PE

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/04/17 01:08:34」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Recent advances in the management of pulmonary embolism: focus on the critically ill patients.
  • Meyer G1,2,3, Vieillard-Baron A4,5,6, Planquette B7,8.
  • Annals of intensive care.Ann Intensive Care.2016 Dec;6(1):19. doi: 10.1186/s13613-016-0122-z. Epub 2016 Mar 3.
  • The aim of this narrative review is to summarize for intensivists or any physicians managing "severe" pulmonary embolism (PE) the main recent advances or recommendations in the care of patients including risk stratification, diagnostic algorithm, hemodynamic management in the intensive care unit (IC
  • PMID 26934891
  • Two sides of the safety coin?: How patient engagement and safety climate jointly affect error occurrence in hospital units.
  • Schiffinger M1, Latzke M, Steyrer J.
  • Health care management review.Health Care Manage Rev.2016 Aug 6. [Epub ahead of print]
  • BACKGROUND: Safety climate (SC) and more recently patient engagement (PE) have been identified as potential determinants of patient safety, but conceptual and empirical studies combining both are lacking.PURPOSES: On the basis of extant theories and concepts in safety research, this study investigat
  • PMID 26259022
  • The antioxidant potential of the New Zealand surf clams.
  • Odeleye T1, Li Y2, White WL1, Nie S3, Chen S3, Wang J3, Lu J4.
  • Food chemistry.Food Chem.2016 Aug 1;204:141-9. doi: 10.1016/j.foodchem.2016.02.120. Epub 2016 Feb 18.
  • The antioxidant action of three New Zealand surf clams was evaluated for the first time. Aqueous (cd) and ethanolic extracts from Diamond shell - Crassula aequilatera, Storm shell - Mactra murchisoni, and Tua tua - Paphies donacina were studied for their antioxidant potentials using two in vitro ass
  • PMID 26988487
  • Efficacy of UV-C irradiation for inactivation of food-borne pathogens on sliced cheese packaged with different types and thicknesses of plastic films.
  • Ha JW1, Back KH1, Kim YH1, Kang DH2.
  • Food microbiology.Food Microbiol.2016 Aug;57:172-7. doi: 10.1016/j.fm.2016.02.007. Epub 2016 Feb 22.
  • In this study, the efficacy of using UV-C light to inactivate sliced cheese inoculated with Escherichia coli O157:H7, Salmonella Typhimurium, and Listeria monocytogenes and, packaged with 0.07 mm films of polyethylene terephthalate (PET), polyvinylchloride (PVC), polypropylene (PP), and polyethylen
  • PMID 27052716

和文文献

  • 体育におけるからだづくりの教育学的考察
  • 岸本 肇
  • 共栄大学研究論集 (13), 135-154, 2015-03-31
  • 本稿は、体育における「身体の教育」の理論と実践に関する研究に役立てる意図を持って、教育科学研究会・身体と教育部会が定義する「からだづくり」ついて分析した。 からだづくりは、人格の全面発達をめざす教育に位置づく体育の基本的な目標である。その目標は、体育文化の教授・学習による認識形成を重視する。運動と身体との関わりについて考える授業をとおして、からだづくりの意欲を形成する体育であった。特に佐々木賢太郎 …
  • NAID 110009892712
  • 産業アナライズ 化学 中国の中東産PE輸入シェア5割強に拡大 : ポリオレフィンの輸入シェアが汎用5樹脂の80%突破
  • 精密塗布用スロットダイから見たPE市場の開発動向(4)PEコンソーシアムの役割とPrintable Electronics 2015
  • PEのタネ インクジェット用導電性ナノ粒子インクの特性
  • 大沢 正人,橋本 夏樹
  • コンバーテック 43(3), 28-33, 2015-03
  • NAID 40020394587

関連リンク

Peはセレクトショップとして運営しております。 Peオリジナル手編みマフラー(ピンク×ライトブルー) SOLD OUT 9,800円(税込) 送料全品無料 商品は佐川急便でお届けいたします。 ※専用ケースでお届け致しますのでメール便はご利用に ...
ここから本文です。 ホーム>税について調べる>タックスアンサー>源泉所得税>非居住者に対する課税>No.2881 恒久的施設(PE) No.2881 恒久的施設(PE) [平成25年4月1日現在法令等] 非居住者及び外国法人(以下「非居住者等 ...
日本PE・FE試験協議会(JPEC)は、全米試験協議会(NCEES)との協定に基づき、 日本在住者向けに米国PE/FE試験を実施している日本で唯一の団体です。 この活動を通じて、JPECは日本の技術者の国際化を支援しています。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元多発性硬化症」「肺気腫」「肺塞栓症」「フィコエリスリン」「polyethylene
拡張検索RS3PE症候群」「PEG
関連記事P」「Ping」「pe

多発性硬化症」

  [★]

multiple sclerosis, MS
脱髄疾患視神経脊髄炎症候群。急性型多発性硬化症 バロー同心円硬化症 Balo's concentric sclerosis
  • first aid step1 2006 p.191,327,332,350,353,358

概念

  • 中枢神経系の原因不明の脱髄疾患
  • 中枢神経系(大脳、小脳、脳幹、視神経)の白質に、多巣性の限局性脱髄疾患が生じ、さまざまな神経症候(空間的多発)が、再発と緩解を繰り返す(時間的多発)のが特徴

病因

  • 遺伝的要因
  • 環境要因

疫学

  • 緯度の高い地方に多発する傾向。(北欧・北米>アジア、アフリカ諸国)
  • 北欧・北米:30-80人/10万人 有病率
  • 日本:1-4人/10万人 有病率
  • 若年に発症(15-50歳で80-90%が発症。30歳がピーク)
  • 男:=1:1.3-3.2
  • HLA-DR2との関連

病理

  • 髄鞘の破壊。軸索、神経細胞は保持される。 ← 希突起膠細胞(oligodendroglia)が破壊される
  • 急性期:炎症性細胞浸潤
  • 慢性期:グリア線維に置換

症状

classical triad

  • 痙性麻痺
  • 感覚障害
  • 視力障害
  • 眼球運動障害
  • 複視、眼振
  • 膀胱直腸障害
  • 脳幹障害
  • 突発性
  • 低頻度
  • 神経心理学的症候:失語、失行、失認
  • 錐体外路症状:硬直、ジストニー

診断

検査

  • CTや核磁気共鳴法など:脱髄巣
  • CT:低吸収
  • MRI
  • T1:低信号
  • T2, FLAIR:高信号
[show details]
  • Gd造影:高信号
  • 髄液:免疫グロブリンの異常
  • 感覚誘発電位:異常

腰椎穿刺、髄液

  • 細胞・蛋白・IgG・ミエリン塩基性蛋白は軽度から中等度上昇
  • 電気泳動:60-80%でオリゴクローナルIgGバンド、ミエリンベーシック蛋白質陽性

治療

  • 急性期:急性増悪期の短縮、障害度の軽減
  • 副腎皮質ステロイド:即効性が期待できステロイドパスル療法として治療が行われる。
  • 血液浄化療法 plasmapheresis(血漿交換療法 PE):
  • 再発防止:再発防止、進行抑制

症例

  • 22歳女性、昨日より突然右の上下肢に力が入らなくなったので驚いて受診した。16歳の時に一過性の視力低下があった。20歳の時には小脳失調になったが数日で回復したという。MRI T2強調画像で白質に多発性の病変が見られる。

USMLE

  • Q book p.244 31

国試

参考

  • 1. 多発性硬化症治療ガイドライン2010
[display]http://www.neurology-jp.org/guidelinem/koukasyo.html
→acrobat reader Xやflash player 10が必要だったり、閲覧に苦労するかも。
  • 2.
[display]http://www.neuroimmunology.jp/MSgaido2009.pdf




肺気腫」

  [★]

emphysema, pulmonary emphysema PE
慢性肺気腫 chronic pulmonary emphysema CPE ← 急性肺気腫は存在しない
chronic obstructive pulmonary disease

概念

  • 肺気腫による気流障害は支持組織としての肺胞が破壊されているため、末梢気道が呼出時に虚脱することと、気道病変の存在による。

定義

  • 終末気管支より末梢の気腔が永久的に拡張した状態で、この気腔の壁は破壊されているが線維化はない (1987年アメリカ胸部疾患学会)
  • 肺胞壁の破壊的な変化により末梢気管支梢から末梢の含気区域が異常に拡大していることを特徴とする解剖学的変化 (1962 WHO アメリカ胸部疾患学会)

病因

疫学

  • 中・高年喫煙者、40歳以上のヘビースモーカーの男子

病型

症状

  • 労作時呼吸困難
  • 初期には閉塞性換気障害を認めるが、安静時には症状無し
  • 労作時に肺胞の破壊による血管床の減少により、拡散障害による低酸素血症をきたし呼吸困難を呈する。
  • 咳嗽・喀痰:慢性気管支炎合併例。肺気腫優位型では、咳嗽・喀痰をあまり訴えないことが多い。

身体所見

参考1改変
  • 視診:
  • 呼吸促迫時に口すぼめ呼吸、補助呼吸筋(胸鎖乳突筋の発達)
  • 胸郭:過膨張、ビヤ樽状、フーバー徴候(呼気時に両側季肋部が内方へ牽引)
  • 触診:
  • 気管短縮:輪状軟骨から胸骨柄上縁までの距離が2横指以下  ←  たしか、過膨張により気管支が下方に牽引されるため、だったと思う。
  • 打診:
  • 胸郭:鼓音
  • 聴診
  • 肺胞呼吸音の減弱  ←  たしか、肺胞の破壊のため、だったと思う

検査

動脈血ガス

  • PaO2の低下 ← 初期には見られない
  • 1) 換気-血流比の不均一分布
  • 2) 気相内拡散障害
  • 3) 肺胞拡散障害
  • PaCO2の上昇 → 病状の進展により、PaO2低下、PaCO2上昇しII型呼吸不全となる。これは、気腫の拡張によりガス交換に関与しない空間(死腔)が拡張する結果、死腔換気となり低酸素血症や高炭酸ガス血症を呈する。

肺機能

  • 肺実質系の破壊消失 → 肺弾性収縮力の低下 → 気道の呼気閉塞 →↓FEV1.0、↓FEV1.0%
  • 残気量は増加するが、肺コンプライアンスの上昇による全肺気量(TLC=VC+RV)の上昇のために肺活量の減少は顕著とならない。
  • 換気の不均一分布、DLCOの低下。

参考

  • 1.
[display]http://www.naoru.com/haikisyu.htm



肺塞栓症」

  [★]

pulmonary embolism PE
肺梗塞, 肺動脈塞栓症
[[]]
  • 静脈系を経由して血栓、脂肪、腫瘍、空気、異物が肺動脈を閉塞したもの。総称

症状

  • 呼吸困難、胸痛、血痰、失神、咳

身体所見 SPU.380

  • 多呼吸、頻脈
  • ときに、発熱、チアノーゼ
  • 胸部聴診:約半数に湿性ラ音・乾性ラ音
  • 廃校血圧が著明な場合IIp音の増強

検査

血算

  • 白血球:1万/ul → 肺組織の壊死を示唆

血液生化学

LDH、総ビリルビンは半分の症例で上昇。心筋梗塞ではASTが上昇する。

凝固線溶系検査

  • FDP、D-ダイマー、TAT:(血栓塞栓症の急性期)上昇

動脈血ガス

血清学検査

  • IgE:上昇(250 U/ml以上)(50%の症例)

心電図 HIM.1653

  • 洞性頻脈
  • SI,QIII,TIII:I誘導でS波、III誘導でQ波が見られる。III誘導で陰性T波 ← 特性は高いが、感度は低い
  • 前胸部誘導(V1~V4)で陰性T波がよく見られる。
  • 右軸偏位 ← 右室負荷のため
  • 一過性の右脚ブロック、心房細動

心エコー

  • The specific appearance of the right ventricle on echocardiography is referred to as the McConnell's sign. This is the finding of akinesia of the mid-free wall but normal motion of the apex. This phenomenon has a 77% sensitivity and a 94% specificity for the diagnosis of acute pulmonary embolism.(wikipedia enより)

参考

  • wiki ja
  • [display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%BA%E5%A1%9E%E6%A0%93%E7%97%87




フィコエリスリン」

  [★]

phycoerythrin PE
R-フィコエリスリン R-phycoerythrin R-PE
[[]]


  • フィコビリンの一種で紅藻がもつ光合成色素

参考

  • (社)日本植物学会
きれいな写真有り
[display]http://bsj.or.jp/topics/02
  • Molecular probe
フィコビリタンパク質のAlexa Fluor6® タンデムコンジュゲート
488 nmで効率的に励起し578 nmの蛍光を放出するフィコビリタンパク質のR-フィコエリスリン(R-PE)はフルオレスセイン(FITC)、オレゴングリーン488、Alexa Fluor® 488色素などのグリーン蛍光検出試薬と併用して、488 nmのスペクトルとの同時励起を利用した2種類のシグナル検出にしばしば使用されます。 より長い波長の光-放射蛍光アクセプターにR-PEをコンジュゲートすることによりエネルギー転移カスケードが形成され、蛍光共鳴エネルギー転移(FRET)によりR-PEが励起してアクセプター色素の蛍光を生成します。 このプロセスはきわめて効率的で、ほぼ全てのエネルギーがフィコビリタンパク質からこれらのタンデムコンジュゲートのアクセプター色素に転移されます。(下記URLより引用)
FRETとかに使えるらしい!!!ってことは相当安定か(凍結融解してもokなくらい?)。
[display]http://www.invitrogen.jp/catalogue/molecular_probes/alexa/content01/index.html
[display]http://www.invitrogen.jp/catalogue/molecular_probes/cell_bio_new/flowcyto/tandem.shtml

polyethylene」

  [★] ポリエチレン PE

WordNet   license wordnet

「a lightweight thermoplastic; used especially in packaging and insulation」
polythene

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「ポリエチレン(《英》polythene)」

RS3PE症候群」

  [★]

remitting seronegative symmetrical synovitis with pitting edema syndrome, RS3PE syndrome, remitting seronegative symmetrical synovitis with pitting edema, RS3PE

まとめ

  • 予後の良い(remitting)、リウマチ陰性疾患であって(seronegative)、対称性の圧痕性浮腫を伴う滑膜炎(symmetrical synovitis with pitting edema)

疫学

  • ほぼ全例60歳以上で特に70-80歳に多い。日本では女性にやや多い(1:1.5-2) (参考4)

症状

  • 四肢の圧痕性の浮腫
  • 多発関節痛(滑膜炎による)

検査

  • CRP上昇、赤沈亢進、RF陰性、骨X線正常 (参考4) ← 骨びらんはない
  • ガリウムシンチ・骨シンチで多発性対称性関節集積 (参考4)
  • MRIで手指や足の腱滑膜炎の所見 (参考4)

合併症

  • 悪性腫瘍:(前立腺癌、胃癌、大腸癌) (参考2)

鑑別診断

治療

  • ステロイドに対する反応は良好


参考

  • 1. 大阪大学アレルギー内科
[display]http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/imed3/lab_2/page4/rs3pe.html
  • 2. wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/RS3PE
  • 3. wiki en
[display]http://en.wikipedia.org/wiki/Remitting_seronegative_symmetrical_synovitis_with_pitting_edema
  • 4. 呼吸器内科
[display]http://pulmonary.exblog.jp/9646906
[display]http://pseudoctor.blogspot.com/2009/10/1-remitting-2-seronegative-3.html
[display]https://tspace.library.utoronto.ca/bitstream/1807/3149/1/gm04011.pdf
[display]http://www.ryumachi-jp.com/english/mr/mr18_06_14.html


PEG」

  [★]


P」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 16th letter of the Roman alphabet」
p

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「parking」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「phosphorusの化学記号」

Ping」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a river in western Thailand; a major tributary of the Chao Phraya」
Ping River


pe」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 17th letter of the Hebrew alphabet」


"http://meddic.jp/PE" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡