 やまとWEB限定での“1/2000プロトタイプ ...
やまとマクロスシリーズにマクロス艦登場! 2009年2月の進宙式典での電撃的な商品化発表から約一年半。やまとWEB限定での1/2000プロトタイプレプリカキット発売を経て、完全変形シリーズ待望の「マクロス艦」がついに登場いたします。

関連画像

SDF-1SDF-1 Macross Movie VersionSDF-1 Macross cruiser mode with ARMDs http://jor-dan.deviantart.com/Macross: SDF-1 textured WIP by zeiram0034Macross Sdf 1


★リンクテーブル★
先読みstromal cell-derived factor-1
リンク元サイトカイン」「ヒト免疫不全ウイルス」「ケモカイン」「stromal cell-derived growth factor」「CXCL12
関連記事S」「SD」「SDF

stromal cell-derived factor-1」

  [★] ストロマ細胞由来因子-1


サイトカイン」

  [★]

cyto=cell kin(e)=small substance
ex. manikine
細胞が分泌する糖タンパク質で、生物活性(増殖・分化・タンパク産生誘導などを)を有するもの
cytokine, cytokines
サイトカイン受容体インターロイキンリンホカイン

生態情報伝達方式

  • 傍分泌系、自己分泌系により情報を伝達する。局所ホルモンともいえる(ホルモンは血流を介して他臓器に働く)

産生細胞・機能による分類名

機能

機能 サブグループ サイトカイン 標的 機能
炎症性サイトカイン TNFファミリー TNF-α 白血球上皮細胞 活性化
インターロイキン IL-1 上皮細胞リンパ球 活性化
IL-6 種々の細胞 活性化
IL-8 白血球 炎症部位遊走
T細胞の増殖・分化 インターロイキン IL-2 T細胞 活性化。増殖
IL-4 T細胞 増殖
Th2細胞 分化誘導
IL-12 Th1細胞 分化誘導
インターフェロン IFN-γ Th2細胞 分化抑制
B細胞の増殖・分化 インターロイキン IL-2 B細胞 活性化
IL-4 B細胞 活性化、増殖、分化
IL-5 B細胞 活性化、増殖
IL-6 B細胞 増殖、分化
  TGF-β B細胞 分化(IgA分泌)
アレルギー調節サイトカイン インターロイキン IL-3 肥満細胞 増殖、分化促進
IL-4 B細胞 IgEクラススイッチ促進
IL-5 好酸球 増殖、分化促進
IL-13 B細胞 IgEクラススイッチ促進
インターフェロン IFN-γ B細胞 IgEクラススイッチ抑制
走化性サイトカイン(ケモカイン) CCケモカイン MIP-1 好中球 遊走
MIP-2
RANTES 単球
CXCケモカイン IL-8 好中球リンパ球好塩基球
SDF-1
造血系サイトカイン   SCF    
インターロイキン IL-7    
  erythropoietin    
コロニー刺激因子 GM-CSF    
G-CSF    
M-CSF    

サイトカインのシグナル伝達 JAK/STAT pathway (IMM.245-246)

組み換えサイトカインと臨床利用 first aid step1 2006 p.327

agent clinical uses
aldesleukin interleukin-2 renal cell carcinoma, metastatic melanoma
erythropoietin epoetin anemias (especially in renal failure)
filgrastim granulocyte colony-stimulating factor recovery of bone marrow
sargramostim granulocyte-macrophage colony stimulating factor recovery of bone marrow
α-interferon   hepatitis B and C, Kaposi's sarcoma, leukemias, malignant melanoma
β-interferon   multiple sclerosis
γ-interferon   chronic granulomatous disease
oprelvekin interleukin-11 thrombocytopenia
thrombopoietin   thrombocytopenia




ヒト免疫不全ウイルス」

  [★]

human immunodeficiency virus, HIV
後天性免疫不全症候群 AIDS,SDF-1HIV

特徴

ウイルス学

エンベロープ

  • gp120が外部に突き出ており、これにgp41が結合して膜にアンカーしている。
  • エンベロープの内側には、p17マトリックスタンパク(MA)が裏打ちするように配置している。
  • コアはp24カプシドにより構成されている。
  • コア内部は、1本のウイルスゲノムRNA(+)、逆転写酵素、p7,p9ヌクレオカプシドタンパク(NC)が存在。

遺伝子 (SMB.493)

  • gag:マトリックスタンパク、カプシドタンパク、ヌクレオカプシドタンパクをコード
  • pol:逆転写酵素、ウイルスプロテアーゼ、インテグラーゼをコード
  • env:エンベロープ糖タンパクをコード
  • tat:トランス活性化因子。ウイルスの転写活性化
  • rev:ウイルスmRNAでスプライシングされていないものを安定化。ウイルス構造タンパク質をコードするmRNAを細胞質に移送させる。
  • nef,vif,vpu,vpr

感染症

五類感染症(全数把握)

感染経路

経路

行為

  • 性感染、血液関連(輸血感染、注射針の使い回し、汚染注射針を刺す)、母子感染(経胎盤、経産道、経母乳)

感染過程

  1. . ウイルス粒子のgp120がCD4陽性細胞に結合する
  2. . gp120とCD4結合により、立体構造が変化
  3. . gp120のV3エピトープと呼ばれるケモカインレセプターと結合する。
  4. . さらに構造変化が起こり、gp41の働きで宿主細胞膜とウイルス終止とが融合する

経過

  • 1ヶ月以内にウイルス血症がおこる。

検査 (HIM. 1108,1163,1164,1166f,1190,1211t,1309t,e104)

参考1
  • NATのウインドウ期:11日
  • 血清学的検査のウインドウ期:22日

治療

妊婦

  • 基本的に妊婦には治療はできない
  • 妊娠後期になってから抗ウイルス薬を使う

参考

  • 1.
[display]http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/iyaku/kenketsugo/2a/dl/2b.pdf




ケモカイン」

  [★]

chemokine
ケモカイン受容体サイトカイン

定義

  • 走化作用を持つサイトカインをケモカインと呼ぶ

ケモカイン

  • ケモカインは4つのシステインを保つ
  • N末に存在するシステインによりCXCケモカイン, CCケモカイン, Cケモカインに分類

標的による分類

組み替えケモカインの臨床応用

  • first aid step1 2006 p.327




stromal cell-derived growth factor」

  [★]

CXCL12, stromal cell-derived growth factor, SDF-1


CXCL12」

  [★]

stromal cell-derived growth factor, SDF-1


S」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 19th letter of the Roman alphabet」
s

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「sulfurの化学記号 / {略}South[ern]」


SD」

  [★]



SDF」

  [★]

stromal cell-derived factor


"http://meddic.jp/SDF-1" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡