Raynaud現象

出典: meddic

レイノー現象

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 小児期発症全身性エリテマトーデスと混合性結合組織病の臨床的特徴の差異と抗U1-RNP抗体の意義
  • 宮前 多佳子,伊藤 秀一,町田 裕之,小澤 礼美,樋口 るみ子,中島 章子,今川 智之,中村 智子,森 雅亮,相原 雄幸,大重 賢治,横田 俊平
  • 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology 31(5), 405-414, 2008-10-31
  • … は,全身性エリテマトデス(SLE),皮膚筋炎(DM),全身性強皮症(SSc)様所見の混在する疾患である.小児例は初期にDMやSSc様所見を呈することは少なくSLE様所見が中心になる.したがってMCTDの診断は,Raynaud現象と抗U1-RNP抗体の存在に重きを置くことになり,とくに抗dsDNA抗体及び抗U1-RNP抗体陽性の症例はSLEとの鑑別が困難になる.今回,小児期発症SLEまたはMCTDと診断された80例をdsDNA抗体と抗U1-RNP抗体の有無により …
  • NAID 10024961472
  • 内科プライマリ・ケア医の知っておきたい"ミニマム知識" : リウマチ性疾患が疑われた時の身体所見・検査所見の見方
  • 高橋 裕一
  • 日本内科学会雑誌 97(10), 2587-2589, 2008-10-10
  • NAID 10024420553

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問108D047」「101G054」「106I058」「102I031」「107G018」「097G026」「095B080」「097H079」「095B065」「085B087」「106I023
リンク元レイノー現象
関連記事現象

108D047」

  [★]

  • 61歳の男性。手のこわばりを主訴に来院した。 4か月前から Raynaud現象と手のこわばりとを自覚していた。意識は清明。体温 37.3 ℃。脈拍 72/分、整。血圧 130/84 mmHg。呼吸数 16/分。 SpO2 95% ( room air)。上肢と体幹に皮膚硬化を認める。心音に異常を認めない。呼吸音は両側の背下部に fine cracklesを聴取する。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。尿所見:蛋白 1+、潜血 (-)、沈渣に硝子円柱 1 /数視野。血液所見:赤血球 383万、 Hb 12.0 g/dl、Ht 35%、白血球 9,200、血小板 28万。血液生化学所見:総蛋白 6.9 g/dl、アルブミン 3.5 g/dl、IgG 1,686 mg/dl(基準 960~1,960)、 IgA 255 mg/dl(基準 110~410)、 IgM 70 mg/dl(基準 65~350)、 AST 20 IU/l、ALT 12 IU/l、LD 177 IU/l(基準 176~353)、尿素窒素 11.1 mg/dl、クレアチニン 0.9mg/dl、尿酸 6.9 mg/dl、血糖 98 mg/dl、Na 139 mEq/l、K 3.9 mEq/l、Cl 104 mEq/l。免疫血清学所見: CRP 1.3 mg/dl、抗核抗体 1,280倍 (基準 20以下 )、抗 Scl-70抗体陽性。胸部 CTで両側下葉に網状影を認める。皮膚硬化に対してプレドニゾロン 30mg/日を投与した。 1週後に血圧が 180/100 mmHgに上昇し、クレアチニン 1.9 mg/dl、尿酸 9.0 mg/dl、Na 138 mEq/l、K 4.5 mEq/l、Cl 106 mEq/lとなった。
  • 現時点での治療法として最も適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108D046]←[国試_108]→[108D048

101G054」

  [★]

  • 49歳の女性。労作時呼吸困難を主訴に来院した。3年前からRaynaud現象を認め、手指の腫脹に気付いていた。1年前から階段昇降時に息切れを感じ、疲れやすくなった。意識は清明。体温36.8℃。脈拍88/分、整。血圧110/74mmHg。手指硬化を認める。胸骨左縁第4肋間に収縮期逆流性雑音を認める。両下肺野にfine cracklesを聴取する。腹部は平坦で、肝・脾を触知しない。下腿浮腫を認める。血液所見:赤沈63mm/1時間、Hb12.5g/dl、白血球8.600。血清生化学所見:尿酸6.7mg/dl、AST22IU/l、ALT12IU/l、LDH347IU/l(基準176~353)、ALP178IU/l(基準260以下)。CRP1.4mg/dl。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH7.46、PaO2 54.0Torr、PaCO2 36.2Torr。心電図では右軸偏位、II、III、aVFに肺性Pを認める。胸部エックス線写真では両下肺野に間質影を認める。
  • まず行うのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101G053]←[国試_101]→[101G055

106I058」

  [★]

  • 32歳の女性。発熱多関節痛とを主訴に来院した。 3年前から光線過敏に気付いていた。 1年前の冬にRaynaud現象が出現した。 6か月前から時々、両側の手関節の関節痛を自覚していた。 3か月前から多数の関節に腫脹と疼痛とがみられ、持続するようになったため受診した。体温38.6℃。脈拍92/分、整。血圧110/60mmHg。頚部に可動性のあるリンパ節腫脹を認める。両側の手関節、第2-4指の近位指節間関節および中手指節間関節に腫脹と圧痛とを認める。赤沈50mm/1時間。血液所見:赤血球310万、 Hb11.0g/dL、 Ht33%、白血球3,300、血小板10万。血液生化学所見: AST35IU/L、 ALT40IU/L、 LD 370IU/L(基準176-353)。CRP 1.5 mg/dL。
  • この疾患の診断に最も感度の高い検査はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106I057]←[国試_106]→[106I059

102I031」

  [★]

  • 疾患と皮膚所見の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102I030]←[国試_102]→[102I032

107G018」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107G017]←[国試_107]→[107G019

097G026」

  [★]

  • 物理的要因と健康障害の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097G025]←[国試_097]→[097G027

095B080」

  [★]

  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 095B079]←[国試_095]→[095C001

097H079」

  [★]

  • 正しい組合せはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097H078]←[国試_097]→[097H080

095B065」

  [★]

  • 血清病にみられる症状はどれか。
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 095B064]←[国試_095]→[095B066

085B087」

  [★]

  • 正しい組み合わせは
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]

106I023」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106I022]←[国試_106]→[106I024

レイノー現象」

  [★]

Raynaud phenomenon, Raynaud's phenomenon
(国試)Raynaud現象レイノー病レイノー症状 Raynaud症状レイノー症候群

概念

  • 四肢末梢の発作的血流障害により、蒼白からチアノーゼ、発赤という色調変化を示す現象をいう。

疫学

  • 健常人の5%までに見られる(REU.44)
  • 90%以上が女性、25歳以下(REU.44)

分類

  • 出現頻度:強皮症(>95%)、筋炎(25%)、シェーグレン症候群(20-30%)、全身性エリテマトーデス(20-30%)、関節リウマチ(<5%)。

病因

REU.44
  • 薬剤性

治療

  • 生活療法:寒冷をさけ保温する。禁煙。
  • 薬物療法:血管拡張薬(カルシウム拮抗薬)、プロスタグランジン、交感神経遮断薬。
  • カルシウム拮抗薬はニフェジピンを使うが、ジルチアゼムでも有効。ニコチン酸系薬や硝酸薬も有効。(REU.45)
  • アンジオテンシンII受容体拮抗薬、ACE阻害薬、シロスタゾールも有効な事がある。(REU.45)
  • 手術療法:頚部の交感神経切断術。ただし一過性。(REU.45)

参考

  • 1. [charged] Clinical manifestations and diagnosis of the Raynaud phenomenon - uptodate [1]




現象」

  [★]

phenomenonphenomenaeventphenomenal

国試ででそうな現象




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡