RNA塩基配列決定法

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ポストラベル法によるRNA塩基配列決定法
  • 口野 嘉幸,西村 暹
  • 蛋白質核酸酵素 24(11), p1273-1289, 1979-09-00
  • NAID 40002329799

関連リンク

DNA塩基配列の決定は今日では非常に一般的な技術であり、高価なシーケンサーさえ一台あれば誰でも簡単に行うことが出来ます。用いられるジデオキシ・ターミネーション法の原理はイギリスの化学者フレデリック・サンガーに ...
塩基配列決定法 の原理は,「 遺 伝子工学 」などで学んだはずです。組み込んだ cDNA から タンパク質を発現させ,そのタンパク質を用いて実験をしたい場合には,できることなら 挿入した cDNA (の 翻訳領域 ) の端から端まで ...

関連画像

高速塩基配列決定装置 4 塩基配列の決定rRNA 塩基配列の決定による 図2】


★リンクテーブル★
関連記事配列」「R」「決定」「配列決定」「RNA

配列」

  [★]

sequencearrangementarrayconstellationarrangesequential
協定経時的系列結果シークエンスシーケンス順序準備筋道整列取り計らう配置配列決定連続連続的逐次結果としての時系列並べるアレイ順次整理


PHP関数

array_unique()

	for ( $i = 0 ; $i < 5 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 1;
	}
	for ( $i = 5 ; $i < 15 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 2;
	}
	for ( $i = 15 ; $i < 20 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 3;
	}

	$a['w'][5]=100;
	$a['w'][15]=100;

var_dump($a);
	$b = array_unique($a['w']); #配列 重複キー 消去

var_dump($b);

-----
array(2) { 
	["w"]=> array(20) 
		{
			[0]=> int(100) [1]=> int(101) [2]=> int(102) [3]=> int(103) [4]=> int(104) [5]=> int(100) [6]=> int(106) [7]=> int(107) [8]=> int(108) [9]=> int(109) [10]=> int(110) [11]=> int(111) [12]=> int(112) [13]=> int(113) [14]=> int(114) [15]=> int(100) [16]=> int(116) [17]=> int(117) [18]=> int(118) [19]=> int(119) } 
	["m"]=> array(20) 
		{
			[0]=> int(1) [1]=> int(1) [2]=> int(1) [3]=> int(1) [4]=> int(1) [5]=> int(2) [6]=> int(2) [7]=> int(2) [8]=> int(2) [9]=> int(2) [10]=> int(2) [11]=> int(2) [12]=> int(2) [13]=> int(2) [14]=> int(2) [15]=> int(3) [16]=> int(3) [17]=> int(3) [18]=> int(3) [19]=> int(3) } } 

array(18) {
			[0]=> int(100) [1]=> int(101) [2]=> int(102) [3]=> int(103) [4]=> int(104) [6]=> int(106) [7]=> int(107) [8]=> int(108) [9]=> int(109) [10]=> int(110) [11]=> int(111) [12]=> int(112) [13]=> int(113) [14]=> int(114) [16]=> int(116) [17]=> int(117) [18]=> int(118) [19]=> int(119) } 

配列の要素の除去

array_pop

  • 配列のインデックスから、末尾にあるインデックス1つを取り除く。指定した変数の配列が空だった場合には、null が帰される。

配列の結合

  • 1. +演算子。同じキーを上書きする。
  • 2. array_push(array, array)とすると、出力が array([0]->array, [1]->array)になる。
  • 3. array_match(out_array, add_array)これでokだが、add_array = array();だとエラーが起こるので、適当なトラップが必要。 ← array_mergeの間違えでしょ?

配列要素の結合

$str = implode('/',$array);

配列の要素表示

  • var_dump()
  • print_r();


R」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 18th letter of the Roman alphabet」
r

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「resistance / 17歳以下父兄同伴映画の表示 / rook」


決定」

  [★]

decisiondeterminationdefinitiondecidedeterminedecisional
解像度解像力決断限定測定定義定量判断判定特定決める確定明確さ決心


配列決定」

  [★]

sequencingsequence
塩基配列決定法結果シークエンシングシークエンスシーケンシングシーケンス順序筋道配列連続塩基配列決定


RNA」

  [★]

リボ核酸 ribonucleic acid RNA
DNA
  • D-リボースを糖成分とする核酸


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「ribonucleic acid・リボ核酸」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡