PT

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/02/12 18:06:01」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Electrooxidation of morin hydrate at a Pt electrode studied by cyclic voltammetry.
  • Masek A, Chrzescijanska E, Zaborski M.SourceTechnical University of Lodz, Institute of Polymer and Dye Technology, Faculty of Chemistry, ul Stefanowskiego 12/16, 90-924 Lodz, Poland. Electronic address: anna.masek@p.lodz.pl.
  • Food chemistry.Food Chem.2014 Apr 1;148:18-23. doi: 10.1016/j.foodchem.2013.10.003. Epub 2013 Oct 9.
  • The process and the kinetics of the electrochemical oxidation of morin in an anhydrous electrolyte have been investigated using cyclic and differential pulse voltammetry. The oxidation mechanism proceeds in sequential steps related to the hydroxyl groups in the three aromatic rings. The oxidation of
  • PMID 24262520
  • Nanotubular MnO2/graphene oxide composites for the application of open air-breathing cathode microbial fuel cells.
  • Gnana Kumar G, Awan Z, Suk Nahm K, Stanley Xavier J.SourceDepartment of Physical Chemistry, School of Chemistry, Madurai Kamaraj University, Madurai 625021, India. Electronic address: kumarg2006@gmail.com.
  • Biosensors & bioelectronics.Biosens Bioelectron.2014 Mar 15;53:528-34. doi: 10.1016/j.bios.2013.10.012. Epub 2013 Oct 24.
  • Nanotubular shaped α-MnO2/graphene oxide nanocomposites were synthesized via a simple, cost and time efficient hydrothermal method. The growth of hollow structured MnO2 nanotubes preferentially occurred along the [001] direction as evidenced from the morphological and structural characterizations.
  • PMID 24240107
  • Direct electrochemistry of myoglobin at reduced graphene oxide-multiwalled carbon nanotubes-platinum nanoparticles nanocomposite and biosensing towards hydrogen peroxide and nitrite.
  • Mani V, Dinesh B, Chen SM, Saraswathi R.SourceDepartment of Chemical Engineering and Biotechnology, National Taipei University of Technology, No. 1, Section 3, Chung-Hsiao East Road, Taipei 106, Taiwan, ROC.
  • Biosensors & bioelectronics.Biosens Bioelectron.2014 Mar 15;53:420-7. doi: 10.1016/j.bios.2013.09.075. Epub 2013 Oct 18.
  • We described the preparation of a novel nanobiocomposite, reduced graphene oxide- multiwalled carbon nanotubes-platinum nanoparticles/myoglobin (RGO-MWCNT-Pt/Mb) for the direct electrochemistry of myoglobin and its application towards determination of hydrogen peroxide (H2O2) and nitrite (NO2(-)). R
  • PMID 24211453

和文文献

  • ペアレントトレーニング(親訓練)の理論的基礎 : 効果的プログラムの開発に向けて(その2)
  • 免田 賢
  • 佛教大学教育学部学会紀要 12, 39-53, 2013-03-18
  • … 本研究は、ペアレントトレーニング(親訓練、PT)という治療法の意義を確認し、その治療機能について検討することを目的としている。 … PTプログラムは、実施形式の拡張をみせ様々な機関においておこなわれるようになった。 …
  • NAID 110009557304
  • 1980年代における米金融制度改革と金融システム分析の視点(上)
  • 神野 光指郎
  • 福岡大学商学論叢 57(3/4), 151-182, 2013-03-00
  • NAID 110009558009

関連リンク

協会の事業の紹介と、理学療法士の学校、求人情報や、学会・研修会案内。
理学療法士や作業療法士,言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト,掲示板、研修会や養成校、求人情報、診療報酬、介護報酬を報掲載中 ... 2013.07.22 祝!!山口かずゆき参議院議員誕生!! 2013.03.21 山口かずゆき前衆議院議員、みんな ...

関連画像

 PT Negócios! Consulte a AEDA para Ruiz simpatizantes del PT en XonacatlánPT.jpgPARTIDO DOS TRABALHADORES PT, que oscila entre os princípios e aPT realiza encontro regional em Codó com


★リンクテーブル★
国試過去問103D055」「103C011」「104G018」「098H042
リンク元抗リン脂質抗体症候群」「播種性血管内凝固症候群」「プロトロンビン時間」「出血性疾患」「国際標準化比
拡張検索PTHrP」「PTH」「PTS」「PTH関連蛋白
関連記事P」「Ping

103D055」

  [★]

  • 19歳の男性。臀部の腫脹と疼痛とを主訴に来院した。3日前に椅子で臀部を打ち、2日前から徐々に腫脹と疼痛とが強くなってきた。幼少時から同様のエピソードを何回か繰り返し、病院を受診している。意識は清明。体温37.8℃。脈拍92/分、整。血圧 118/62mmHg。皮膚に出血斑を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟。両膝関節の腫脹と屈曲制限とを認める。左臀部は腫脹、緊満し、圧痛を認めるが、発赤は認めない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球342万、Hb 11g/dl、Ht 33%、網赤血球 4.1%、白血球 9,400、血小板 38万。血液生化学所見:総蛋白 7.5g/dl、アルブミン 4.8g/dl、尿素窒素 20mg/dl、クレアチニン 0.9mg/dl、尿酸 5.6mg/dl、総コレステロール 164mg/dl、総ビリルビン 1.8mg/dl、直接ビリルビン 0.4mg/dl、AST 52IU/l、ALT 38IU/l、LD<LDH> 402IU/l(基準176~353)。CRP 0.5mg/dl。
  • 異常がみられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103D054]←[国試_103]→[103D056

103C011」

  [★]

  • 検体を凍結してもよい検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103C010]←[国試_103]→[103C012

104G018」

  [★]

  • 肝予備能の評価に有用な血液検査項目はどれか。 3つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 104G017]←[国試_104]→[104G019

098H042」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 098H041]←[国試_098]→[098H043

抗リン脂質抗体症候群」

  [★]

antiphospholipid syndrome, antiphospholipid antibody syndrome, anti-phospholipid syndrome, anti-phospholipid antibody syndrome, APS
抗リン脂質症候群
[[]]

概念

分類

  • 原発性
  • 続発性
  • 全身性エリテマトーデスに合併(SLEの20-40%に合併)
  • 劇症型(catastrophic APS):血小板減少症・重症、3部位以上の多臓器不全

病因

疫学

症状

  • 動静脈血栓症
  • 胎盤内の血栓形成→胎盤機能不全。妊娠5-6か月に多い。明らかな基礎疾患のない習慣流産患者のうちの20%を占める。3回続けて流産した場合は疑われる。
  • 1. 静脈血栓症:深部静脈血栓症(Budd-Chiari症候群、下肢、腎、網膜など)、肺塞栓症、腸間膜静脈血栓症
  • 2. 動脈血栓症:脳血管障害(一過性脳虚血発作、脳梗塞)、末梢動脈閉塞、腸間膜動脈血栓症、心筋梗塞、網膜動脈血栓症
  • 3. 習慣性流産:子宮内胎児死亡
  • 4. 血小板減少症(出血傾向は来さないことが多い)
  • 5. その他:網状皮斑(livedo),皮膚潰瘍、溶血性貧血、偏頭痛、舞踏病、てんかん、肺高血圧症など

REU.188

皮膚 網状皮斑、浅在性血栓性静脈炎、爪下線状出血足潰瘍、皮膚遠位部虚血、皮膚梗塞、blue-toe syndrome
神経系 一過性脳虚血脳卒中多発梗塞性認知症舞踏病横断性脊髄炎脳症片頭痛pseudotumor cerebri、脳静脈血栓
心臓 狭心症心筋梗塞、冠状動脈症、心弁膜症疣贅、心臓内血栓
肺塞栓肺高血圧
血液 血小板減少溶血性貧血
消化器 Budd-Chiari syndrome肝梗塞
腎臓 糸球体血栓、腎不全高血圧の亢進、腎動脈血栓、腎静脈血栓
産科系 胎児喪失、子宮内胎児発育遅延HELLP症候群羊水過少
眼科 網膜静脈閉塞網膜動脈閉塞、血管閉塞性網膜症、虚血性視神経症
内分泌 副腎不全
筋骨格系 阻血性壊死(?)
  • SLE様症状(蝶形紅斑、DLE、光線過敏症など)もありうる

診断

診断基準 REU.190

臨床症状1椎上、検査基準1つ以上を満たしたとき、抗リン脂質抗体症候群と診断
  • 臨床症状
  • 1. 血栓症:動脈、静脈、小血管
  • 2. 妊娠合併症
  • a. 妊娠10週以降の胎児死亡
  • b. 重症子癇前症、子癇、あるいは重症胎盤機能不全による34週以前の早産
  • c. 3回以上続けての妊娠10週以前の自然流産
  • 検査基準

検査

→ 梅毒血清反応(STS):偽陽性
抗β2-GFI/カルジオリピン複合体抗体
→ リン脂質依存性の血液凝固反応の阻害(内因系) → APTT:延長。PT:正常
  • 血小板減少 ← 血栓症

治療

  • 動脈血栓症の再発予防・・・アスピリン少量内服が第一選択
  • 静脈血栓症の再発予防・・・ワルファリン

予後

予防

播種性血管内凝固症候群」

  [★]

disseminated intravascular coagulation DIC, disseminated intravascular coagulopathy
播種性血管内凝固汎発性血管内血液凝固 generalized intravascular coagulation


  • TNF-αの作用により血管内で血液が凝固する(2008年前期免疫学)
  • 致死率は70-80% (2008年前期免疫学)

概念

  • 癌、敗血症、白血病などを基礎とし、過度の凝固亢進により、全身の微小血管に血栓が多発して循環障害による臓器障害と、血小板・凝固因子の消費と線溶系の亢進による著明な出血傾向を来す病態

病因

疫学

病変形成&病理

症状

  • 出血傾向(紫斑など皮下出血、鼻出血、血尿、消化管出血、肺出血)
  • 臓器障害(血栓形成に基づく循環障害)
  • 急性腎不全、虚血性心疾患、呼吸不全、黄疸
  • 初発は70%が出血(紫斑、うっ血斑、注射部位からの出血、消化管出血など)。

診断

表1.DIC診断基準
  厚労省DIC診断基準 急性期DIC診断基準
基礎疾患 基礎疾患あり:1点 基礎疾患は必須項目
臨床症状 出血症状あり:1点
臓器症状あり:1点
要除外診断
SIRS(3項目以上):1点
血小板数
(X104/μL)
8< ≦12:1点
5< ≦ 8:2点
  ≦ 5:3点
8≦<12 or 30%以上減少/24h:1点
  <8 or 50%以上減少/24h:3点
血清FDP(μg/ml)  
10≦ <20:1点
20≦ <40:2点
40≦   :3点
10≦ <25: 1点
25≦   :3点
D-dimerもFDPとの換算表により使用可能
フィブリノゲン(mg/dl) 100< ≦150:1点
   ≦100:2点
PT1.25≦ <1.67:1点
1.67≦    :2点
1.2≦:1点
DIC診断 7点以上
(白血病群では、出血症状と血小板数を除いて、4点以上)
4点以上
(白血病群には適応できない)

検査

  血液マーカー DIC DIC 意義 例外
global coagulation tests プロトロンビン時間 PT   肝障害
フィブリノゲン   ↓or→ 炎症、肝障害
血小板数   肝障害、骨髄抑制、血小板抗体
フィブリン分解産物 FDP 線溶亢進 炎症で増加が減少
止血系分子マーカー トロンビン・アンチトロンビンIII複合体 TAT, F1+2 トロンビン生成 その他の血栓症でも増加
SF, Dダイマー   フィブリン生成  
PPIC, Dダイマー   フィブリン分解  
トロンボモジュリン TM 血管内皮障害 腎障害
アンチトロンビン AT 肝障害
プロテインC PC 肝障害
プラスミノゲンアクティベーターインヒビター1 PAI-1 線溶低下 高脂血症
組織因子 TF 外因系の活性化 大動脈瘤
第VIIa因子 FVIIa
組織因子経路インヒビター TFPI

治療

予後

予防

参考

どの診断基準を使うべきか記載有り
[display]http://fhugim.com/2%E2%96%A0%E2%96%A0p=2454



プロトロンビン時間」

  [★]

prothrombin timePT
血液凝固試験プロトロンビン時間国際比活性化部分トロンボプラスチン時間 APTT

概念

  • an isolated abnormal prothorombin time suggests FVII deficiency (HIM.725)
  • 外因系の凝固能を測定する
  • F III(組織トロンボプラスチン)を加えて Ca, F I(フィブリノゲン), F II(プロトロンビン), F V, F VII, F X による凝固能をみる

検体

  • 血漿(採血管はクエン酸が加えられたものを使用)

方法

  • クエン酸を加えた血漿を検査用の試験管に入れ37℃で加温。37℃に保温した組織トロンボプラスチン・カルシウムを加え、時間の測定を開始する。試験管を傾斜・浸透させ、フィブリンが析出するまでの時間を測定する。

評価方法

LAB.414
  • 1. プロトロンビン時間:凝固時間をそのまま[s]で表現。
  • 2. プロトロンビン比(PR):標準血漿のPT(秒)に対する被検血漿のPT(秒)の比。基準範囲1.00±0.15
  • 3. プロトロンビン活性/プロトロンビン濃度:正常対象血漿を100%とし、硫酸バリウム血漿もしくは2mg/mlウシフィブリノゲン液で希釈系列をつくり、そのそれぞれについて凝固時間を測定し検量線を作成する。被検血漿のPT(秒)を測定し、検量線から標準血漿のどれだけの活性があるかを表現する。基準範囲80-100%
  • 4. プロトロンビン時間国際比 INR:プロトロンビン時間の測定で用いられる試薬には差があるため、トロンボプラスチン試薬の国際標準品をさだめ、それに対する各試薬の感度ISIを定める。その上で、プロトロンビン比を補正する。
INR = (プロトロンビン比 PR)ISI=(被検血漿のPT/正常血漿のPT)ISI


臨床関連



出血性疾患」

  [★]

hemorrhagic disease


出血性疾患 (first aid step1 2006 p.301)

Disorder platelet count bleeding time   PT  .   PTT  .
qualitative platelet defects
thrombocytopenia
hemophilia A or hemophilia B
von Willebrand's disease
DIC


国際標準化比」

  [★]

international normalized ratio, INR
プロトロンビン時間国際比
プロトロンビン時間 prothrombin time PT = 血漿プロトロンビン時間 PPTプロトロンビン比


  • INR= (検体血漿凝固時間/正常血漿凝固時間)ISI
INR大:凝固しづらい傾向
INR小:凝固しやすい傾向
  • 基準値:1.0±0.1

定義

  • (被検血漿のプロトロンビン時間) / (正常対照血漿のプロトロンビン時間)
  • 正常な血漿であれば1.0、凝血時間が延長すれば1より大きい値を示す。

治療

  • 抗凝固療法ではINR=2.0-3.0を目指す(欧米の基準)。日本では1.6-2.5程度にコントロールしているらしい。


PTHrP」

  [★]


PTH」

  [★]


PTS」

  [★]


PTH関連蛋白」

  [★] 副甲状腺ホルモン関連ペプチド


P」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 16th letter of the Roman alphabet」
p

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「parking」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「phosphorusの化学記号」


Ping」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a river in western Thailand; a major tributary of the Chao Phraya」
Ping River


"http://meddic.jp/PT" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡