Paul-Bunnel反応

出典: meddic

ポール・バンネル反応

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 恙虫病におけるPaul-Bunnel反応について

関連リンク

ポールバンネル反応, Paul-Bunnell reaction test 平成18年6月23日中止:保険適応外のため 測定法: HA法 外注会社:SRL 臨床的意義 Epstein-Barr(EB)ウイルスの初感染を受けると、生体内ではEBウイルスに対する ...
139 医学検査のあゆみ 2 Paul-Bunnell反応 はじめに Paul-Bunnell反応はEpstein-Barr(EB)ウイルス の初感染である伝染性単核球症の古典的な診断方法 であり,標準的な教科書・医学書にも記載が多い。しかし近年,EBウイルス特異的 ...
anti-VCAIgG ++, anti-VCAIgM++, anti-EAIgM+ EAIgC+, anti-EBNA-Paul-Bunnel反応陽性 鑑別診断 咽頭扁桃炎 (連鎖球菌) 頚部リンパ節炎 (細菌、結核、ウィスル) 腺熱リケッチア症 (刺し口) 亜急性壊死性リンパ節炎 ...

関連画像

商品コード:12091201 eaigc+ anti ebna paul bunnel 反応 陽性商品コード:12070110商品コード:12075505


★リンクテーブル★
リンク元EBウイルス」「ダビッドソン吸収試験」「ポール・バンネル反応
関連記事Pauling」「Pa」「反応

EBウイルス」

  [★]

Epstein-Barr virus, EB virus, EBV
エプスタイン-バーウイルス エプスタイン-バー・ウイルスエプスタイン・バーウイルス
EBウイルス感染症ウイルス

ウイルス学

EBV関連抗原

  • EA, early antigen
  • VCA, virus capsid antigen
  • EBNA, EB virus determined nuclear antigen
  • LMA, late membrane antigen
  • LYDMA, lymphocyte-detected membrane antigen

EBV特異抗体

感染症

感染経路

  • 唾液感染

疫学

  • 日本では3歳までに80%が感染する (SMB.530)

検査

  • 急性期・回復期に、VCA-IGM, VCA-IgG, EA(早期抗原, early antigen)の高値、EBNA(核内抗原)の陰性を証明
EBNAは感染後3ヶ月以上経たないと立ち上がらない。
  • Paul-Bunnel反応(1週間40%, 4週間80-90%)




ダビッドソン吸収試験」

  [★]

Davidsohn's absorption test
Davidsohn吸収試験ダビットソン吸収試験
Paul-Bunnel反応
  • 伝染単核球症の急性期の患者には、ヒツジ赤血球を凝集させる異好抗体が出現している。しかし、健常人にも(ヒツジ赤血球を凝集させうる?)Forssman抗体血清病抗体が存在するのでこれとの鑑別が重要になる。(LAB.1145)
  • そこで、煮沸モルモット腎(F抗原とSS抗原を有する)もしくは煮沸ウシ赤血球(PB抗原とSS抗原を有する)を用いて、検査対象となる血清(つまり、Paul-Bunnel反応陽性の血清)とそれぞれ反応させて抗原と反応する抗体を除去した上で、ヒツジ赤血球を凝集しうるかどうかをみて伝染性単核球症の確定に用いる。(LAB.1145)
  • 実際の解析では煮沸モルモット腎の代わりにパパイン処理ヒツジ赤血球を使用している、らしい。
  • つまり、
  • 伝染性単核球症の血清   :煮沸モルモット腎で吸収させた場合、ヒツジ赤血球は凝集する 。煮沸ウシ赤血球では凝集しない。
  • 血清病の血清       :煮沸モルモット腎で吸収させた場合、ヒツジ赤血球は凝集しない。煮沸ウシ赤血球では凝集しない。
  • Forssman抗体陽性者の血清:煮沸モルモット腎で吸収させた場合、ヒツジ赤血球は凝集する  。煮沸ウシ赤血球では凝集する
  • と、まとめられるのかもしれない




ポール・バンネル反応」

  [★]

Paul-Bunnell test
異好抗体試験 異種親和性抗体試験 heterophile antibody testハンガナチウ・ダイヘル反応 Hanganatziu-Deicher reaction、Paul-Bunnel反応
EBウイルス
[show details]


概念

  • 赤血球凝集を利用した検査方法
  • 伝染性単核球症の診断に用いる
  • EBウイルスが原因の疾患  ←  CMVによる伝染性単核球症では上昇しない!!
  • 患者血清中にはヒツジ赤血球を凝集するIgM抗体が存在する
  • 患者の100%が陽性である→診断の補助の価値が高い

判定

陽性(128倍以上)

検査の本 LAB.1145



Pauling」

  [★] ポーリング


WordNet   license wordnet

「United States chemist who studied the nature of chemical bonding (1901-1994)」
Linus Pauling, Linus Carl Pauling


Pa」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「protactiniumの化学記号」


反応」

  [★]

(生物)response、(化学)reactionrespondreactresponsive
応答応答性反応性返答





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡