S100蛋白質

出典: meddic

和文文献

  • S100A8/A9による炎症反応の抑制およびその調節機構
  • 南村 知代,荒井 智,小池 阿木子 [他]
  • 臨床病理 58(7), 651-657, 2010-07
  • NAID 40017249527

関連リンク

S100 タンパク質は、EFハンド型カルシウム結合性ドメイン(loop-helix-loop)をもつ、分子量が8~14kD程度の低分子量のタンパク質群である。B.W. Mooreにより、1965年にウシ脳から分離された。現在までに20種類以上のサブファミリーが ...
S100タンパク質ファミリー関連製品、サイクレックスは、ドラッグスクリーニング系、酵素活性測定系、ELISA キットなどの開発をおこなっています。 ... S100 Protein Detection Kit S100 タンパク質は、細胞種特異的に発現し、2 個のEF-hand を ...

関連画像

11. 免染:S100蛋白s100p melanoma x400 s100 蛋白 は  タンパク質ファミリーを高感度S100ファミリータンパク質の

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
リンク元S-100蛋白
関連記事蛋白質」「S10」「白質」「

S-100蛋白」

  [★]

S100 protein
S-100タンパクS100蛋白質S-100
[[]]



S-100 protein


蛋白質」

  [★]

protein
タンパク質タンパク蛋白プロテイン
アミノ酸ポリペプチド
  • L-アミノ酸が重合してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである。

食事摂取基準

年齢 男性 女性
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
0~5(月) 10 10
6~8(月) 15 15
6~11(月)
9~11(月) 25 25
1~2(歳) 15 20 15 20
3~5(歳) 20 25 20 25
6~7(歳) 25 30 25 30
8~9(歳) 30 40 30 40
10~11(歳) 40 45 35 45
12~14(歳) 45 60 45 55
15~17(歳) 50 60 45 55
18~29(歳) 50 60 40 50
30~49(歳) 50 60 40 50
50~69(歳) 50 60 40 50
70以上(歳) 50 60 40 50
妊婦(付加量) 初期   + 0 + 0
中期 + 5 + 5
末期 + 20 + 25
授乳婦(付加量) + 15 + 20

QB

  • 蛋白質の1日の摂取量は体重1kgあたり約1g。腎不全の食事療法(低蛋白食)では0.6-0.8g/体重kgである。
  • PFC比率=蛋白:脂肪:炭水化物=10-20%:20-30%:50-70%

臨床関連

  • 血清タンパク:
  • 臨床検査では血清を用いる

参考

  • 1. 「日本人の食事摂取基準」(2010年版)
[display]http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/s0529-4.html







S10」

  [★]

肺区域

  • 後肺底区:名前の通り下葉の背側を占めるが、解剖図譜には背側の内側~内側に回り込んで下行大動脈溝(左)、あるいは食道溝(右)まで前に及ぶように描いてある。よって内側胸膜に接する。

白質」

  [★]

white matter
substantia alba


  • 脳と脊髄の断面で、肉眼的に白色を呈する部分。


質」

  [★]

quality
品質




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡