PGE1

出典: meddic

プロスタグランジンE1


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/29 07:15:58」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Multiple roles of dihomo-gamma-linolenic acid against proliferation diseases.
  • Wang X, Lin H, Gu Y.AbstractABSTRACT: Considerable arguments remain regarding the diverse biological activities of polyunsaturated fatty acids (PUFA). One of the most interesting but controversial dietary approaches focused on the diverse function of dihomo-dietary gamma-linolenic acid (DGLA) in anti-inflammation and anti-proliferation diseases, especially for cancers. This strategy is based on the ability of DGLA to interfere in cellular lipid metabolism and eicosanoid (cyclooxygenase and lipoxygenase) biosynthesis. Subsequently, DGLA can be further converted by inflammatory cells to 15-(S)-hydroxy-8,11,13-eicosatrienoic acid and prostaglandin E1 (PGE1). This is noteworthy because these compounds possess both anti-inflammatory and anti-proliferative properties. PGE1 could also induce growth inhibition and differentiation of cancer cells. Although the mechanism of DGLA has not yet been elucidated, it is significant to anticipate the antitumor potential benefits from DGLA.
  • Lipids in health and disease.Lipids Health Dis.2012 Feb 14;11(1):25. [Epub ahead of print]
  • ABSTRACT: Considerable arguments remain regarding the diverse biological activities of polyunsaturated fatty acids (PUFA). One of the most interesting but controversial dietary approaches focused on the diverse function of dihomo-dietary gamma-linolenic acid (DGLA) in anti-inflammation and anti-prol
  • PMID 22333072
  • Prostaglandin E1 dose-dependently promotes stability of atherosclerotic plaque in a rabbit model.
  • Bai W, Zheng X, Zhou L, Li H.Sourcea Department of Clinical Pharmacy, School of Pharmacy, Shandong University, Jinan, Shandong 250012, P.R. China.
  • Canadian journal of physiology and pharmacology.Can J Physiol Pharmacol.2012 Feb;90(2):131-9. Epub 2012 Feb 6.
  • This study evaluated the effect of prostaglandin E1 (PGE1) on the stability of atherosclerotic plaque. A vulnerable plaque model was established in rabbits, using balloon injury combined with a high-cholesterol diet. The rabbits were distributed into a control group, a low-dose PGE1 treatment group,
  • PMID 22309388
  • Polyunsaturated fatty acids induce modification in the lipid composition and the prostaglandin production of the conjunctival epithelium cells.
  • Viau S, Leclère L, Buteau B, Grégoire S, Acar N, Bron A, Creuzot-Garcher CP, Bretillon L, Joffre C.SourceUMR CSGA 1324 INRA - 6265 CNRS - Université de Bourgogne - AgroSup Dijon, Eye and Nutrition Research Group, 21000, Dijon, France.
  • Graefe's archive for clinical and experimental ophthalmology = Albrecht von Graefes Archiv für klinische und experimentelle Ophthalmologie.Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol.2012 Feb;250(2):211-22. Epub 2011 Sep 6.
  • BACKGROUND: This study was conducted to evaluate whether polyunsaturated fatty acids (PUFA) such as γ-linolenic acid (GLA) and eicosapentaenoic acid (EPA), as found in the diet, may affect the lipid composition of conjunctival epithelium and whether these modifications affect prostaglandin (PG) pro
  • PMID 21894532
  • The thrombin inhibitors, hirudin und Refludan® activate the soluble guanylyl cyclase and the cGMP pathway in washed human platelets.
  • Kobsar A, Koessler J, Kehrer L, Gambaryan S, Walter U.SourceAnna Kobsar and Ulrich Walter, Institut fuer Klinische Biochemie und Pathobiochemie-Zentrallabor, Universitaetsklinikum Wuerzburg, Zentrum Innere Medizin (ZIM), Oberduerrbacher Str. 6 - Haus A4, 97080 Wuerzburg, Germany, Tel.: +49 931 201 45000, Fax: +49 931 201 645000, E-mail: uwalter@klin-biochem.uni-wuerzburg.de / kobsar@klin-biochem.uni-wuerzburg.de.
  • Thrombosis and haemostasis.Thromb Haemost.2012 Jan 11;107(3). [Epub ahead of print]
  • A number of direct thrombin inhibitors are successfully used clinically and experimentally as novel antithrombotics and specific anticoagulants. They are also used as anticoagulants in certain blood collection tubes for the analysis of platelet function. A series of platelet function tests have emer
  • PMID 22234363

和文文献

  • 23pGE-1 趣旨説明(23pGE 領域10,領域8合同シンポジウム:超低速ミュオン顕微鏡:その限りない可能性を探る,領域10(誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン))
  • 鳥養 映子
  • 日本物理学会講演概要集 66(2-4), 1008, 2011-08-24
  • NAID 110008760933
  • 22pGE-1 はじめに : 水素アトミクス科学の展望-プロトニクスに向けて(22pGE 領域10,領域7,領域9合同シンポジウム:水素アトミクス科学の展望-プロトニクスに向けて,領域10(誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン))
  • 池田 進
  • 日本物理学会講演概要集 66(2-4), 985, 2011-08-24
  • NAID 110008760849
  • 24pGE-1 イルメナイト酸化物MTiO_3(M=Mn,Fe,Co,Ni)のM-Ti間電荷移動励起II(24pGE 遷移金属化合物分光研究,領域8(強相関系:高温超伝導,強相関f電子系など))
  • 安居院 あかね,水牧 仁一朗,魚住 孝幸
  • 日本物理学会講演概要集 66(2-3), 652, 2011-08-24
  • NAID 110008759634
  • 23pGE-1 趣旨説明(23pGE 領域10,領域8合同シンポジウム:超低速ミュオン顕微鏡:その限りない可能性を探る,領域8(強相関系:高温超伝導,強相関f電子系など))
  • 鳥養 映子
  • 日本物理学会講演概要集 66(2-3), 613, 2011-08-24
  • NAID 110008759498

関連リンク

... あるリマプロストアルファデクスとは、生体内で産生される物質、プロスタグランジンE1(PGE1)を改良した化合物です。 PGE1は、生体内で合成されるプロスタグランジンの一種で、血管を拡張する作用が非常に強く、かつ血小板の血液 ...
肝臓外科の分野においては特にプロスタグランジンE1(PGE1)製剤が注目されています。動物実験においては血管拡張作用、血小板凝集抑制作用、細胞膜安定化作用による肝障害抑制効果や肝再生促進効果等がすでに報告されていますが ...

関連画像

Drugs & Pharmaceutical Technology HandbookSupplementary informationNOTE: * This is a rate-limiting process Caverject, Pge1 | Buy Caverject, Pge1PGE1 - click for 3D structureLipid Compounds > PGE1 Caverject


★リンクテーブル★
先読みプロスタグランジンE1
リンク元全身性強皮症」「完全大血管転位症」「左心低形成症候群」「アルプロスタジル
関連記事PG」「PGE

プロスタグランジンE1」

  [★]

prostaglandin E1, PGE1
アルプロスタジル alprostadil
プロスタグランジンアルプロスタジルアルファデクス
  • 結晶性があり治療薬としても用いられるプロスタノイド


生理作用

  • 血小板凝集抑制作用 (SPC.285)
PGI2:PGD2:PGE1=40:4:1
PGI1とPGE1はIP受容体、PGD2はDP受容体に結合→AC↑→[cAMP]i↑→血小板凝集抑制


全身性強皮症」

  [★]

systemic sclerosis, systemic scleroderma, SSc
汎発性強皮症 diffuse sclerosis、進行性全身性硬化症 progressive systemic sclerosis PSS全身性硬化症
強皮症膠原病
  • 難病

概念

  • 皮膚硬化を特徴とする強皮症のうち、皮膚のみでなく全身の諸臓器(肺、消化管、心、腎、関節など)に病変がみられるもの。

病因

  • 遺伝
  • 環境因子
  • 珪肺症患者:リスク110倍
  • 美容などの豊胸手術後に発症:シリコンがアジュバンドとして作用
  • 塩化ビニル工場従事者に多い
  • 薬剤(ブレオマイシン、トリプトファン)
  • マイクロキメリズム(胎児由来血液幹細胞が母胎に移行)

疫学

  • 30-50歳に好発。男女比は1:3-4。(NDE.171)

病型

  • limited cuteneous SSc, diffuse cuteneous SSc

limited cuteneous SSc

  • 皮膚硬化は肘から末梢に限局
  • 内臓病変:軽度
  • 予後:良好
  • 自己抗体:抗セントロメア抗体

CREST症候群

  • 全身性強皮症の一亜型
C:carcinosis:石灰沈着
R:Raynaud's phenomenon:レイノー現象
E:esophageal dysfunction:食道機能不全
S:sclerodacrylia:強指症
T:teleangiectasia:毛細血管拡張

dissuse cuteneous SSc

  • 皮膚硬化は肘から近位
  • 内臓病変:急速に進行
  • 予後:不良
  • 自己抗体:抗Scl-70抗体

症状

  • 初発症状:レイノー現象、指、手の硬化
  • 関節炎、食道蠕動運動低下、下部食道の拡張、肺線維症(55%)、肺高血圧(5%)、心症状(不整脈、伝導障害)(10-20%)、心膜炎(3%)、吸収不良症候群、強皮腎(悪性高血圧症。5%)、橋本甲状腺炎
  • 強皮腎:血管内皮細胞の障害→血管内膜の肥厚、内腔の狭窄→血管の攣縮・虚血→輸入動脈、糸球体係蹄の壊死→レニン産生の亢進→悪性高血圧→急性腎不全

症状の出現頻度

100%:皮膚硬化、レイノー現象
60%:食道機能障害、肺線維症
20%:小腸、大腸、ミオパチー
10%:心肥大
5%:肺高血圧、強皮腎
病態 レイノー現象 抗核抗体 リウマトイド因子 抗好中球細胞質抗体 皮疹 皮下結節 関節炎 筋炎 漿膜炎 自己抗体
                  Scl-70  
 
病理 壊死性血管炎 糸球体腎炎 間質性肺炎 心炎 唾液腺炎 オニオンスキン病変 ワイヤーループ病変 ヘマトキシリン体 LE細胞  
                 

検査

診断

(1) 大基準
 手指あるいは足趾を越える皮膚硬化※1
(2) 小基準
 ① 手指あるいは足趾に限局する皮膚硬化
 ② 手指尖端の陥凹性瘢痕,あるいは指腹の萎縮※2
 ③ 両側性肺基底部の線維症
 ④ 抗トポイソメラーゼⅠ(Scl-70)抗体または抗セントロメア抗体陽性
(3) 除外基準
 ① ※1 限局性強皮症(いわゆるモルフィア)を除外する
 ② ※2 手指の循環障害によるもので,外傷などによるものを除く
(4) 診断の判定
 大基準を満たすものを強皮症と診断する。
 大基準を満たさない場合は,小基準の①かつ②~④のうち1項目以上を満たすものを強皮症と判断する

治療

  • 進行性腎不全に陥り予後は重大であるが、早期のACE阻害薬による治療が予後を改善させた(REU.195)

予後

  • 5年生存率 :93.7%
  • 10年生存率 :76.6%

予後因子

  • 全身の皮膚硬化
  • 腎病変
  • 心、血管病変
  • 抗Scl-70抗体 ←予後不良
  • 抗セントロメア抗体 ←予後良好




完全大血管転位症」

  [★]

complete transposition of great arteries, complete-TGA
完全大血管転位 ← googleでこちらが多く、ガイドラインではこちらが使われている。一方、教科書には「完全大血管転位症」として載っていることが多い
大血管転位症 TGA修正大血管転位症
[show details]


概念

  • 大動脈が右室から、肺動脈が左室から起始している先天性心疾患。

疫学

  • 男児に多い(64$)
  • 早産や低体重児であることは少ない

病型

  • 1型:60%:VSD(-)、PS(-)、ASDPDA → 心房中隔欠損か動脈開存症が生存に必須。
  • 2型:30%:VSD(+)、PS(-)
  • 3型:10%:VSD(+)、PS(+)

治療

手術療法

  • I型:生後14日までにarterial switch
  • そうでないと肺動脈・左室圧が低下し左室の心筋重量が低下してしまうため、術後に左室芽体血圧を支えることができなくなるため

まとめ PED.922

  VSD PS チアノーゼ 頻呼吸 陥没呼吸 心雑音 肺血管陰影 手術
I型 生後 なし なし 増強 生後14日までにarterial switch
II型 軽度   生後1-2週 生後数日 新生児期・乳児期早期にarterial switch手術+VSD閉鎖術
III型       生直後 Blalock-Taussig手術→Rastelli手術。乳児期から幼児期前半。

SPE.456-457, 医学大事典, YN.C-115

  割合 VSD PS ASD PDA 肺高血圧 チアノーゼ うっ血性心不全 肺血管陰影
(PHを反映)
心室肥大
pressure loadを反映?
予後 姑息手術・内科的治療 根治手術
 
I型 60(%) あり あり 生後より強い 増強 右室 うっ血心不全で70%死亡 BAS/Blalock-Hanlon手術PGE1 生後14日までにJatene手術施行
II型 30(%)     ++ 軽度   増強 右室+左室 肺高血圧で6ヶ月以内に大部分死亡 PA binding(肺血流↓)、(新生児期にBAS) 新生児期~3ヶ月以内にJatene手術施行
III型 10(%)     I型より重症   右室 比較的良好 Blalock-Taussig手術(肺血流↑) 1,2歳で二期的にRastelli手術施行


参考

  • 先天性心疾患の診断、病態把握、治療選択のための検査法の選択ガイドライン
  • [display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2010_hamaoka_h.pdf
-complete transposition of the great arteries
TGA

左心低形成症候群」

  [★]

hypoplastic left heart syndrome, HLHS
先天性心疾患

概念

  • 僧帽弁・大動脈弁の狭窄/閉塞 + 心房中隔欠損
  • 大血管と関連する心奇形のスペクトラムであり、「左心の低形成(左心室の低形成(大動脈弁や僧帽弁あるいは両方の閉鎖/狭窄/低形成, 上行大動脈の低形成))」を特徴とする。(極端な例では僧帽弁と大動脈弁が閉鎖しており、左心室は痕跡程度にしか発達しておらず、また上行大動脈は極小さいものがある。反対に、僧帽弁、大動脈弁は正常であるが、左室の低形成と左室の閉塞している例がある。)

病態

  • 血流:(体循環)大静脈 → 右心房 + (肺循環)(左心房からの酸素化された血流)ASD → 右心室 → (肺循環へ)肺動脈 + (体循環へ)動脈管

           ┌─体循環─┐
  ──右心室──┤       ├──
           └─肺循環─┘

症状

  • 新生児期のうっ血性心不全、肺高血圧。次第にチアノーゼ、多呼吸をきたす。

検査

  • 心電図:右軸偏位

治療

薬物

  • PGE1

手術療法

手術:Norwood手術、両側Glenn手術、Fontan手術

予後

  • 外科手術を行っても5年生存率は50-60% (参考1)

参考

  • 1. Hypoplastic left heart syndrome
[display]http://www.uptodate.com/contents/hypoplastic-left-heart-syndrome



アルプロスタジル」

  [★]

alprostadilalprostadil alfadex
Prostin VRアピスタンディンアリプロストアルテジールタンデトロンパルクスプリンクプロスタンディンメディプロストリプルリプルキット
アルプロスタジルアルファデクス alprostadil alfadexプロスタグランジンE1, prostaglandin E1, PGE1
その他の循環器官用薬


  • プロスタグランジンE1製剤;血管拡張薬



PG」

  [★]

プロスタグランジン

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「parental guidance(映画の観客指定で)親の認可[映画]」

PGE」

  [★] プロスタグランジンE

"http://meddic.jp/PGE1" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡