RGD配列

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/02/26 16:59:31」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • J0204-2-1 フィブロイン中に導入したRGD配列が軟骨細胞の接着力に及ぼす影響([J0204-2]バイオトライボロジー(2))
  • 林 伸匡,神戸 裕介,山本 浩司,小島 桂,玉田 靖,富田 直秀
  • 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting 2010(6), 227-228, 2010-09-04
  • Chondrocyte-material adhesion plays an essential role in cartilage synthesis, and it is important to evaluate the adhesion quantitatively. In this study, we measured the adhesive force between chondro …
  • NAID 110008700622
  • エキスタチンの培養破骨細胞に与える影響
  • 高間 敬子
  • 岐阜歯科学会雑誌 33(1), 11-19, 2006-06-25
  • … 破骨細胞の基質への接着はインテグリンのリガンドとなる細胞外マトリックスのRGD配列に依存した部位を認識することで可能になる.クサリヘビ毒から抽出されたエキスタチンにもRGD配列が含まれるためにインテグリンに競合的に結合することで破骨細胞の骨面への接着を阻害することで骨吸収を抑制すると考えられているが,エキスタチンの作用については不明な点が多い.そこで,破骨細胞の接着に …
  • NAID 110006155060

関連リンク

検索結果: "RGD配列" im Internet, an Universitäten und in der Literatur... cyclopaedia.net ... 細胞接着シク`ナルA「g一Gーy一ASp(RGD) 西日夜りの構造と機能. 細胞接着 シグナル〈「g一Gーy一ASp (円GD) 配列の機能構造を解明する ...
細胞外マトリックス(フィブロネクチン、ビトロネクチン、コラーゲン)や血液凝固因子(フィブリノーゲン、スロンボスポンジン)はその分子内に3つのアミノ酸からなる細胞との接着に働く配列、 RGD(アルギニン、グリシン ...

関連画像

インテグリンを介するシグナル cellnest ヒトⅠ型コラーゲン様リ 川井研究室|金沢大学医薬保健 再生医療のための細胞培養に


★リンクテーブル★
関連記事配列」「R」「

配列」

  [★]

sequencearrangementarrayconstellationarrangesequential
協定経時的系列結果シークエンスシーケンス順序準備筋道整列取り計らう配置配列決定連続連続的逐次結果としての時系列並べるアレイ順次整理


PHP関数

array_unique()

	for ( $i = 0 ; $i < 5 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 1;
	}
	for ( $i = 5 ; $i < 15 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 2;
	}
	for ( $i = 15 ; $i < 20 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 3;
	}

	$a['w'][5]=100;
	$a['w'][15]=100;

var_dump($a);
	$b = array_unique($a['w']); #配列 重複キー 消去

var_dump($b);

-----
array(2) { 
	["w"]=> array(20) 
		{
			[0]=> int(100) [1]=> int(101) [2]=> int(102) [3]=> int(103) [4]=> int(104) [5]=> int(100) [6]=> int(106) [7]=> int(107) [8]=> int(108) [9]=> int(109) [10]=> int(110) [11]=> int(111) [12]=> int(112) [13]=> int(113) [14]=> int(114) [15]=> int(100) [16]=> int(116) [17]=> int(117) [18]=> int(118) [19]=> int(119) } 
	["m"]=> array(20) 
		{
			[0]=> int(1) [1]=> int(1) [2]=> int(1) [3]=> int(1) [4]=> int(1) [5]=> int(2) [6]=> int(2) [7]=> int(2) [8]=> int(2) [9]=> int(2) [10]=> int(2) [11]=> int(2) [12]=> int(2) [13]=> int(2) [14]=> int(2) [15]=> int(3) [16]=> int(3) [17]=> int(3) [18]=> int(3) [19]=> int(3) } } 

array(18) {
			[0]=> int(100) [1]=> int(101) [2]=> int(102) [3]=> int(103) [4]=> int(104) [6]=> int(106) [7]=> int(107) [8]=> int(108) [9]=> int(109) [10]=> int(110) [11]=> int(111) [12]=> int(112) [13]=> int(113) [14]=> int(114) [16]=> int(116) [17]=> int(117) [18]=> int(118) [19]=> int(119) } 

配列の要素の除去

array_pop

  • 配列のインデックスから、末尾にあるインデックス1つを取り除く。指定した変数の配列が空だった場合には、null が帰される。

配列の結合

  • 1. +演算子。同じキーを上書きする。
  • 2. array_push(array, array)とすると、出力が array([0]->array, [1]->array)になる。
  • 3. array_match(out_array, add_array)これでokだが、add_array = array();だとエラーが起こるので、適当なトラップが必要。 ← array_mergeの間違えでしょ?

配列要素の結合

$str = implode('/',$array);

配列の要素表示

  • var_dump()
  • print_r();


R」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 18th letter of the Roman alphabet」
r

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「resistance / 17歳以下父兄同伴映画の表示 / rook」


列」

  [★]

rowtiertrain
作条訓練、層、




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡