Proteus

出典: meddic

プロテウス属


WordNet   license wordnet

「type genus of the Proteidae」
genus Proteus

WordNet   license wordnet

「(Greek mythology) a prophetic god who served Poseidon; was capable of changing his shape at will」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/10/19 00:17:34」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Impact of Gram-negative bacteria in interaction with a complex microbial consortium on biogenic amine content and sensory characteristics of an uncooked pressed cheese.
  • Delbès-Paus C, Pochet S, Helinck S, Veisseire P, Bord C, Lebecque A, Coton M, Desmasures N, Coton E, Irlinger F, Montel MC.SourceINRA, UR545 Recherches Fromagères, 20 Côte de Reyne, 15000 Aurillac, France.
  • Food microbiology.Food Microbiol.2012 May;30(1):74-82. Epub 2011 Dec 14.
  • The impact of Gram-negative bacteria on sensory characteristics and production of volatile compounds as well as biogenic amines (BA) in the core of an uncooked pressed type model cheese was investigated in the presence of a defined complex microbial consortium. Eleven strains of Gram-negative bacter
  • PMID 22265286
  • Acinetobacter baumannii is Able to Gain and Maintain a Plasmid Harbouring In35 Found in Enterobacteriaceae Isolates From Argentina.
  • Ramírez MS, Merkier AK, Quiroga MP, Centrón D.SourceLaboratorio de Investigaciones de los Mecanismos de Resistencia a Antibióticos, Facultad de Medicina, Departamento de Microbiología, Parasitología e Inmunología, Universidad de Buenos Aires, Paraguay, 2155, Buenos Aires, Argentina.
  • Current microbiology.Curr Microbiol.2012 Mar;64(3):211-3. Epub 2011 Nov 27.
  • The aim of this study was to determine the presence of bla (CTX-M-2) in our A. baumannii population and their putative role as an alternative mechanism of resistance to third-generation cephalosporins in this species. The bla (CTX-M-2) gene is widespre
  • PMID 22119898
  • Ion mobility spectrometry for microbial volatile organic compounds: a new identification tool for human pathogenic bacteria.
  • Jünger M, Vautz W, Kuhns M, Hofmann L, Ulbricht S, Baumbach JI, Quintel M, Perl T.SourceDepartment of Anesthesiology, Emergency and Intensive Care Medicine, University of Göttingen, Robert-Koch-Str. 40, 37075, Göttingen, Germany, melanie.juenger@med.uni-goettingen.de.
  • Applied microbiology and biotechnology.Appl Microbiol Biotechnol.2012 Feb 12. [Epub ahead of print]
  • Presently, 2 to 4 days elapse between sampling at infection suspicion and result of microbial diagnostics. This delay for the identification of pathogens causes quite often a late and/or inappropriate initiation of therapy for patients suffering from infections. Bad outcome and high hospitalization
  • PMID 22327321
  • Using Nucleic Acid Microarrays to Perform Molecular Epidemiology and Detect Novel β-Lactamases: a Snapshot of ESBLs Throughout the World.
  • Lascols C, Hackel M, Hujer AM, Marshall SH, Bouchillon SK, Hoban DJ, Hawser SP, Badal RE, Bonomo RA.SourceInternational Health Management Associates, Schaumburg, IL, 60173, USA.
  • Journal of clinical microbiology.J Clin Microbiol.2012 Feb 8. [Epub ahead of print]
  • The worldwide dissemination of extended-spectrum β-lactamase (ESBL)- and carbapenemase-producing Enterobacteriaceae is a major concern in both hospital and community settings. Rapid identification of these resistant pathogens and the genetic determinants they possess is needed to assist in clinical
  • PMID 22322349

和文文献

  • Clinical Features and Long-Term Follow-Up of Quasi-Moyamoya Disease in Children.
  • Hayashi Kentaro,Horie Nobutaka,Suyama Kazuhiko,Nagata Izumi
  • Pediatric Neurosurgery 47(1), 15-21, 2011-09
  • … Associated disorders were: craniosynostosis, dwarfism with coarctation of aorta, Proteus syndrome, and cranial irradiation for brain tumor. …
  • NAID 120003238493
  • Acidic environments induce differentiation of Proteus mirabilis into swarmer morphotypes
  • Fujihara Masatoshi,Obara Hisato,Watanabe Yusaku [他]
  • Microbiology and immunology 55(7), 489-493, 2011-07
  • NAID 40018916560
  • 施設園芸の主要害虫に対するオオメカメムシおよびヒメオオメカメムシ(カメムシ目:オオメカメムシ科)の捕食量
  • 大井田 寛,上遠野 冨士夫
  • 日本応用動物昆虫学会誌 55(4), 217-225, 2011
  • 広食性天敵オオメカメムシおよびヒメオオメカメムシの3齢および5齢幼虫にナミハダニ雌成虫,ミカンキイロアザミウマ2齢幼虫,ワタアブラムシ無翅成虫,およびオオタバコガの卵または孵化直後の1齢幼虫を個別に異なる密度で与えて24時間当たり捕食数を比較するとともに,その結果から各餌種に対する最大捕食量を比較した.オオメカメムシの3齢幼虫にナミハダニまたはワタアブラムシを与えた場合を除くすべての捕食者種,捕食 …
  • NAID 130001333014

関連リンク

銀海航路での戦闘となるので必然的に目的地へと到着するまでがタイムリミットとなり、 また銀海航路は他の機船航路と違い到着までの所要時間が短く、戦闘可能時間は最大 でも10分程度となる。 よって、Proteusを撃破するにはその熾烈な攻撃に耐えうる盾役 ...
2008年8月11日 ... 米E-MU Systemsは、同社製のオーディオデバイスなどにバンドルされていた サンプリング音源「Proteus VX」v2.0を無償公開した。Windows XPに対応しており、 編集部にてWindows Vistaでの動作も確認した。現在、同社のWebサイトから ...

関連画像

Proteus VulgarisProteus vulgarisDigital Islands: Proteus, Dear Esther, and Proteus Vulgaris Bacteria SemProteus mirabilis de Eletrônica: Proteus e Crocodille


★リンクテーブル★
リンク元100Cases 10」「腸内細菌科」「尿路感染症」「日和見感染菌」「プロテウス属
拡張検索Proteus vulgaris」「Proteus属」「Proteus penneri

100Cases 10」

  [★]

☆case10 背痛
症例
27歳 女性
主訴背中に突き抜ける?痛み(pain across her back)
現病歴背中に広がる痛みを訴えて、27歳の女性救急部に運ばれてきた。2日前に熱が出て背部痛が始まり、以降調子が悪い。痛みは増強している。6時間前に2度嘔吐した。
既往歴:3ヶ月前に合併症のない胆嚢炎
・身体診断
調子が悪そうであり、紅潮している。体温:39.2℃。脈拍:120/分。血圧:104/68 mmHg心血管系呼吸器系に異常を認めず。腹部全体的圧痛両側腰部著明圧痛
検査
(血液生化学)
白血球↑、血清尿素↑、CRP
(尿検査)
タンパク:++、鮮血:+++、亜硝酸塩:++
尿の顕微鏡検査:(おそらく400倍の一視野に)赤血球>50、白血球>50
腹部X線:正常
glossary
loin n. (pl)腰、腰部(→(adj.)lumbar)。(獣の)腰肉、ロイン。(pl)陰部生殖器性器
腸雑音腸音intestinal murmurintestinal soundbowel sound
urine microscopy 尿の顕微鏡検査
dysuria 排尿障害
urgency n. 切迫、急迫、危急。緊急、火急、焦眉の急。[pl]しつこい要求、懇願。せき立てる力、刺激
hydronephrosis 水腎症
-nephros 腎臓
-stomy 開口術
nephrostomy n. 腎瘻造設術腎造瘻術腎瘻術
obstructive urophathy 閉鎖性尿路疾患
intravenous fluid 静脈内輸液
commence vt. 始める、開始する。 vi. ~から始める、始まる(with)
urgently
eradication n. 根絶、撲滅
mimic vt. ~の物まねをする、まねて馬鹿にする。そっくりに[卑屈に]まねる。~によく似る
renal ultrasound 腎臓超音波検査
obstructive uropathy 閉塞性尿路疾患
polycystic kidney disease 多発性嚢胞腎
medullary sponge kidney 海綿腎
loin-pain hematuria syndrome 腰痛血尿症候群
解説
(第1パラグラフ)疫学
 急性腎盂腎炎男性より女性more common尿路からの細菌の上行感染リスク妊娠糖尿病、免疫低下者、尿路奇形(尿の腎臓への逆流。そして多分狭窄していたりして結石閉塞されやすいこともあると思う)
(第2パラグラフ)病態
 食欲不振悪心嘔吐と共に40℃の発熱が出ることがある。
 腎盂腎炎患者の中には膀胱炎先行症状(排尿障害頻尿、尿意切迫血尿)がある人がいるけど、こういう下部尿路症状がいつも出現するわけではない。
 多くの腎盂腎炎患者は、先行する6ヶ月以内の膀胱炎既往がある。
 老人場合、非典型的な症状を示し、そして混乱した状態でやってくる。
 腎盂腎炎は他の病態によく似ている:急性虫垂炎、急性胆嚢炎急性膵炎下葉肺炎
 普通体表から見て腎臓の直上に前からも後ろからも圧痛を感じる。
 未治療腎盂腎炎では敗血症になるかもしれない。
(第3パラグラフ)本ケースについて
 ・CRP上昇急性感染症示唆
 ・顕微鏡的血尿タンパク尿、白血球増多は尿路炎症を示す。
 ・硝酸塩(nitrate, HNO3と何かの塩)から亜硝酸塩(nitrite, HNO2と何かの塩)への還元により細菌存在確認される。
  覚え方:亜硝酸は(Oが一つ)足らないi(愛)
  でも複雑です。
   HNO2 亜硝酸 nitrous acid, nitrite 。亜硝酸塩 nitrite
   HNO3 硝酸 nitric acid, nitrate   。硝酸塩 nitrate
(第4パラグラフ)管理
 ・女性入院すべき。
 ・血液と尿の採取
 ・静脈内輸液抗生物質治療開始微生物同定されたら、感受性のある抗菌薬を使用する。初期治療ではゲンタマイシンアンピシリンシプロフロキサシンを用いる
 ・腎臓エコー検査尿路閉塞除外するため。閉塞性尿路疾患では、激しい痛み、発熱敗血症ショック腎不全を伴う脳腎症を起こしうる。
 ・尿路敗血症経過水腎症が疑われたら、合併症を防ぐために緊急に腎瘻を造設すべき
(第5パラグラフ)薬物治療
 ・(腎結石など合併していない)腎感染症(ucomplicated renal infection)患者抗生物質2週間のコース治療すべき。
 ・感染根絶確実にする治療が終わった後10-14日間は、反復して細菌培養をする。<
 ・尿路結石を有する感染症や腎瘢痕を有する患者では抗生物質6週間のコースが用いられる。
鑑別診断ポイント
 腎盂腎炎片側性、あるいは両側性の腰痛を引き起こす。
 腰部痛の鑑別診断
  閉塞性尿路疾患
  腎梗塞心疾患などで生じた血栓腎動脈またはその分枝閉塞し、その血管の支配領域が虚血性壊死に陥った状態
  腎細胞癌:腎尿細管上皮細胞より発生する悪性腫瘍
  腎乳頭壊死腎乳頭より腎髄質にかけて、その支配動脈の虚血により壊死を来したもの。 主として基礎疾患糖尿病を有する人にみられ、しばしば急性腎盂腎炎などの尿路感染に伴って発症する。
  腎結石
  糸球体腎炎
  多発性嚢胞腎先天性かつ両側性に腎実質内に大小無数の嚢胞発生する。 ほとんどが両側性で、貧血、顕微鏡的血尿蛋白尿、高血圧といった症状を呈しながら腎機能が低下し、最終的には腎不全となる疾患
  海綿腎腎錐体における集合管先天性嚢状拡張症。症状としては拡張した集合管に尿の停滞 → 感染・細かな結石ができる。
  腰痛血尿症候群:若年女性に好発し、反復して出現する腰部から側腹部の強い疼痛血尿主徴とする病因不明の疾患。肉眼的血尿軽度蛋白尿がみられることもあるが、特異的検査所見はなく、診断は他疾患除外診断による
■KEYPOINT
急性腎盂腎炎は下部尿路症状があったり無かったりする。
腎臓超音波検査尿路閉塞否定するために入院24時間後に行うべき。
抗菌薬は、再発リスク最小限するために、少なくとも2週間継続すべき。
閉塞性尿路疾患(http://merckmanual.jp/mmpej/sec17/ch229/ch229a.htmlより引用)
KUB陰影から尿路結石成分の推定
 リンカルシウム(22.0)
 シュウ酸カルシウム(10.8):シュウ酸カルシウム結石は,尿路結石のうちで最も頻度が高く(70~80%),シュウ酸カルシウム結石の約半数はリンカルシウムとの混合結石である。
 リン酸マグネシウムアンモニウム(4.1):ストラバイト結石尿素分解菌(Proteus 、Klebsiella 、Pseudomonas )による尿路感染原因で、尿素分解されアンモニアとなると尿がアルカリ性となり、リン酸マグネシウムアンモニウム結石形成される。
 シスチン(3.7):ホモシスチン尿症
 尿酸(1.4):痛風
 キサンチン(1.4):プリン
□多嚢胞
 常染色体劣性多発性嚢胞腎ARPKD
  旧名:幼児型嚢胞
 常染色体優性多発性嚢胞腎ADPKD
  旧名:成人型嚢胞


腸内細菌科」

  [★]

Enterobacteriaceae
細菌
  • 代表的なもの8つを覚ておく!
エンテロバクター属 Enterobacter
エシェリキア属  Escherichia
クレブシエラ属 Klebsiella
プロテウス属 Proteus
サルモネラ属 Salmonella
セラチア属 Serratia
シゲラ属 Shigella
エルシニア属 Yersinia

腸内細菌科 (SMB.163)

菌種 日和見
感染菌
感染症
Citrobacter Citrobacter freundii   尿路感染、骨髄炎、下痢
Edwardsiella Edwardsiella tarda 腸管外感染症
Enterobacter Enterobacter aerogenes 肺炎、尿路感染
Enterobacter cloacae
Enterobacter gergoviae
Enterobacter sakazakii   新生児敗血症、髄膜炎
Escherichia Escherichia coli   下痢、腸炎、腸管外感染症(尿路感染症、骨髄炎)
Hafnia Hafnia alvei   腸管外感染症
Klebsiella Klebsiella oxytoca   下痢
Klebsiella pneumoniae 肺炎、尿路感染
Kluyvera Kluyvera ascorbata  
Kluyvera cryocrescens  
Morganella Morganella morganii   尿路感染症
Proteus Proteus mirabilis 尿路感染症
Proteus vulgaris
Providencia Providencia alcalifaciens   尿路感染症、下痢
Providencia rettgeri   尿路感染症、下痢
Providencia stuartii   尿路感染症
Salmonella Salmonella enterica   腸チフス、急性胃腸炎(食中毒)
Serratia Serratia liquefaciens  
Serratia marcescens  
Shigella Shigella boydii   細菌性赤痢
Shigella dysenteriae  
Shigella flexneri  
Shigella sonnei  
Yersinia Yersinia enterocolitica   急性胃腸炎(食中毒)、回腸末端炎、結節性紅斑
Yersinia pestis   ペスト
Yersinia pseudotuberculosis   腸間膜リンパ節炎、関節炎



尿路感染症」

  [★]

urinary tract infection, UTI, urinary tract infections, UTIs
尿路感染

定義

  • 尿路(腎、尿管、膀胱、尿道など)の感染症。尿道炎は別に取り扱われるらしい

疫学

  • 尿路感染症は特に女性に多く、30歳になるまでに4人に1人が罹患。
  • 入院患者の1/3は尿路感染症であり、さらにその3/4以上は膀胱カテーテルを留置されいる患者で起こる。

分類

背景

  • 一般細菌の上行性感染によって起こることがほとんどであり、
  • 単純性尿路感染症:尿路に明らかな基礎疾患がない。
  • 急性、20-30歳代の女性に多い
  • 慢性、高齢の男性に多い

部位

  • 上部尿路感染症:腎盂腎炎
  • 下部尿路感染症:膀胱炎

病因

  • 特異性尿路感染症
  • 非特異性尿路感染症
  • 一般的な尿路感染症

病原体

SMB.607

外来患者

院内感染患者

first aid p.162

Staphylococcus saprophyticus (10-30%) is the 2nd most common cause of UTI in young ambulatory women.

感染経路

  • 外尿道口からの上行性感染

病因

  • 冷え、過度の排尿自制、尿流の停滞、経尿道的操作など

症状

小児科 SPE.615

  • 年長児:
  • 上部:発熱、腰痛
  • 下部:排尿痛、頻尿、尿の混濁
  • 乳幼児:発熱、嘔吐、下痢、食欲不振など非特異的な全身症状
  • 新生児:乳幼児の症状 + 脱水、体重減少、黄疸など。

検査

尿検査

  • 尿:混濁
  • 尿沈渣:1視野(400倍)5個以上の白血球(膿尿)
  • 尿培養:1ml中10^5個以上の細菌 ← 中間尿の定量培養
  • 症状(頻尿、排泄痛、残尿感)ががあれば、これ以下の菌数でも病因的意義がある。

治療

日和見感染菌」

  [★]

日和見感染日和見感染症

腸内細菌科

菌種 感染症
Edwardsiella Edwardsiella tarda 腸管外感染症
Enterobacter Enterobacter aerogenes 肺炎、尿路感染
Enterobacter cloacae
Enterobacter gergoviae
Klebsiella Klebsiella pneumoniae 肺炎、尿路感染
Kluyvera Kluyvera ascorbata  
Kluyvera cryocrescens  
Proteus Proteus mirabilis 尿路感染症
Proteus vulgaris
Serratia Serratia liquefaciens  
Serratia marcescens  


プロテウス属」

  [★]

Proteus
腐敗菌Proteus属
細菌
  • first aid step1 2006 p.135,140,142,143-144
  • グラム陰性桿菌
  • 腸内細菌科
  • 通性嫌気性 ← 腸内細菌科だからね
  • ウレアーゼ活性を有する ← 腸内細菌との鑑別
  • 人から分離されるのは主に、Proteus vulgarisProteus mirabilis
  • 日和見感染菌、下部尿路感染、創傷感染、カテーテル留置患者の敗血症、火傷面の二次感染
  • 周毛性鞭毛、運動性を有する

プロテウス属


抗原交差性


Proteus vulgaris」

  [★]

プロテウス・ブルガリス
プロテウス属腸内細菌科細菌
  • first aid step1 2006 p.386,430
  • グラム陰性桿菌
  • 腸内細菌科
  • 通性嫌気性 ← 腸内細菌科だからね
  • ウレアーゼ活性を有する ← 腸内細菌との鑑別
  • 人から分離されるのは主に、Proteus vulgarisProteus mirabilis
  • 日和見感染菌、下部尿路感染、創傷感染、カテーテル留置患者の敗血症、火傷面の二次感染
  • 周毛性鞭毛、運動性を有する
  • 尿路結石の生成に関与する → ウレアーゼを持つから
struvite(magnesium-amonium phosphate) (→尿路結石症)


Proteus属」

  [★]

Proteus
プロテウス属プロテウス腐敗菌


Proteus penneri」

  [★]

プロテウス・ペンネリ


"http://meddic.jp/Proteus" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1交叉感作性+薬剤20
2ダーゼン+添付文書14
3坊功婁カテーテルキット14
4篩状 面皰状 低乳頭 類臓器型13
5アイソボログラム13
6嘔吐 噴水12
7小刻み歩行+原因11
8股関節外転装具+装着方法10
9下壁梗塞8
10メタロプロテイナーゼ8
11グレー症候群+小児8
12エストロゲン インスリン グリコーゲン7
13鶏卵大+大きさ7
14Frequency of Manual Blowdown mail7
15brom+tech+心臓6
16+白衣を着る理由 看護師 原著6
17セリンプロテイナーゼ6
18プロステーシス+整形外科6
19体幹ギプス固定 画像6
20十二指腸係蹄とは5

昨日の人気記事
 タイトル表示
1先天性肛門狭窄2
2Suen Zhang suenzhang@gmail.com mail2
3Peliosis+hepatitis+肝臓紫斑病2
4ジャテーン手術2
5皮髄境界不明瞭2
6ピーエヌツイン+ 配合変化++2
7無鉤条虫+頭部2
8ナボット卵2
9CATTLE BLEEDING LINE mail2
10CATTLE SKIN DEHIDER mail2
11線維腫症+fibromatosis2
12施行規則+学校教育法2
13部分交換輸血とは2
14wannsinnkeisou+2
15閉鎖へるにあ2
16肝細胞逸脱酵素2
17cheese cutter machine manufactures Co. ltd@email address mail2
18ボルグスケール+看護1
19ムコイド 肺炎球菌 中耳炎1
20グルカゴン負荷1