PPHN

出典: meddic

新生児遷延性肺高血圧症 persistent pulmonary hypertension of the newborn

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Antidepressant use in pregnancy and persistent pulmonary hypertension of the newborn (PPHN): A systematic review.
  • 't Jong GW, Einarson T, Koren G, Einarson A.SourceThe Motherisk Program, Division of Clinical Pharmacology, Hospital for Sick Children, Toronto, Canada.
  • Reproductive toxicology (Elmsford, N.Y.).Reprod Toxicol.2012 Nov;34(3):293-7. Epub 2012 May 5.
  • BACKGROUND: An association between PPHN and antidepressant use in pregnancy has been reported.PURPOSE: We sought to examine this relationship.METHODS: A review of the literature was performed, to evaluate this association.RESULTS: Six published studies fulfilled our criteria for inclusion, with only
  • PMID 22564982
  • Further Findings Linking SSRIs During Pregnancy and Persistent Pulmonary Hypertension of the Newborn: Clinical Implications.
  • Galbally M, Gentile S, Lewis AJ.SourcePerinatal Mental Health Unit, Mercy Hospital for Women, Heidelberg, VIC, Australia.
  • CNS drugs.CNS Drugs.2012 Oct 1;26(10):813-22. doi: 10.2165/11630310-000000000-00000.
  • Persistent pulmonary hypertension of the newborn (PPHN) is a rare but potentially life-threatening neonatal condition. Several authors have suggested that late pregnancy exposure to selective serotonin reuptake inhibitors (SSRIs) may increase the risk of PPHN. This association has been investigated
  • PMID 22950489

和文文献

  • 一酸化窒素吸入療法 (周産期診療指針2010) -- (新生児編 新生児疾患の診断治療手技)
  • 目で見る胎児・新生児の病態 Visualized Fetal & Neonatal Disease 出生に関わる循環アダプテーション(2)PPHNに関連して,PHのpathogenisisと治療への考え方
  • PPHN(persistent pulmonary hypertension of the newborn:新生児遷延性肺高血圧症)への対応 (特集 周産期救急疾患への対応--妊産婦・新生児死亡を防ぐために) -- (新生児救急疾患--救急疾患各論編)

関連リンク

2011年3月15日 ... PPHNは、正期産児または過期産児に生じる肺血管系の障害である。 新生児仮死、 胎便吸引症候群、低酸素症、低体温などのストレスが誘因となり、肺の血管床が収縮を 起こして肺動脈の血管抵抗が上昇して肺高血圧となる。 その他の原因 ...

関連画像

 PPHN Medical management team prior toPPHN: Clinical Physiology and EpidemiologyPphnPPHN - TR colour.jpg (177198 bytes)get pphn legal help now pphn case CAUSES OF PPHN


★リンクテーブル★
リンク元新生児」「胎便吸引症候群」「胸腹裂孔ヘルニア」「新生児遷延性肺高血圧症」「persistent pulmonary hypertension of the newborn
関連記事PPH」「PP

新生児」

  [★]

neonate
新産児 newborn
胎児 fetus,乳児 infant
neonatal, newborn, newborn animal, newborn infant

定義

  • 出生後28日未満の乳児
  • 早期新生児期:出生後1週未満
  • 後期新生児期:7日から28日未満

出生後にみとめられるもの

098G051

解剖

生理

腎機能

  • 尿量:1-2ml/kg/hr-

免疫

  • 細胞性免疫>液性免疫
  • 在胎26-33週に移行した母体のIgGによる受動免疫で感染から防御している。
  • 出生後5ヶ月で消失

血液

  • Ht:50-55%:生後細胞外液の喪失に伴い上昇、8日で生後の値にもどり、3ヶ月に最も低くなる。
  • Hb:17-19g/dL
  • 白血球:9,000-30,000/mm3
  • 血小板:10-28万/mm3 (SPE.74)

身体所見

身体の大きさ

QB.P-329
  • 前後径、肩幅:11cm
  • 大横径、小斜径、殿幅:9cm
  • 体重:3300g
  • 頭囲:33cm
  • 胸囲:33cm

正常なバイタルサインなど

呼吸器

SPE.78
  • 腹式呼吸
  • 呼吸数:40-50/分 (早産児ではこれより早く、5-10秒の呼吸停止を挟む呼吸)
  • 聴診:呼吸音は胸壁が薄いためよく聴取され、高調である。

経過観察できる所見

QB.O-76改変

診察箇所と疑われる疾患

SPE.77

出生体重による分類

  • 正出生体重児 normal birth weight infant :2500g以上、4000g未満
  • 低出生体重児 low birth weight infant : 2500g未満

身長、体重による区分

SPE.48
日本での定義/体重のみで評価
  • light for gestational age infant / light for dates infant : 体重が10パーセンタイル未満の児
  • apropriate for gestational age infant AGA infant : 体重が10パーセンタイル以上の児 かつ 体重が90パーセンタイル未満の児
  • heavy for gestational age infant :体重が90パーセンタイル以上の児
参考1
体重による評価
  • light for date LFD
  • appropriate for date AFD
  • hearve for date
参考1
身長と体重による評価
small for date SFD / small for gestational age SGA
large for date? LFD? / large for gestational age? LGA?

成熟新生児の身体所見

参考2 G10.M235 SPE.78 など
  • 頭部
  • 大泉門は開存(4x4cm)しており、小泉門は小さい
  • 産瘤(経腟分娩による場合)
  • 頭頂部方向に長く変形(児が後頭位であって、経腟分娩により出生した典型的な場合)
  • 骨重積(産瘤、頭部変形、骨重積は2日程度で戻る)(経腟分娩による場合)
  • 頭髪の長さは2cm前後
  • 耳介の巻き込み
  • 面疱は鼻に限局
  • 体幹
  • うぶ毛は背中、肩甲部に限局   ←  未成熟の場合、うぶ毛は多い
  • 皮膚は厚く、血管は透けない
  • 四肢
  • 足底にしわを認める   ←  未成熟の場合、しわは少ない
  • 四肢に浮腫を認めない
  • 関節屈曲部に胎脂が残る
  • 姿勢
  • 上下肢は屈曲位をとる
  • ホルモンの影響
  • 乳房組織を触れる
  • 大陰唇の発達

新生児と疾患

在胎週数と疾患

  • 早産時に多い
  • 正産児~過期産児

参考

  • 1. C.産婦人科検査法 14.胎児発育・児体重推定 - 日産婦誌59巻6号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/59/5906-168.pdf
  • 2.
[display]http://www.hogarakana.jp/study/index.php?ID=55

国試




胎便吸引症候群」

  [★]

meconium aspiration syndrome MAS
胎便吸引胎便

概念

  • 胎便の肺内への吸引による生じる呼吸障害である。胎児が子宮内で低酸素状態に暴露されることで胎便が排泄され、またあえぎ呼吸が引き起こされ胎便を吸引して生じる。低酸素状態に対する反応性は早産児では発達していないため、正期産児、特に過期産児に多く見られる。 (SPE.102)

病因

  • 胎児の低酸素状態、血流低下(胎児切迫仮死)

病型

  • air traping
  • 気道を不完全に閉鎖し、吸気時のみ気道を閉鎖する
  • 気道を完全に閉鎖する

疫学

  • 仮死、満期産児に多い。

病態

  • 胎児の低酸素状態(胎児機能不全)
→ 腸蠕動の亢進、肛門括約筋の弛緩 → 羊水内排便
→ あえぎ呼吸 → 胎便の気管内への吸引 → 胎便による肺サーファクタントの不活性化・気道の閉塞と炎症 → 無気肺・肺気腫

症状

  • チアノーゼ、多呼吸、陥没呼吸、呻吟、樽状胸郭

合併症

  • air leak(気胸、気縦隔など), 新生児遷延性高血圧症 PPHN

検査

胸部X線写真

呼吸窮迫症候群 肺胞の拡張不全、網状顆粒状陰影、気管支透亮像、すりガラス状陰影
一過性多呼吸 肺野全体の透亮像低下(呼吸窮迫症候群より軽度)、肺尖部の高透過性
胎便吸引症候群 胎便による全肺野の炎症像(斑状、まだら状の不透亮像)

診断

治療

予後

予防

胸腹裂孔ヘルニア」

  [★]

pleuroperitoneal diaphragmatic hernia
胸腹膜裂孔ヘルニアボホダレック孔ヘルニア Bochdalek孔ヘルニア Bochdalek herniaボホダレクヘルニアBochdalekヘルニア
先天性横隔膜ヘルニア横隔膜ヘルニア横隔膜
腰肋三角ヘルニア


概念

  • 胸腹裂孔の閉鎖障害により、ヘルニア門を通じて、腸管、脾臓、肝臓が胸腔に脱出する。左に多く(右2:左8)、ヘルニア嚢を欠く。
  • 患側肺、時に両側肺の低形成を伴う。
  • 治療成績は悪い
  • 成人に至ってから発症するものもある(遅発型胸膜裂孔ヘルニア)

疫学

  • 1/2000 (L.197)

病因

病変形成&病理

症状

  • 主訴:呼吸困難、チアノーゼ
  • 呼吸循環障害

合併奇形

診断

検査

治療

予後

  • 出生後24時間以内に緊急手術が必要な症例では予後不良
  • 生後24時間以降にまで手術を待機できるような症例は予後良好。

予防

新生児遷延性肺高血圧症」

  [★]

persistent pulmonary hypertension of newborn, persistent pulmonary hypertension of the newborn persistent pulmonary hypertension in the neonate PPHN
胎児循環残存症候群 胎児循環遺残症 persistent fetal circulation syndrome PFCS、胎児循環残存 persistent fetal circulation PFC
新生児遷延性肺高血圧新生児持続性肺高血圧症
[show details]

概念

  • 出生後、肺動脈拡張不全に基づく肺高血圧、および動脈管と卵円孔を介する右左シャントによりチアノーゼを呈する疾患。(SPE.107)
  • 肺動脈拡張不全の原因として低酸素血症やアシドーシスがある。
  • 以前は胎児循環遺残症と呼ばれていたが使われなくなった。(SPE.107)

病因

  • 低酸素やアシドーシスによる肺血管抵抗の上昇
  • 横隔膜ヘルニア、新生児仮死、胎便吸引症候群、呼吸窮迫症候群、肺低形成



persistent pulmonary hypertension of the newborn」

  [★] 新生児遷延性肺高血圧症 PPHN


PPH」

  [★]

primary pulmonary hypertension, 本態性肺高血圧症
redirect 原発性肺高血圧症
primary pulmonary hemosiderosis
primary pulmonary hypertension
primary pulmonary hypertension


PP」

  [★]


"http://meddic.jp/PPHN" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡