S-アデノシルホモシステイン

出典: meddic

[[]]
[[]]


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/07/27 15:44:17」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ラットS-アデノシルホモシステイン・ヒドロラーゼの酵素学
  • 藤岡 基二,高田 義美
  • ビタミン 70(12), 547-560, 1996-12-25
  • S-Adenosylhomocysteine hydrolase (EC 3.3.1.1) catalyzes the reversible hydrolysis of S-adenosylhomocysteine to adenosine and homocysteine. … In the middle of the sequence, S-adenosylhomocysteine hydrolase has the nucleotide-binding motif. … Mutagenesis of key residues in this motif abolished or weakened NAD^+ binding .Thus, despite having a high affinity for NAD^+, the structure of the NAD^+ side of S-adenosylhomocysteine hydrolase is similar to those of dehydrogenases. …
  • NAID 110002845603
  • S-アデノシルホモシステイン水解酵素阻害作用に基づく抗ウイルス剤の分子設計(ヌクレオシドの生物活性) (核酸化学の新展開--新しい機能性分子を求めて) -- (新しい構造と機能を有するヌクレオシドの分子設計)
  • 周東 智
  • 蛋白質核酸酵素 40(10), p1261-1267, 1995-07-00
  • NAID 40002331488
  • 4.S-アデノシルホモシステインヒドロラーゼ : 化学修飾および変異導入による活性中心の解析 : ナイアシン,NAD(P)およびNAD(P)酵素 : ビタミンB研究委員会 シンポジウム要旨

関連リンク

ホモシステインはチオール基をもつアミノ酸(図1)で、必須アミノ酸の一種であるメチオニ . ンの中間代謝物で ... 体として働き、脱メチルにより S- アデノシルホモシステインとなる 。これが加水分解されて ... 欠損によりホモ ...
蛋白質構造解析ユーザーグループ S-アデノシルホモシステイン加水分解酵素の反応機構 石原正章1、田中信忠1、日下部吉男1中西雅之2、北出幸夫3、中村和郎1 1昭和大・薬、2松山大・薬、3岐阜大・工 【目的】S-adenosyl-L ...

関連画像

メチオニンのスクシニルCoAまで アルギニン、グルタミン 立体構造の特徴アデノシル- L -ホモ 本ホームページに関するお Fig.1) tRNAの二次構造


★リンクテーブル★
リンク元カテコールアミン」「メチオニン」「S-adenosylhomocysteine
関連記事S」「システイン」「ホモ」「アデノシルホモシステイン

カテコールアミン」

  [★]

catecholamine catecholamines CA
カテコラミン
副腎髄質ホルモン
  • カテコールでかつアミンを持つ構造

Wikipedia

生合成

チロシン tyrosine
 (フェニル基の3位にOHを導入) :律速酵素
 -チロシン 3-モノオキシゲナーゼ tyrosine 3-monooxygenase, チロシン水酸化酵素 tyrosine hydroxylase
 ←{H4biopterin}
 →{H2biopterin}
L-ドーパ L-dopa
 (アミノ酸から脱炭酸)
 -芳香族アミノ酸デカルボキシラーゼ dopa decarboxylase + {ピリドキサル5-リン酸(VB6)}
 →CO2
ドパミン dopamine
 (β位の炭素にOHを導入)
 -ドーパミン β-モノオキシゲナーゼ dopamine β-monoxygenase, dopamine β-odidase
 ←O2 + ビタミンC(アスコルビン酸)
 →H2O + デヒドロアスコルビン酸
ノルアドレナリン norepinephrine
 (アミノ基にメチル基を転移)
 -フェニルエタノールアミン N-メチルトランスフェラーゼ phenylethanolamine N-methyl transferase
 ←S-アデノシルメチオニン S-adenosylmethionineS-アデノシルホモシステイン S-adenosylhemocysteine
アドレナリン epinephrine

分解

分解産物

ドパミン
dopamine
---→ ジヒドロキシフェニル酢酸
3,4-dihydroxyphenylacetic acid
DOPAC
---→ ホモバニリン酸
homovanillic acid
HVA

MAO
COMT
     


       
ノルエピネフリン
norepinephrine
---→ バニリルマンデリン酸
vanillylmandelic acid
VMA
       ・
メトキシヒドロキシフェニルグリコール
methoxyhydroxyphenylglycol
MHPG
   


MAO
COMT
   
エピネフリン
epinephrine
---→    
  MAO
COMT
   

薬理作用

昇圧作用






メチオニン」

  [★]

methionine, Met, M
アデノシルメチオニンアミノ酸


概念

  • 無極性。無電荷
-CH2-CH2-S-CH3
  • メチル基を供与できる。必須アミノ酸。


分解

臨床関連



S-adenosylhomocysteine」

  [★]

S-アデノシルホモシステイン


S」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 19th letter of the Roman alphabet」
s

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「sulfurの化学記号 / {略}South[ern]」

システイン」

  [★]

cysteine, Cys, C
チオセリン thioserine2-アミノ-3-メルカプトプロピオン酸 2-amino-3-mercaptopropionic acid
アミノ酸



ホモ」

  [★]

homo
均一


アデノシルホモシステイン」

  [★]

adenosylhomocysteine




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡