SD

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/10/25 14:25:41」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • An examination of the relation between traumatic event exposure and panic-relevant biological challenge responding among adolescents.
  • Hawks E, Blumenthal H, Feldner MT, Leen-Feldner EW, Jones R.AbstractThe current study uniquely extended research that has linked traumatic event exposure to panic-spectrum problems among adolescents. It was hypothesized that among 127 adolescents (age range: 10 to 17 years; M=14.63, SD=2.24), those who endorsed a history of traumatic event exposure would evidence significantly greater anxious and fearful reactivity to a well-established 3-min voluntary hyperventilation procedure compared to nonexposed individuals. Results were consistent with hypotheses, suggesting traumatic event exposure is associated with anxious and fearful reactivity to abrupt increases in bodily arousal among adolescents. Moreover, consistent with hypotheses, anxiety sensitivity significantly mediated the relations between traumatic event exposure and both self-reported panic symptoms and panic symptoms elicited by the challenge. Future prospective research is now needed to better understand temporal relations between traumatic event exposure and indices of panic and related vulnerability.
  • Behavior therapy." abstractLink="yes" alsec="jour" alterm="Behav Ther.2011 Sep;42(3):427-38. Epub 2011 Mar 16.
  • The current study uniquely extended research that has linked traumatic event exposure to panic-spectrum problems among adolescents. It was hypothesized that among 127 adolescents (age range: 10 to 17 years; M=14.63, SD=2.24), those who endorsed a history of traumatic event exposure would evidence si
  • PMID 21658525
  • Examination of mask disturbance behavior during a carbon dioxide-enriched air challenge.
  • Marshall-Berenz EC, Gonzalez A, Leyro TM, Zvolensky MJ.SourceDepartment of Psychology, University of Vermont, 2 Colchester Avenue, John Dewey Hall, Burlington, VT 05405-0134, United States.
  • Journal of behavior therapy and experimental psychiatry." abstractLink="yes" alsec="jour" alterm="J Behav Ther Exp Psychiatry.2011 Sep;42(3):253-7. Epub 2011 Jan 12.
  • PMID 21349246

和文文献

  • Deformation of hypernuclei studied with antisymmetrized molecular dynamics
  • Isaka M.,Kimura M.,Dote A.,Ohnishi A.
  • Physical Review C 83(4), 044323, 2011-04
  • … An extended version of antisymmetrized molecular dynamics was developed to study the structure of p-sd shell hypernuclei. …
  • NAID 120003025346
  • Molecule-like structure with covalent neutrons of F isotopes toward the neutron drip line
  • Kimura M.,Furutachi N.
  • Physical Review C 83(4), 044304, 2011-04
  • … It is found that a proton excitation into an sd shell does not necessarily induce α clustering in 21F and 23F. …
  • NAID 120002934282

関連リンク

本ゲームはバンダイナムコオンラインが制作・運営し、Yahoo! JAPANのサービスYahoo!ゲームで展開しています
詳細の表示を試みましたが、サイトのオーナーによって制限されているため表示できません。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元強皮症」「scleroderma」「標準偏差」「系統的脱感作」「体節性ジストニー
拡張検索SDS」「SDA」「BPSD」「AVSD
関連記事S

強皮症」

  [★]

scleroderma SD
sclerodermia
皮膚硬化症硬皮症、鞏皮症
膠原病

概念

  • 結合組織の病変による厚く硬い皮膚(皮膚硬化)が特徴とする疾患。

病型

  • limited cutaneous SSc:抗セントロメア抗体陽性例。皮膚硬化は肘から末梢に限局。
  • diffuse cutaneous SSc:抗Scl-70抗体陽性例。皮膚硬化はびまん性、内臓病変が急速に進行し予後不良。
  • CREST症候群:全身強皮症の亜型であるが、limited cutaneous SScと同義に使われることがあるらしい。

病理

  • 全身の結合組織における炎症性、変性病変 → 膠原線維の肥厚・増加

病因

  • 不明

病態

  • 皮膚外臓器病変はSScでよく見られる。肺、腎臓、消化管、および心臓が良く冒される臓器である。
  • 食道:早期に出現する症状は食道蠕動機能低下、下部食道括約筋の機能不全である。症状は主に慢性食道炎・狭窄、バレット食道、および運動異常を伴う胃食道逆流症から生じる。

症状

  • 消化器病変:(dcSSc,lcSSc))90%以上の症例で見られるが、半数近くの例で無症状である。強皮症による影響は消化管全体に及ぶ。
  • 嚥下困難・窒息、胸焼け、嚥下時のむせ、bloating、下痢と便秘の交代症、偽腸閉塞

・消化不良を伴う小腸の細菌過剰増殖、便失禁。

  • 胃:胃幽門部での血管拡張がよく見られ、慢性の胃小腸出血により貧血を来す。
  • 肺病変:慢性の胃食道逆流症とくり返し起こる胃内容物の肺への吸引により、肺の間質性病変を来しうる。
  • 口咽頭病変
  • 食道病変
  • 胃病変
  • 小腸病変
  • 結腸病変・肛門直腸病変
  • 結腸病変(colonic disease)は10-50%の患者で見られる。肛門直腸病変の頻度は食道病変と同程度である。病理組織では、SScで見られる大腸病変は小腸で見られる病変と同じである。コラーゲン線維が粘膜と粘膜下層に蓄積し、固有筋層は萎縮する。筋層が薄くなることで腸間膜付着部対側に入り口の広い憩室が形成される。病態は胃結腸反射の消失、肛門直腸機能の障害(便失禁)などがある。

検査

自己抗体

  • 抗セントロメア抗体:陽性 → 皮膚硬化が限局性で予後良好
  • 抗トポイソメラーゼI抗体:陽性 → びまん性の皮膚硬化・肺線維症
  • 抗U1RNP抗体:浮腫性硬化、炎症所見、肺病変

参考

  • 1. [charged] Overview of the clinical manifestations of systemic sclerosis (scleroderma) in adults - uptodate [1]
  • 2. [charged] Gastrointestinal manifestations of systemic sclerosis (scleroderma) - uptodate [2]




症候スペクトル

病態 レイノー現象 抗核抗体 リウマトイド因子 抗好中球細胞質抗体 皮疹 皮下結節 関節炎 筋炎 漿膜炎 自己抗体
                  Scl-70
 
病理 壊死性血管炎 糸球体腎炎 間質性肺炎 心炎 唾液腺炎 オニオンスキン病変 ワイヤーループ病変 ヘマトキシリン体 LE細胞  
                 

scleroderma」

  [★] 強皮症 SD

WordNet   license wordnet

「an autoimmune disease that affects the blood vessels and connective tissue; fibrous connective tissue is deposited in the skin」
dermatosclerosis


標準偏差」

  [★]

standard deviation SD
分散平均値
  • 検査値のばらつきを表し、検査の精密度を表す指標となる。


系統的脱感作」

  [★]

systematic desensitization SD



体節性ジストニー」

  [★]

segmental dystonia SD

SDS」

  [★]


SDA」

  [★]


BPSD」

  [★] 周辺症状 behavioral and psychological symptoms of dementia


AVSD」

  [★] 房室中隔欠損症 atrioventricular septal defect

S」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 19th letter of the Roman alphabet」
s

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「sulfurの化学記号 / {略}South[ern]」


"http://meddic.jp/SD" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡