PR

出典: meddic


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「public relations」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/04/07 14:56:52」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Electrochemical determination of copper ions in spirit drinks using carbon paste electrode modified with biochar.
  • Oliveira PR1, Lamy-Mendes AC1, Rezende EI2, Mangrich AS3, Marcolino Junior LH1, Bergamini MF4.
  • Food chemistry.Food Chem.2015 Mar 15;171:426-31. doi: 10.1016/j.foodchem.2014.09.023. Epub 2014 Sep 16.
  • This work describes for first time the use of biochar as electrode modifier in combination with differential pulse adsorptive stripping voltammetric (DPAdSV) techniques for preconcentration and determination of copper (II) ions in spirit drinks samples (Cachaça, Vodka, Gin and Tequila). Using the b
  • PMID 25308690
  • Chemical fingerprint analysis for quality control and identification of Ziyang green tea by HPLC.
  • He X1, Li J2, Zhao W1, Liu R1, Zhang L1, Kong X3.
  • Food chemistry.Food Chem.2015 Mar 15;171:405-11. doi: 10.1016/j.foodchem.2014.09.026. Epub 2014 Sep 16.
  • A simple and reliable HPLC fingerprint method was developed and validated for the quality control and identification of Ziyang green tea. Ten batches of Ziyang green tea collected from different plantations in Shaanxi Ziyang of China were used to establish the fingerprint. The feasibility and advant
  • PMID 25308687
  • Enzymatic browning and antioxidant activities in harvested litchi fruit as influenced by apple polyphenols.
  • Zhang Z1, Huber DJ2, Qu H3, Yun Z3, Wang H3, Huang Z3, Huang H3, Jiang Y4.
  • Food chemistry.Food Chem.2015 Mar 15;171:191-9. doi: 10.1016/j.foodchem.2014.09.001. Epub 2014 Sep 9.
  • 'Guiwei' litchi fruit were treated with 5ga.i.L(-1) apple polyphenols (APP) and then stored at 25°C to investigate the effects on pericarp browning. APP treatment effectively reduced pericarp browning and retarded the loss of red colour. APP-treated fruit exhibited higher levels of anthocyanins and
  • PMID 25308659
  • Isolation, identification and antioxidant activity of bound phenolic compounds present in rice bran.
  • Wang W1, Guo J1, Zhang J1, Peng J1, Liu T1, Xin Z2.
  • Food chemistry.Food Chem.2015 Mar 15;171:40-9. doi: 10.1016/j.foodchem.2014.08.095. Epub 2014 Aug 29.
  • The bound phenolic compounds in rice bran were released and extracted with ethyl acetate based on alkaline digestion. An investigation of the chemical constituents of EtOAc extract has led to the isolation of a new compound, para-hydroxy methyl benzoate glucoside (8), together with nine known compou
  • PMID 25308640

和文文献

  • PR誌で時代を読む : 『サントリークォータリー』とその周辺(第10回)ブランド力と文化力 : 「実績つくる」器としてのPR
  • 青山広報会議 グローバルに通用するPRパーソンの育て方
  • 国内主要PR会社編 基本に立ち返り飛躍図る (巻頭特集 "不安"を払拭するキーワード PR視点で読み解く2013年) -- (広報界の論客、国内外のPR会社に聞く 2013年注目の言葉)

関連リンク

フィリピン航空 オンライン予約 現在、フィリピン航空 オンライン予約は「英語版」でのみご利用いただけます。 オンライン予約・E-Ticketのご購入は下記、本社オフィシャルウエブサイト(英語)よりご利用ください。
「PR」とは - Public Relationsの略称。 一般的に言って、Public Relationsの定義には、ステレオタイプと、一般的な理解と、本来の定義の3種類がある。 ステレオタイプ メディアに働きかけてタダでやる広告、プロモ... ... Public Relationsの ...
東京都中央区。PR戦略に関するコンサルティング・企画立案。会社概要、業務メニュー。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みpulmonary regurgitation
リンク元心雑音」「僧帽弁狭窄症」「II音」「プロトロンビン時間」「奏効率
拡張検索MPR」「ADPR」「PREVEN」「PRPP synthetase superactivity
関連記事P」「Ping

pulmonary regurgitation」

  [★] 肺動脈弁閉鎖不全症

心雑音」

  [★]

heart murmur, cardiac murmur
拡張期雑音過剰心音レヴァイン分類

収縮期雑音 systolic murmur

拡張期雑音 diastolic murmur

continuous murmur

  • 連続的な圧較差の存在を示唆する
  • A. continuous:動脈管開存症 PDA:肺動脈弁領域。動脈管を流れる血流と雑音が比例するので、S2に向かって大きくなり、S1に向かって小さくなる。
  • B. to-and-fro: AS + AR, PS+ PR :S1~(収縮期:AS,PSによる駆出性雑音。ダイアモンド型)~S2, S2~(拡張期:MR,PRによる逆流性雑音。decrescendo)~S1 S1に向かって小さくなるので、連続音とは区別できるはず。

手技見えp.116

  • 僧帽弁開放音(OS):MS
  • 収縮中期クリック:MVP
  • 拡張期ランブル + 前収縮期雑音:MS
  • 拡張期灌水様雑音/拡張期逆流性雑音:AR、PR
  • 収縮期逆流性雑音:心尖部:MR

体位との関係

  胸壁に近づく部位  
左側臥位 心尖部 僧帽弁雑音(MR, MS)、僧帽弁開放音(OS)、III音IV音
座位前屈位 大動脈弁領域 大動脈弁閉鎖不全症(AR)
肘膝位 (心膜>-<心臓) 心膜摩擦音

呼吸との関係

右心系:三尖弁の雑音

  • 吸気時増強、呼気時減弱
吸うとき強く、吐くとき弱く
吸うと胸腔内圧が陰圧になり、静脈還流量が増加する

左心系:僧帽弁、大動脈弁の雑音

  • 吸気時減弱、呼気時増強
吸うとき弱く、吐くとき強く
胸腔内圧が上昇すると、肺から心臓に向かう血流が増加する(ホントニか?)ので、左心系の雑音が増強するのだ???????????

手技との関連

疾患別

MS

  • 概念:拡張期ランブル
  • 時相:拡張中期(open snap)に続いて。
  • 最強点:心尖部
  • 放散:
  • 体位:左側臥位
  • 音程:低音

MR

  • 概念:収縮期逆流性雑音
  • 最強点:心尖部
  • 放散:左腋窩
  • 体位:左側臥位
  • 呼吸:呼気
  • 音程:高音

AS

  • 概念:収縮期駆出性雑音
  • 最強点:2LSB
  • 放散:右鎖骨下動脈、右頚動脈
  • 体位:座位
  • 呼吸:呼気

AR

  • 概念:拡張期灌水様雑音
  • 時相:拡張期
  • 特徴:呼気で増強
  • 最強点:3LSB
  • 放散:
  • 体位:座位前屈位
  • 音程:高音

MVP

  • 概念:収縮期逆流性雑音
  • 時相:収縮期中期。クリック音の後から。
  • 音程:高音  ←  圧較差が大きいため

ASD

  • 概念:駆出期駆出性雑音
  • 最強点:2LSB
  • 放散:
  • 体位:

VSD

病態特異的な心雑音

  三尖弁閉鎖不全症 大動脈弁閉鎖不全症 大動脈弁狭窄症 僧帽弁閉鎖不全症 僧帽弁狭窄症
TR AR AS MR MS
心音

I音減弱

I音減弱

I音亢進

心雑音
過剰心音 
その他徴候
 




僧帽弁狭窄症」

  [★]

MS
mitral stenosis, MS, mitral valve stenosis
僧帽弁狭窄弁膜症
  • distolic murmur at mitral area.
  • opening snap at mitral area

疫学

  • 女性に多い。男女比1:3。
  • 50%が20歳代。20-40歳に多い。
  • 既往にリウマチ熱がある事が多い。

病因

  • 先天的な僧帽弁尖の狭窄
  • 高齢者の前尖の石灰化
  • 心内膜炎で弁尖に疣贅ができて弁口を閉塞
  • 僧帽弁の弁口:MSでは2cm^2、健常人では4-6cm^2

病態

  • 拡張期に左心房の血液を左室に駆出する抵抗が大きくなり、左心房に圧負荷がかかる!!
  • 心房細動の合併で重症化する。

合併症

  • 感染性心内膜炎:僧帽弁閉鎖不全症は感染性心内膜炎を来しやすい疾患であると認識してよいが,僧帽弁狭窄症の感染性心内膜炎は比較的少ない。よって僧帽弁狭窄症をハイリスクとすべきかどうかは議論が分かれる。(ガイドライン1より抜粋)

検査

  • 聴診
  • I音の亢進
  • 僧帽弁開放音 (open snap)
  • 心尖部拡張中期雑音:低音(low-pitched)、ランブル(rumbling)
  • 前収縮期雑音:(洞調律の時に聴取され、心房細動では消失)
  • 重症例 → グラハム・スティール雑音(肺高血圧を来した場合にPRを来し、拡張期に2-3LSBで聴取される。
  • 超音波エコー検査
  • 経胸心エコー:
  • 経食道心エコー:左房内血栓の描出に適する。

治療

  • 内科的治療
NYHA I度、かつ軽度僧帽弁狭窄症
  • 侵襲的治療
NYHA II度以上、かつ中等度以上僧帽弁狭窄症

手術療法の適応

ガイドライン2
次の1.~2.が適応を判断するのに重要である。ガイドライン2ではOMC, MVRの推奨基準やNYHA別のフローチャートが示されている。
  • 1. PTMCはNYHA II度以上の臨床症状出現 ← 僧帽弁弁口面積≦1.5cm2で左房から左室への血液流入障害が生じる。弁口面積≦1.0cm2では安静時にも左室への血液流入が障害されると肺うっ血・肺高血圧、心房細動が固定化、TRによる右心不全もきたす。
  • 2. 心房臓細動の出現
  • 3. 血栓塞栓症状の出現
QB. C-444
  • PTMCはNYHA II度以上、OMC,MVRはNYHA III度以上
  • 弁口面積1.5cm2以下で臨床症状を有する
  • NYHA I度であっても塞栓の既往や左房内血栓が疑われる場合  ←  経食道エコーで確認
  • 左房平均圧15mmHg以上
出典不明
症状と治療法の選択
  • 無症状例:保存的療法。心不全と血栓を予防。
  • 症状有り:経皮経静脈的僧帽弁交連裂開術、僧帽弁置換術

ガイドライン

  • 1. 感染性心内膜炎の予防と治療に関するガイドライン(2008年改訂版)
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2003_miyatake_h.pdf%20
  • 2. 弁膜疾患の非薬物治療に関するガイドライン(2007年改訂版)
http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2007_matsuda_h.pdf

国試




II音」

  [★]

second heart sounds, S2
心音

まとめ

II音亢進 IIA 高血圧 AR 動脈硬化
IIP 肺高血圧 PR MS
II音減弱 IIA 低血圧 AS  
IIP   PS  

II音増大

MSとASとでは、同じstenosisでも心音の大きさに関与の仕方が違うんですね。
拡張期における大動脈圧、肺動脈圧が高い → 弁に衝突する血液の流速が早い → 弁の閉鎖音が大きい
  • 動脈硬化の強いとき
  • 大動脈弁が閉じるとき、拡張期早期 back pressureが高い?
  • 拡張期に大動脈弁を挟んだback pressureが高いから?
  • 右室へのvolume load。PHで顕著

II音減弱

  • 駆出できる血液量がへるから?

分裂音

呼吸性分裂

PHD.33-35
  • 生理的状態では、
  横隔膜の相対的位置 II音
呼気 expiration single sound
吸気 inspiration _ | | splitting sound
  • (1)吸気時には、肺の血管抵抗性が低下 → 拡張期におけるP弁へのback pressureは呼気時と比べ比較的低下する →P弁の開放時間が延長
  • (2)吸気時には、肺静脈が拡張 → 左房・左室への血液還流量が減少 → 左室を充満する血液量減少 → 一回拍出量減少 → 駆出時間の短縮 → A弁の開放時間が短縮

widened splitting

  • right bundle branch block(RBBB), pulmonic stenosis(PS)
IIAが早まる:MR, VSD
IIPが遅れる:RBBB, PS, pulmonary hypertension

固定性分裂 fixed splitting

奇異性分裂 paradoxical splitting

単一II音 single S2


プロトロンビン時間」

  [★]

prothrombin timePT
血液凝固試験プロトロンビン時間国際比活性化部分トロンボプラスチン時間 APTT

概念

  • an isolated abnormal prothorombin time suggests FVII deficiency (HIM.725)
  • 外因系の凝固能を測定する
  • F III(組織トロンボプラスチン)を加えて Ca, F I(フィブリノゲン), F II(プロトロンビン), F V, F VII, F X による凝固能をみる

検体

  • 血漿(採血管はクエン酸が加えられたものを使用)

方法

  • クエン酸を加えた血漿を検査用の試験管に入れ37℃で加温。37℃に保温した組織トロンボプラスチン・カルシウムを加え、時間の測定を開始する。試験管を傾斜・浸透させ、フィブリンが析出するまでの時間を測定する。

評価方法

LAB.414
  • 1. プロトロンビン時間:凝固時間をそのまま[s]で表現。
  • 2. プロトロンビン比(PR):標準血漿のPT(秒)に対する被検血漿のPT(秒)の比。基準範囲1.00±0.15
  • 3. プロトロンビン活性/プロトロンビン濃度:正常対象血漿を100%とし、硫酸バリウム血漿もしくは2mg/mlウシフィブリノゲン液で希釈系列をつくり、そのそれぞれについて凝固時間を測定し検量線を作成する。被検血漿のPT(秒)を測定し、検量線から標準血漿のどれだけの活性があるかを表現する。基準範囲80-100%
  • 4. プロトロンビン時間国際比 INR:プロトロンビン時間の測定で用いられる試薬には差があるため、トロンボプラスチン試薬の国際標準品をさだめ、それに対する各試薬の感度ISIを定める。その上で、プロトロンビン比を補正する。
INR = (プロトロンビン比 PR)ISI=(被検血漿のPT/正常血漿のPT)ISI


臨床関連



奏効率」

  [★]

objective response rate, rate of effect
生存率
[show details]
奏功率は誤り
  • 治療の実施後にがんが縮小したり消滅したりする患者の割合のこと。
  • がんの大きさが半分以下になり、その状態が4週間以上続いた患者の比率。

完全奏功 消失 CR、部分奏功 縮小 PR、不変 NC、進行 PD、6ヶ月以上不変 long NC、6ヶ月以内不変 Short NC


MPR」

  [★]

  • マンノース6リン酸受容体
mannose 6-phosphate receptor


ADPR」

  [★]

adenosine diphosphate riboseADP-ribose


PREVEN」

  [★]

levonorgestrel-ethinyl estradiol


PRPP synthetase superactivity」

  [★]

phosphoribosylpyrophosphate


P」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 16th letter of the Roman alphabet」
p

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「parking」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「phosphorusの化学記号」


Ping」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a river in western Thailand; a major tributary of the Chao Phraya」
Ping River


"http://meddic.jp/PR" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡