PMID 20151782

出典: meddic

  • Selection of patients with idiopathic normal-pressure hydrocephalus for shunt placement: a single-institution experience.
  • PMID 20151782


■Abstruct
目的:特発性正常圧水頭症の患者にシャント留置後の予後を予測できることはやりがいのある仕事・努力目標・難題を意味している。今日までどんなツールあるいはツールの組み合わせも、NPHが疑われる患者の状態がシャント術後に改善するかどうかについて信頼して予測できる能力を証明してこなかった。この論文では特発性正常圧水頭症患者を選択する能力のあるCSFの流体力学的な判断基準を決定することをゴールとして、著者らは120人の患者の経験を報告している。特に、彼らはCSF-outflow resistance(R-out)とintracranial elastance(IE)との間の比較に焦点を置いている。
方法:1977/1-2005/12までのあいだ、特発性正常圧水頭症を診断された120人(臨床所見と画像に基づく)の患者はintraventricular infusion testに基づくCSF動力学評価を受けた。96人の患者はCSFシャント留置を受けた。(Group I~Group III)。転帰はStein-LangfittとLarsson scoreによって評価された。患者の病態は、少なくとも1点のStein-Langfitt score(6ヶ月と12ヶ月のフォローアップで)、と2点のLarsson scoreにおいて安定な(スコアの減少)がみられたとき「改善した」と考えられました。
結果:
・Group I
 R-out   (平均値が)改善群と非改善群で有意差無し
 IE slope IE 0.25で改善群と非改善群が分けられた
・Group II
 R-out   非改善群の2人:20mmHg/ml/min, 47mmHg/ml/min
 IE slope 改善群:0.56(0.3-1.4)、非改善群の2人:0.26, 0.27
・Group III
 R-out  
 IE slope 改善群(平均)0.51(0.31-0.7)。全員がシャントによって回復した。
・Evans ratioについて
 著明な減少:改善群84人のうち34人(40.5%)。非改善群で減少は見られない。
結論:CSFパルス圧パラメータ解析に基づく我々の戦略は臨床の実践で手術の予後を決定するのに優れた正確さを持っているように思える。
■略語
ICP intra cranial pressure 頭蓋内圧
R-out: outflow resistance 髄液流出抵抗値 [mmHg/ml/分]
 外部から脳室に持続的に液を注入したときに生じる圧力から抵抗が求められる。E=RI→R=E/I
IE slope = intracranial elastance slope
■(調べておいた方がよい用語)
intracranial elastance
■方法
・intraventricular infusion test
 21ゲージ針を皮下のRickham reservoir(Codman)に刺入。Rickham reservoirは左前角に挿入されている脳室内カテーテルに接続されている。
・グループの定義
■結論
 Group I 32 1977-1989 臨床像と放射線画像
 Group II 44 1990-2002 臨床像と放射線画像+intraventricular infusion testでIE slope > 0.25
 Group III 20 2003-2005 臨床像と放射線画像+intraventricular infusion testでIE slope ≧ 0.3
■図表の説明
Fig1.
Table1: Stein-Langfitt scale
Table2: Larsson categorization system
Fig2. 単一の波のソフトウェアによる精巧な仕上げ
Table3: 96人の患者におねる手術前の臨床所見
 3群の性、年齢、Stein-Langfitt score、Larsson scoreに有意差はありませんが、症状がある期間はGroupIとGroupII・GroupIIIの間に有意差があります。GroupIに有意差が存在するのは1977-1989の期間に一般医(general practitioner)にNPHに関する知識がなかったためと著者は考えています。
Fig3. GroupI  : R-out values and outcome. 平均R-out (-)
 改善群と非改善群の間に有意なR-outの差は認められなかった。
Fig4. GroupI  : IE values and outcome. 平均IE slope (-)
 改善群と非改善群は明らかに2つの群に分けられた。そのその値はIE 0.25であった。
Fig5. GroupII : R-out values and outcome. 平均R-out (-)
 改善群と非改善群の間に有意なR-outの差は認められなかった。
Fig6. GroupII : IE values and outcome. 平均IE slope (-)
 IE≧3.0の症例で臨床症状が改善した。改善群と非改善群の間でIEの差が見られた。
Fig7. GroupIII: R-out values and outcome. 平均R-out 14.67(7.03-23.89)
 全ての症例で臨床症状が改善した。
Fig8. GroupIII: IE values and outcome. 平均IE slope 0.51(0.31-0.7)
 全ての症例で臨床症状が改善した。
■結果
 Group I 32人
   平均R-out 13.86(4.6-26.1)
   平均IE slope 0.39(0.13-0.76)
  VPシャントによる臨床症状の改善:改善群22、非改善群10
  改善群
   平均R-out 12.92(4.6-24)
   平均IE slope 0.49(0.34-0.76)
  非改善群
   平均R-out 15.95(4.6-26.1) → 改善群と非改善群の間に有意差無し
   平均IE slope 0.19(0.13-0.25) → 改善群と非改善群は明らかに2つの群に分けられた
  Evans ratio(≧0.06を改善とみなす)
   改善群
    ≧0.06 8/22
   非改善群
    ≧0.06 0/10
   Stein-Langfitt scoreはEvans ratio≧0.06と<0.06の群の間に有意差はない
 Group II 44人 (intraventricular infusion testでIE slope > 0.25を対象にVPシャントを施行)
   平均R-out 20.92(7.03-48)
   平均IE slope 0.55(0.26-1.4)
  VPシャントによる臨床症状の改善:改善群42、非改善群2
  改善群
   平均R-out 20.32(7.03-48)
   平均IE slope 0.56(0.3-1.4)
  非改善群
   平均R-out 20, 47
   平均IE slope 0.26,0.27 ← 改善群と非改善群のとの間で有意差有り
  Evans ratio(≧0.06を改善とみなす)
   改善群
    ≧0.06 16/42
    <0.06 26/42
   非改善群
    ≧0.06 0/2
    <0.06 2/2
   改善群において、Stein-Langfitt and Larsson scoreはEvans ratio≧0.06と<0.06の群の間に有意差はない
 Group III 20人 (intraventricular infusion testでIE slope > 0.3を対象にVPシャントを施行)
   平均R-out 14.67(7.03-23.89)
   平均IE slope 0.51(0.31-0.7)
  VPシャントによる臨床症状の改善:改善群20、非改善群0
  Evans ratio(≧0.06を改善とみなす)
   改善群
    ≧0.06 10/20
    <0.06 10/20
   改善群において、Stein-Langfitt and Larsson scoreはEvans ratio≧0.06と<0.06の群の間に有意差はない
 All groups
  Evans ratio(≧0.06を改善とみなす)
   改善群
    ≧0.06 34/84(40.5%)
    <0.06 50/84
   非改善群
    ≧0.06 0
■discussion
○limitation
 ・本研究はMarmarou et al.の唱えるcriteriaに合致していない;[criteria]前向き研究、患者はランダマイズされていること、複数の施設での研究であること。
・本論文
 ・単一施設、後ろ向き、患者がランダムに割り付けられていない。
・言い訳
 ・後ろ向きに収集したデータである;シャント手術後
 but
 ・手術適応は前向きに決定されている;手術前に手術適応を決定
○手術前のCSF流体力学的所見
 ・我々の所見はシャント術のためにNPH患者の選択においてCSFのpulsationに基づくcriterionの信頼性を確認した。
○予後に関する発見
 シャント術施行後に改善しなかった人:12人
 シャント術を施行しなかった人:16人
 
■結論
 我々の結論は非常にポジティブであるように見えるが、しかし我々のレポートは、正確には治療した特発性正常圧水頭症患者における30年間以上の間の我々の経験を報告している。長期間にわたる我々の戦略は1990年以来のCSF脈圧パラメータの分析に基づかれている。この戦略に従って、臨床実践で、手術の予後を予測する非常に信頼できるcriterionを発見してきている。RCTは決定的にこの論文に焦点を充てるであろう。


関連

  • ICPとpulse pressureについて
Cerebrospinal fluid pulse pressure and intracranial volume-pressure relationships
PMID 490174

関連リンク

PMID: 20151782 [PubMed - indexed for MEDLINE] MeSH Terms Aged Aged, 80 and over Cerebrospinal Fluid Pressure/physiology* Cerebrospinal Fluid Shunts* Female Follow-Up Studies Humans Hydrocephalus, Normal Pressure ...
詳細の表示を試みましたが、サイトのオーナーによって制限されているため表示できません。
... a single-institution experience. J Neurosurg. 2010 Jul; 113 (1) :64-73. PubMed PMID:20151782. 27. Cianfoni A, Calandrelli R, De Bonis P, Pompucci A, Lauriola L, Colosimo C. Nocardia brain abscess mimicking high-grade ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元address」「読んだ論文
関連記事PMI」「PM

address」

  [★]

  • n.
  • (口頭・書面での公式的な)あいさつ(の言葉)(formal speech)。演説、公園
  • あて先、住所、所番地。上書き
  • (コンピュータ)アドレス、番地
  • 呼びかけ、呼称
  • (正式)手際よさ、器用さ
  • (正式)請願、請求(appeal)。建白書
  • (米)(大統領の)教書。
  • (米法)解任請求
  • (部品・組み立て品の)はめ込み、配置
  • (ゴルフ)アドレス(球を打つ構えを取ること、またはその姿勢)
  • vt.
  • (正式)(SVO)~を(~と)敬称で呼ぶ(as)
  • (手紙・封筒など)にあて先を書く、上書きする。(米)~に手紙を書く
  • (正式)~を(~に向けて)(じかに)言う、書く(express)。~を(~に)提出する(to)。~を申し入れる
  • (物・事)に焦点を当てる、的をしぼる、(課題など)に取り組む。(問題など)を扱う、処理する
A randomized controlled trial would definitively address this issue.(PMID 20151782)(ランダム化比較試験は間違いなく(決定的に)この論文に焦点を当てるであろう・・・ ←すごい自信ですね)
  • (商業)(船など)を(~に)付託する、委託する(to)
  • (ゴルフ)(ボール)にアドレスする。(ダンス)(パートナー)に構えの姿勢を取る。(アーチェリー)(的)をねらう
  • (コンピュータ)(データ)をアドレスする
  • (法律)(立法部からの要請により)(行政部が)(裁判官)を解任する
embark

WordNet   license wordnet

「the stance assumed by a golfer in preparation for hitting a golf ball」

WordNet   license wordnet

「(computer science) the code that identifies where a piece of information is stored」
computer address, reference

WordNet   license wordnet

「written directions for finding some location; written on letters or packages that are to be delivered to that location」
destination, name and address

WordNet   license wordnet

「the act of delivering a formal spoken communication to an audience; "he listened to an address on minor Roman poets"」
speech

WordNet   license wordnet

「a sign in front of a house or business carrying the conventional form by which its location is described」

WordNet   license wordnet

「the manner of speaking to another individual; "he failed in his manner of address to the captain"」

WordNet   license wordnet

「the place where a person or organization can be found or communicated with」

WordNet   license wordnet

「direct a question at someone」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈C〉『あて名』,住所 / 〈C〉『演説』;(口頭・文書による)あいさつの言葉(speech) / 《文》〈U〉話しぶり,応対のしかた / 〈U〉(物事を扱う)手ぎわのよさ,如才なさ / 《複数形で》くどき,求愛,求婚 / …‘に'『あてて手紙』(『小包』)『を出す』 / (人にあてて)…‘の'あて名を書いて出す《+『名』+『to』+『名』〈人〉》 / (…と)〈人〉‘に'『話にかける』,呼びかける《+『名』+『as』+『名』》 / …‘に'演説する,講演する / (…に)〈抗議など〉'を'向ける《+『名』+『to』+『名』》」

WordNet   license wordnet

「speak to someone」
accost, come up to

WordNet   license wordnet

「greet, as with a prescribed form, title, or name; "He always addresses me with `Sir''"; "Call me Mister"; "She calls him by first name"」
call

WordNet   license wordnet

「put an address on (an envelope)」
direct

WordNet   license wordnet

「give a speech to; "The chairman addressed the board of trustees"」
speak

WordNet   license wordnet

「speak to; "He addressed the crowd outside the window"」
turn to

WordNet   license wordnet

「access or locate by address」

WordNet   license wordnet

「address or apply oneself to something, direct one''s efforts towards something, such as a question」

WordNet   license wordnet

「adjust and aim (a golf ball) at in preparation of hitting」


読んだ論文」

  [★]

c-Jun N-terminal Kinase 2 Deficiency Protects Against Hypercholesterolemia-Induced Endothelial Dysfunction and Oxidative Stress. Elna Osto,et. al., Circulation. 2008;118:2073-2080
Selection of patients with idiopathic normal-pressure hydrocephalus for shunt placement: a single-institution experience.
  • PMID 20620399

J Urol. 2010 Aug;184(2):464-9. Epub 2010 Jun 17. Clinical outcome of primary versus secondary bladder carcinoma in situ. Chade DC, Shariat SF, Adamy A, Bochner BH, Donat SM, Herr HW, Dalbagni G. Urology Service, Department of Surgery, Memorial Sloan-Kettering Cancer Center, New York, New York 10065, USA.

Abstract

PURPOSE: Differences in clinical outcome are still unclear between primary and secondary bladder carcinoma in situ. We compared the clinical outcomes of primary and secondary carcinoma in situ, and identified predictive factors.

MATERIALS AND METHODS: We retrospectively analyzed the records of 476 patients with high grade cTis, including 221 with primary and 255 with secondary carcinoma in situ, from 1990 to 2008 at a high volume cancer center after transurethral resection and intravesical bacillus Calmette-Guerin therapy. End points were time to progression to invasive disease (cT1 or higher) or radical cystectomy before progression, and progression to muscle invasive disease (cT2 or higher) or radical cystectomy before progression. We used Cox proportional hazards regression models.

RESULTS: Patients with primary carcinoma in situ responded significantly more within 6 months of bacillus Calmette-Guerin than those with secondary carcinoma in situ (65% vs 39%, p <0.001). In the primary vs secondary groups the 5-year cumulative incidence of progression to cT1 or higher was 43% (95% CI 36-51) vs 32% (95% CI 27-39) and for progression to cT2 or higher it was 17% (95% CI 12-23) vs 8% (95% CI 5-13). On multivariate analysis primary carcinoma in situ was significantly more likely to progress to cT1 or higher (HR 1.38, 95% CI 1.05-1.81, p = 0.020) and to cT2 or higher, or radical cystectomy (HR 1.72, 95% CI 1.27-2.33, p = 0.001). We found no significance for age, gender or response to bacillus Calmette-Guerin as outcome predictors. Median followup was 5.1 years.

CONCLUSIONS: Patients presenting with primary carcinoma in situ have a worse outcome than those with secondary carcinoma in situ, suggesting a need to differentiate these 2 entities in the treatment decision process. Copyright (c) 2010 American Urological Association Education and Research, Inc. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.


PMI」

  [★]


PM」

  [★]



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡