S領域

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • リボソームDNAの大サブユニット領域およびITS領域の塩基配列にもとづくベニタケ科クロハツ節の分子系統
  • 三重大学大学院生物資源学研究科紀要 (40), 65-75, 2014-03
  • NAID 120005425386
  • 異方性メタリン酸塩ガラスの巨大熱収縮メカニズムの解明(物性,一般)
  • 電子情報通信学会技術研究報告. US, 超音波 113(167), 83-84, 2013-07-22
  • NAID 110009778181

関連リンク

(t関数、s関数とは言わず、t(時間)領域で表した関数、s領域の関数、というような言い方をするような) フーリエ展開(周期関数f(t)をf(t)=a0+a1*cos(wt)+b1*sin(wt)+..と表すことができる、ってやつ)の f(t)が時間領域で表した関数 ...
まぁ意味はとにかく、時間領域⇔S領域のシンメトリックな関係というのをなんとなくでも、とりあえず理解しておこう。 で、代数的に解けるということはS領域においては微分はs、積分は1/sで置き換えて計算すればよい ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事S

S」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 19th letter of the Roman alphabet」
s

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「sulfurの化学記号 / {略}South[ern]」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡