PIVKA

出典: meddic

protein induced by vitamin K absence or antagonist



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/05/28 17:58:48」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Protein Induced by Vitamin K Antagonist-II (PIVKA-II) Is a Reliable Prognostic Factor in Small Hepatocellular Carcinoma.
  • Kim JM, Hyuck C, Kwon D, Joh JW, Lee JH, Paik SW, Park CK.SourceDepartment of Surgery, Samsung Medical Center, Sungkyunkwan University School of Medicine, #50 Ilwon-Dong Gangnam-Gu, Seoul, 135-710, Korea, yjongman21@gmail.com.
  • World journal of surgery.World J Surg.2013 Jun;37(6):1371-8. doi: 10.1007/s00268-013-1966-0.
  • BACKGROUND: Hepatocellular carcinoma (HCC) <2 cm in diameter has a favorable prognosis. Therefore surgical resection of small HCC is associated with good outcomes. However, the predisposing factors of prognosis following resection of HCC remain ill-defined. The aims of the present study were to
  • PMID 23443153
  • A surgically resected case of AFP and PIVKA-II producing gastric cancer with hepatic metastasis.
  • Tomono A, Wakahara T, Kanemitsu K, Toyokawa A, Teramura K, Iwasaki T.SourceDivision of Gastrointestinal Surgery, Kobe University Graduate School of Medicine.
  • Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology.Nihon Shokakibyo Gakkai Zasshi.2013 May;110(5):852-60.
  • A 78-year-old man was admitted for workup for a liver tumor. Both serum AFP and PIVKA-II levels were high (2260ng/ml and 806mAU/ml, respectively). Contrast-enhanced CT scan and MRI using Gd-EOB-DTPA demonstrated a liver tumor in segment 6 resembling the imaging patterns of hepatocellular carcinoma (
  • PMID 23648542
  • Presence of a hypovascular hepatic nodule showing hypointensity on hepatocyte-phase image is a risk factor for hypervascular hepatocellular carcinoma.
  • Ichikawa S, Ichikawa T, Motosugi U, Sano K, Morisaka H, Enomoto N, Matsuda M, Fujii H, Araki T.SourceDepartment of Radiology, University of Yamanashi, Yamanashi, Japan.
  • Journal of magnetic resonance imaging : JMRI.J Magn Reson Imaging.2013 Apr 30. doi: 10.1002/jmri.24164. [Epub ahead of print]
  • PURPOSE: To determine whether the presence of a hypovascular nodule in the liver showing hypointensity on hepatocyte-phase of gadoxetic acid-enhanced magnetic resonance imaging (EOB-MRI) is a risk factor for hypervascular hepatocellular carcinoma (HCC) in patients with chronic liver disease.MATERIAL
  • PMID 23633285

和文文献

  • 自然止血していた肝細胞癌破裂に対して腹腔鏡下肝外側区域切除術を施行した1例
  • 河岡 徹,深田 武久,桑原 太一,松隈 聰,金子 唯,原田 俊夫,平木 桜夫,福田 進太郎
  • 山口医学 62(1), 61-66, 2013-02-01
  • … 圧痛を伴う上腹部腫瘤.CT, MRI, 超音波検査にてS3に約5cm大,肝表突出型で増大傾向を伴い,早期相で不均一に造影される単発性の肝腫瘍を認めた.肝機能は異常なく,HBs-Ag(-),HCV-Ab(-)であった.術直前のAFPは45071ng/ml, PIVKA-IIは8420mAU/mlと著明高値であった.以上より肝細胞癌を疑い,腹腔鏡下肝外側区域切除術を行うこととした.気腹後,腹腔内を観察したが,少量の血性腹水ならびに小網と膵臓に被覆された肝腫瘍を認め,破裂した肝 …
  • NAID 120005246299
  • 去勢抵抗性前立腺癌と筋層浸潤性膀胱癌を併発した症例に対しGDC療法が奏効した1例
  • 永田 雄大,原 貴彦,松山 豪泰 [他],松隈 聰,金子 唯,原田 俊夫,平木 桜夫,福田 進太郎,播磨 陽平,浦山 直樹,久野 興子,松崎 祐子,佐貫 和俊
  • 西日本泌尿器科 = The Nishinihon journal of urology 75(1), 22-26, 2013-01-00
  • … 査で腫瘤全体は早期で強く造影され,後期ではwash outされた.MRIではT1強調で低信号,T2強調で一部やや高信号であった.血管造影でも腫瘍は強く濃染された.PET-CTでは腫瘍に^{18}F-FDGの集積を認めなかった.AFPならびにPIVKA-IIは基準値内であった.肝細胞癌など悪性腫瘍の可能性も完全には否定出来ず,増大傾向を認めた為,診断かつ治療目的で,腹腔鏡補助下肝尾状葉突起部部分切除術を施行した.最終診断は肝血管筋脂肪腫(肝AML),筋 …
  • NAID 120005246292
  • ソラフェニブ投与により長期PRを得られている慢性腎不全を伴う多発性肝細胞癌患者の1例
  • 石原 祐史,杉村 直美,堀口 徳之,飛鳥井 香紀,高口 裕規,井上 裕介,戸川 昭三,長谷川 泉,榊原 健治,大野 智義
  • 肝臓 54(8), 529-534, 2013
  • … ,MRI検査で多発性肝癌の再発が明らかとなり透析導入は見送られ,血管造影下の治療も施行不可能となった.肝予備能がChild Aであったためソラフェニブを400 mg/日で投与開始した(腫瘍マーカー:AFP 3774 ng/ml,PIVKA-II 14995 mAU/ml).投与後1週間前後にgrade 3の水様性下痢が出現し,200 mg/日に減量とし症状が安定したので外来フォローとなった.腫瘍マーカーは投与5カ月後には正常化し,MRI検査では多発する腫瘤像は縮小しP …
  • NAID 130003368703

関連リンク

PIVKA-II, protein induced by Vitamin K absence or antagonists-II 臨床的意義 血液 凝固因子のうちII、VII、IX、X因子はいずれも肝臓で合成されるが、このときにビタミンK が必要である。また、これらの因子はいずれも活性化の際Ca2+を必要とし、N末端領域 ...
PIVKA-Ⅱは原発性肝臓がんなどで高値を示すため、それらの診断のほかに、化学療法 や放射線療法の経過観察に用いられています。

関連画像

Pivka jama kanjon 1Pivka (river)Železniška postaja PivkaImage illustrative de l'article PivkaPivka-Žel. postajaDescription Pivka station.JPG


★リンクテーブル★
拡張検索PIVKA-II

PIVKA-II」

  [★]

protein induced by vitamin K absence or antagonist-II
γ-カルボキシル化異常プロトロンビン des-γ-carboxy prothrombin
ビタミンKワルファリン肝細胞癌

概念

  • ビタミンK依存的にF II, VII, IX, X, Protein C, Protein SのGlu残基がGla(γ-カルボキシグルタミン酸)に変換され、補酵素としてCa2+を利用してリン脂質に結合し、セリンプロテアーゼとしての活性を持つようになる、はずである。ビタミンK非存在下ではこれらの蛋白質はGlu残基のまま、つまり活性を持たないまま末梢血に出現する。これらはそれぞれPIKVA-II,VII,IX,X,PC,PSなどと呼ばれるが、このうちPIVKA-IIがマーカーとして用いられている。

意義

  • 肝細胞癌:直径2cm以下の微小肝細胞癌での陽性率は25-30%



"http://meddic.jp/PIVKA" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡